« 3年B組金八先生・第7シリーズ“真の最終回スペシャル!!” | トップページ | 2005年秋ドラマ視聴率ランキング »

2005.12.31

2005年秋ドラマ批評ランキング

2005年秋ドラマの、私的批評ランキングを発表します!

※批評対象:21:00~24:00の時間枠で放映される民放の連続ドラマ。
  ただし、2クールにまたがるドラマ、シリーズものの常連ドラマは、一部対象外。

第1位: あいのうた(日本テレビ系・水曜22:00)
全ては「奇跡」の一言でした。洋子の暗い過去と片岡の病気を重ね合わせたストーリーで、中盤にて両者の問題がクロスフェードしたような構成。その中に、笑いあり、涙あり、驚きあり、そして奇跡あり・・・。私自身もこのドラマと連動した「奇跡」とやらが何度か起こったことで、忘れられないドラマになりました。当初は「どうだろう?」と思っていたBGMも回を追う毎に良い印象になって、主題歌「プレゼント」に至っては、最終話でその名の通り「最高のプレゼント」が、登場人物間や視聴者に贈られました。和やかな雰囲気のまま進行するのが良かったなあ。キャラの個性がはっきりしていたのも良かったなあ。総合すると、私の中ではやっぱり他のドラマよりも一歩リードしていたので、最高評価としました! 先に書いておきますが、第1~3位のドラマの評価は僅差の勝負で、プラスαの要素でランキング付けしたようなものなので、ほぼ同位といった感じです。

第2位: 1リットルの涙(フジテレビ系・火曜21:00)
「悲劇のノンフィクション」であることを知っていたため、最終的には涙と感動のラストを迎えることは容易に予想できました。ただ、そうなるまでの展開は実に見もので、毎回のラストで涙が出ました。主題歌や挿入歌も良いように取り入れていて、ピアノ音楽等のBGMも効果的。良いドラマでした。難病である「脊髄小脳変性症」やそれに似た病気のことを、しっかり理解していなかったのも確か。身体的な障害はあれど、意思を伝え合うことはできるんですよね。偏見の心を取り去った上で、もしそういった患者に出会ったら、できる限りの支援をしたいと思います。亜也が残した数々のメッセージも忘れない。

第3位: 野ブタ。をプロデュース(日本テレビ系・土曜21:00)
良くあるジャニーズ系ドラマで、「やってやるぜっ!」というセリフを言えば、視聴者が「キャーッ!(ラブ)」なんていうドラマになるかと思っていました。でも、そんな甘いものではなかった・・・。青春時代の友情を中心に、それぞれの人物の希望や葛藤が描かれ、セリフ回しもカメラワークもBGMも良くて、素晴らしいドラマだと思いました。すぐに見返しても楽しめると思うのは、上位の中ではこのドラマかな。期間限定ユニット「修二と彰」がドラマ連動で結成されて、主題歌「青春アミーゴ」は2005年のシングル売上ランキングトップ&唯一のミリオンセラーを達成! プロデュース対象の信子のアクション「野ブタパワー、注入!」も大人気! ドラマのプロデュースは大成功! これってディスティニー?

第4位: 花より男子(TBS系・金曜22:00)
初回話で思い描いていた少女マンガのイメージを思いっきり覆され(笑)、「どうなの、これ?」という悪印象からスタートしたけど回を追う毎に好印象! っていうか、最終話近くでは思い描いていたイメージに変わっていたという・・・。それは、本編途中で原作コミックスを読んだのも関係します。これは1クールで全てを含めるのは無理だろうと思ったけど、その通りでかなり無理あり。つまり、続編をやっても良いんじゃないの? いや、その構想は既にあると思われ・・・。

第5位: ブラザー☆ビート(TBS系・木曜21:00)
パンチの効いた16ビートストーリーを期待していたけど、思ったよりは控えめのミドルテンポで、スタンディングオベーションはお預け。桜井家の母親と3兄弟が良いように落ち着いてくれたことで、まあホッとしたかな。春恵が主人公ではあったけど、実質長男の達也だったような気もするなあ。タイトルに「ブラザー」が付いているのにも関係するけどね。私的な話だけど、知里がメガネっ娘のままでいてくれて良かった(笑)。それを途中でやめたもんなら、テレビ画面に向かってパンチをしていたかも。その際の故障は自己責任・・・。

第6位: 危険なアネキ(フジテレビ系・月曜21:00)
「何でもあり」とはこういうことさ・・・。強引にまとめたと思わせつつ、実はまとまりがつかぬまま終わっちまった(苦笑)。「アネキ」だから寛子じゃなくて勇太郎が主人公じゃないのかよ! お笑い芸人のリレー出演とやらは適当かよ! タイトルバックを流したのは1回のみかよ! 不満感は多々残りました。でも、はらにっさん(FUJIWARA・原西さん)のギャグが何度か見られたことはうれしかったです。ワッショイワッショイ、なるほどな!(笑) そのくせ、視聴率だけは良かったというおかしなドラマでした。これでフジテレビはまた調子に乗っちゃうんだろうなあ。

第7位: 恋の時間(TBS系・日曜21:00)
これより下のドラマの評価は、たまに見たりリタイアしたりのものなので、印象度のみのランキング付けでほぼ同位といった感じです。中でも度々見たのがこのドラマ。でも途中から付いていけなくなって、最終話だけ見たんだけど・・・。いつの間にか雪枝と昌男が良い関係になってるじゃん、何だこれ?(笑) やっぱり中盤を見ないと、全く訳が分からなくなりますね。実はストーリーよりも、mihimaru GTの主題歌「恋する気持ち」の方が好きでした。うん、これは名曲だ!

第8位: 大奥~華の乱~(フジテレビ系・木曜22:00)
第1話を見てからしばらく見ていこうと決めたけど、結局第2話からリタイア(苦笑)。裏番組とかぶったわけでもなく、単に忙しさのせいでそういった選択をしました。だけど最初のシリーズは結構見たし、ドラマ自体は嫌いではないので、一応この位置に。女の世界の愛憎劇、いかがだったでしょうか? 私はバカ殿派かもしれない・・・(笑)。

第9位: 今夜ひとりのベッドで(TBS系・木曜22:00)
初回話を見てなかなか面白そうだと思ったけど、どう考えてもドロドロの展開になることだけは察したので、気合を入れてリタイアしました。だからその後のことはほとんど知らないんだけど、最終話の視聴率が5%を割るってどういうことよ? そんなにつまらなかった? そうか、別に反論は無いので流しますよ。「“今夜ひとりのベッドで”何するんだ?」とも思ったけど、実際は「ドラマの失敗を悔やむ」だったりして。

第10位: 熟年離婚(テレビ朝日系・木曜21:00)
テーマとキャスティングが良かったからか、視聴率的にはテレ朝としては異例の大成功。あちこちで話題にもなりましたよね。私はターゲット外と見なしてリタイアを決めたけど、他所での評価によれば結構良かったそうですね。。

第11位: 着信アリ(テレビ朝日系・金曜23:15)
第1話で、録画したのを早送り再生で流し見したという(苦笑)。ホラーは基本的にダメなんだけど、それ以前に映画版を先に見ようと思っていたので・・・。それでリタイア。ただ、それを見た後でドラマ版を見るかと問われたら、やっぱり見ないと思います。これは“自信アリ”(笑)。

第12位: 鬼嫁日記(フジテレビ系・火曜22:00)
決定しました! 文句無しの最下位です! 鬼嫁・早苗の名セリフを皮肉ってやった(笑)。第3話までは我慢して見たけど、「コメディなのに全く笑えん」という言葉を残して全てを忘れ去りました。こんな最悪なドラマ、見たくもない。名作だった「1リットルの涙」の後にやるなよ。深夜帯にコッソリやっとけよ。全国放送じゃなくても全然悔やまないから。「アットホーム・ダッド」とのつながりだけが面白かったかな。後は全然ダメでさぁ。これが私の「鬼書日記」。

○参考サイト・過去の私的批評ランキング(本館「adsTV-web」該当コーナーより)
http://homepage1.nifty.com/sodey/adstv/orange/drama/
○参考サイト・ドラマ視聴率表(本館「adsTV-web」該当コーナーより)
http://homepage1.nifty.com/sodey/adstv/orange/drama/rating.htm

ここでも関連記事が探せるかもしれません

○2005年秋ドラマ・総評
上位3ドラマは、毎回良くてほぼ同位。一際優れていたように思いました。私的な評価ポイントは、ストーリーやキャスティングもさながら、音楽の使われ方まで重視しています。そのバランスが良かったんですね。

4~6位のドラマは、回によって好印象と悪印象が激しかったことが大きな共通点でした(笑)。それで最終的にはどっちの印象になるかといった見方で、上記のようなランキング付けとなったわけです。

7位以下のドラマも、ほぼ同位。ただ、最下位のドラマだけは思いっきり地の底(苦笑)。この辺りは、もう言うことはありません。

思い返せば、「毎回レビューを書きたい」と思ったドラマは月~土に1ドラマずつ散らばった形になり、「1日1ドラマのレビュー」で行けました。ただ実際は、この時期特有の忙しさが付きまとって、思うように書いて公開できませんでした。最終話近くのレビューなんて、もうギリギリでいっぱいいっぱいだったし・・・。次クールからは何とか早めのレビュー公開を心掛けようと思います!

※皆さんなりのランキングも知りたいです。コメント欄かトラックバック通知で、教えてもらえませんか?

○関連記事「2005年秋ドラマ・レビュー方針」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/10/post_689a.html
○関連記事「2005年秋ドラマ視聴率ランキング」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/12/post_4434.html

|

« 3年B組金八先生・第7シリーズ“真の最終回スペシャル!!” | トップページ | 2005年秋ドラマ視聴率ランキング »

コメント

長らくご無沙汰しておりました。
 自分のランキングは、1位「1リットルの涙」>2位「野ブタ。をプロデュース」>>3位「あいのうた」でしたが、3作品っていうことでは、あずさんと一緒ですね。
 もう1度観たいランキングだと、微妙に1位と2位が入れ替わるかもしれないけど。
 野ブタ。に関しては、もっと軽いドラマだと思っていたけど、まさかこんな深いドラマになるとは思いませんでした。嬉しい誤算です。
 「これってデスティニィ?」や「バイバイ、バイセコー」が流行るとは思わないけど、「野ブタ。パワー、注入!」は、確実に視聴者には浸透しましたよね!
 来年もいいドラマに出会えるといいなぁって思います。
 今年はトラバ&コメント、ありがとうございました。
 来年もよろしくお願いいたします。
 そして、良いお年を!

投稿: pixy_japan | 2005.12.31 13時06分

pixyさん、お久しぶりです! 理由がありまして、ドラマレビューが大幅に遅れておりました・・・。でも何とか執筆完了! なんと、上位3作品が同じだとは! 記事でも書いたけど、この3作品はほぼ同位で、「もう1度観たいランキング」なんてものがあったら気持ちが揺さぶられます(笑)。現時点では「野ブタ」がすぐにでも見たい!(何話か撮り貯めたままです) 「野ブタパワー、注入!」は、男女関係無く流行りましたよね。あ~、楽しかった! 今年もどうぞよろしくお願いしますね!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.01.02 03時29分

あずさん、明けましておめでとうございます!

秋ドラマ、1~4位まで、納得です!
あずさんが『あいのうた』を1位に選ばれたことがとっても嬉しい!
本当に素敵な作品でした。今でも時々ふっと、洋子の気持ちを
思うことがあるくらい。

次クールも良いドラマに恵まれますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: ちーず | 2006.01.04 09時33分

あずさんこんにちは
上位4位は、ちーずさん同様甲乙つけがたいです。
次クールも楽しみですね。
今年もよろしくお願いします!

投稿: まりこ | 2006.01.04 15時00分

ゎぁぃ♪ ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ ゎぁぃ♪
【あいのうた】強し!!!
ほんと初回から最終回まで、飽きる事無く
わくわくどきどきにこにこうるうるさせてくれたドラマでした。
上位のドラマは確かに甲乙つけがたかったですが、
下位のドラマはおっしゃる通り回によって非常にムラがあったような・・・
最下位は・・・思いきり同感です(笑)。
次クールも素敵なドラマがありますよーに!!!

投稿: まこ | 2006.01.04 20時01分

>ちーずさん

明けましておめでとうございます! 今クールは「あいのうた」に決まり! 視聴率こそ好ましくなかったけど、主題歌のタイトルでもある「プレゼント」が、最終話であんな風に贈られるなんてね。初回話から「これは良い!」と思ったし、そのままの印象のまま終わってくれて良かったです。ハッピーエンドが何よりうれしかったかな。他の上位ドラマも良かったです。それでは今年もどうぞよろしくお願いします!

>まりこさん

やはり上位4作品が強かったですね! ランキング付けはかなり難しかったです。さあ冬ドラマも楽しみですね!

>まこさん

「あいのうた」、バンザーイ! レビューが遅れてしまって非常に残念だったけど、リアルタイムで感想を言い合いたかったです。上位は上位。下位は下位。最下位は地の底(笑)。そんな2005年秋クールでした。2006年冬クールもしっかり注目していきますよ!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.01.05 02時52分

挨拶が遅くなり、本当に申し訳ありません!
今さらですが、明けましておめでとうございます!!
今クールのドラマが始まったのに、今ごろのこのこやって来てすみません(/_;)

ads(あず)さんの受賞ですが、1~3位がほぼ同位というのは同じです~!
私は散々悩みに悩んで「1リットルの涙」になりましたが、「あいのうた」も本当にいい作品でした。毎回癒されるドラマだったなぁ、と思います。

冬のドラマも、なかなか面白い作品が多くて楽しみですね。
今年も色々とご迷惑をお掛けするかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします!!

投稿: lavish | 2006.01.13 15時01分

lavishさん、こんにちは! 今年もよろしくお願いしますね。上位はほぼ同じでしたか、私も相当悩んだけど、このような結果となりました。どれも良いドラマでしたよね! 今クールもなかなか面白そうな作品が揃っているけど、頑張って追ってみます!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.01.14 14時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/7927503

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年秋ドラマ批評ランキング:

» 2005年10月期どらま・のーと杯 [どらま・のーと]
2005年10月期ドラマ・勝手に授賞式~♪ まずは、ノミネートから。 【主演男優賞】 ・本木 雅弘さん 『今夜一人のベッドで』 明之の情けなさを好演!心の声が面白かったです! ・亀梨 和也さん 『野ブタ。をプロデュース』 プロデュースする側が、実は一番誰かを必要..... [続きを読む]

受信: 2006.01.04 09時46分

» 2005年秋ドラマまとめ [どらまにあ]
2005年10月から12月の秋ドラマのまとめです。 みなさんは、何がおもしろかったですか? [続きを読む]

受信: 2006.01.04 14時56分

» 2005秋クールドラマ評 [あるがまま・・・]
開始前にはこんな気持ちやこんな感じで待ってたというのに、終わってみればあららのら〜(笑) 脱落したのは【鬼嫁日記】の1本のみ。理由はこちら・・・ 今クールは本数見過ぎてくたくたよれよれ気味でした{/ase/} 次クールはちょっと厳選してセーブせねばと思う今日この頃ですが、どうなる事やら… それでは発表で〜す、パフパフ♪ドンドン♪ さぁて、いくわよっ! {/kirakira/}最優秀作品賞{/kira... [続きを読む]

受信: 2006.01.04 19時51分

» 思い立ったが吉日賞 決定! [思い立ったが吉日]
全てのドラマが最終回を迎え、その余韻を残しつつ先日お知らせしました思吉賞{/kirakira/}が決定致しました!! 私・lavishの独断と偏見による部門別の賞ですが、それなりに悩み{/face_ase1/}考えさせてもらいました。 {/face_keibetsu/} 納得してもらえればありがたいですし、納得できなくても何も出来ませんがご了承ください♪ {/niwatori/} まずは、再度エントリー作品�... [続きを読む]

受信: 2006.01.13 14時53分

« 3年B組金八先生・第7シリーズ“真の最終回スペシャル!!” | トップページ | 2005年秋ドラマ視聴率ランキング »