« 危険なアネキ・第2話 | トップページ | 鬼嫁日記・第3話 »

2005.10.28

1リットルの涙・第3話

既に笑いの要素が激減し、悲しみばかりのストーリーになりつつあるこのドラマ。これが現実に起こった話だというから、黙って見ていられません。レビューもかなり書き辛い状況にあり・・・。(「鬼嫁日記・第3話」の冒頭文と連動しています)

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「1リットルの涙」
第3話「病気はどうして私を選んだの」

潮香(しおか・薬師丸ひろ子)と瑞生(みずお・陣内孝則)は、亜也(沢尻エリカ)に病気のことを知らせるのはまだやめようと決意する。だが、時々思い通りに体を動かせない亜也は、自分の病気に気付き始めていた。そんな中、病院を訪れた亜也は一人で水野(藤木直人)に会いに行く。一方、亜也の妹・亜湖(あこ・成海璃子)は、亜也ばかりを構う両親に不信感を抱く。

亜也は自分自身の変化に疑いを感じ、また両親の過度な気遣いに不信感を抱きました。そしてついに、自分が「脊髄小脳変性症」であることを知ってしまった・・・。

クラス全員で練習した合唱コンクールの楽曲「3月9日」。これは挿入歌「粉雪」を歌うレミオロメンの名曲で、ファンならずとも人気は高いです。元々はメンバーの共通する友人の結婚式のために作った曲で、その結婚式が2002年の“3月9日”に行われたことでこのタイトルになったというエピソードがあります。今では、「結婚式ソング」や「卒業ソング」としても名高い曲になっていますね。合唱コンクールの本番では、亜也が指揮する中で見事に合唱を披露できました。

そして亜也は、両親が付き添う場で水野から病気のことをはっきり伝えられることに。うつむいて涙を流す亜也は、「一つ聞いてもいいですか?」と言ってから、「病気は・・・、病気は、どうして私を選んだの?」と一言。そしてこんな字幕が!

病気はどうして私を選んだのだろう
運命なんて言葉ではかたづけられないよ

ここでタイトルバックへ。ダメだ、毎回ながら、このつなげ方に泣ける・・・。「病気はどうして私を選んだの」等という言葉は、実際当事者にならないとなかなか出ないものでしょう。その絶妙な表現のせいで、深い悲しみがより一層伝わってくる気がして・・・。

○関連記事「1リットルの涙・第1話」
○関連記事「1リットルの涙・第2話」
○関連記事「いいとも2005年秋祭・リアルで1リットルの涙」

「1リットルの涙 難病と闘い続ける少女亜也の日記」 「ラストレター『1リットルの涙』亜也の58通の手紙」 「いのちのハードル『1リットルの涙』母の手記」
・原作「1リットルの涙 難病と闘い続ける少女亜也の日記」(木藤亜也)
・書籍「ラストレター『1リットルの涙』亜也の58通の手紙」(木藤亜也)
・書籍「いのちのハードル『1リットルの涙』母の手記」(木藤潮香)

「Only Human」
・主題歌「Only Human」(K)

「粉雪」 「3月9日」
・挿入歌「粉雪」(レミオロメン)
・挿入歌「3月9日」(レミオロメン)

「愛し君へ(ディレクターズカット)」DVD-BOX
・「愛し君へ(ディレクターズカット)」DVD-BOX

|

« 危険なアネキ・第2話 | トップページ | 鬼嫁日記・第3話 »

コメント

TBありがとうございます!!
最後に水野先生に亜也が何で病気は私を選んだの??と
聞いたときは本当に辛かったです(>_<)
なぜ15歳の女の子がこんな目にあわないといけないんでしょう。。。
来週はもっと辛そうですね。。。でも、観たいと思います!

投稿: The Sea Monkey | 2005.11.01 13時02分

TBありがとうございました^^

毎回涙でボロボロなんですが、今回の亜矢の言葉はあまりにも重くて辛かったです。
何と答えてあげたらいいのか、どんな答えがあると言うのか、、、
正直、亜矢ちゃんはもちろん周りの人達の苦悩が窺えてキツイです。
でも、亜矢ちゃんの生きた証を最後まで見守ってあげたいと思っています。

投稿: ぽたぽた | 2005.11.01 15時37分

こんにちは。
TBありがとうございました!
亜也の最後の質問に、ただ涙を流すばかりでした。
病気を目の前にした少女のあまりにも率直な疑問でしたね。

「3月9日」も好きですが、私はエンディングに流れるKの主題歌も大好きです。

投稿: lavish | 2005.11.01 16時02分

TBありがとうございました。
確かに最後に出てくる字幕&Kが歌う主題歌へと繋がる流れに関しては、本当に涙無くしては見れない感じではありますよね♪
俺も毎回あそこになると思わず号泣してしまいます・・・。

投稿: フェイク・ヒーロー | 2005.11.01 22時16分

最近の歌に疎いあたし・・・
「3月9日」は知りませんでした。
でもこのドラマでは雰囲気のある印象的な楽曲が多くて
より一層話に入り込んでしまいますです。どっぷりと・・・

投稿: まこ | 2005.11.02 00時01分

>The Sea Monkeyさん

サブタイトルにもなったラストのセリフは、心に染みましたね・・・。「何故私が?」と亜也が思う辺りで、私も相当辛かったです。自分の病気を知ってしまった亜也は、この先力強く生きていけるのでしょうか?

>ぽたぽたさん

私も毎回ラスト辺りで涙を誘われます。今回は亜也が悲しい現実に直面したことで、相当辛くなりましたね。しかし亜也だけでなく、周りの人たちもこれから悩んでいくんでしょうね・・・。私も実話であるこのストーリーに注目することで、亜也を間接的に見守っていきたいと思います。

>lavishさん

私も亜也の質問に泣けたんだけど、その質問の言葉が聞き慣れない表現でまた悲しくなりました。15歳の少女らしい質問といったところでしょうか。このドラマではレミオロメンによる2曲の挿入曲が効果的に使われているけど、Kによる主題歌の方がやっぱり強いですね。

>フェイク・ヒーローさん

毎回のラストについては、良い言い方ではないけど「ずるい」というか「泣かせる」という作りに徹していますね。タイトルバックで見られる、木藤亜也さんの明るい笑顔も、本当に良くて・・・。私もそこで深い悲しみに陥ります。

>まこさん

合唱コンクールの歌「3月9日」も良い曲ですよね。このドラマは音楽で持っていかれる部分も多いなあ。だから一層ストーリーにのめりこんでしまうという、そんな感じがしますね。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.11.02 02時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/6797036

この記事へのトラックバック一覧です: 1リットルの涙・第3話:

» 1リットルの涙 第3話 [どらま・のーと]
『病気はどうして私を選んだの』 「ねぇお母さん、私の病気ってなーに?」 亜也(沢尻エリカ)に質問された潮香(薬師丸ひろ子)は平静を装い笑顔で答える。 「言ったでしょ。思春期特有のものだって。  自律神経のバランスが少し崩れてるって。」 「良くなるのかな。」 「..... [続きを読む]

受信: 2005.11.01 09時00分

» 1リットルの涙 第3回『病気はどうして私を選んだの?』 感想 [ぐ〜たらにっき]
『病気はどうして私を選んだのだろう』 [続きを読む]

受信: 2005.11.01 12時39分

» 1リットルの涙 ☆第三話☆ [*The Sea Monkey*]
とうとう亜也は病気のことを知ってしまいました早かれ遅かれ分かる事ではありましたが、やっぱりつらいシーンでした。。。 優花ちゃんのお父さんのお見舞いに行った時に病気のことを聞いて自分の症状によく似てることもあって、自分ももしかしてと思ったんでしょうねぇ〜...... [続きを読む]

受信: 2005.11.01 12時42分

» 辛すぎる告知 『1リットルの涙』#3 [私的空間.com]
第三話  「病気はどうして私を選んだの」 とうとう、水野先生(藤木直人)が、亜矢(沢尻エリカ)に告知しましたね。 病院で知り合った優花(松本梨菜)ちゃんのお父さんの事や、父や母の行動、自分の体調などから何かを感じ取っていたいた亜矢は、自分の病気が何である... [続きを読む]

受信: 2005.11.01 15時39分

» 『1リットルの涙』 第3話 [あみのドラマROOM]
『1リットルの涙』 第3話「病気はどうして私を選んだの」 もう、サブタイトルからして泣けてきます。 予告でも何度も流れていたし。 必死に告知を先延ばしにしようとする潮香。 でも、... [続きを読む]

受信: 2005.11.01 15時42分

» 1リットルの涙 3 [思い立ったが吉日]
『病気はどうして私を選んだの』 病院の帰り道、亜矢は潮香に病名を聞く。しかし、告知に反対な潮香は本当のことを言わなかった。 ある日、部活を終えた亜也は先輩の祐二と一緒にシューズを買いに行く。そのとき亜也は、向かってくる男の子をよけることが出来なかった。合唱コンクールの楽譜もぼやけて見えてしまったりする。少しずつあらわれる身体の異変に、少しずつ不安を覚えていく亜也であった。 亜也が一体ど�... [続きを読む]

受信: 2005.11.01 16時02分

» 1リットルの涙 第3話 『病気はどうして私を選んだの』 [フェイク・ヒーローのエンタメBlog!]
今回はついに亜也が自分の病気の事を自覚してしまう [続きを読む]

受信: 2005.11.01 22時13分

» 1リットルの涙 第3話:病気はどうして私を選んだの [あるがまま・・・]
病気はどうして私を選んだの? 。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん 予告や、番組のCMでいやという程見たこのシーン。 エリカちゃんのちょっと声がひっくり返りそうになる言い方が涙を誘う・・・{/hiyo_cry2/} 先週のラストで亜也が潮香さんに、自分の病気は何?と問うシーンがありましたが あの場では上手く告知を回避!両親の思いとしては何とか ギリギリまで告知はしない方向との思いは変わらないみたい... [続きを読む]

受信: 2005.11.02 00時02分

» 1リットルの涙。第3話 [なんくるないさぁ情報局。]
病気はどうして私を選んだの? こんなこと、15歳の少女に言われたら、どうしますか? 私は、この台詞を聞いて、どうしようもなく、涙ぐむばかりでした。 「脊髄小脳変性症」。残酷な病です。 意識ははっきりしているのに、神経細胞が壊れて、身体を動かすことが次第に困難になっていく病気。 今回のテーマも重いものでした。告知の是非。 亜也(沢尻エリカ)の主治医・水野宏(藤木直人)は、早い告知を母・潮香(薬�... [続きを読む]

受信: 2005.11.03 00時39分

» 1リットルの涙 第3話 「病気は、どうして私を選んだの?」 [どらまにあ]
亜矢は、亜也の母・潮香(薬師丸ひろ子)に自分の病気のことを聞く。 「お母さん 私の病気なに?」 潮香は、思春期特有の自立神経のバランスが崩れているだけだと答える。 まだ、告知は、できなかった。 ... [続きを読む]

受信: 2005.11.03 20時35分

» 1リットルの涙 第3話 [*82beans @drama]
#3 病気はどうして私を選んだの? 合唱コンクールが10日後に迫り、亜也(沢尻エリカ)や遥斗(錦戸亮)たち1年A組の面々は練習に余念がない。しかし、体の異変に気づき始めていた亜也は、合唱の練習中にも楽譜がぼやけて見え、言いようのない不安に襲われる。 同じころ、亜也の母・潮香(薬師丸ひろ子)は、常南大学医学付属病院の神経内科診察室を訪れていた。夫の瑞生(陣内孝則)と話し合い、まだ亜也には病気のことを告知しない、と決めた潮香は、亜也の主治医・水野(藤木直人)にその旨を伝えた。 早期の治療と... [続きを読む]

受信: 2005.11.04 16時25分

« 危険なアネキ・第2話 | トップページ | 鬼嫁日記・第3話 »