« 危険なアネキ・第7話 | トップページ | あいのうた・第8話 »

2005.12.04

1リットルの涙・第8話

「1リットルの涙」の文庫本が、今年2月下旬の発売以来売れ続け、僅か9ヶ月で100万部を突破したそうです。映画やこのドラマの影響も大きいわけですが、売れ行きはいまだに衰えていないようです。もう随分前のノンフィクションが、今年になって広く知られて売れに売れるなんて、すごいことですね。そしてこのドラマは、某社による今クールのドラマ満足度ランキング・中間結果で、見事1位に輝きました。まさに今年は「当たり年」だと言えましょう。さて今回、サブタイトルはタイトルそのままの「1リットルの涙」。相当大きな悲しみと感動があるに違いありません・・・。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「1リットルの涙」
第8話「1リットルの涙」

保護者会で亜也(沢尻エリカ)への対処が問題に。亜也は潮香(しおか・薬師丸ひろ子)の表情から、自分のことだと悟る。亜也が頑張れば頑張るほど、クラスメートの中で亜也に対する不満が増加。そんな中、全国模試が開催されることに。会場へ急ぐ亜也は、バランスを崩して階段から落下。その際、まり(小出早織)にもけがを負わせてしまう。

亜也は今の高校での生活が困難になり、周りの人に迷惑を掛けてばかりの状態。クラスメイトや保護者からも非難を浴びるようになってしまいました。そんな亜也に対して、遥斗(錦戸亮)は暗に励ますよう語り掛け、潮香は「仕事を辞める」と言って家族専属の保健士になることを決意し、瑞生(陣内孝則)も別の仕事を引き受けて稼ぎを増やそうとしました。

そんな中、亜也は全国模試の会場で階段から落下! 足を捻挫して学校を休むことになったけど、落下時に助けようとしたまりも軽いケガを負ってしまいました。それをきっかけに、教室内でクラスメイトたちが密かに抱いていた不満を爆発。ただ、その事態に猛反発していたのが遥斗でした。しかし、教室へたまたま忘れ物を取りに来ていた亜也が、その会話を聞いてしまい・・・。無言で忘れ物を手に取って教室を去る亜也。それを走って追い掛ける遥斗。階段で足を止めていた亜也に、遥斗は「乗れよ」と言っておぶって降り、車椅子に乗せて亜也の自宅まで送ってあげました。歩道橋の上に来た所で、ついに泣き出してしまった亜也。「(前みたいに)何か言ってよ!」と言われた遥斗は、「何もできない」と答えてその無力さに涙を流しながら自分を責めました。でも亜也は、そんな遥斗に感謝を込めて「ありがとう、麻生くん(遥斗)」と言ったのでした。笑顔を見せた亜也と、その場に崩れた遥斗。空からは白く大きな雪が降り、そのバックではレミオロメンの挿入歌「粉雪」が流れたこのシーン。とても印象に残るものがありました。

今ある状況を深く考えたであろう亜也は、潮香や瑞生に「今の仕事をずっと続けてほしい」と願い、弟妹たちに「お姉ちゃん」と立ててくれることを感謝し、皆に「この家族が好き」だという気持ちを伝え、養護学校へ行く決心を固めたことも伝えたのでした。そして学期末の修了式の日。学校の教室にて、亜也はクラスメイトに最後の言葉を贈りました。

知ってる人もいると思いますけど、私の病気は治りません。
治療法が無いみたいです。
いつか、歩くことも、立つことも、話すこともできなくなると、
お医者さんに言われました。

この1年で、当たり前にできていたことが、
一つ一つ出来なくなっていきました。
夢の中では、友達としゃべりながら歩いたり、
バスケをしながら、思いきり走ったりできるのに、
目が覚めると、もう自由には動かない身体があるんです。
毎日が変わってしまいました。
転ばないために、どう歩いたらいいのか。
どうすればお弁当を早く食べれるのか。
どうすれば、人の視線を気にしないでいいのか。
一つ一つ頭の中で考えなきゃ、生きていけません。

高校に行って、大学に行って、仕事をして・・・。
そんな風に思い描いていた未来が、ゼロになっちゃいました。
生きていく道が見つからなくて、
小さな希望の光も見えなくて、
病気になったせいで、あたしの人生は壊れてしまったって、何度も思いました。
でも・・・、でも、悲しいけどこれが現実です。
どんなに泣いても、病気からは逃げられないし。
過去に戻りたくても、時間は戻せないし。
だったら、自分で、今の自分を、
好きになってあげなくっちゃって、そう思いました。
だって、この身体になってから、初めて気付いたことが、たくさんあるから。

そばにいてくれるだけで、家族ってありがたいんだなあとか、
さりげなく支えてくれる、友達の手がすごく暖かかったりとか、
健康な事が、それだけですごく幸せな事とか。
病気になったからって、失うばかりじゃありませんでした。
この身体の私が、私だって。
障害っていう、重荷をしょっている私が、今の私なんだって。
胸を張って生きていこうと思いました。
だから、養護学校に行くことは自分で決めました。

皆とは、生きる場所が違うけど、
これからは、自分で選んだ道の中に、一歩一歩光を見つけたいから。
そう笑って言えるようになるまでに、
私には、少なくとも「1リットルの涙」が必要でした。
だからもう私は、この学校を離れても、
何かが終わってしまうなんて絶対に思いません。
みんな! 今まで、親切にしてくれて、ほんとにありがとう!

この間約5分。カメラの長回しでしたが、亜也役の沢尻エリカさんは泣きと笑いの表情を使い分けて、見事に話しきりました! クラスメイトは涙を流して悲しみ、潮香は教室の外でその一部始終を見て微笑んでいました。車椅子に乗り、瑞生に押されて学校を出る亜也たち。そこで遥斗やまりを筆頭にクラスメイトが亜也を追い掛け、全員揃ったところで「3月9日」を合唱!(レミオロメンの曲) これは、かつて合唱コンクールで、亜也が指揮者を務め皆で歌った歌。亜也からのメッセージに、想い出の歌で返してあげた形となりました。

瞳を閉じれば あなたが
まぶたのうらに いることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私も そうでありたい

クラスメイトに見送られながら車に乗って帰る亜也は、笑顔を浮かべていました。そして目を閉じて、「いいじゃないか転んだって。また起き上がればいいんだから。」と心の中で呟いたのでした。そしてこんな字幕が。

転んだついでに空を見上げれば
青い空が今日も
限りなく広がってほほえんでいる

あたしは 生きてるんだ

ここでタイトルバックへ。その直後、木藤亜也さんが笑う写真が映し出され、その際にまたも字幕が表示されました。

終業式まであと4日。
みんなが私のために千羽鶴を折ってくれているようだ。
一生懸命折ってくれている姿を
まぶたの裏に焼き付けておこう。
たとて別れても、決して忘れないために。
でも──
「亜也ちゃん、行かないで」と言って欲しかった。

                    「1リットルの涙」より

予想を遥かに上回る、素晴らしい内容でした。本当の結末を待たずして、ここで終わりにしてもある意味で良いと思ったほどに。木藤亜也さんは、私の地元・愛知県の豊橋市出身の方です。「3月9日」の歌詞通り、瞼を閉じれば“あなた”がそこにいるはず・・・。

※「3月9日」を素晴らしい「卒業ソング」として再認識したため、
 今冬中には本館サイトの「卒業ソング大特集」に加えたいと思います。
○関連サイト・adsTV-web「卒業ソング大特集」
http://homepage1.nifty.com/sodey/adstv/blue/sotsugyo/

○関連記事「1リットルの涙・第1話」
○関連記事「1リットルの涙・第2話」
○関連記事「1リットルの涙・第3話」
○関連記事「1リットルの涙・第4話」
○関連記事「1リットルの涙・第5話」
○関連記事「1リットルの涙・第6話」
○関連記事「1リットルの涙・第7話」
○関連記事「いいとも2005年秋祭・リアルで1リットルの涙」
○関連記事「本田美奈子さん死去~早過ぎる死~」

「1リットルの涙 難病と闘い続ける少女亜也の日記」 「ラストレター『1リットルの涙』亜也の58通の手紙」 「いのちのハードル『1リットルの涙』母の手記」
・原作「1リットルの涙 難病と闘い続ける少女亜也の日記」(木藤亜也)
・書籍「ラストレター『1リットルの涙』亜也の58通の手紙」(木藤亜也)
・書籍「いのちのハードル『1リットルの涙』母の手記」(木藤潮香)

「Only Human」
・主題歌「Only Human」(K)

「粉雪」 「3月9日」
・挿入歌「粉雪」(レミオロメン)
・挿入歌「3月9日」(レミオロメン)

「愛し君へ(ディレクターズカット)」DVD-BOX
・「愛し君へ(ディレクターズカット)」DVD-BOX

|

« 危険なアネキ・第7話 | トップページ | あいのうた・第8話 »

コメント

トラックバックありがとうございました。
あの唄、とても素敵ですね。

今日から、彼女の2冊目の本「ラストレター」を読み始めました。
友人への手紙の数々からは、ドラマの行方がますます厳しくなることを想像させます。
彼女の力強い生き方を、丁寧に描いて最終回を迎えて欲しいと思います。

また遊びに来てください。

投稿: 黒猫のみわ | 2005.12.04 23時17分

こんにちは。
TB&コメントありがとうございました。

サブタイトルどおり、一杯泣かせてもらいました。
今までの中では一番、良かった回ですね。

最後に歌った歌、合唱コンクールの時には興味を示さなかったんですけど、あらためて聞いて、良い歌だと認識させられました。

投稿: 直美 | 2005.12.04 23時29分

普段は主題歌でさえ、早送り。挿入歌なんて耳に残らないあたしですが
このドラマに関してはどの曲も聞き入ってしまいます・・・
特に今回は挿入歌が流れるタイミングに見事泣かされました・・・
言いにくかった・・・というか、勝手に脳内でレミオメロンと変換してインプットしてた
このカタカナの覚えにくいアーティスト名もしっかり覚えちゃいました、へへ♪

投稿: まこ | 2005.12.04 23時51分

>、ここで終わりにしてもある意味で良いと思ったほどに・・・。

そうですよね。次はいらなかったのでは?私もそう思いました。
亜也の挨拶で、泣いて、また最後の本人の日記で、涙を絞りました。

投稿: mari | 2005.12.04 23時53分

あずさん、こんばんは。
私も文庫本買いました。
原作で、亜也さんは人の役に立ちたい、とずっと考えておられましたが、
彼女の文章はこれからもずっと人に力を与えてくれると思います。

投稿: ちーず | 2005.12.05 00時51分

毎回泣いてしまうのですが,今回はまた号泣しそうな勢いでした。
ほんと今回は最終回にしてもいいくらい,素晴らしい内容でしたよね!
最後にみんなが歌ってくれた3月9日といい,粉雪といい,ドラマを盛り上げる挿入歌も,ラストの主題歌も,ドラマとにあっていて,すごくいい楽曲だと思いました。
亜也さんの言葉も,本当に心に響いてきますね・・・。

投稿: うさこ | 2005.12.05 02時25分

>黒猫のみわさん

レミオロメンの歌が見事にリンクしていましたね。これ以上の使い方は無い、と・・・。「ラストレター」も本屋で良く見かけるけど、原作と合わせて読むと良いんでしょうね。今回で終わっても良いくらいでしたが、新たな道を歩み始めようとしている亜也を見届ける意味で、最終話までしっかり見ていこうと思います。

>直美さん

サブタイトルをタイトルそのままにしただけあって、やはりこの回を大事にしていたようですね。私が泣いたのは、歩道橋の上で亜也と遥斗が語り合ったシーンでした。ラストシーンは、亜也を応援する方が強かったので泣くことは無かったけど、それでも感動はありましたね。私も「3月9日」の良さを再認識しました。

>まこさん

そうですね、このドラマは本編に限らず主題歌や挿入歌にも深い意味が込められているので、どこも見逃せません。今回はレミオロメンの挿入歌の使い方が実に素晴らしく、これまで以上に印象に残りました。もうしっかりインプットできました? 私も彼らの曲をあまり聴いたことがないので、最新のアルバムから聴き始めようと思っています。

>mariさん

今回まででも、連続ドラマとしては成立していますよね。私もそう思いました。でもこれからのストーリーも重要になってくるんでしょうね。最近はタイトルバックでの日記の一節にも、涙を誘われるものがあります。

>ちーずさん

文庫本を買いましたか! 私もこのドラマが終わってから、じっくりと読みたいものです。原作での彼女のメッセージは、人の心を動かす要素が強いですよね。何気無い日記なのに、その力はかなり大きいです。

>うさこさん

まさに“プレ最終話”というような内容でしたね。脚本から演出から、実に見事なものでした。最後にクラスメイトが想い出の曲「3月9日」を歌って亜也を応援するなんて、予想もしていなかったし・・・。亜也のメッセージは、心にずっと抱いていたいものですね。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.12.05 03時46分

TB・コメントありがとうございました。
今回はかなり辛い内容で、泣けましたねぇ(>_<)
遥斗と今まで通り変わらない存在でいて欲しいのですが、
亜也にとっては大事だからこそ自分といる遥斗の存在がつらくなって
いくみたいですね。。。どうなっていくんでしょうね?!
次回からはブログをもう辞めてしまいますが、
あずさんのブログには時々遊びに来たいと思っていますので、
これからもよろしくお願いします!!
そして、また再開するときはよろしくお願いします!!

投稿: The Sea Monkey | 2005.12.05 11時21分

TBありがとうございました!&お礼が非常に遅くなり申し訳ありません!
今回は確かに最終回でもいいかも・・・というくらい良くできた話でしたね。
涙とともに何とも言えないやるせなさを感じるなか、亜也さんの前向きな姿勢、そして最後の本音にただただ頭が下がる思いでいっぱいでした。
このドラマで使われる歌はどれもいいですね。

投稿: lavish | 2005.12.05 15時36分

TB有難うございます。
このドラマは初回から見ていますが、結構いい話ですよね。
レミオロメンの3月9日もドラマによくあっていると思います。^^

投稿: ろーじー | 2005.12.05 16時33分

>The Sea Monkeyさん

亜也にとっては、遥斗は大事な存在でしたからね。彼のおかげで、どれだけ励まされたことか。いよいよ亜也は今までの学校を離れ、遥斗ともあまり会えなくなるようですが、どうなっていくのでしょうね?

blog閉鎖の件は、非常に残念でした。最近は諸事情による仲間のblog閉鎖が続いていただけに・・・。時々でも良いので、また遊びに来てくださいね。それで再開の目処が立ったら、すぐにでも連絡してください。とりあえずですが、お疲れさまでした!

>lavishさん

そうですね、全体として良い構成でしたよね。最後の亜也のメッセージを聞いて、辛い体験の分だけ強くなったような気がしました。沢尻エリカさんの熱演ぶりも見事で、今回は高く評価したいところです。ストーリーに限らず、主題歌や挿入歌の選曲も良かったと言えますね。

>ろーじーさん

確かに良いドラマだと思います。今回は特に、レミオロメンの曲が上手く使われていたこともあって、素晴らしい内容になりましたね。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.12.06 03時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/7465668

この記事へのトラックバック一覧です: 1リットルの涙・第8話:

» 1リットルの涙 8話〜1リットルの涙のワケ〜  [アンナdiary]
〜アンナパパも脊髄小脳変性症〜 8話。。。心に響きました。 亜也が転校することになった。 養護学校へ行くことを決意した亜也。 クラスメイトにお別れの挨拶をした亜也の言葉に涙が止まりませんでした。 「知っている人もいると思いますけど、私の病気は治りません。 治療法がないみたいです。。。 いつか、歩くことも、立つことも、話すことも出来なくなると お医者さんに言われました。... [続きを読む]

受信: 2005.12.04 22時43分

» 1リットルの涙 第8話 [あいりぶろぐ]
 この第8話のサブタイトルはドラマタイトルと同じ「1リットルの涙」。  まあ、1リットル…というほどではありませんが、 今日の話は今まで見た中でいちばんボロボロ泣きました。  いつも涙なくしてはみられないドラマではありますが、今日は最初から最後まで....... [続きを読む]

受信: 2005.12.04 22時47分

» 『1リットルの涙』 [*sweet days  ~movie reviews and so on~*]
1リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記 木藤 亜也 / 幻冬舎 今放送されてる連ドラ、余り興味が持てるものが無くちゃんと見てるのが『大奥』と『鬼嫁日記』と『1リットルの涙』だけ。 で、今日の『1リットルの涙』。泣いたぁ~・・・ボロボロだったなぁ・・・。 このドラマ、殆ど涙無くして見れないのですが、今日は一番の涙量でした。 このお話、『脊髄小脳変性症』という不治の病を患い若くして亡くなった女の子のお話で実話。まぁ、多少の脚色はしてあるのでしょうが・・・・。 実は... [続きを読む]

受信: 2005.12.04 22時51分

» 1リットルの涙 第8話 [Happy☆Lucky]
この8話だけで1リットル泣けてしまうのでは・・・・ [続きを読む]

受信: 2005.12.04 22時58分

» 「1リットルの涙」8話    錦戸君の涙に・・・ [くつろぎ日記]
ちらちらと雪が舞い落ちてくる橋の上で車椅子の亜也は重い涙を振り切り 精一杯の笑顔に変えました。 「ありがとう。麻生君・・・バイバイ・・・」養護学校転校の決意をした瞬間でした。 瞬時に悟った遥斗。 そしてがっくりと崩れ落ち、ただただ泣くばかりの遥斗。 こんな遥斗を見るのは胸が痛くてたまりません。 粉雪のBGMがひたすら物悲しくやるせない世界に引きずり込んでいきました。       �... [続きを読む]

受信: 2005.12.04 23時02分

» 「1リットルの涙」第8話 [お気楽生活]
バスケットボール部の新人戦を応援しに行った亜也(沢尻エリカ)は、まり(小出早織)や早希(松本華奈)の勝利を祝福…その後保護者会を終え、暗い表情の潮香(薬師丸ひろ子)と出会い、不安な気持ちを抱く。 その夜、潮香は瑞生(陣内孝則)にクラスメイトの母親たちから..... [続きを読む]

受信: 2005.12.04 23時04分

» 俺も同じだ、何も出来なかった・・・・@1リットルの涙 第8話 [Active Rolling A Better-day]
先週の感想を書いたときに 今週は泣くぞ!って思ったのに ちっとも泣けなかった。 逆に腹立たしかった。 勝手なクラスメイトに。 何も出来ない、若すぎた遥斗に。 腹立たしいと思うくせに彼らと 全く同じであろう自分に。 亜也はすごいな、そんなクラスメイ...... [続きを読む]

受信: 2005.12.04 23時11分

» 1リットルの涙(亜也の転校) [HOT&COOL]
今週はポロポロと涙が止まりませんでした。さすがに・・・えんため日記の弾けた感想は [続きを読む]

受信: 2005.12.04 23時33分

» 1リットルの涙 第8話:1リットルの涙 [あるがまま・・・]
1リットルの涙 どばーっ(┬┬_┬┬) 途中から喉にずーーーっと硬いものが・・・ そして目からは後から後から涙が・・・ 亜也の事をよーく知ってる人達は、皆やさしいのに・・・ お父さんは家族の為にアルバイトを。 お母さんは仕事を辞めて亜也に付き添おうと。 亜湖は猛勉強して亜也と同じ学校に入って手助けしようと。 弘樹は家計の為にご飯を減らそうと。 理加もピーマンを半分に・・・ん? 水野先生・麻生... [続きを読む]

受信: 2005.12.04 23時43分

» 【テレビ】1リットルの涙(第8話) [まぁ、お茶でも]
亜也(沢尻エリカ)のことで保護者会がひらかれ、親たちから苦情が相次いだ。潮香(薬師丸ひろ子)と瑞生(陣内孝則)は亜也を今の高校に [続きを読む]

受信: 2005.12.04 23時54分

» 1リットルの涙:第8話 [Nの鼓動]
泣いたよ〜〜〜(T_T) 今日はほとんどウルウルモードでしたね まず一つ目 亜湖が亜也に東高入学できたら、いっぱい手伝えるから もうちょっと頑張って待っててと伝えるとこ。 [続きを読む]

受信: 2005.12.05 00時32分

» 1リットルの涙 第8話 [どらま・のーと]
『1リットルの涙』 バスケットボール部の新人戦を応援しに行った亜也(沢尻エリカ)は、 初戦を突破したまり(小出早織)や早希(松本華奈)を祝福する。 すると、保護者会を終えたばかりの潮香(薬師丸ひろ子)たちPTAが校舎から 出てきた。 そのときの潮香の暗い表情に気..... [続きを読む]

受信: 2005.12.05 00時49分

» 1リットルの涙(8話) [ドラマで語ろう!]
ドラマの挿入歌であるレミオロメンの歌「粉雪」、いいですよね~。ところで、レコーダ [続きを読む]

受信: 2005.12.05 00時49分

» 行かないでと言って欲しかった… 『1リットルの涙』#8 [私的空間.com]
第八話  「1リットルの涙」 優しさって何なんでしょう? 相手に合わせて微笑む事?それとも相手のことを考えて突き放す事? 前者は誰にでも出来るけど、後者は愛情と言う強い意志がないと出来ないことですよね。 ただでさえ人と人との繋がりが希薄な世の中ですから、... [続きを読む]

受信: 2005.12.05 01時34分

» 1リットル泣く(;ω;) [頑張れ!食生活〜こんな食生活でも元気です(^^)〜]
あの脇役Aの女嫌いだヽ(`д´)ノ なんであのタイミングで あんな提案をするんだ(゚Д゚#)ゴルァ!!! (o ̄∇ ̄)=◯)`ν゜)・;' カハッ とゆうか貴様は一回でも 亜也の車椅子を押したりしたのか(゚Д゚#)ゴルァ!! ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ ) ...... [続きを読む]

受信: 2005.12.05 04時08分

» 1リットルの涙 第8回 [FREE TIME]
サブタイトルも「1リットルの涙」 主人公の亜也(沢尻エリカ)が一大決心をして、このドラマの一つの分岐点を迎えたと感じる内容でした。 [続きを読む]

受信: 2005.12.05 06時41分

» 1リットルの涙・第8話 [なんくるないさぁ情報局。]
いよいよ亜也には決断するときが来た。 学期末。 保護者会。子供に重い障害の子の手助けをさせるのは不安だという声。 授業が遅れて迷惑だ。子供の成績が落ちてる。 もっと別の環境があるんじゃないか。 潮香(薬師丸ひろ子)は亜也(沢尻エリカ)の学校への付き添い、家のことやお店のことのために保健師を辞めたいと家族に伝える。瑞生(陣内孝則)は鉄工所でも働くことに。亜湖(成海璃子)は亜也の通う東高を受験して受かったら姉の世話をしたい... [続きを読む]

受信: 2005.12.05 07時14分

» 「1リットルの涙」の話8 [のらさんのうだうだ日和]
「1リットルの涙」第8話〜1リットルの涙〜(視聴率15.4%、平均14.5%)を観ました。「どうしちゃったの麻生くん。まるでいい人みたい!」それは可哀想だろう。今回の麻生くんは結構いい人だぞ!少しずつ亜也が学校に居れない状況になってきます。それは学校でも、家の中でも…。亜也の母は亜也の学校生活をサポートしようと、仕事を辞める事を考えます。亜也の父も店の仕事以外に空いている時間を利用して働き出します... [続きを読む]

受信: 2005.12.05 09時08分

» 1リットルの涙 ☆第八話☆ [*The Sea Monkey*]
今回はかなり泣けまいた。ずっと亜也は今の学校にいる事は出来ないのは分かっていたけど、やっぱり大事な友達がいる所にもう少しいて欲しかったかな。確かに亜也はクラスで足をひっぱってるところもあるかもしれないけど、本当の友達と思っていた友達ですらあんな事を言う...... [続きを読む]

受信: 2005.12.05 11時10分

» 1リットルの涙 第8話 [ota-broadcast]
1リットルの涙が必要でした 1リットルの涙 今日はただ泣きました。 それ以上もそれ以下もなく。 ただ泣きました。 いつも亜也の手助けをしていた友達二人をダシにして ここぞと亜也を責めるクラスの奴らには ちょっとそれは酷いんじゃないかと思いましたけど、 でも遥斗の「何も出来ない」が全てなのかもしれません。 実際に障害者の方を目の当たりにして 本当にしてあげられることって何なんだろう。 せめて本人が強く、た�... [続きを読む]

受信: 2005.12.05 11時23分

» 1リットルの涙 8 [思い立ったが吉日]
『1リットルの涙』 自分の限界を感じる話。 今回の話ではいつものように要所要所で涙は流れたのだが、それよりも何か打ちのめされたようなそんな気持ちにさせられた。 手助けすることの大切さ、そして難しさ。 手助けしてもらうことへの感謝、そして難しさ。 亜也の病気は進行性である。昨日まで出来ていたことが、翌日には出来なるかもしれない。それは誰にも分からず、その度対応していくしかない。 何かしようとす�... [続きを読む]

受信: 2005.12.05 15時32分

» 1リットルの涙・第8話 [めざせ生活向上!]
ドラマ1リットルの涙の第8話を見ました。今回も良い内容でした。 普段は口は悪いけど^^;姉思いの良い妹です。いや〜よく出来た妹だ。エライ!( ^o^)\(^-^ ) [続きを読む]

受信: 2005.12.05 16時31分

» 1リットルの涙 第8話 [ただそれだけの風景]
今話でついに亜也が養護学校へ転校を決意しました。原因は色々あったでしょう。 [続きを読む]

受信: 2005.12.05 18時44分

» 別れ・・・ [ともみのブログ]
さっきまで、昨夜放送された「1リットルの涙」のビデオを見ました。 今までで、一番泣いたような気が・・・ [続きを読む]

受信: 2005.12.05 18時50分

» 1リットルの涙 第8話 [*82beans @drama]
#8 1リットルの涙 バスケットボール部の新人戦を応援しに行った亜也(沢尻エリカ)は、初戦を突破したまり(小出早織)や早希(松本華奈)を祝福する。すると、保護者会を終えたばかりの潮香(薬師丸ひろ子)たちPTAが校舎から出てきた。そのときの潮香の暗い表情に気付いた亜也は、何故か不安な気持ちを抱く。 その夜、亜也は、保護者会で何かあったのかと潮香に尋ねた。しかし潮香は、クラスメイトの母親たちから亜也のサポートをすることに対してのクレームがあったことは伏せ、亜也のことをお願いしてきた、とだけ答える... [続きを読む]

受信: 2005.12.05 20時31分

» 「1リットルの涙」第8話を見る [どてらポッポの「テレビ見た?」]
「どうしちゃったの?麻生君。まるでいい人みたい。」 これがいいヤツなんだよなぁ。本当に。 今週は自分で決断する話。 ゴムがないと鉛筆も持てなくなってるんですね。 「ごめんね」もまた多くなっている気がする。 模試の日、亜也が足を滑らせて、階段から転げ落ちてしまう。 バスケットの試合を控えているまり(小出早織)も巻き添えに。 電話がかかってきたときは、まりの親から苦情か!と思いまし�... [続きを読む]

受信: 2005.12.06 01時20分

» [ドラマ]1リットルの涙(8)いちばんを失うこと。の替わりに流した涙 [脳みそのしわチャンプルー]
先週のエントリーに「前編」ってつけっちゃったものだから、 続きのような構えで今日は見始めたけれど、とんでもない。 後半は... [続きを読む]

受信: 2005.12.06 16時48分

» 1リットルの涙(第8回) 〜うつ病等で苦しんでいる方へ〜 [40代の私にとっての最新情報・重要ニュース]
視聴率は13.5→ 15.1→ 13.5 →12.3→ 14.6 →15.2→ 16.2%の右肩上がりで上昇中。 最終回あたりは20%越えも狙える位置についにきた。 実は私の今日の体調は最悪。病気が悪いほうに出ています。それでもリアルタイムで見たという一身でふらふらになりながら見ます。 ....... [続きを読む]

受信: 2005.12.06 20時23分

» ***  1リットルの涙  8   ****** [Sunao-na.キモチ]
第8話 1リットルの涙 あーーー泣いた!泣きっ放しだった!!今回は完全に遙斗目線になってしまった。 いつもは笑って冗談を言ってくれた遙斗が今回は常に伏せ目がちで、動揺が隠せない。 親たちに続きクラスメイト達の間でも、亜也についての意見が交わされる。 「ほんの少し支えになるくらい迷惑にはならないでしょ。」と言ってくれた、やさしい"まり"。 けれど受験を控えながら負担を感じていると言う生徒達の意見は、残酷だけど正直な気持ちだろう。 このあと遙斗が担任に強く投げかけた言葉は、もっともだ... [続きを読む]

受信: 2005.12.07 00時52分

» 第8話「1リットルの涙」 [ブログ ド ガジュマル (改装済)]
歌ったーーーーーーーーー!!!! 3月9日また歌ったーー(≧∇≦)ーー!!! まさかあそこで遥斗が歌いだすとは・・・!誰が予想したでしょう!? あーびっくりした。 うーーーーんせ・い・しゅ・ん(/ ∇ \)[:ラブラブ:] レミオロメンいいよいいよー[:ラブ:] (((≧(≧∇(≧∇≦(≧∇≦)≧∇≦)∇≦)≦))) さわやかーーーーー[:よつばのクローバー:] 今日は番組が違ってましたね〜、学園ドラマ[:グッド:] 指揮してた頃はげんきだったのになぁ〜 。°°・(;>_... [続きを読む]

受信: 2005.12.07 06時17分

» 1リットルの涙 第8話 「1リットルの涙」 [どらまにあ]
バスケットボール部の新人戦を応援しに行った亜也(沢尻エリカ)は、 試合後、初戦を突破したまり(小出早織)や早希(松本華奈)を祝福する。 すると、保護者会を終えたばかりの潮香(薬師丸ひろ子)たちPTAが校舎から出てきた。 ... [続きを読む]

受信: 2005.12.07 11時14分

» 1リットルの涙 8話 in秋ドラマ徒然感想記 [かつかつにっき]
涙が止まりません・・・。さすがに1リットルは出なかったけど。 今回はある意味物語のクライマックスとも言える位置づけだったのですが、その作り方はいたってシンプルでした。 余計なエピソードや凝った演出を抑えることで、一番見せたい亜也の心情を強調したいという制....... [続きを読む]

受信: 2005.12.08 01時38分

« 危険なアネキ・第7話 | トップページ | あいのうた・第8話 »