« 電車男・第10話 | トップページ | 女王の教室・第11話(最終話) »

2005.09.19

ドラゴン桜・第11話(最終話)

ついに来た、東大の合格発表! ストーリーとしては約1年、ドラマとしては1クール・3ヶ月、大注目してきました。まさかこんなに良いドラマになるとは、思ってもみなかった・・・。特進クラスの6人の生徒の運命は? そして結果を知った桜木は? 最後まで大注目しました!

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「ドラゴン桜」
第11話(最終話)「お前らはもうバカじゃない!運命の合格発表!」

年が明けて1月、センター試験が始まった。勇介(山下智久)や直美(長澤まさみ)ら特進クラスの生徒たちは、試験問題の想像以上の難しさに苦戦しながら、どうにか初日を無事に終えた。東大合格を目指す特進の6人は、励まし合いながら、試験2日目に臨む。そんな中、くも膜下出血で入院していた直美の母・悠子(美保純)の容体が悪化する。

3勝2敗1分け! ∴ 3人合格

勝負に例えるなら、こう表現すれば良いのでしょうか。とにかく、龍山高校の特進クラス6人が挑んだ東大入試は、「3人合格」という結果に終わりました。その流れを振り返ってみましょう!

まずは、第一関門の「センター試験」。

センター試験 自己採点結果

奥野一郎  662点(中尾明慶)
小林麻紀  656点(サエコ)
緒方英喜  651点(小池徹平)
香坂よしの 649点(新垣結衣)
矢島勇介  645点(山下智久)
水野直美  636点(長澤まさみ)

桜木建二(阿部寛)によれば「この点数ならな、6人全員、センター試験無事突破だ!」ということで、まずは全員第一関門突破! おめでとう! 「Excellent!!」と言って褒める、数学・柳鉄之介(品川徹)、英語・川口洋(金田明夫)、理科・阿院修太郎(小林すすむ)、国語・芥山龍三郎(寺田農)の4人の特別講師たち。「やったぁ!」と元気に喜ぶ生徒たち。「良かったぁ、ほんとに良かったぁ!」と喜ぶ井野真々子(長谷川京子)。「良かったぁ、またこれで少しお買い物できるかも、ウッフッフ!」と喜ぶ理事長・龍野百合子(野際陽子)。おい、一人だけ喜ぶものが違うぞ?(笑)

この結果には「う~ん、たった1年でここまでやれたか・・・」と羨む部分もあるけど、まあ良いでしょう。生徒たちはすぐに気持ちを入れ替え、35日後に行われる東大入試本番へ向けて、二次試験対策の勉強を始めました。

数学担当の講師・柳鉄之介より、「数学対策」。

出題者に対して、「この問題の解き方を私は分かっていますよ」とアピール。
そのためには、解答の序盤であえて文章でこれから解こうとしている方法を説明する。

→特に証明問題では基本ですね。私もかつてそう教えられた経験があります。

理科担当の講師・阿院修太郎より、「理科対策」。

単位の確認と同時に、極端な数値を当てはめてみることで、
確実に間違いは無くなる。

→化学も物理も定理式が多いので、これはかなり有効でしょう。

国語担当の講師・芥山龍三郎より、「国語対策」。

古文・漢文を読む時には、キーワードらしきものに線を引く。
良い文章には必ず良いリズムがあるので、
黙読はせず心の中で音読する。

→確かに。理系志望でも、ここで落とすわけにはいきませんね。

英語担当の講師・川口洋より、「英語対策」。

新たに採用された「リスニング問題」までの45分が勝負。
その前に、長文読解と和訳問題を片付けておく。
さらに英作文にも手をつけることができれば、OK牧場!

→最後のは、彼自身の言葉だからさ・・・(笑)。

東京大学試験・前日。最後の授業。桜木より、「最後の忠告」。

世の中に超えられない壁なんてねえんだ。
だからお前ら、どんなことにも「できない」という先入観を持つな!

桜木は6人全員に「バカ」と書かれたバカハチマキを手渡し、「物心ついた時から巻いていた」と責めながら強くこう言いました。

もうすぐそのバカハチマキから自由になれる。
お前らを縛り付けていた「コンプレックス」という名の
たくさんの鎖を断ち切れる。

バカにされて悔しかった日々を思い出せ。
そしてその悔しさを明日からの試験にぶつけろ!

生徒たちはバカハチマキを頭に巻き、これまで学習したことを言い合いながら気合を入れました。そして桜木が一言。

お前ら全員勝てよ。そして東大に入れ!

ここで最後となるタイトル画面が登場。上に「ついに迎える、激動と感動の最終回!!」、下に「次々と巻き起こる意外な展開とは!?」という字幕も出ました。特に下の字幕に注目! 大事な試験を前に、何か起こってしまうのか?

東京大学試験・1日目。真々子と6人の生徒たちは会場前で円陣を組み、「龍山、ファイト!(オー!) ファイト!(オー!) ファイト!(オーーー!)」と掛け合いました。ちなみに試験日程が、試験会場のホワイトボードにしっかりと書かれていました。

平成18年度
東京大学第2次学力試験
<本郷地区試験会場・A会場>
理科一類 試験日程

2月25日(土) 国語   9:30~11:30
          数学  14:00~16:30
2月26日(日) 理科   9:30~12:00
          外国語 14:00~16:00

1日目の試験が無事終了した後、生徒たちは?

水野直美  母親が倒れたため看病に集中。
矢島勇介  水野の母親が倒れるのを助けた時に右手を骨折。
奥野一郎  弟・次郎(水谷百輔)に渡されたサンドイッチを試食。
緒方英喜  麻紀と「合格したらH」の再約束。
小林麻紀  英喜の願いに笑って承諾。
香坂よしの 特に無し。

東京大学試験・2日目。まず直美が試験に遅れることになり、勇介は右手にギブスをはめて登場。一郎は腹痛になっていたけど、それは昨日食べたサンドイッチが賞味期限切れだったため。弟にやられました。賞味期限に気付かなかったのも変だけど、昨日食べた入れ物のゴミを持っていたのも変。まあ良いか、一郎だし(ん?)。他の3人は一応何事も無く来ていました。

勇介は右手が使えず左手で応戦。でも山下智久くんって元々左利きだから、問題無かったりして・・・。一郎はトイレに駆け込みたい衝動を抑えながら応戦。気持ちは分かるかも・・・。他の生徒たちも苦戦していたようだったけど・・・。そして直美は看病を中断して走りました。しかし向かった先は試験会場ではなく、桜木が待つ龍山高校特進クラスの教室。残念ながら、諦めてしまったんですね・・・。薄っすらと涙を流していた直美に、桜木はこう伝えました。

お前は1年間勉強した。
東大を受けようが受けなかろうが、その事実は変わんねえよ。
お前は、変わった。

試験が終わる時刻には迎えに行ってやれよ。
特進クラスはな、お前を含めて6人だ。

良いこと言うぜ、桜木! 可愛かったぜ、直美! その後直美は試験会場へ急ぎ、試験を終えた残りの生徒5人を迎え、「お疲れ!」と言い合いました。ほんと、お疲れ~!

合格発表・当日。いよいよ注目の時が来ました! 生徒の顔、受験番号、生徒の顔、受験番号・・・。長い、長過ぎる、引っ張り過ぎる! DVDレコーダーで1.3倍速で見ていてもイライラしてしまった! さて気を取り直して・・・、直美を除いた5人の結果は?

奥野一郎  A41772 「あった~っ!」
香坂よしの A40886 「あった! 私が、東大、うそ、ああ、すごい!」
矢島勇介  A40732 「ありやがる・・・、俺のあるって、やった、やった!」
緒方英喜  A41862 「・・・」
小林麻紀  A41947 「・・・」
--------
奥野次郎  不合格    「俺が、不合格・・・」

3勝2敗1分け! ∴ 3人合格

龍山高校特進クラスの教室にて報告が行われ、桜木が生徒たちに「最後の言葉」を伝えました。

矢島。奥野。香坂。おめでとう。
自分たちの努力で手に入れたプラチナチケットだ。
東大合格が本当に人生のプラチナチケットかどうか、
それはこれからのお前ら次第だ。
とにかく今お前らはそいつを手に入れた。好きに使え。

それからそこの落ちた二人!
いや受けられなかったヤツも入れたら三人か。
お前らのせいで俺は公約を果たせなかったじゃねえか!
俺が「一年間良く頑張った。お前らにはほんの少しだけツキが足りなかった」
とでも言うと思ったか?
「頑張ったことに意味がある」とか、
「お前らは努力することを通じて合格よりもっと大切な何かを手に入れるはずだ」
と言うとでも思ったのか?
そんな言葉お前らに今更並べたところで、
これからの何の役にも立ちゃしねえ!

俺からの言葉はこれだけだ。このバカどもが!
しっかり反省して、自分の人生は自分で決めろ!

最後にして、かなり威圧的な言葉の数々! たまらず勇介が桜木の胸座を掴んで責めたけど、その勇介は桜木の顔を見て手を引っ込め、こう言いました。

殴れっかよ・・・。
アンタ泣いてんじゃん。心の中で思いっきり泣いてんじゃん。

何も言えなくなってしまった桜木は、理事長に辞表を提出しました。それは「5人現役合格」という当初の約束を果たせなかったため・・・。教室を去った桜木を、真々子や生徒たちや教師たちが追い、「ドラゴン桜」の前に集まりました。「先生がいなくなったら、来年からこの高校はどうすれば良いんですか? 特進クラスはどうすれば良いんですか?」と責める真々子に対し、桜木はこう言いました。

俺がいなくても、お前がいるじゃないか。
何のために、一年間お前は特進にいたんだ。
俺はな、見込みのあるヤツにしかノウハウを教えないぞ。
お前はバカで粗忽で、その上「超」の字が付くほどのお人好しだ。
だから、自分の信じる道を真っ直ぐ迷わず突き進む能力がある。
大丈夫だ。お前ならやれるよ。

きれい事を言ったつもりは、無い!

その後桜木は、生徒たちに「最後の最後の言葉」を伝えました。

入学試験の問題にはな、正解は常に一つしかない。
その一つにたどり着けなかったら不合格。これは厳しいもんだ。
だがな、人生は違う。人生には、正解はいくつもある。
大学に進学するのも正解。行かないのも正解だ。
スポーツに夢中になるのも、音楽に夢中になるのも、
友達ととことん遊び尽くすのも、
そして、誰かのためにあえて遠回りするのも。
これは全て正解だ。
だからよ、お前ら生きることに臆病になるな!

矢島。水野。緒方。小林。香坂。奥野。
お前ら自分の可能性を否定するなよ!
受かったヤツも、そして落ちたヤツもだ。
お前ら胸を張って堂々と生きろ!

以上。

この言葉を聞いた生徒たちは、桜木に誓いの言葉を返しました。

矢島勇介「俺さ、東大には行かねえから!
      独学で勉強して、司法試験目指す。弁護士になる。」
桜木「それも正解だ。」
香坂よしの「私は東大に行く。勇介が行かなくても、私は東大に行く。
      世の中のことを正しく読めるようになりたくなった。」
奥野一郎「僕も胸を張って東大に行きます。」
桜木「正解だ。」
緒方英喜「俺は諦めないぞ!
      何年経ったっていい。俺だって東大に入れるって証明してやる!」
小林麻紀「私だって諦めない!
      東大も、自分の夢も、絶対諦めない!」
桜木「それも正解だ。」
水野直美「桜木先生。ありがとう!
      ウソじゃないよ。私は、私たちは、心の底からそう思ってる。
      『桜木先生ありがとう』って。」
桜木「・・・。」

その場を去っていく桜木に、見ていた教師たちや特別講師たちが拍手を送りました。これは良いシーンでしたね。軽はずみで勉強を始めた生徒たちは、桜木と過ごす中でいつの間にかたくましく成長していたんだなあ・・・。中でも勇介は、東大行きのプラチナチケットを破って、独学による弁護士への道を決めたからすごい! きっと彼が目指すのは、桜木のような弁護士なんでしょうね。

「桜木弁護士事務所」に戻った桜木に、「東大合格」の件を聞きつけたいろんな高校の校長から、「高校再建」の問い合わせが殺到しました。みのもんた校長もいたなあ(笑)。その噂を流していたのは、なんと龍山高校の理事長! “東大(灯台)”下暗し、またアンタか~!

「ドラゴン桜」の木に花が付いた春。皆はそれぞれの道を歩み始めていました。勇介は、バイトの傍ら自宅で六法全書を開いて独学。一郎とよしのは、東大で勉学に励む毎日。直美は、母親を看病しながらしっかり独学。元々英語教師の真々子は、英語教育を極めるために川口先生の「歌と踊り暗記術」を授業に取り入れ、生徒たちと踊りながら教育(笑)。特進クラスを受け持っているようで、生徒も格段に増えていました。その真々子の粋な計らいで、世界史と物理の特別講師として英喜と麻紀を招きました。「他人に教えることで自分への理解もまた深くなる」という桜木の言葉を覚えていたんですね。英喜と麻紀は、昨年授業で使った物理の「解説マンガ」を見せて教えていました。そのうち、自分たちが苦労して作った「メモリーツリー」も登場するんでしょうね。他の教師たちは、廊下で座り込んでいる生徒に向かって「お前ら、バカとブスこそ、東大へ行け!」と言って指差していました(笑)。桜木の影響を受けた者はここにもいましたね。理事長は、たくさん買い揃えた帽子を見ては大喜び。ここはもうスルーしておきましょう(笑)。そして桜木は・・・、弁護士事務所にて空腹で目覚めて、「やれやれ・・・」と一言。その直後、事務所に舞い込んできた桜の花びらを掴み、ゆっくりと手の平を開いてそれを見つめ、ゆっくり前を見たところで終わりました。

いや~、軽く振り返るつもりが、激しく振り返ってしまった~! やれやれ・・・(笑)。桜木のこの名セリフ、結構好きでした。この結末、皆さんはいかがだったでしょうか? 私的な意見ですが、「3勝2敗1分け」、故に(∴)「3人合格」という結末は、「これで良かったのでは?」と思いました。理由は、「東大受験はそんなに甘くねぇ!」、「原作のことを考えなきゃならねぇ!」といったものや、その派生事項によるものです。

誰もが「全員合格」を願ったに違いありません。ただ現実は、ドラマであっても、そう簡単には合格できないわけで。実は私、今更だけど「全員合格はまず無い」と確信していました。原作は最終話放送時の時点ではまだ東大受験すらしておらず、ここで「全員合格」ともなれば「現在進行形」である原作の魅力がいくらか損なわれ、読者もどれほどか先の見えた展開を抱きながら読むことになり。原作での合格発表の時、「ドラマの“全員合格”の方が良かったなあ!」という不満の意見さえ出るかも。それを踏まえてか、「6人のうち半数の3人が合格」という結末にしたのは、ある意味で良かったと思います。そう思った上で、「それじゃあ、誰が合格?」ということが重要になってくるんだけど、結果は上記の通り。これですが、私はある程度予想できていました。

まず、原作でもメインとして登場する勇介と直美。この二人は「揃って合格は無い(浪人合格は有り得る)」と思いました。「原作に影響がある」という大きな理由でね。「だったら、どちらが合格? あるいは両方不合格?」ということになるけど、そこまでは予想できませんでした。ただ実際は直美の母親が倒れたことで、「直美は看病のために東大受験を辞退した」という“無難な形”になりました。上手く理由を付けて、特進クラスの代表的役割だった勇介を立てたというわけですね。おまけに、「東大入学を辞退して桜木のような弁護士を目指す」といった設定にもつなげました。これについては、ありがちだけど良かったなあと思いましたね。

次に、「不合格」だった英喜と麻紀。ここはほぼ予想通り「不合格」でした(ゴメン)。その理由は、最終話前にも話が出ていた「合格したらH」の話、これですよ! 東大合格を目指す傍ら、こんな雑念があったことで「ドラマだとしても倫理上マズイ!」と思っていたのでね。こういう気で目指す生徒たちが実際にいると、教育界他が目くじらを立てますからね。まあ努力につながる面では良いかもだけど・・・。これにより、まず英喜は「合格したらマズイことになる」というわけで「はい、消えた」。麻紀は、合格すればそりゃあ良いけど、「そういう気」でいた英喜に対してはどう接する? ということで「はい、消えた」っぽかったんだけど「ちょっと待った」。逆に英喜が合格して麻紀が不合格だった場合、麻紀は約束とはいえ「そういう気」を受け入れる状態になれるわけもなく(実際ものすごい落ち込み様だったし)、逆に妬みみたいなものも発生するわけで。つまり英喜は、「そういう気」に「こういう気!」と「どういう気?」を付けて、「やっぱり、はい、ダメ」となるわけです。そして英喜と合わせる形で、麻紀も「設定上そうならざるを得ない」というわけで、「残念ながら、はい、消えた」となるわけです。なるほど・ザ・ドラゴン桜! 両人、本当にゴメン!

次に、「合格」だった一郎とよしの。一郎は、最大のライバルである秀才の次郎がいたことで、「素質はある」とは思っていました。特進クラスへは最後に入ったけど、東大模試で他の生徒がE判定の中、唯一D判定となったのが彼でした。この辺りで「少なくとも彼は合格できそう」と思いました。いわゆる“安パイ”ですね。東大受験では次郎の企みにより腹痛に悩まされたけど、一応思考能力は働いて解答を書く手も動いていたようで、無事合格! そして次郎は、不運にも不合格。兄にあんなことを言ったりこんなことをしたりで、最後まで気に入らなかったヤツ。いい気味! でも、できればお互いに合格して、そこで仲を取り持ってほしかったんだけどね。その後はどう過ごしているのかな? よしのは、いわゆる“ホープ”というイメージで、はっきり言って「どうなるか分からない」といった思いでいました(苦笑)。まあある時に改心してからは熱心に勉強していたので、「良い方にはなるかも?」とも思っていたけど。それよりも、いつも授業で一人だけ黒系の衣装だったのが気になっていたけど。結果的には、無事合格! 彼氏の勇介も合格したことで、ここは「揃って合格」になったけど、その時にはたくましい精神を持つようにもなっていました。最後見た感じでは、もう勇介とは別れる気になったのかな? 以上が、私の「予想と現実」でした。小論文の試験があってもバッチリいけそうかな?(笑)

最後の最後は、やはりこの人、桜木について。生徒たちに憎まれながらも、自分なりの信念を貫いて見事に引っ張ってきました。彼の放った強気なセリフは、どれも深くてタメになるものばかりでした。東大合格のために徹底した教育方針を展開したけど、実は東大受験を通して生徒たちに生徒たち自身で「あるべき人生」を気付かせたかった。合格発表直後に伝えた「最後の言葉」は、「そんな言葉お前らに今更並べたところで、これからの何の役にも立ちゃしねえ!」とは言ったけど、まだ未熟な生徒たちは痛感していたと思いますね。真々子に対しては、「見込みのあるヤツにしかノウハウを教えない」と伝えたけど、これは以前勇介が気付いた通りでした。彼は真々子や生徒たちに侮辱的なことを言いながら、「見込みのあるヤツ」と信じて教育し続けてきたんですね。真々子や生徒たちはその心を知って、本当に感謝していたと思います。桜木の、隙の無いところが良かったなあ。あんな男に出会ってみたいものです!

最後はこんなに長文。やれやれ・・・。そんなわけで、ドラマ「ドラゴン桜」のレビューをここで締めたいと思います。“お前ら胸を張って堂々と生きろ!”。桜木のこの言葉、忘れません! Don't forget!!


脚本を担当された秦建日子さんへ。
期待させられる構成、充実した内容、数々の名セリフ、どれも素晴らしかったです! 最終話の視聴率は、納得の20%超え! 「阿部寛さん・弁護士モノ」というと、同じく秦さんの書かれた日テレ系ドラマ「最後の弁護人」を真っ先に思い出してしまいます。そのせいか、有働弁護士のキャラ性の真面目部分や殺伐とした事務所にどこかその雰囲気を感じつつ、はっきり言わせてもらえばその作品以上に強い思い入れがありました。このレビューや以前書いたレビューを読まれても、それを分かっていただけると思います。最高でした。本当にご苦労さまでした!

○関連記事「ドラゴン桜・第1~3話」
○関連記事「ドラゴン桜・第4&5話」
○関連記事「ドラゴン桜・第6話」
○関連記事「ドラゴン桜・第6話(番外編)“英語って楽しい!”」
○関連記事「ドラゴン桜・第7話」
○関連記事「ドラゴン桜・第8話」
○関連記事『ドラゴン桜・第8話(番外編)“melody.の主題歌「realize」に注目!”』
○関連記事「ドラゴン桜・第9話」
○関連記事「ドラゴン桜・第10話」

●ドラマ
「ドラゴン桜」DVD-BOX
「ドラゴン桜」DVD-BOX

「realize」
主題歌「realize」(melody.)

●原作コミックス&関連書籍
「ドラゴン桜 (1)」 「ドラゴン桜」公式ガイドブック 「ドラゴン桜 東大合格をつかむ言葉161」
・原作コミックス「ドラゴン桜」(三田紀房)
・書籍「ドラゴン桜」公式ガイドブック(三田紀房・モーニング編集部)
・書籍「ドラゴン桜 東大合格をつかむ言葉161」

|

« 電車男・第10話 | トップページ | 女王の教室・第11話(最終話) »

コメント

あずさんこんばんは
やはり、原作のことなど考えて全員合格は、厳しかったのかも
しれないですね。
でも、落ちたのが、英喜と麻紀というのが少し意外でした。
受験生以外でも、胸に響く言葉を送ってくれた桜木がよかったです。

投稿: まりこ | 2005.09.25 02時28分

大力作のレビュー、ありがとうございました。
あと、私のブログへのコメント&TBも。

いろいろと、制作の裏事情まで推測していただいていて、楽しく拝読しました。
真相は、明かしてしまうとつまらないので、秘密にしておきますね(笑)
ドラマスタート時点でぼくの中で決めていたのは「試験に正解はひとつだけど、人生に正解はたくさんある」という桜木のセリフだけ。とにかく、最後にはそのセリフに辿り着こう!それだけを考えて書き進めた三ヶ月でした。
途中でぶれたりせずに最後まで走れてよかったです。

次回作も、ぜひまたレビューしてくださいね。
ありがとうございました。

投稿: 秦建日子 | 2005.09.25 04時14分

TB&コメントありがとうございました。
今回のレビューは本当にもの凄い力作でしたよね!
読んでいて思わず、その考察の深さに感嘆してしまいました!
このドラマが終わってしまった事は正直かなり寂しくもありますが、でもまた近い内に必ずSPドラマ等で復活してくれると信じていますので、それまではずーっと待ち続けていたいと思います!

投稿: フェイク・ヒーロー | 2005.09.25 04時44分

あずさん、
最後まで魅せてくれましたね~
不合格だった2人も来年合格してやる!という目標が生まれましたし、
それぞれの道が見えましたね。
阿部寛さんの創り上げた桜木弁護士・・・・今度は別の設定にして
ドラマを書いて欲しいです。

投稿: きこり | 2005.09.25 08時26分

TB,コメントありがとうございました!
いやぁ、生徒達の合格予想分析(?)すごいですね。
俺はとりあえずちゃーんと弟が落ちて兄が受かっただけで大満足でした!!(^^)
桜木の締め言葉「お前ら胸を張って堂々と生きろ!」
まさにDon't forget!ですよね!

投稿: demasse | 2005.09.25 11時31分

なるほど・ザ・ドラゴン桜!∵ゞ(≧ε≦; )プッ
「おまっとさんでした!」てな雰囲気で始まったads(あず)さんの長文レビュー。
堪能させて頂きました~♪
合否はあたしも全員は無理だろうと予想はしてましたが、
この結果は意外でした。
毎回、心に残った桜木台詞の数々・・・・・・
↑で秦建日子さんもおっしゃってますが、最後の「人生には、正解はいくつもある。
だから生きることに臆病になるな」との台詞に一番じーんときましたです。

投稿: まこ | 2005.09.25 16時25分

トラバありがとうございました
トラ返しさせていただきました
最後まで気持ちよくみられたどらまです

投稿: rosa | 2005.09.25 16時55分

あずさん、こんばんは。
合格予想、あずさん、読みが深いですね。さすが!
私もdemasseさん同様、双子の勝敗に大満足。

この記事を秦さんが読んでくださり私も嬉しいです!
コミック版がどういう結末を迎えるのかも気になります。

投稿: ちーず | 2005.09.25 22時52分

>まりこさん

できれば「全員合格」。でもそれでは・・・。という思いはありましたね。落ちたのが英喜と麻紀っていうのは意外でした? それでも英喜は、最後父親に認められて良かったですよね。そして何より桜木。彼の名言は常に熱かったですね!

>秦建日子さん(脚本担当の方)

こんにちは! こちらこそコメントまでいただき、ありがとうございました。もう本当に満足しましたよ! 自分の受験生時代のことを重ねたりして、レビューを書くのが楽しかったです。結末は私なりに予想してみたんですけど、何やら真相が? 知りたいけど、あえて我慢しておきますね(笑)。最終話で登場した桜木のあのセリフが、秦さんにとってのゴール・目標だったというお話は大変貴重でした。上手くそこへ行き着いていたと思いましたよ。もちろん次回作にも期待し、レビューも書こうと思います。脚本家の方と実際にやりとりできて、うれしかったです!

>フェイク・ヒーローさん

「結果が全て」のドラマなので、最終話のレビューは当初結果重視で行くことに決めていたんですよ。でもやっぱり見ていくうちに、そこまでの過程(勉強であれ試験であれ)も見逃すわけにはいかないなあと思い立って、結局これまでで一番長文になってしまいました。やれやれ・・・(笑)。書いた記事でも分かる通り、いろんなことを考えたドラマでした。続編、いやSPでも良いから、新たなストーリーを見てみたいですね。それは同感ですよ!

>きこりさん

合格だった生徒は勉学に励み、不合格だった生徒は来年の合格に向けて勉学に励み、教師の真々子も成長しましたね。結局皆、桜木のおかげというわけで・・・。阿部寛さんの熱演は見事でした。確かに、また違った一面を見せてほしいですね。とりあえずは、アニメ映画「北斗の拳」の主役・ケンシロウの声優担当ですか?(笑) 何となくお顔もイメージそのまんまなんですよね~。

>demasseさん

実際の受験テクニックにもある「消去法」で、生徒たちの合否を分析してみました(笑)。双子の奥野兄弟はあのような結果になったけど、弟は最後まで嫌なヤツでした。「いい気味!」と思っている人は多そう? 通してみると、桜木はもちろん、英語担当の講師・川口先生の言葉も光っていたと思います。私もかなり影響されて、番外編なる記事を書いたくらいですからね。そう、Don't forget!!

>まこさん

なるほど・ザ・ドラゴン桜!(笑) いまだに元の番組での愛川欽也さんの司会ぶりが忘れられなくて(国内クイズで地元ロケに来たこともあるんです)、度々「はい消えた」っていう名セリフを使ってしまいます。これぞ、あずスタワールド! 結果はあのようになったけど、私としてはまずまず納得。そして桜木の言葉は、書き留めたくなるものばかりでしたね。うん、秦さんも挙げられたセリフ、良いですね。私も現在ある意味でそんな時なのかなあと・・・。

>rosaさん

どうもありがとうございました。そちらでは書き込みエラーが頻発して辛いけど、頑張ってまたコメントさせていただきますね!

>ちーずさん

受験にあたっては「学力」の他に「運」も重要な要素で、それは出題内容が「以前集中的に勉強した所だった」とか「そもそも得意分野だった」等といったものから「バイオリズム的に好調期」といったものまでいろいろあるものです。双子の一郎は・・・。あっ! 彼は腹痛に悩まされながらも、「運≒ウン○?」は試験が終わるまで手放さなかったですね!(笑) それで合格できたのかも・・・なんて。脚本担当の秦さんにこの記事を読んでもらえたのはうれしかったです。ちーずさんの方も読んでもらえて、コメントまでいただいたようですね。うんうん(運?)、とにかくうれしい!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.09.26 03時11分

TB&コメントありがとうございます!&お礼の返事が遅くなり、申し訳ありません!

私としては、受験前のハプニングはあまり好きではなかったですが、結果を見るとよく出来た最終回だったと思います。
全体を見れば、脚本も出演者もよく、特に桜木役の阿部ちゃんは彼以外の桜木が考えられないほどでした。「やれやれ」など、台詞一つ一つが魅力的でしたね。
続編をやってもおかしくない終わり方だったので、ちょっと期待したいなぁと思います。

投稿: lavish | 2005.09.26 09時56分

lavishさん、コメントどうもです。受験前のハプニングはいろいろあったけど、結果はあのようになりました。どうでしょう、私はあれで良かったと思いましたよ。桜木を演じた阿部さんは、役にバッチリとハマっていました。彼以外に考えられないくらいに! 連続ドラマとはいかなくても、SPとしてまた見てみたいですね!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.09.28 02時56分

うちのブログにTBやコメント有難うございました。
お礼が今となって、申し訳なかったです。
随分、時間が経っているのに、拝読してまざまざと桜木の名言場面を思い出しました。
実にしみじみと、いいドラマだったと思います。
スペシャル番組として、入学できなかった三人が赤門をくぐるまでを、やってもらいたいです!
本当にTBやコメントを有難うございました。

投稿: U2 | 2005.09.29 04時22分

ドラゴン桜、終わってしまいましたね。
阿部寛さんは桜木先生がみごとハマリ役でしたね。アットホームダッドの時もそう思った
けど、今回はそれ以上にぴったりでした。
見だしたきっかけは偶然だったけど、見ててよかったです。
野際陽子さんの怪演、実は毎週楽しみにしていました。珍しいですよね、こういう役。
最終回にみのもんたさんが出てきたのもおもしろかったです。
ドラゴン桜のその後のストーリー、特番でやってほしいなと思います。

投稿: ふくぴー | 2005.09.29 23時56分

>U2さん

どれも良いセリフばかりだったので、後々読もうと思って書き起こしてみました。良いドラマでしたよね! 不合格だった生徒たちの道も気になるところ。ところで、最後に桜木が桜の花びらを掴むシーンがあったんだけど、初回話冒頭で桜木が“東大現役合格”企画を思い付いた時に、それと全く同じシーンがあったのを覚えていますか? 私は録画したのを見返して気付いたんだけど(笑)、「ほう~、最後にまた持ってきたというわけか!」という発見がありました。そう考えると、また別の学校でふりだしからスタートする続編・SPも考えられるなあなんて思いましたよ。こちらこそ、うれしいコメントを毎回ありがとうございました!

>ふくぴーさん

阿部寛さんは桜木という男を見事に演じましたよね。素晴らしかったです! 私も元々期待作として挙げていなかっただけに、本当に楽しめました。理事長こと野際陽子さんが、あんな形でお笑いに徹するのも見ものでしたね。みのもんたさんの特別出演も面白かったですね。実際は電話をするシーンのロケのみで、阿部さんとの直接共演で無かったのが残念だったとか? 続編を望む声も多いみたいだけど、本編の質を保った上で期待したいところですね!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.09.30 03時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/6024221

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン桜・第11話(最終話):

» ドラゴン桜 最終話 [どらまにあ]
センター試験最終日 物理 「自信ねーなー」 「最後まで解けなかったな・・」と自信なさげな特進メンバーだった。 [続きを読む]

受信: 2005.09.25 02時25分

» 20%超え。「ドラゴン桜」最終回視聴率。 [秦建日子のブログ]
午前中に、私の携帯が鳴ることは滅多にないのですが、今日は9時早々、たて続けに2回鳴りました。 MMJの遠田プロデューサー&TBSの三城プロデューサー。 「ドラゴン桜」の最終回が、おかげさまで20%を超えたそうです。 金ドラとしては、なんだか、とても久しぶりの数字らしいです。 ホッ…… 視聴率がすべてとは思わないけれど、でも、やはりいい数字を残すことに越したことはないわけで。 原作の三田先生や、スポンサー企業の方々や、脚本に私を指名してくれた阿部寛さんや、その他たくさん... [続きを読む]

受信: 2005.09.25 04時19分

» ドラゴン桜 第11話 『お前らはもうバカじゃない!運命の合格発表!』 [フェイク・ヒーローのエンタメBlog!]
今回でついに最終回となってしまった『ドラゴン桜』ではありますが、正直ストーリー展開に関しては「賛否両論起こっても全然おかしくないよなぁー」といった感じの、ちょっと微妙なものでしたよね(笑)... [続きを読む]

受信: 2005.09.25 04時39分

» 「ドラゴン桜」最終回 [トリ猫家族]
 センター試験が終わった6人は教室に帰ってきて特別講師による答えあわせを 受ける。結果は全員無事突破。 「何でもっとよろこばないの?」井野(長谷川京子) 二次試験に目標を定めている6人は、そんなことに動じない。  さすが、みんな気合入ってますね。集中力....... [続きを読む]

受信: 2005.09.25 08時27分

» Don't forget!(ドラゴン桜#11@最終回) [でまっせ。ドラマ鑑賞記]
「この、バカどもが!」  お前らはよくがんばった、  少しだけツキが足りなかっただけだ、  がっばったことに意味がある、  努力することで合格より大切な何かを手に入れたはずだ、、 .......とか言ったところで何の役にも立たちゃしねぇ! 、と、桜木は否定していたが、上のこと全部言いたかったことなんだろうな。 というか、 今さら言わなくてもお前らもうそんなこと自分で分かって�... [続きを読む]

受信: 2005.09.25 11時21分

» 「ドラゴン桜」最終回 人生のプラチナチケット! [rosaのひとり言]
センター試験当日―― 終了後会場で直美と、会った特進の5人は一緒に学校に戻ろうと誘う。 そして恒例の!試験直後の答え合わせ 結果は 一郎・・・662点 麻紀・・・656点 英喜・・・651点 勇介・・・645点 直美・・・636点 全員センター試験突破間違いなし! ...... [続きを読む]

受信: 2005.09.25 13時31分

» ドラゴン桜 最終話 [Happy☆Lucky]
最終回。 [続きを読む]

受信: 2005.09.25 15時55分

» ドラゴン桜 最終話:お前らはもうバカじゃない!運命の合格発表! [あるがまま・・・]
エクセレント{/ee_2/} ッd(⌒o⌒)bッるるんッ 合格者には・・・ プラチナチケットは好きに使え! 不合格者には・・・ お前らのせいで公約が果たせなかった! お前らにはほんの少しだけツキが足りなかったとでも言うと思ったか! 頑張った事に意味があるとか、 お前らは努力する事を通じて合格よりもっと大切な何かを 手に入れた筈だとでも言うと思ったか! そんな言葉をお前らに今更述べたところで、これか�... [続きを読む]

受信: 2005.09.25 16時19分

» ドラゴン桜 最終回 [お気楽生活]
ドラゴン桜も今日で最終回、結末は…。 東大合格への第一関門、センター試験が終わり。 採点の結果、勇介(山下智久)、直美(長澤まさみ)たち、6人全員がセンター試験を突破した。 そして、生徒たちの気持ちは入試本番の2次試験対策、必死に桜木(阿部寛)の話に耳を傾..... [続きを読む]

受信: 2005.09.25 16時25分

» ドラゴン桜。最終回。 [なんくるないさぁ情報局。]
最終回 「運命の合格発表!お前らはもうバカじゃない!」 センター試験・最終科目・物理。 センター試験が終わった。 水野(長澤まさみ)は特進クラスのみんなと出会った。特別講師と答え合わせをするので来ないかと誘われ、ついていくことに。 全教科合計得点。 奥野(中尾明慶)662点、小林(サエコ)656点、緒方(小池徹平)651点、香坂(新垣結衣)649点、矢島(山下智久)645点、水野636点。 「6人全員センター試験、... [続きを読む]

受信: 2005.09.26 09時38分

» ドラゴン桜 最終話 [思い立ったが吉日]
「お前らはもうバカじゃない!運命の合格発表!」 センター試験を終え、直美も一緒に教室に戻る特進クラスのメンバー。 不安の残る出来だっただけに、センター試験無事クリアの結果を聞いて喜ぶ。そして一安心するする間もなく、本番に向けて勉強を頑張る。 とうとう東大受験本番。一日目にある程度の手応えを感じた特進クラス。 そんなときに、直美の母親がまた倒れてしまい、落ちるところを支えた勇介は右手を骨折してしまう。。。また一郎... [続きを読む]

受信: 2005.09.26 09時57分

» ドラゴン桜 最終回 [ドラマ好き主婦のひとりごと]
このドラマは本当に始めからずーっとおもしろかった!( )! とうとう最終回をむかえましたねー。まずはセンター試験。 先生達との答え合わせで 6人全員突破。 井野先生が答え合わせの時「頑張れ!」ってもう終わってるじゃん!桜木先生と同じ突っ込み入れちゃったよ。 でも..... [続きを読む]

受信: 2005.09.27 11時57分

» 『ドラゴン桜』「お前らはもうバカじゃない! 運命の合格発表!」 [バガボンド・ブログ(漫画、ドラマの感想)]
全員合格ではない終わり方で良かった! 前回があまりにも、ありえね〜設定だったもんで(だって、受験生の未成年が、飲食店を切り盛りするってのはちょっと……)、半分は不合格になるという方がリアルな話で、私としては納得できました。私って鬼(汗)? で、落ちた二人の役者さんですが、初めて、イイカンジ!風に思えて良かったです。特に緒方(小池徹平)君。なんだか妙なテンションで、あんまし好きくなかったんだけども、涙ながらに笑ってみせるその顔が、やっぱ可愛いですぅ。男に可愛いもナンなんですが、イジラシサが溢れ出して... [続きを読む]

受信: 2005.09.29 04時23分

« 電車男・第10話 | トップページ | 女王の教室・第11話(最終話) »