« 1リットルの涙・第3話 | トップページ | 田舎への旅行記(長野&新潟) »

2005.10.29

鬼嫁日記・第3話

既に笑いの要素が激減し、不満ばかりのストーリーになりつつあるこのドラマ。これが人気blogの実写版だというから、黙って見ていられません。レビューもかなり書き辛い状況にあり・・・。(「1リットルの涙・第3話」の冒頭文と連動しています)

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「鬼嫁日記」
第3話「浮気裁判地獄絵図」

早苗(観月ありさ)はネコの夢を見た。ネコの夢が夫の浮気の前兆と知った早苗は、一馬(ゴリ)を疑う。一方、達也(東幹久)は、妻のあゆみ(井上和香)に内証で浮気旅行の計画を立てていた。そんな達也を疑うあゆみに、亮介(小池徹平)は浮気発見の極意を伝授。興味を持った早苗は、一日の行動を携帯電話のカメラで報告することを一馬に強要する。

初回話を見て「気楽に見ることにする」と決め、第2話を見て「全く笑えなかった」という感想を残しました。「決定しました!」が口癖の鬼嫁・早苗ですが、せっかくなのでその口癖、ここで大きく使わせていただきましょう。


決定しました! 私、レビューを辞退します!


も~~~うダメ! 何がって、コメディなのに全く笑えん。正直つまらん。我慢できん。結局楽しかったのは「アットホーム・ダッド」つながりだけで、多少あった期待感を裏切られたかのようで最悪! そんな思いでいるのに、何が書ける? どう書けば良い? ダメです。努力してもダメです。努力する時間がムダです。これまでのレビューでは気持ちを抑えて書いてきたけど、不満が増大したのでこれにて終了とします。私の中では、今クールのドラマの中では最下位に近い位置付け!

以下は、私の改善案です。とは言っても、実現はされないだろうけど。

このドラマの原作にあたるblog「実録鬼嫁日記」を踏まえて良く考えてみる。このドラマって弱い夫・一馬と鬼嫁・早苗のやりとりが最大の面白み(面白がって良いのかは不明)なんだよね? まあその様子は描かれてはいるんだけど、どうして毎回他の夫婦が介入してくるの? 何が言いたいかっていうと、正直他の夫婦の話は要りません。一馬と早苗(&子供)だけで良いです。その方が良いと思うんですよ。

それを前提としてさらに考えてみる。実際blogでは、「1記事・1ネタ」って感じなんだよね? 読むにしても、1記事につき1~3分くらいなんじゃない? だったら実写版は、毎日でも毎週でも構わないけど、「『5分ドラマ』としてやったら面白かったんじゃないか?」って思うんです。「さ~て、今日も一笑いするか!」、「はは、鬼嫁っぷりが笑える~」みたいな感じ? 毎回一つのネタを膨らませて長くやるもんだから、「鬼嫁ムカつく~!」とか「このエピソード要ら~ん!」みたいに思ってしまうわけなんですよ。

以前こちら東海地区の東海テレビで、「月9」ドラマの後(21:54~)に「UGATTA」という番組がありました。それは、モロ師岡さんと楠美津香さんの実の夫婦が、話題のテーマについて面白おかしく説明しながら夫婦コントを演じるんだけど、モロ師岡さんの“弱い夫”と楠美津香さんの“鬼嫁”の姿が本当に面白かったんです。これを先に知って楽しんでいたから、「鬼嫁日記」が大して面白くないように思えるんでしょうね。「UGATTA」は地方ローカルだから全国区にはあまり知られていないはずだし、真似でも良いからそのスタイルを取り入れてみたら、「毎話がblogの1記事」みたいな感覚でリンクできるし良いと思うんだけどなあ。逆に、blog・ネットの特性を活かしきれていない現在の状況が、ダメだと思うんだけどなあ。

というわけで、さようなら「鬼嫁日記」。「1リットルの涙」と同日続けての放送っていう編成自体も、私の中では気に入らなくてね。まあ暇な時に見るかもしれないけどさ!

○関連記事「鬼嫁日記・第1話」
○関連記事「鬼嫁日記・第2話」

「鬼嫁日記」DVD-BOX
「鬼嫁日記」DVD-BOX

「実録鬼嫁日記 仕打ちに耐える夫の悲鳴」 「実録鬼嫁日記 仕打ちに耐える夫の悲鳴」 「実録鬼嫁日記 愛されてお金持ちになる18箇条」
・書籍「実録鬼嫁日記 仕打ちに耐える夫の悲鳴」(カズマ)
・書籍「実録鬼嫁日記 仕打ちに耐える夫の悲鳴」(カズマ)
・書籍「実録鬼嫁日記 愛されてお金持ちになる18箇条」(カズマ)

・主題歌「Oh My Darlin’」(中ノ森BAND)
・挿入歌「Spotlight」(Fayray)
・「鬼嫁日記」オリジナル・サウンドトラック

「アットホーム・ダッド」DVD-BOX 「アットホーム・ダッド スペシャル」
・「アットホーム・ダッド」DVD-BOX/「アットホーム・ダッド スペシャル」

|

« 1リットルの涙・第3話 | トップページ | 田舎への旅行記(長野&新潟) »

コメント

あずさん、おはようございます!
辞める決断!カッコいい!!(笑)
私はなんだか、次こそは、次こそは、と思ってしまい
ズルズルと見続けてしまいそうです。
でも「1リットル」のあとのこの雰囲気、合いませんよねー。
時間も足りないことだし、私もこれが脱落候補・・・。

投稿: ちーず | 2005.11.01 08時33分

潔い決断、おめでとうございます。
って変かも知れないけど、辞める!って言うのも結構勇気とかパワーがいる様な気がして。
貴重な時間をムダに使いたくはないですよね。
私も、大事な時間にたっぷり時間をかけるようにしています。
それにしても、あずさんは、いつも見るにつらい番組でも、何とかして理解しようと努力されてますよね。そのお姿には敬服致します。
あずさんの、改善案は、なるほど~ぉと読ませていただきました。今のドラマより、そちらの方が確かに面白く見れるかも知れませんね。
「UGATTA」という番組が、こちらでは見れないのが残念です。
では、また別のドラマレビューにて。

投稿: メロディ | 2005.11.01 09時54分

TBありがとうございました。
ads(あず)さんは今回でレビューを辞退してしまったんですね・・・。
俺的には何だかんだ言いつつも、とりあえずは最後まで見続けられそうな感じではあるのですが、でもやっぱこういうのは人それぞれですからね!
俺も先日で『恋の時間』のレビュー辞退を宣言してしまったばかりではありますが(笑)、今後はもっと良質なドラマが増えてくれると良いですよね♪

投稿: フェイク・ヒーロー | 2005.11.01 22時28分

>ちーずさん

ひたすら我慢したんですけどね。まだ判断するのは早いと思いつつ3話まで見てきたけど、レビューだけはもう辞退!(試聴はするけど) 記事で書いた通りで、いろんな意味でマイナス要素を抱え込んでいるんですよね。えっ! ちーずさんも脱落するかどうかで悩んでいるの? こりゃ相当だわ・・・。でもドラマレビューblogの管理人としての義務感みたいなのもあるし、複雑な心境なんでしょうね。

>メロディさん

いろいろとありがとうございます! と言っておきましょう(笑)。言い方を変えれば、笑い所で笑えないという点から「相性が悪かった」という結論になりますね。そんなドラマについて無理矢理レビューを書いたところで、自分としても面白くない。それで潔く辞退しました。これは私としては正解でしょう。でもただ辞退するのも嫌なので、最後に改善案を含めたというわけです。もしそういうスタイルだったら良かったのになあ。「UGATTA」は現在はもう放送されていないけど、劇団仕込みの夫婦コントで楽しかったです。当初は全国放送だと思ってたっけ・・・。

>フェイク・ヒーローさん

こんなレビューをぶつけて申し訳無い気持ちもあったけど、一意見や改善案を読んでもらいたかったんです。まあ、人それぞれっていうのはあるものですよね。私も我慢してきたけど、やっぱりダメでした。視聴率が好調なのが、信じられない・・・(苦笑)。そちらもレビュー辞退を宣言していましたね。私も他のドラマは既に辞退しているけど、以前より時間が取れなくなったのも大きな理由ではあります。良質なドラマは常に求めたいところですよね!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.11.02 02時20分

あずさんこんにちは
私もはっきりいっておもしろくありません。
ブログのおもしろさが伝わってこないし、
早苗が、ただの自分勝手な妻にしか見えてこない・・
これでもうちょっと一馬に対する愛情がチラリでも見えれば
OKなのに、いじめられている一馬だけ見ていても
ただただ可哀想なだけで・・
それとも、これが笑うポイントなのかなぁ・・
ほかの夫婦の話も必要ないというのに同感です。

投稿: まりこ | 2005.11.02 12時56分

まりこさんもそういう感想でしたか・・・。読みましたけど、うん、おっしゃる通りですね。blog原作という要素が欠けていると思います。まあ最近は、ようやく字幕が入ったりしてそれらしくなってきたけど、もう遅いって(苦笑)。あの夫婦だけの様子を数分だけのストーリー構成で展開したら良かったのに。笑わせ所で笑えないなんて、これはもう「私向きじゃない」と思いました。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.11.03 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/6797809

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼嫁日記・第3話:

» 鬼嫁日記 第3話 [どらま・のーと]
『浮気裁判地獄絵図』 ある日早苗(観月ありさ)は奇妙な夢を見た。 ネコの着ぐるみを着た誰かが、早苗が準備した食事を勝手に食べてしまう夢。 着ぐるみを外そうと奮闘する早苗はベッドから落ち夢から覚める。 その悲鳴に飛び起きる一馬(ゴリ)。 時計を見ると遅刻しそう..... [続きを読む]

受信: 2005.11.01 08時31分

» 鬼嫁日記 ☆第三話☆ [*The Sea Monkey*]
今回は浮気調査決定早苗が奥さんだったら絶対旦那さんは浮気なんか怖くて出来ませんよ 浮気をしているかどうかを前回に続き亮介先生が指導してましたね!というか、何でも知ってるんですね(笑)チェックポイントに『俺の事信じられないのか?』と言うと浮気をしていると言...... [続きを読む]

受信: 2005.11.01 13時32分

» 鬼嫁日記 第3話 [あいりぶろぐ]
 昨日は疲れで早く寝てしまい、パソコンすらも開かなかったので、更新できませんでした。ということで、今日やっと鬼嫁日記のレビューをアップです。  しかも、3日遅れぐらいのアップだし(^^;)  鬼嫁日記の第3話は、浮気に関してがテーマになりました。 まさに「...... [続きを読む]

受信: 2005.11.01 20時42分

» 鬼嫁日記 第3話 『浮気裁判地獄絵図』 [フェイク・ヒーローのエンタメBlog!]
今回は『浮気』がテーマの話という事だったので、「一馬は早苗か [続きを読む]

受信: 2005.11.01 22時22分

» 鬼嫁日記 第3話 「浮気裁判地獄絵図」 [どらまにあ]
夢の中に着ぐるみの猫が現れた早苗(観月ありさ)は、 夢診断で泥棒猫と解釈して一馬(ゴリ)の浮気を疑いはじめた。 バレた時の恐ろしさを考えれば、一馬にはそんな無謀なことをする度胸はない。 「もし、浮気したらヨーロッパ1週旅行ね」という。 ... [続きを読む]

受信: 2005.11.02 12時53分

« 1リットルの涙・第3話 | トップページ | 田舎への旅行記(長野&新潟) »