« 女王の教室・第7~9話 | トップページ | スローダンス・第10話 »

2005.09.07

いま、会いにゆきます・第7~9話

ドラマの中盤に差し掛かった所で、未見だった映画版を見るという異例の行動を取った私。今でもある意味でそれで良かったと思っています。見た直後にあたる回から、この作品で面白くなる展開と重ねながら見ることができますからね。私はそういう楽しみ方にすることを決めたんです。「ハマれない」と言い続けて来たけど、決して嫌いではないこのドラマ。ストーリー自体は、ドラマ版と映画版がしっかりハマってきていますよね。それでは、そろそろ私も。「いま、ハマリにゆきます」。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「いま、会いにゆきます」
第7話「わずかな時間」

澪(ミムラ)らの留守中に、母・涼子(三田佳子)が家を訪れた。巧(成宮寛貴)は、澪の存在が知られないよう、両親には連絡せず、しばらく現状のままでいることに。そんな中、巧は梅雨が明けたら澪が物語の通りに消えてしまうと考え、絵本を隠す。一方、近所のケーキ店を訪れた澪と佑司(武井証)は、あすか(中井美穂)が妊娠したことを知る。

第8話「好きです。でも」

澪(みお・ミムラ)は巧(成宮寛貴)の見舞いに来た万里子(岡本綾)と再会。万里子は、死んだはずの澪が巧の家にいることに驚き、帰ってしまう。巧は、澪から万里子が見舞いに来たと聞き、万里子と連絡するがつながらない。翌日、澪の存在を信じられない万里子は、再び秋穂(あいお)家を訪れる。そこで、佑司(武井証)と会話する澪の姿を目撃し、愕然とする。

第9話「あと一日」

澪(みお・ミムラ)は巧(成宮寛貴)の机から絵本を発見。雨の季節が終わると、澪がアーカイブ星に帰ってしまうと、と書かれた内容に不安を感じる。佑司(武井証)に絵本の内容を尋ねると佑司は、澪が記憶を取り戻したと喜んで森へ連れて行き、タイムカプセルを掘り起こす。澪は、日記を見つけ、自分が死んだことを知り、ショックを受ける。

第8話の予告だったか、「急展開」と字幕で出しただけあって、ストーリーはいよいよ原作や映画版での核の部分に迫ってきていますね。「本当の自分」に気付いてしまった澪が、さりげなく佑司に家のことや家事のやり方を教え込んでいる姿が切ない・・・。巧も残り僅かしか澪といられないことを悟っている分、止まらぬ時の経過を悔やんでいるようで悲しい・・・。そして何と言っても、家族3人で楽しいままいられると思っていた澪の悲しげな表情が見ていて辛い・・・。

これまでのレビューで「ハマれない」と言い続けた私も、さすがに「ハマリ傾向」にあります。何度も言うようだけど、このドラマは決して嫌いではないんです。正直に言うと、核の部分に至るまでが遅過ぎたように思えるんですね。もう数回先に起承転結の「転」が来ていれば、欲を言うと放送時期が春クールであれば、もっと良い印象になっていたと思います。ドラマの作り込みがとても丁寧なだけに、他のドラマに負けて話題性に欠けている感があり、また視聴率もあまりよろしくないようで、残念ですね・・・。

それで主題歌! ORANGE RANGE(オレンジレンジ)の「キズナ」なんだけど、前々回と前回のレビューに続いてまたまた触れたいと思います。第9回の放送を前に、ORANGE RANGEが9/02放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション(Mステ)」に生出演して、「キズナ」を披露しました。ドラマーが脱退して5人となった彼らの歌と演奏を見たけど、ドラマの主題歌として流れるのは端々をカットした「ドラマバージョン」なんですね。まあ何となく予想はできたけど、「短縮版」というよりは最初から最後までを適度につまんで集めた「凝縮版」といった感じかな。うん、聴く分にはやっぱり良い曲ですね。イントロとサビとラストサビ後半の、メロディとその構成なんかは結構好きですね。普通に応援できました(何か表現が悪いけど)。ただ、表示される歌詞を見ながら「へえ~、歌詞はこんな風だったんだ~」って思うことが多かった! “♪キーポンキーポン百万円!”だと思っていた部分は、“♪一歩一歩ただ前へ”だったとは!(笑)

さて、次回はいよいよ最終回! 予告では「感動のフィナーレ」と字幕で出しつつ、ひまわり畑の映像が流れていたけど、そこまで出しちゃう? とりあえず「悪評価」という評価は確かに消え去った現在、主題歌「キズナ」と上手く合わせて感動させてもらいたいものです。思わず涙を流してしまったら、「制作サイドの粘り勝ち」ということで好評価に位置付けたいと思います!

○関連記事「いま、会いにゆきます・第1~3話」
○関連記事「いま、会いにゆきます・第4~6話」

●「あずスタ」実話系短編記事・3部作「いま当て~ジョージア懸賞~」
○前編・ジョージア懸賞「いま、当てにゆきます」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2004/12/post_10.html
○中編・ジョージア懸賞「いま、当たりました」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/02/post_10.html
○後編・ジョージア懸賞「いま、届きました」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/03/post_27.html
○主題歌?・ミスターチルドレンジレンジ「花」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/02/post_14.html

●ドラマ

・主題歌「キズナ」(ORANGE RANGE)
・「いま、会いにゆきます」オリジナル・サウンドトラック

●原作小説&映画
小説「いま、会いにゆきます」 映画「いま、会いにゆきます」 主題歌「花」
・原作小説「いま、会いにゆきます」(市川拓司)
・映画「いま、会いにゆきます」(竹内結子、中村獅童、他出演)
・主題歌「花」(ORANGE RANGE)
「いま、会いにゆきます」オリジナル・サウンドトラック

|

« 女王の教室・第7~9話 | トップページ | スローダンス・第10話 »

コメント

確かに『ストーリーの核』の部分をもう少し早めから展開していれば、もっと視聴率は良くなったとは思いますよね!
まぁ、次回はもういよいよ最終回ですので、ドラマ版の結末が一体どのようになっていくのか、今から本当に楽しみです!!

>“♪キーポンキーポン百万円!”だと思っていた部分は、“♪一歩一歩ただ前へ”だったとは!(笑)
何気に結構ツボでした(笑)

投稿: フェイク・ヒーロー | 2005.09.08 06時47分

7話,8話をみれないまま9話をみました。
やっと動き出したなーと思ったら,次は最終回なんですね~(笑)
もう7,8話はみないことにして,消しちゃいました。
最終回を前に,今クールのドラマ感想をブログに書いてしまいましたが,わたしは映画の方はハマッたのに,ドラマのほうはやっぱりはまれないままです。
主役の二人は好きな役者さんなんですが,どうも映画版のキャストのイメージが強いからか,違和感があって・・・。
成宮くんのイメージがオレンジデイズの役がぴったりだったので,どうしても巧にみえないんですよねえ^^;
二人とも若いし,小学生の子どもをもつ親にもみえないし。
最終回ではまれるかなあ~

投稿: うさこ | 2005.09.10 05時13分

>フェイク・ヒーローさん

ストーリーは良いんだけど、オリジナル部分が長引いたせいで本当の面白みが少々損なわれた気がします。でもさすがに最終話近くになると、それなりに盛り上がってきましたね。ラストが楽しみです! キーポンキーポン、これ流行らせようかなあ(笑)。

>うさこさん

原作や映画を知っている人は、第8話くらいからの試聴でも良いと思います(笑)。うさこさんは映画でかなりハマったみたいだから、ドラマの少し異なる設定のせいで違和感を抱くのは分かりますよ。夫婦の設定が若過ぎたかな? でもラストでハマれると良いですね。私も最終話のレビューに向けて、ストーリー外でちょっと感動するかもしれないネタを用意しているので、そちらもお楽しみに~!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.09.11 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/5839407

この記事へのトラックバック一覧です: いま、会いにゆきます・第7~9話:

» いま、会いにゆきます 第9話 『あと一日』 [フェイク・ヒーローのエンタメBlog!]
今回はひょんな事から絵本や日記を読んでしまった澪が、逆さまの照るてる坊主の意味合いも含めて、本当に全てを自覚してしまった後の展開が主に描かれていた訳ですが、俺的にはもうあまりの切ない展開の連続に、本当に終始泣きっぱなしの1時間となってしまいました・・・。... [続きを読む]

受信: 2005.09.08 06時41分

« 女王の教室・第7~9話 | トップページ | スローダンス・第10話 »