« 第66回菊花賞・武豊騎乗のディープインパクトが無敗の3冠達成 | トップページ | Bank Band・ドラマ「火垂るの墓」のテーマ曲が「生まれ来る子供たちのために」に決定 »

2005.10.24

野ブタ。をプロデュース・第2話

ただの「ジャニーズ系ドラマ」とは言えない出来で、私も結構楽しく見ています。タイトルバックの子豚のCGもなかなか可愛くて面白い! キャラクターグッズも出そう?

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○日本テレビ系「野ブタ。をプロデュース」
第2話「(秘)キレイ作戦」

人形を抱いた髪の長い気味悪い女の目撃談が続出。校内に“女は信子(堀北真希)”とのうわさが広まる。修二(亀梨和也)は、うわさを打ち消そうと、信子に髪を切るように言うが、拒否される。女が信子であることを知った彰(山下智久)は、修二に信子が人形と同じ髪形にこだわっていると教える。そんな中、信子の制服がペンキでイタズラ書きされる。

原作小説では、転校生は小谷信太(こたにしんた)という男の子で、「シンタ」が「ノブタ」としてプロデュースされているそうですね。それでドラマ化にあたっては、何故か「信太」が「信子」という女の子に置き換えられました。メインキャラが男ばかりになっちゃうから、あえて変更したのかな? そのプロデュースの完成形が、「堀北真希」というアイドルだったりして・・・。

制服に黄色いペンキで何者かに「ブス」といたずら書きされた信子。一度は悲しい気持ちになったけど、修二と彰がズボンに自ら落書きを入れて登校し、信子をそっと励ましてあげましたね。あのシーンはベタではあったけど、ちょっと泣けてきました。その後黄色い落書きが校内で大流行したのも面白かったですね。まあ、その流行はすぐに収まったようだったけど・・・。

それはそうと、ゴーヨク堂の店主(忌野清志郎)が「デルヒィーヌ・サクラダ」というペンネームで本を出していたのが笑えた~! しかもその本「グリーン ウィロウ」は、なんと1億円! 侮れん・・・。それから、信子が持っていた人形は、信子にそっくりで怖かった~。でも髪を切って、少しだけイメチェンしましたね。プロデュースはとりあえずこんなところからスタートしました。さあさあ、今後のプロデュースも楽しみですね~!

○関連記事「野ブタ。をプロデュース・第1話」

「野ブタ。をプロデュース」
原作「野ブタ。をプロデュース」(白岩玄)

「青春アミーゴ」
主題歌「青春アミーゴ」(修二と彰)

「野ブタ。をプロデュース」オリジナル・サウンドトラック

「すいか」DVD-BOX
「すいか」DVD-BOX(河野英裕&木皿泉の代表作)

|

« 第66回菊花賞・武豊騎乗のディープインパクトが無敗の3冠達成 | トップページ | Bank Band・ドラマ「火垂るの墓」のテーマ曲が「生まれ来る子供たちのために」に決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/6556046

この記事へのトラックバック一覧です: 野ブタ。をプロデュース・第2話:

« 第66回菊花賞・武豊騎乗のディープインパクトが無敗の3冠達成 | トップページ | Bank Band・ドラマ「火垂るの墓」のテーマ曲が「生まれ来る子供たちのために」に決定 »