« ココログ・「ココログフリー」スタート&サービス改善 | トップページ | 1リットルの涙・第7話 »

2005.11.25

危険なアネキ・第6話

ドラマは録画して後で見ることが多いんだけど、このドラマについてはあるシーンを一瞬見逃したとしても、巻き戻して見返そうという気にならないのが不思議。むしろ「次行こう、次!」みたいな、そんな感覚。初回話辺りの時のように、熱心に楽しむ気でいないのも大きな原因かも・・・。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「危険なアネキ」
第6話「史上最悪の密着24時間!!」

寛子(伊東美咲)はテレビ番組のディレクターに、密着番組を作って「みながわ」を復活させようと誘われた。寛子は快諾。借金を背負って苦労する姿を前面に出した番組は評判も良く、近所の人や仲間は寛子を応援する。が、昼夜働き通しの寛子は倒れて入院する羽目に。勇太郎(森山未來)は寛子のレントゲンで胃がんに似た影を見つける。

銘酒「みながわ」の復活を願って、寛子は自分が主役のドキュメント番組を撮ってもらいました。タイトルは「密着24時六本木キャバクラ嬢 ~3千万円の借金を背負った女~」。しかし寛子は張り切り過ぎて倒れ、勇太郎はレントゲン写真を見て胃ガンだと思い込み、アネキのためにいろいろ動いてはみたけど・・・。結局写真の怪しい影は「梅干の種」で、余命4ヶ月というのも勇太郎の勘違いだったというオチ。

正直、引きました。ええ、ドン引きです・・・。

序盤のベタで有り得ない番組ロケのシーンから嫌な予感はしたけど、寛子が倒れる前辺りで引いてしまったので、その後の展開はあまり注目していません。まあ覚えていることと言えば・・・。勇太郎が寛子のためにチキン南蛮を作っていたなあ。謎だった「北村太一」はやっぱりさおり(釈由美子)の息子で、チラッと出た役名不明の岡田浩暉さんが別れた男っぽかったなあ。少しだけ期待している「お笑い芸人の登場」だけど、今回はディレクター役で「中川家」の弟・礼二さんが出ていたなあ。後ははらにっさん(FUJIWARA・原西さん)だけど、先週末「めちゃイケ」で本家の“○○でワッショイワッショイ!(with ナインティナイン・岡村さん)”を見て大満足しちゃったしなあ。どうも心に残るというか引っかかるものが少ない印象でした。まずいねぇ・・・、「危険だアネキ」だねぇ・・・。

○関連記事「危険なアネキ・第1話」
○関連記事「危険なアネキ・第2話」
○関連記事「危険なアネキ・第3話」
○関連記事「危険なアネキ・第4話」
○関連記事「危険なアネキ・第5話」
○関連記事「メガネ男子&メガネっ娘がブーム」(メガネ好きは男女共通)

「POP STAR」
主題歌「POP STAR」(平井堅)

「危険なアネキ」オリジナル・サウンドトラック

|

« ココログ・「ココログフリー」スタート&サービス改善 | トップページ | 1リットルの涙・第7話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/7305107

この記事へのトラックバック一覧です: 危険なアネキ・第6話:

« ココログ・「ココログフリー」スタート&サービス改善 | トップページ | 1リットルの涙・第7話 »