« 2005年秋ドラマ・レビュー方針 | トップページ | ブラザー☆ビート・第2話 »

2005.10.22

あいのうた・第2話

いろんなblogでのレビューを読んで回ったところ、多くの人が「良い」と評価していたのがこのドラマでした。うんうん、そうだよね、分かる気がするよ。確かに期待以上の出来だと思ったし! このままの勢いで、ラストまで駆け抜けてもらいたいものです。視聴率なんかは気にせずに・・・。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○日本テレビ系「あいのうた」
第2話「幸せなんて私に似合わない」

幸せそうな片岡(玉置浩二)の家庭に、洋子(菅野美穂)は居心地の悪さを覚えて家を出ようとする。だが、片岡は洋子を引き留め、病院へと連れていく。一方、片岡の元同僚・房子(和久井映見)は、洋子の歓迎会を片岡家で開こうと提案。帰宅した洋子とパーティーを行う中、記憶が戻るかもしれないと全員で思いつくままに名前を列挙する。

「記憶喪失の設定に悩む女」。これは洋子のことだけど、私は経験が無いから見ていて面白く見えたりする。自分もやってみたい気もする。ただ、周りの人には迷惑がかかるね・・・。

片岡家で洋子の歓迎会が開かれました。出席者は、洋子、片岡、その子である大(佐藤和也)・亜希(山内菜々)・隼(渡邉奏人)、房子、柳沼(成宮寛貴)、それに、呼び掛けを忘れられていて自分から参加しに来た飯塚(小日向文世)。以上、8人。飯塚さん、一応セーフ!(笑) そこで行われた、大人5人が中心の会話が面白かったですね~!

・片岡
洋子の年齢当てで「27歳!」とか、洋子をどう呼ぶかで「あいちゃん!」とか。
そのたびに洋子は驚いていたけど、勘はかなり鋭かった。さすが元刑事!

・房子
同じ女性として洋子と比較され、何かと洋子に突っ掛かる不思議キャラ姉。
その言動の数々、いや全てが、ほんっと面白い! 房子、萌え~(笑)。

・柳沼
どうも洋子が気になって気になってソワソワ。現在のところそんな状態。

・飯塚
ネタが“走る(滑る)見事に(転ぶ)”。「キン肉マン」の主題歌のようだ(笑)。

・大
洋子が自分の名前を思い出すまでの仮名決めを提案。この子はしっかり者ですね。

・亜希
“時任三郎+大竹しのぶ”のように見えるのは、きっと私だけでしょうか?(笑)

・隼
「やったー!」の口調は、姉の亜希(ただし七海@HOTMAN)にそっくりだなあ。

・洋子
どーでもいいし。これ、たぶん彼女の心の中の言葉です・・・。

洋子は小学生の頃、その名前を「市役所の女性のネームプレートを見てその場で適当に名付けた」と母親から伝えられた。また、かつて自分のクラスに「愛」という名前だけで人気者になった女の子がいた。それらのことが理由で、「愛・あい」という名前を妬み羨ましく思いながら、「名前」そのものにコンプレックスを抱いていたんですね。それで、現代になって片岡から「あいちゃん!」と突然言われたことで、一瞬驚いた表情を見せたという・・・。そしてその結果、“あいちゃん(愛ちゃん)”という仮の呼び名が皆にも気に入られ、ここに“あいちゃん@本当は洋子だし”が誕生! ドラマのタイトルの「あいのうた」って、ここにも掛かってくるんですね。な~るほどっ!

半ば嫌々片岡家に入ったものの、皮肉にも“あいちゃん”という愛称で親しまれるようになった洋子。翌日隼が保育園のお遊戯会でダンスを披露するというのに、誰も都合で行けないため“あいちゃん(洋子だし)”が代わりを頼まれることに。当日彼女は保育園にも行かずに房子の勤め先で仕事を手伝っていたが、“あいちゃん”として愛されていることに少しずつ目覚め始めた洋子は、ウエイトレス姿のまま保育園へ向かって疾走。既にダンスは終わった後で誰もいなかったけど、洋子は壁に飾られた隼の「ぼくのかぞく」という絵を見てびっくり。なんとそこには、片岡家の面々と赤い服を着た“あいちゃん”の姿が! 洋子は立ちすくんだまま涙を流し、「ぼくのかぞく・・・」と呟いたのでした。その様子を、片岡が外からそっと見ていて・・・。

う~ん、面白い。面白いですよこれはっ! 笑いあり・涙ありで、実に良い! それぞれのキャラも好感が持てて、非常に良い! 「あいのうた」、大絶賛です! しかしながら、片岡の病気の進行も気になりますね。せっかく楽しい生活が始まろうとしているのに。また、房子は洋子の記憶喪失がウソじゃないかと見抜きましたね。口が達者なだけでなく、勘も一応鋭いのか(笑)。この先、本当に目が離せなくなりました!

○関連記事「あいのうた・第1話」

・主題歌「プレゼント」(玉置浩二)

「イグアナの娘」 「アルジャーノンに花束を」DVD-BOX 「ちゅらさん 完全版」DVD-BOX
「イグアナの娘」DVD-BOX/「アルジャーノンに花束を」
 /「ちゅらさん 完全版」DVD-BOX(岡田惠和&菅野美穂の代表作)

|

« 2005年秋ドラマ・レビュー方針 | トップページ | ブラザー☆ビート・第2話 »

コメント

[あいのうた] おもしろいです。和久井さんのキャラ・・・発言・・納得です。洋子の年齢当ての時のイケズ具合が最高です。[結構、男は知ってたりして]なんて、サラッと言っちゃうとこなんか鋭い!片岡さんが[27歳]とズバって当てるとこは、さすが元刑事を感じさせてくれる。このドラマはふゎ~としてるから見過ごしちゃうけど、よく見ると奥が深い。

投稿: あんず | 2005.10.23 01時11分

あいのうた、すごく、気にいっています。キャスト、内容とも文句なし。心にすっとしみるような優しいドラマだと思います。それぞれのキャラの個性が生きていて、違和感なく安心で見ることができますね。皆さんの演技もうまい。
菜々ちゃんが時任三郎、大竹しのぶには全く見えませんけれど・・・・・。一度眼科へ。

投稿: ななこ | 2005.10.23 11時24分

洋子を取り巻く相関図がくっきりしていて、一人毛色の違う洋子を
全員が、ああでもない、こうでもないと、いじくりまわしている状態です。
来週、どうも洋子がわかるようですが、この仲間はもっと優しくなるのかな?

投稿: mari | 2005.10.23 19時52分

>あんずさん

面白いですね~! 房子こと和久井さんの演技も最高です。全ての言動ぶりが逃せないところ! また、元刑事の片岡の読みも鋭くて良いですね。洋子はズバリ的中されて、驚きぶりを隠せない様子? 私も奥が深いと思いますよ!

>ななこさん

うん、ほぼ全てにおいて文句無しに良いですね! メインの大人5人のシーンなんかは、皆個性を出していて上手いなあと思います。私的には「ベテラン相手に柳沼頑張れ!(成宮さん)」と言いたいですけどね。それと余談ですが、私は視力が良い方なので眼科へ行く必要は皆無です。ただそう見えるだけで、分かる人には分かるってやつなのでね!

>mariさん

相関図の話は、まさに今回の歓迎会が典型例でしたよね! 洋子を囲んであれこれ言うあのシーン、本当に面白かったなあ。今後彼女がどう変わっていくかは見ものですね。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.10.23 22時48分

adsさん、こんばんは。
房子も結構勘が鋭いなぁと思いましたが、片岡も見かけによらず!?かなり勘が鋭いですね。年齢をピタッと当てたところが…。元々は敏腕刑事だったというのもわかるような気がします。
このドラマ、視聴率はあんまり良くないし、私の周りも「見ない」って言う人が多いんですが(汗)内容は良いので、これからも楽しみですね!

投稿: 愛梨 | 2005.10.25 00時04分

あずさん、おはようございます!
私もこのドラマ、すごく気に入っています。
菅野さんが演じる洋子の心の移り変わりが細やかに演じられていて、
じっくり見れば見るほど面白い!
脇を固めるキャラも大好きです!

投稿: ちーず | 2005.10.25 08時48分

こんにちは。
房子の言動がなかなか魅力的ですよね。彼女にも過去がありそうで期待です。
それにしても視聴率があんなに低いとはショックです。こんなにいい番組なのに~。
前番組の余波かなと思ってみました。

投稿: ひいな | 2005.10.25 09時09分

おはようございます~♪

>亜希
“時任三郎+大竹しのぶ”のように見えるのは、きっと私だけでしょうか?(笑)

言いえて妙ですね、「カワイイんやけど どっちにも微妙なラインで似てるなー」とウケました(笑)。

数字的には苦戦してるみたいですが、
ホント気にせず最後まで このペースでいってほしいなーとワシも思いますです♪


投稿: 青いパン | 2005.10.25 09時19分

こんにちは!
コメント、ありがとうございました。

面白いですよね。
シリアスなテーマを明るく描いてるのがイイです。

投稿: GO | 2005.10.25 11時26分

TB&コメント、有難うございました!

このドラマ、いいですね~。
笑いと涙の融合(?)が見事で、出演者も合っています。
今回の洋子の涙に、じーんと感動をしてしまいました。

若干、優二の病気のことが気になりますが、最後まで視聴率を気にせず、このままの雰囲気でいって欲しいですね!

投稿: lavish | 2005.10.25 13時56分

あずさんこんにちは
TBありがとうございます。
房子の不思議キャラいいですね。
もしかしたら、優二のこと気になってるのかなと
思ったら、柳沼でほっとしました(笑)

投稿: まりこ | 2005.10.25 14時34分

意外に勘の鋭い房子!といってもこの人こう見えて元警官なんですよね~。
不思議キャラのせいで、ついついこの設定を忘れがちです(笑)。
若い娘と張り合ってちょっとした事でジタバタする房子に、
普段の自分を見せられたような・・・( ̄┰ ̄;)ゞ 
やっぱ他人目線で見たら哀れなんだと実感・・・_| ̄|○

投稿: まこ | 2005.10.25 14時50分

あずさん、こんにちは。
TBありがとうございました^^
このドラマ、視聴率低いんですか?
知らなかった・・・。こんなに面白いのに!
あの曲者ぞろいのキャラクターに、テンポの良い会話、そしてふんわりした雰囲気。
イイ感じなのになぁ・・・。
と思わずにはいられません。

今週、洋子の嘘がバレますね。
片岡家に分からないように黙っていてくれるようだけど、どうなるんでしょうか・・・。
楽しみです!

投稿: 乃慧 | 2005.10.25 17時24分

>愛梨さん

房子が侮れないですよね(笑)。面白かったー! 片岡も元刑事だけあって、勘が鋭い! 敏腕刑事時代を見てみたいものですよ。視聴率は悪いみたいだけど、ファンは私が知る限りでは多いと思います(レビューを書く人には?)。はい、今後も楽しみです!

>ちーずさん

私も気に入っています! 「笑いあり涙あり」のドラマは元々好きだけど、テンポが良くてじっくり楽しめますよね。安易な気持ちのまま録画し続けているけど、このままラストまで取り続けるかも!

>ひいなさん

房子、ププッ! 洋子に対して妙に突っ掛かるのが、もう面白くて! そうそう、視聴率が悪いみたいなんですよね・・・。「日テレ水曜枠」って、裏番組の影響もあって毎回苦しいんだけど、頑張ってもらいたいですね!

>青いパンさん

先のTBどうもでした! 亜希っていうか菜々ちゃんが誰かさんに似ていると思った話は、ふとそう見えることがあるってことで一つ(笑)。このペースだけは崩さずに進んでほしいところです。

>GOさん

こんにちは! 確かに面白いと思いますよ。ほんと、今クール一番の勢いはありますね。

>lavishさん

そちらのレビューでも絶賛されていましたけど、見ていて素直に楽しめるドラマだと思います。岡田さんの作品としては、今回は当たりかな? そのせいで、優二の病気のことをすっかり忘れがちで・・・。

>まりこさん

今回は(も?)房子の不思議キャラさや言動がまた面白かったかな。はは、彼女は柳沼の方を向いていましたね。ホッと一息できて良かったみたい?(笑)

>まこさん

ウエイトレス姿を結構楽しんでる房子だけど、実は元婦人警官なんですよね。その辺も忘れがち。わはは、まこさんに似ている部分があるの~? 私の視点から言わせてもらうと、まこさんはもっと絶妙なツッコミで楽しませてくれる人だと思っていますよ(笑)。

>乃慧さん

ちょっと調べてみたら、視聴率が初回話から下がったことを知って、ちょっと微妙な気分になっているんですよね・・・。そう、こんなに面白いのにね! メインの大人5人の会話なんて、テンポが良くて本当に面白い。ここでもレビューで推しまくって、もっと注目度を上げていくとしよう! 洋子の記憶喪失がバレ始めそうだけど、どうなるかな? 期待してしまいますね!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.10.26 02時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/6518933

この記事へのトラックバック一覧です: あいのうた・第2話:

» 『あいのうた』第2話「幸せなんて私に似合わない」の感想。 [まぜこぜてみよ〜う。by青いパン]
◇TBさせていただきます◇ドラマ『あいのうた』第2話、「幸せなんて私に似合わない」の感想です♪ 房子が だんだん知り合いの女の子に見えてきました(←いるの〜!?笑)。 [続きを読む]

受信: 2005.10.23 13時34分

» あいのうた 第2話  X  『木更津キャッツアイ』 [文才がなくても描けるドラマ脚本術]
アロハ♪GOです! 『あいのうた』楽しいですね! 脚本家は、作品を創るとき 構成をきっちり完璧にしあげる人と セリフから浮かぶ人がいます。 岡田さんは、セリフの人です。自分で雑誌とかで話しています。 だから、会話がすごくテンポがよく、気持ちいいですよね。... [続きを読む]

受信: 2005.10.23 19時03分

» あいのうた第二話「幸せなんて私に似合わない」 [私でもいいですか?]
片岡家・・・ 「良かったな亜希。」 「うん。」満面の笑みを浮かべる亜希。そこへ洋子が現れる。 「なに?」 「ありがとう。ありがとう、お姉ちゃん。」 どう反応していいのかわからない洋子。 「ありがとう。ほんとに。」礼を言う片岡。 「別に・・・。」 「ありがとう... [続きを読む]

受信: 2005.10.24 18時58分

» あいのうた 第2話 [あいりぶろぐ]
 最初はあまり期待してなかったのに、意外とストーリーや演技が良くて感動できる話だったので、すっかりはまってしまいました(笑)。  というわけで今日は第2話。  今日は感動する場面もありましたが、わりと笑いの要素もたくさんありました。... [続きを読む]

受信: 2005.10.24 23時41分

» あいのうた・第2話 [ミーハー日和]
 片岡といい、柳沼といい、飯塚さんといい、人がいい人ばかりですね。房子さんは柳沼くんが好きなのね。でも、柳沼くんは洋子に興味があるみたい。  洋子の歓迎会でみんなで集まったのはいいけれど、誘ってもらえず、いなくても思い出してももらえなかった飯塚さん。怒っ....... [続きを読む]

受信: 2005.10.25 02時02分

» あいのうた 第2話 [どらま・のーと]
『幸せなんて私に似合わない』 「これから先、生きていたからって、  いいことがあるとは思えなかった。  自分は人から愛されることもないんだ。  自分には、絶対幸せはやってこないんだと、  思っていた。」 ... [続きを読む]

受信: 2005.10.25 08時46分

» あいのうた 2 [思い立ったが吉日]
『幸せなんて私に似合わない!』 川で亜希のボックスを拾った洋子に、優二はお礼と勘違いをしたことを謝る。洋子はそのまま優二の家を出ようとするが、引き止めれら一緒にご飯を食べに行くことになる。 その夜、やはり家を出ようとする洋子は優二に見つかってしまい、また引き止められる。そのとき、本当のことを話そうとする洋子だが、タイミングを逃してしまう。 翌日、優二は洋子の記憶喪失を心配して自分が通っている病院に連れて行く。... [続きを読む]

受信: 2005.10.25 13時56分

» あいのうた 第2話 「幸せなんて私に似合わない」 [どらまにあ]
亜希(山内菜々)の黄色いカバンが戻る。 亜希は、素直に「ありがとう お姉ちゃん」というが 洋子(菅野美穂)は、返事に困ってしまう。 優二(玉置浩二)からも、亜希からも何度も「ありがとう」といわれ 洋子は、「もういいわよ やめてよ」と言ってしまう。 ... [続きを読む]

受信: 2005.10.25 14時31分

» あいのうた 第2話:幸せなんて私に似合わない [あるがまま・・・]
ベタだけど泣けるぅぅぅ。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 隼が書いた家族の絵に「あいちゃん」が{/hiyob_uru/} 手ぇ繋いでるしっ{/ee_1/}優しく笑ってるしっ{/ee_1/} そりゃ洋子も泣くさ〜〜〜{/hiyo_cry1/} 予告で洋子がメイド服着て走ってる姿見て、てっきり房子と同じ職場に 就職したのかと想ってたけど、そういう訳だったんだー! 皆にお願いしたおされて、あの場で... [続きを読む]

受信: 2005.10.25 14時51分

» 『あいのうた』 第2話 [あみのドラマROOM]
『あいのうた』 第2話 「幸せなんて私に似合わない」 昨日も面白かったですね。 いろいろな言葉が、洋子の気持ちを少しずつ変えていく感じですね。 例えば「ありがとう」 今まで、言われた... [続きを読む]

受信: 2005.10.25 16時39分

» あいのうた 第2話 [*82beans @drama]
#2 『幸せなんて私に似合わない』 あら。あららら。 2話目にして、もう記憶喪失じゃないって事バレそうなんですけど(笑) それは置いといて。 洋子、ちょっと片岡家に馴染んできましたね〜。 ”愛”という名前も貰って。 前回は亜希に、今回は隼と打ち解けてきました。 子供達とのぎこちないやり取りが微笑ましいです。 今まで経験出来なかったことを体験するのって戸惑いがありますよね。 菅野美穂さんがそのぎこちなさを巧く演じられてて、見ているこちらが笑みを浮かべてしまいます(笑)... [続きを読む]

受信: 2005.10.25 17時21分

» 「あいのうた」第二回 [トリ猫家族]
 亜希(山内菜々)のランチボックスを川から探し出してきたことから、片岡家のみんなに感謝されて居心地の悪い洋子(菅野美穂)。 「こういう幸せっぽいの苦手なの。似合わないのよ」 「幸せが似合わない人なんていないよ」  多分いままでどんな人の言葉も受け流して....... [続きを読む]

受信: 2005.10.26 06時05分

« 2005年秋ドラマ・レビュー方針 | トップページ | ブラザー☆ビート・第2話 »