« 「変漢ミスコンテスト」の結果はこんな漢字(感じ) | トップページ | がんばっていきまっしょい・第10話(最終話) »

2005.09.18

海猿・第11話(最終話)

このドラマもついに幕を閉じました。最終話のサブタイトルは「この手を離さない」とされたけど、主題歌「OCEAN」を歌うB’zのデビュー曲は「だからその手を離して」。この辺りで妙な思いを抱いたのは私だけでしょうか?(笑) しかしストーリーは、真面目さを貫いた非常に良い形のラストとなりました!

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「海猿」
第11話(最終話)「この手を離さない」

大輔(伊藤英明)らは、ボートの遭難事故に遭った下川(時任三郎)の娘・唯(一木有海)を発見。船の間に挟まれ救出が困難な唯を、特殊救難隊の到着まで励ます。だが、唯は意識を失い、一刻の猶予もない状況に。大輔に促された下川は船の解体に取り掛かり、自ら唯を救出する。その直後、下川は船もろとも海中へ。大輔は下川を追って海に潜っていく。

ドラマ版最後の海難事件は、巡視船「ながれ」潜水士隊長・下川の娘・唯が乗ったボートの遭難でした。捜索し発見した時は、ボートが岩礁に引っ掛かり沈没の危険性もある状態。しかし下川の冷静な判断で、船体に穴を開けて取り残された唯を救助できたけど、下川がボートと共に海底へ沈んでいき、救助した時は意識不明に。そして病院のICUで元妻の里江子(奥貫薫)や唯が見守る中、下川はようやく意識を取り戻しました。このシーンでは、下川の反応の映像よりも先に、それに気付いた唯の顔が出ました。以前第8話で池澤(仲村トオル)が撃たれたシーンでは、撃たれる直接的な映像が無く大輔の顔に血しぶきがかかる演出があったけど、こういった何気無い工夫が上手いなあと思いましたね。

その後大輔は環菜(加藤あい)とその母・歌子(朝加真由美)に会い、「僕は海では絶対に死にません。必ず、生きて帰ります!」と誓ったことで、ようやく認めてもらえました。そして最後は、役目を終えた「ながれ」の廃船式。船体に刻まれた「ながれ」の文字が白ペンキで消されていくシーンは、何だか悲しい気分になったなあ。このドラマ版は「ながれ」で始まって「ながれ」で終わる形になったけど、その間本当にいろんなことがあったし・・・。廃船式の終了後は、大輔と環菜が強く抱き合ってキスをして、全てが終了しました。でも、これが終わりではありません。放送直後に宣伝映像も出たけど、続きは来春公開される映画「海猿」第2弾で!

それでは、ドラマ版「海猿」について、最後に3つのことを書こうと思います。

1. 驚くほどのリアリティ
次々と発生する海難事故は実際に有り得るようなものばかりで、撮影技術や巧みな演出もあってリアリティがあり過ぎました。そのせいでレビューが書き辛いと思うことも多々あったけど・・・。このドラマは「救命病棟24時」と比較しながら見ることが多かったです。しかし「リアリティがある」という共通点がありながら、「救命病棟24時」の舞台は生活上身近な世界である反面、この「海猿」の舞台はあまり馴染みのない世界であり、少々戸惑いはあったのかもしれません。ただ私は、このドラマを通して未知の領域の一部を見ることができ、本当に良かったと思いました。

2. 暑い夏・熱い男
ストーリーの主な季節は放送時期と同じ夏で、見ていて泳ぎたくなる海が毎回出ました。また、海猿(潜水士)たちが仕事やプライベートで何かと裸になるのも話題の一つでした(笑)。とにかく、暑くて熱かった! ただ私は、その裏で真逆の「冬の時期」のことを考えたりもしました。冬の海はかなり水温が低く、海難事故の際には鍛えられた潜水士でさえ耐えられない事態や作業が困難になる事態もあるはず。やはりこの仕事は、並大抵のものではないんだなあと思いました。

3. 映画、ドラマ、そして再び映画へ・・・
ドラマ版は映画の「リメイク」ではなく「続編」というユニークなものでした。そして続編終了後、再び映画で「続編」として公開されるんですね。このドラマ版の役割の一つに、聞こえが悪いけど「1クールかけての『海猿』の大きな宣伝」が挙げられると思います。それは映画第2弾のこともあるけど、映画第1弾や原作コミックス等のことでもあります。私もドラマ放送中に以前録画しておいた映画第1弾を見たり、原作コミックスを読み始めたいと思ったり。ただ私は、良質な作品ではあるのに視聴率が伸び悩んでいたことで、少し残念に思いました。でも作品としては、某ドラマアンケートで人気が上位だったことで安心し、好評だったんだなあと思いました。

終わってみれば、笑いあり悲しみあり感動ありの好評価となりました。まだ半年以上も先だけど、映画第2弾の公開が待ちきれないです!

○関連記事「海猿・第1~3話」
○関連記事「海猿・第4&5話」
○関連記事「海猿・第6&7話」
○関連記事「海猿・第8~10話」

●ドラマ
「海猿」DVD-BOX
「海猿」DVD-BOX

「OCEAN」
・主題歌「OCEAN」(B’z)
・「海猿」オリジナル・サウンドトラック

●原作コミックス&映画
「海猿 (1)」 映画「海猿」
・原作コミックス「海猿」(原作・佐藤秀峰/原案&取材・小森陽一)
・映画「海猿」(伊藤英明、加藤あい、他出演)
・「海猿」オリジナル・サウンドトラック

○原作・佐藤秀峰の代表作「ブラックジャックによろしく」(私のオススメ!)
「ブラックジャックによろしく (1)」 「ブラックジャックによろしく」DVD-BOX ブラックジャックによろしく 涙のがん病棟編
・原作コミックス「ブラックジャックによろしく」(原作・佐藤秀峰)
・ドラマ「ブラックジャックによろしく」DVD-BOX
・ドラマ「ブラックジャックによろしく 涙のがん病棟編」

|

« 「変漢ミスコンテスト」の結果はこんな漢字(感じ) | トップページ | がんばっていきまっしょい・第10話(最終話) »

コメント

確かにこのドラマは壮大なスケールという意味では、夏クールドラマの中でもずば抜けて凄かった作品でしたよね!
来年公開予定の映画版パート2の封切りまではまだまだ日数がありますが、仙崎&環菜の活躍をぜひとも映画館で堪能したいと思います!!

投稿: フェイク・ヒーロー | 2005.09.19 05時35分

TBありがとうございました。

さすがに海上保安庁の協力があったおかげで、迫力ある映像になりましたね。
海猿2が楽しみです。ずいぶん先ですが・・・待ち遠しい。

投稿: naomi-0604 | 2005.09.19 12時49分

TB&コメントありがとうございました。
次の映画『海猿2』が楽しみでしょうがないです。
大袈裟ですけど、それを生きがいに約1年頑張ろうと思います(笑)

投稿: chany | 2005.09.20 00時38分

>フェイク・ヒーローさん

スケールは大きかったですね! フィルム映像のようなフィルタ加工が、また良い味を出していました。それにしても、次の映画までが長い! あんな予告映像を見せられたもんだから、早く見たくなりますよね。

>naomi-0604さん

ほんと、海上保安庁の協力あってこその作品でした。B’zの主題歌「OCEAN」のPVも同じですけどね。映画はまだ随分先ですね。

>chanyさん

やっぱり映画が楽しみですか? そうですよね、私も同意見。「生きがい」ってすごいけど(笑)、お互い何とか頑張りましょう!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.09.20 03時25分

TBありがとうございます!
下川さん親子も助かったし、大輔と環菜は母親に認められて
本当にいい感じで終わりましたよね。でも、そのあとの映画の予告は
すごかったねぇ(>_<)大輔はどうなってしまうんでしょうね??
次回の映画海猿2楽しみですね!!

投稿: The Sea Monkey | 2005.09.20 13時09分

あずさん、TBさせていただきました。
私もこのスケールの大きい、そして毎回ハラハラドキドキさせらてた「海猿」とてもおもしろかったです。
映画はまだ先ですね。
公開になる頃にはまた 夕方の再放送なんかもありそうですね。
おさらいしてから 映画観に行きたいなぁ。

投稿: ヌッキー | 2005.09.20 14時26分

TB、コメントありがとうございました。

ハッピーエンドにしろそうでないにしろ、登場キャラの今後が浮かんでくるような最終回が好きなんですけど、映画が続いてあるということもありますがいい感じで終わりましたね。
「ながれ」が単に廃船になるだけでなく、「ながれ」の今後も大切に描いてくれたのはすごくうれしかったです。

「冬の時期」の物語も見てみたいですね。

投稿: そら | 2005.09.21 00時20分

>The Sea Monkeyさん

万事OKって感じでラストを迎えましたね! 良い印象のまま終わりました。それで、その後ですよ。「ドカーン!」って爆発する映像が出て驚きました。今度はドラマの続編となる映画が、楽しみですね!

>ヌッキーさん

リアリティで勝負をかけてきたこのドラマ。ほんと、毎回ハラハラドキドキしましたね。ああ、再放送は絶対にやるでしょうね。できれば、映画1とドラマを連続で見てみたい気がするなあ。

>そらさん

大輔はひとまず次に向けて良いスタートを切れそうです。“映画・ドラマ・映画”なんていう構成は珍しいですよね。「ながれ」が今度も使われることが分かっただけでも、私は良かったなあと思いました。「冬の時期」の話に触れてくれてありがとうございます! ロケはもっと大変になりそうだけど、実際にも本当に大変でしょうね。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.09.21 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/5993003

この記事へのトラックバック一覧です: 海猿・第11話(最終話):

» フジテレビ「海猿」第11話(最終回):この手を離さない [伊達でございます!]
最終回。下川の娘・唯の救出と引き換えの下川の事故、仙崎と環菜の恋の行方と、「ながれ」の廃船式。引っ掛かるところは多々ありましたが、今期一番感銘を受けたドラマです。 [続きを読む]

受信: 2005.09.19 01時10分

» 海猿 第11話 『この手を離さない』 [フェイク・ヒーローのエンタメBlog!]
今回で最終回となってしまった『海猿』ではありますが、ストーリー的には無難に纏まってはいたものの、正直「もう少し時間が多かったら、より劇的に描く事が出来たのになぁ・・・」という残念な思いや不満点が多々あったせいか、なんとなく消化不良気味のままで終わってしま....... [続きを読む]

受信: 2005.09.19 05時32分

» 海猿 最終話 [Happy☆Lucky]
最終話になりました。 [続きを読む]

受信: 2005.09.19 14時03分

» 生きて帰る(海猿#11@最終回) [でまっせ。ドラマ鑑賞記]
愛する者のために生きて帰る。 うまくまとめてくれました。勝田船長。 忘れてはいけないことですよね。 ありがとう、船長。。。いつもしぶかったっす…… # とてもあんなドラマであんなことを言っていたとは思えなかったなぁ..(^^) ―――そして最終回。みんな助かりました!{/kaeru_en2/} よかったぁ。 ...でも、下川は潜水士をやめてしまうんですね。 バディが復帰したのに… 潜水士の第一... [続きを読む]

受信: 2005.09.19 22時42分

» 海猿 最終回『この手を離さない』 感想 [ぐ〜たらにっき]
こちらはサブブログです。 [続きを読む]

受信: 2005.09.20 00時41分

» 「海猿」最終回 ながれの廃船 [rosaのひとり言]
プレジャーボートの転覆でボートの中に取り残された、下川の娘唯 ボートは岩にひっかかりかろうじてそのバランスを保っているが、かなり危うく、 特急隊に出動要請をだしているが、一刻を争う状態 あくまでも冷静な下川に 「唯ちゃんの命を他人に任せるんですか?唯...... [続きを読む]

受信: 2005.09.20 09時13分

» 海猿☆最終回☆ [*The Sea Monkey*]
下川さんも唯ちゃんも助かってよかったぁ〜下川さんの意識が戻った時は嬉しくて感動してしましました(泣)でも、潜水士を辞めてしまうのはちょっと残念でしたせっかく、矢吹も現場に戻れるようになったのに。。。でも、今回の事で下川さんは潜水士は生きて帰るという鉄則... [続きを読む]

受信: 2005.09.20 12時55分

» 海猿 最終話 [どらまにあ]
大輔(伊藤英明)がロープを持っていく。 「唯(一木有海)ちゃん聞こえるか! 唯ちゃん、ここにいるのか! 唯ちゃん!」 唯の目が覚める。 「助けて・・」 海猿で使われていたものです。 環菜が大輔に送った時計です ... [続きを読む]

受信: 2005.09.20 13時44分

» 海猿 最終回 [ドラマ好き主婦のひとりごと]
転覆したボートを必死に支える 大輔達。でも潮が満ちてきて今にも水没してしまいそう。 本当に微妙な所で支えられてたんだねー。 特救隊の到着まで10分。自分達の力で唯ちゃんを助ける事にしたが・・・。 大輔が電動ノコギリみたいので 船に穴を開け、他のみんなはボートを支..... [続きを読む]

受信: 2005.09.20 14時23分

» 『海猿』〜最終話〜 [空を見上げると…]
下川隊長(時任三郎)が植物状態になるかもしれない・・・ というのが前回の救助シーンからの続きになりました。 心マしてるのが伊藤英明さんだけに、ちょっとした『救命病棟24時』。 あとで出てきた病院がその時ロケで使われた病院だったというのも『救命』ファンには....... [続きを読む]

受信: 2005.09.21 00時30分

» 海猿 最終回 [ドラマ!テレビ!言いたい放題]
先週の重い雰囲気を引きながらの最終回。 下川の娘は助けられると分かっていたが・・・ まさか、下川が心停止になってしまうとはなぁ。 もうなんでもありっすね~ 命の重要さというより、命はいとも簡単に危険にさらされるんだということをきっと 訴えたかったんでしょう。 ..... [続きを読む]

受信: 2005.09.21 20時16分

« 「変漢ミスコンテスト」の結果はこんな漢字(感じ) | トップページ | がんばっていきまっしょい・第10話(最終話) »