« 1リットルの涙・第7話 | トップページ | ブラザー☆ビート・第7話 »

2005.11.26

あいのうた・第7話

前回は洋子が改めて片岡家に入り、初のタイトルバックも登場しました。そしてストーリーの方は、洋子の過去と現在の対比に加え、片岡の病気と周りの人の支援が描かれ始めそうです。いろんな意味で、前回が“折り返し点”だったんですね・・・。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○日本テレビ系「あいのうた」
第7話「嫌だ…彼を失いたくない!」

片岡(玉置浩二)の家に戻った洋子(菅野美穂)は、子供たちの歓迎を受けて幸せをかみしめる。一方、病気を患う片岡は、病気が命にかかわるものであることを家族に切り出せずにいた。ある日、洋子らと公園へ出掛けた片岡は、激しい痛みに襲われる。そんな折、片岡が職場で落とした薬を拾った飯塚(小日向文世)は、片岡の病気に気付く。

前回のラストで、洋子が病院から出てくる片岡の姿を発見したけど、その後彼を追い掛けてどこか調子が悪いのかを尋ねていたようです。片岡は心配するほどでもないように振舞っていたけど、実は病気が進行していたんだよね・・・。まあそれは置いといて、2人で自宅へ帰ると、子供たちの大(佐藤和也)・亜希(山内菜々)・隼(渡邉奏人)が“あいちゃん”こと洋子のことで懸命に動いていました。「愛ちゃん」という名前を表札に加えたり、「愛ちゃんの部屋」を作ってあげたり。犬のミルクだって温かくお迎えだ!(笑) こうして洋子は、「片岡家の皆に愛される喜び」をさらに感じていったんですね・・・。

ところが、問題は片岡。“奇跡”とやらは残念ながら起きず、牧野中央病院の医師・牧野(岸田今日子)から「病気のこと、いつまで黙ってるつもり?」と言われた彼は、「分かってるけど、意気地ないんだよね俺・・・」と苦笑い。今後どうするかを聞いた牧野は、今までよりも強い鎮静剤を渡しました。しかし警察署の屋上で飯塚と会話(俗に「サボリ」という)した際、片岡はその場に鎮静剤を落として去ってしまい、後に飯塚は海鮮米問屋「竈」にて店長・溝口(阿南健冶)からその薬の秘密を知りました。片岡の病気のことを一番早く知るのは飯塚だと当初から予想していたけど、それは正解。ただ、直接的ではなく間接的に知ることになるとは・・・。

そして後日、川べりで片岡家の皆が遊んでいた時に、片岡は洋子の目の前で腹部を押さえて苦しみ出しました。そこで片岡は、「もうあんまり長く生きられないみたいなんだ俺・・・」と洋子へついに告白! 以前長男の大が“ラブレター”を出して“フラレター”時に、洋子が「元気だしな!」と言って彼を慰めていたのを盗み聞きしていた片岡は、余命半年という事実に驚きを隠せない洋子へ「俺さ、あいちゃん好きだよ。だけど、ずっと一緒にはいられないんだな・・・」と伝えました。彼が病気のことを直接誰かに告白したのはこれが初めて。一方、病気のことを間接的に知った飯塚は、房子(和久井映見)や柳沼(成宮寛貴)を集めてその事実を伝え、彼が刑事課から警務課に移ったのは子供たちと一緒の時間を作るためであろうことも伝えました。それを聞いた2人も複雑な表情を浮かべたまま・・・。

元に戻して、洋子と片岡。洋子は大きく驚いた後に強烈な悲しみに襲われ、「嫌だ!・有り得ない!・認めない!」と泣き叫ぶばかり。そんな彼女を、片岡はしがみつくように抱きしめました。洋子がそこまでになるのは、無理もありません。

だって、だって!
私、生まれて初めてなんだもん、
こんなに人を好きになったの。
初めてなんだもん・・・。

なのに何で?
いなくなっちゃやだ・・・。

そこで片岡は、いきなり「ひょっこりひょうたん島」の主題歌を歌ってあげました。これはちょっと意外!(笑)

苦しいこともあるだろさ
悲しいこともあるだろさ
だけどぼくらはくじけない
泣くのはいやだ笑っちゃおう
進め

実際はマイナー調で歌われるこの部分。でも、詞自体は確かに片岡たちの心情に通ずるものがありますね。その詞のように「笑っていよう」と決めた片岡は、笑顔を浮かべて洋子に「頼むよあいちゃん、あいちゃん笑ってる顔が一番可愛いんだからさ、俺に笑顔を見せて!」と言い聞かせたのでした。洋子はさらに辛くなってその場を走って去ってしまったけど、思いっきり泣いた後で心を入れ替えたようでした。そしてその後、洋子は片岡とその子供たちの前に姿を見せ、ありったけの笑顔で「帰ろう!」と言いました。洋子は心の中で、こう決意していたのでした。

私は、この時決めたんだ。
愛されることばかり、求めていないで、
これからは、愛を与えられる、
そう、「人を愛する人」になろうと。

「片岡家の皆に愛される喜び」を感じた洋子は、逆に「愛する側」になることをここに決意。幼少の頃から親に愛されることなく育てられた洋子は、現在になって「愛すること」を知り、そして「恋すること」も知り、ある意味で成長したと言えるでしょう。それは片岡や子供たちに限らず、飯塚、房子、柳沼のおかげでもありますね。号泣する洋子を演じる菅野さんと、辛くも優しく接する片岡を演じる玉置さんが、本当に良かったです!

○関連記事「あいのうた・第1話」
○関連記事「あいのうた・第2話」
○関連記事「あいのうた・第3話」
○関連記事「あいのうた・第4話」
○関連記事「あいのうた・第5話」
○関連記事「あいのうた・第6話」

・主題歌「プレゼント」(玉置浩二)

「イグアナの娘」 「アルジャーノンに花束を」DVD-BOX 「ちゅらさん 完全版」DVD-BOX
「イグアナの娘」DVD-BOX/「アルジャーノンに花束を」
 /「ちゅらさん 完全版」DVD-BOX(岡田惠和&菅野美穂の代表作)

|

« 1リットルの涙・第7話 | トップページ | ブラザー☆ビート・第7話 »

コメント

あずさん、こんばんわ~。
片岡さんがひょっこりひょうたん島を歌うとは思いませんでした。

脇が好きな役者さんたちばかりで、きっと暗い話を和ませてくれるとおもいます。

投稿: mari | 2005.11.27 23時30分

あずさん、こんばんは。
玉置さんが歌われるとは!
安全地帯の頃からよく歌を聞いていたので嬉しかったです。
ドラマの方はますます悲しい展開に。
それでも洋子が優二に見せた笑顔に希望を見た思いです。
愛の力って大きいですね!

投稿: ちーず | 2005.11.28 00時17分

>mariさん

「ひょっこりひょうたん島」には本当に驚きました! 人によっては、オリジナル版よりもモー娘版の方が記憶に新しいかもしれませんね。私はNHKでの再放送でオリジナル版を聴いたことがあったので、片岡と同じ曲調を思い浮かべられましたけどね。

>ちーずさん

そういえば、玉置さんの歌がストーリー内で聴けたということにもなりましたね! 以前はプレゼント告知で主題歌「プレゼント」の“♪ア~”だけ聴けましたけど(笑)。それにしても今回は見ていて悲痛の思いでした。うん、愛の力って大きいですよね。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.11.28 03時34分

こんにちは。
あずさんの記事を読んで、またうるうるしてる私です^^;
この番組では泣かされることも多いけれど、でも、「笑うこと」の大事さも教えれられました。だから、こんな重いテーマでも笑うこともできるドラマにしたのでしょうか?
岡田さんてえらいなぁ。

投稿: ひいな | 2005.11.28 10時59分

今回は出る出る涙(/_;)
洋子がその場を去って、思いっきり泣いた後でニコッとするシーン。ダメだ!私はまだ泣いてたもん。強いぞ!えらいぞ洋子!「人を愛する人になる」良い言葉だー♪
「ひょっこりひょうたん島」が出て来たのに一瞬引いたんだけど、歌詞に驚いちゃった。勿論歌詞は知っていたものの、何か凄く深い言葉だと思って…

いつも置いてかれるのほほん飯塚、今回はやりました!イイ男だ!
このドラマ、周りがイイ人ばかりで見てて気持ちが良い♪
あの薬、何も印字されてなかったと思うんだけどなぁ、「死んだオヤジが飲んでた薬と同じ」ってのは突っ込んじゃだめだよね~(笑)

投稿: マナ | 2005.11.28 14時00分

こんにちわ♪
そうですね、優二の告白までに
出会ってきた人物が一人でも欠けてしまっていたら
洋子は ここまで強くなれなかったかも知れないですね。

大を身内同然に励ますようになって
人に対して興味を持つことも持たれることも避けてきた頃とは雲泥の差やなーと。

投稿: 青いパン | 2005.11.28 15時00分

>ひいなさん

おっしゃる通り! あのような状況下での「笑うこと」の大事さは、私も共感できました。このドラマは泣きや笑いや感動のバランスがなかなか良いですよね。久々に岡田さんの脚本作を高く評価しています!

>マナさん

片岡の病気がいよいよメインになってきたけど、ラストの洋子の笑顔は意外性もあって良かった! 彼女は今まで暗い過去を引きずってきたけど、ここにきて彼女らしからぬ新たな気持ちが芽生えましたね。「ひょっこりひょうたん島」は私も一瞬引いたけど、歌詞は視点を変えるだけですごく良く思えたり。飯塚さんの良い所も(ようやく?)見られたし、良かったなあ・・・。あの薬を見ただけで全てを理解した店主もすごかったけど(苦笑)。

>青いパンさん

洋子は良い人たちに出会えて良かったですよね。ほんと、全ては片岡他の温かい心を持った人たちのおかげ! 大の件も納得です。「どーでもいいし。」の彼女が、あそこまで熱心に励ますなんて、ね~?

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.11.29 06時56分

ほぼ同時期に片岡さんの病気を知ってしまった4人。
それぞれの反応にうるうるでした(((p(≧□≦)q)))
そういやぁ、モー娘。が【ひょっこりひょうたん島】を
歌ってましたねぇ。すーっかり忘れてましたσ( ̄∇ ̄;)

投稿: まこ | 2005.11.29 09時41分

まこさんの言う通り、それぞれの反応がありましたよね。中でも洋子は一番感情が激しかったけど・・・。モー娘も歌っていましたね。でも、そっちは忘れ気味(笑)。やっぱりオリジナル版の方がすごいです!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.11.30 04時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/7332645

この記事へのトラックバック一覧です: あいのうた・第7話:

» 『あいのうた』第7話「嫌だ・・・彼を失いたくない!」の感想。 [まぜこぜてみよ〜う。by青いパン]
♪TBさせていただきます♪ドラマ『あいのうた』第7話、「嫌だ・・・彼を失いたくない!」の感想ですっ。 ・・うええーん、 ・・うわーん(涙)! 2人のために、時間よ止まれっ! [続きを読む]

受信: 2005.11.27 15時31分

» あいのうた 第7話 [やっくんのendless blossom]
ついに自分の部屋が出来た愛(洋子) でもミルク(犬)は付いてくるんだねぇ。 そして愛の成長振りもまた凄いです。 に、しても房子のパワーって凄いなぁ パワーというか脳内というか・・・ 元々(和久井さんの)持つ個性と、 『あいのうた』における房子の役...... [続きを読む]

受信: 2005.11.27 17時34分

» TVドラマ「あいのうた7話」 [邦画大好き]
久しぶりに「あいのうた」の記事、書きますが、 今回は特にきましたね! 見終わってからずっと玉置浩二の歌声が耳について離れません。今も頭の中で流れてます。 という事で、頭の中に流れる 「プレゼント」 をBGMに書いて行きます。 今回のストーリーの前半は、こ...... [続きを読む]

受信: 2005.11.27 22時19分

» 俺に笑顔を見せて・・・。『あいのうた』#7 [私的空間.com]
第七話   「嫌だ・・・彼を失いたくない!」 愛ちゃん!もう、、、感動したよ!! こんな日が来るんじゃないかと思っていたし、心配もしてた。 なのに、、、優二さんを好きになって、成長したんだね! ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!! ◇あらす... [続きを読む]

受信: 2005.11.27 22時37分

» いなくなっちゃやだ・・・ドラマ「あいのうた」第7話 [チャトレとクリエとイロイロと]
なにかもうこの回は家族でよよよ、となりながら観ていました。 「ひとりでかかえてるの辛くなってきた」 って玉置浩二演じる片岡さんの台詞に、涙がぼろぼろ。。 今回も最初に知ったのは小日向文世演じる飯塚さんだったけど、 先週みたいに笑えない。。 みんな少しずつ何かを抱えることになって、 これからどうなるのかなあ。 悲しい結末はいやだな。。 (と独り言。。) 菅野美穂演じるあいちゃん(洋子)がすごく素直になれたのに、 その素直になれた最初の感情が悲しみだなんて。。 「笑ってると... [続きを読む]

受信: 2005.11.27 23時20分

» あいのうた 第7話 [あいりぶろぐ]
 あいのうた公式HPの中に、演出の大谷さんによる撮影日記があるんですけど、それによると、「泣かせる」ものとなっている第7話。  今日は、いつもならドラマが始まって少ししたら流れるタイトルと提供クレジットの場面が、始まる前に流れてたし、第6話で流れたエン....... [続きを読む]

受信: 2005.11.27 23時33分

» あいのうた 第7話 [どらま・のーと]
『嫌だ…彼を失いたくない!』 優二(玉置浩二)が病院から出てきたところを見かけた洋子(菅野美穂)。 心配して駆け寄ると、優二は洋子に「ちょっと胃の調子が、」と笑い 元気な素振りを見せた。 片岡家に戻った洋子は表札を見て驚く。 4人の名前+ミルクの下に『愛ちゃ..... [続きを読む]

受信: 2005.11.28 00時19分

» 【テレビ】あいのうた(第7話) [まぁ、お茶でも]
片岡家に戻った洋子(菅野美穂)は温かく迎えられ、子供たちが用意してくれた”愛ちゃんの部屋”で暮らし始める [続きを読む]

受信: 2005.11.28 00時53分

» 【テレビ】あいのうた(第7話) [まぁ、お茶でも]
片岡家に戻った洋子(菅野美穂)は温かく迎えられ、子供たちが用意してくれた”愛ちゃんの部屋”で暮らし始める [続きを読む]

受信: 2005.11.28 02時50分

» 「あいのうた」最高2 [コウサする日々]
やばいです。この笑顔。泣けて仕方なかったです。菅野さん、いい仕事するなぁ。あと片岡さん(玉置浩二)が自室で一人で声を殺して泣くシーン。病気をカミングアウトするシーン。ドラマでこんなに泣かされるのも珍しいと自分で思います。来週もやばそうです。... [続きを読む]

受信: 2005.11.28 03時21分

» あいのうた 7話 in秋ドラマ徒然感想記 [かつかつにっき]
マイペースな作りでこっそりファンの多い「あいのうた」、俺もこのドラマ大好きです。 さて、そんな「あいのうた」ですが、今回の話から第2部とでもいうべき展開に突入していきました。 いやー面白かった、さすがですね! テーマは確実に重くなっているんですが、これま....... [続きを読む]

受信: 2005.11.28 03時37分

» あいのうた 第7話 [自己満族]
あー、こりゃ今後は1リットルの涙と同じ種類の涙を流すことになりそうです。 今までのストーリーが死へ自ら向かおうとするものを引き止める「生」への物語としたら、今後は病気と闘う「死」への物語になるんでしょうか。 でも、どちらの物語になろうとも、このドラマの...... [続きを読む]

受信: 2005.11.28 07時13分

» あいのうた 7話 [あっちゃん語録]
追記:すいません。うっかりコメントを許可しない設定になってました。 直しましたので、よろしかったらコメントしてくださいまし…。 先週の予想通り、今週は号泣。 房子ばりの号泣してしまいました。 つか、あいのうたで泣くというのはもはや条件反射です。 病院から出てくる優二を見て不審に思う洋子。 優二を追いかけていく。 「どっか悪いの?」 「胃の調子が」とごまかす優二。�... [続きを読む]

受信: 2005.11.28 11時00分

» あいのうた⑦ 【だけど、ずっと一緒にいられないんだなぁ】 [FULL OF LOVE]
 前回、素直になったことで、片岡に家にいられることになった洋子。でも、片岡は、何かを隠している様子・・・。それをとうとう、洋子に明かしました。「一人で抱えているのつらくなった」と言って・・・・。きっと、洋子に助けて欲しかったんでしょうね。だから、「笑って....... [続きを読む]

受信: 2005.11.28 11時32分

» 「あいのうた 第7話」のこと [徒然な日記(20%増量中)]
心の染み入るような第7話でした。 ラストの愛(菅野美穂)の笑顔。 そしてそれを目 [続きを読む]

受信: 2005.11.28 21時02分

» あいのうた 第7話 『嫌だ…彼を失いたくない!』 [あいのうたウェブログ]
2回見ましたが、今回もさんざん泣かされました(T-T) ウルウル 今... [続きを読む]

受信: 2005.11.28 23時55分

» 「あいのうた」第7話感想 [Dreamy-Forest]
「あいのうた」第7話『嫌だ…彼を失いたくない!』感想 片岡が亡き妻の写真の前で咽び泣くところから最後まで号泣でした。 あんな小さい子供を残して死ぬのはどれほど無念なことで [続きを読む]

受信: 2005.11.29 06時32分

» あいのうた 第7話:嫌だ…彼を失いたくない! [あるがまま・・・]
とうとう、あいちゃんに・・・・・・ 。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。ウワーン!! そりゃ泣くさ、号泣さ! 生まれて初めてだったのに、こんなに人を好きになったのは・・・ 初めてだったのに・・・・・・ 笑える訳ないじゃん!!!{/hiyo_cry1/} 〈苦しい事もあるだろさ  悲しい事もあるだろさ だけど僕らはくじけない  泣くのはイヤだ  笑っちゃおぅ  進め〜{/... [続きを読む]

受信: 2005.11.29 09時37分

» あいのうた 第7話 [*82beans @drama]
#7 嫌だ・・・彼を失いたくない! 今回から後半部分、洋子の章から優二の章に変わりました。 それと共に、さすがにこの『あいのうた』特有の雰囲気も深刻なものに・・・。 あの独特な掛け合いが好きだっただけに、対極ともいう雰囲気になってしまったので、より一層辛さが増します。 まあ、今までの雰囲気(あの掛け合い)が残ってはいるんですけど・・・。 かなり減りましたね(泣) いや〜、今回号泣しましたよ! 牧野主治医に薬の量を増やすと言われた時の優二の顔。 もう無理矢理にでも笑えなくなって... [続きを読む]

受信: 2005.12.02 18時15分

« 1リットルの涙・第7話 | トップページ | ブラザー☆ビート・第7話 »