« ドラゴン桜・第10話 | トップページ | はるか17・第7~9話 »

2005.09.13

女王の教室・第10話

このドラマは「本来あるべき教育とは何か?」といったことを強く訴え掛けているんだと思います。また、小学校高学年の時点で相応しい教育を模索する題材にもなると思います。ストーリーの中から単数・複数のテーマを見いだすことは非常に重要なことですね。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○日本テレビ系「女王の教室」
第10話「真矢、最後の授業」

授業参観を通じて、児童に対する保護者の理解が進んだ。和美(志田未来)らの生活態度も変わり、クラスの雰囲気も明るくなる。しかし、阿久津(天海祐希)は児童の中途半端な自立心をたしなめ、相変わらず冷酷な指導を続ける。そんな中、教育委員会のホームページに阿久津の教育方針を告発する書き込みが。教育委員会が調査に乗り出す。

サブタイトルとなった「最後の授業」。かなり見ものでした! 特に印象に残ったセリフを3つだけ挙げてみます。

生徒「どうして勉強をしなければならないのか?」
真矢「勉強は、『しなきゃいけないもの』じゃありません。
   『したい』と思うものです。」

これは本当にそう思う。何かに興味を持って、もっと知りたくなって、自発的に物事を追求しようとする心を育てることが大事だと思う・・・。

真矢「勉強は、受験のためにするのではありません。
   立派な大人になるためにするんです。

これもその通り。っていうか、以前「ドラゴン桜・第9話」のレビューで終わりの方に書いた「私の持論」とほぼ同じ意見だったから驚いた。そう、このドラマって、「ドラゴン桜」のストーリーに通ずるものがあるんですよね。同じ「学校もの」というのもあるけど、教育者が「勉強することの意味」を暗に教えているような・・・。

生徒「先生は本当は良い先生なんじゃないんですか?」

これは真矢じゃなくて和美のセリフだけど、やっぱり同意。一見厳し過ぎて「教育者」として相応しくない教師のように思えるけど、実は将来を踏まえた本来あるべき「教育」を実践している一教師だと思う。このことで賛否両論が発生するわけだけど、私は以前から真矢の教育方針に概ね賛成しているんですよ。真矢の教育のレベルで「厳し過ぎる」と非難するのは、私が思うに「甘過ぎる」と思う。きっと「いい加減目覚めなさい」と言われると思う・・・。

この授業の後、これまであれだけ真矢と敵対してきた生徒たちは、真矢の本心をようやく見抜いて理解し始めましたね。そんな真矢が、教室で一人静かに倒れてしまった! いったいどうなってしまうんでしょうね? 次回最終話の予告を見たけど、もしかしたらとんでもなく良い作品として終わるのではないかと思いました。ついでに、予告でドラマ本のプレゼント告知があったけど、そこで登場した和美・ひかる(福田麻由子)・馬場(永井杏)・由介(松川尚瑠輝)の素の笑顔が良かったなあ!

○関連記事「女王の教室・第1~3話」
○関連記事「女王の教室・第4~6話」
○関連記事「女王の教室・第7~9話」

|

« ドラゴン桜・第10話 | トップページ | はるか17・第7~9話 »

コメント

TBありがとうございました。
真矢の言葉にはひとつひとつ重みが有りました。非常に考えさえられる内容でした。
最終回は、どうなるのか、今から楽しみです。

投稿: naomi-0604 | 2005.09.14 10時28分

TBありがとうございます!
今回の真矢と子どもたちのやり取りは良かったですね。
真矢の教師としての信念を改めて見せられたような感じでした。

前回はグラリとしただけでしたが、今回は倒れてしまいましたから気になりますね。
最終回の展開とともに、真矢が最後にどんなメッセージを残すか楽しみです。

子役の子どもたちはみんな、かわいいかったですね!

投稿: lavish | 2005.09.14 11時44分

台詞だけを聞くと、うんうんと納得する部分が多いんですけど、
やはり描き方に違和感を感じてしまうんですよねー。
やたら「女王」だの「悪魔」だの恐怖感を与えるタイトル等にも
演出過剰な気がしますです。
普通に厳しい真矢先生じゃいけなかったのかな???

今まで別のドラマで見た事ある、進藤さんと馬場ちゃん役の子役さんにばかり
目が行って、最初は和美役の子の大袈裟な演技がハナについてたけど、
今後別のドラマで見た時には「うわぁ~和美ちゃんだ!」とウキウキしそうな
自分が想像出来ます。単純・・・(笑)

投稿: まこ | 2005.09.14 16時11分

あろはぁ☆ TBありがとうございました♪
すごく読みやすい記事になってますねぇ!!
わたしもプレゼント告知での彼女らの
キュートな笑顔につられて笑顔になっちゃいましたv

投稿: さんでぃ | 2005.09.14 18時23分

始めまして!
TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきました(^^)

番組の最後のプレゼントの紹介や、
エンディングで踊っている天海さんを見ると、
なんだか安心します(笑)

あの本編とエンディングが楽しめるのも、次週が最後なので寂しいです(><)

投稿: おさかな | 2005.09.14 21時51分

あずさん、こんばんは。
女王の教室のテーマと、ドラゴン桜のテーマ、重なる部分がありますよね。
あずさんの書かれたように、桜木先生も真矢も、勉強することの意味を
唱えているんですよね。
次週の子供達の涙!真矢の怪我が気になります!!

投稿: ちーず | 2005.09.15 00時57分

>naomi-0604さん

真矢の言葉はずっしりきましたね。それでいて、意味は大きかったと思います。私はほぼ同感だったなあ・・・。

>lavishさん

妙な話かもだけど、あんな授業を受けたくもなりました。あのような威圧感あるものではないけど、私も小学生時代に「子供なりの進路」を選択させようとする先生がいました。ただ勉強外のいろんなことを企画してやらせるだけなんだけど、意味はあったなあ。今でも恩師と呼べる存在です。さて最終話は、どんなことになるんでしょうね?

>まこさん

例えば真矢が「爽やか教師」だったら? そういえば一度誰かの夢でそんな姿が出たっけ。真矢が「実は良い教師?」というのは予想の一つにあったけど、当初は「バトルロワイヤル」みたいな危険さの思いの方が強かったです。うん、ちょっと過剰過ぎたかな。各メディアで悪く書かれちゃったし。私は「真矢」が「魔矢」じゃないだけでも良かったと思ったり。ちなみに「摩邪」はこのドラマの後番組に出てますね(笑)。あと、和美の演技の過剰さは、「想定内」ということで・・・。

>さんでぃさん

コメントどうもです! 私よりも皆さんの方がすごく熱心に書いてるなあって思いましたよ。視聴率も良くなっているけど、blogでもその人気ぶりが伺えますね。プレゼント告知での子供たちの笑顔が、素の顔なんでしょうね!

>おさかなさん

コメントどうもです! 天海さんが「真矢」と切り分けて素で踊るダンスも見ものですよね。確かにあのエンディングで気が楽になりますよ。それももう終わってしまうのかと思うと寂しいものがあるけど、でもその最後を見届けたいですね!

>ちーずさん

重なる部分、ありますよね。まあ本来は、「勉強することの意味」を自ら見いだすことができれば幸いなんですが。毎回ながら予告映像が気になるけど、今回もやはりそうでした。どんなラストになるのか楽しみですね!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.09.15 03時00分

TBありがとうございます。子供たちにしてみれば阿久津先生の事がいやな教師と思えるかもしれません。先生から発せられることはごく普通のことで当たり前のことですがなんだか偏屈な酔っ払いの親父が説教しているようにも見えてきます。不思議なもので・・。
でも阿久津先生の教育理念は何なのかいまだ不明です。明日その答えが分かるはず。
 先生の生徒に対する教育が行き届いている?せいなのかなぜか先生のやり方に反発をしながらもクラスが一丸となって様々な困難を乗り越えてきたように見えます。

投稿: katu992001 | 2005.09.17 00時35分

katu992001さん、こんにちは! そちらの記事を読ませていただきました。今回は真矢が自分の思いを多く語ったけど、記事で挙げた数点についてはなかなか興味深いものがありました。それらを生徒たちが理解したこともあって、最終話では感動の展開が待ち受けているみたいですね。

変な話ですが、真矢のおかげでクラスの団結力が増したと思います。真矢についてはまだ一部不明な点はあるけど、最終話で全てが明かされるんでしょうね。楽しみです!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.09.17 14時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/5919668

この記事へのトラックバック一覧です: 女王の教室・第10話:

» 曲げない教育理念を持つ真矢の真意は…【女王の教室第10話】 [The Natsu Style]
毎週話題騒然の「女王の教室」その第10話。今回は第9話の時に予想した項目は殆どが見事に大外れしていた。真矢としおりの間で明かされていく真矢の過去。そして徐々に和美は真矢の教育方針の真意に気づき始めたのか、首を突っ込み始めた。クラスの中ではまるで和美が首を突っ...... [続きを読む]

受信: 2005.09.14 02時16分

» この結末は予定されたもの?(女王の教室第10話) [アイスクリームが流す涙]
来週は・・・見なくてもわかるような・・・汗。もう方向性が固まってきましたね。今回は完全に真矢の語りがメインでした。 真矢の厳しいイジメによって逆にクラスがまとまり、自分たちの頭で考えるようになったと気づいた和美は真矢に、「本当は良い先生なんじゃないですか」と聞くが一蹴されます。その後、さらに厳しくなった真矢に対抗するために、またクラスで話し合い、自主的に遅刻をなくしたりす... [続きを読む]

受信: 2005.09.14 02時33分

» 女王の教室 10話 [B@BIRON どらまれびゅー]
日経エンタテイメントの今月号にスタッフが 「阿久津先生はダースベイダーみたいな 悪の象徴であって決していい先生なんかじゃない。 今回のシリーズの主人公は子供達 なので、先生の過去を描くこともない。 いずれスペシャルで描くかもしれない。 スターウォーズのエピソード1みたいな感じでしょうか?」とかいっていた。 ということは、やはりクレームの声でこの番組自体が ぶれてきたんだろう。 「先生は本当はいい先生じゃないんですか?」という言葉が 何回出てきたことか。 (劇中ではついに直接... [続きを読む]

受信: 2005.09.14 04時29分

» 女王の教室 第10話 [自己満族]
今回は教育委員会HPへのチクリをきっかけに、真矢と生徒の真っ向勝負が見られました。 生徒側は和美、由介、ひかるをメインに攻める攻める。でも、真矢の言葉はどれも信念に基づいていて、納得できるものばかり。 真矢が再教育センターに行くきっかけになった事件のことも....... [続きを読む]

受信: 2005.09.14 06時37分

» 女王の教室第十回 [私でもいいですか?]
野球のために、三十分遅れのスタートです。 提供、会社名こそ言いませんでしたが、コールしましたね。しかも、先週の明治製菓に加えて、コカコーラも出てました。まだ、名前を出さない企業はどういうつも... [続きを読む]

受信: 2005.09.14 10時24分

» 女王の教室 10 [思い立ったが吉日]
今回は真矢の過去が明らかになる話。 授業参観以来、和美と母親の章子の関係はうまくいっていた。クラスの他の生徒も同様で、親ときちんと話すことができ自分の意見も認めてもらえる。 そして和美は真矢のことをいい先生なのではないか?と考え出す。 いつものようにテストを行なう真矢にひかるが「テストによって雑用を決めません。」と言うと、もうテストは行なわないと言う。 一方、真矢のことを知った教育委員会は、家庭訪問し3組の子ど�... [続きを読む]

受信: 2005.09.14 11時44分

» 「女王の教室」-10-教育委員会の刺客 [rosaのひとり言]
親は子を見て成長する・・・というけれど、母親が明るいと家の雰囲気全体も随分と変わりますね。 教室の中も少し明るくなりました 生徒達は自分の考えを親に伝えることによってお互い理解を深めたようです 「本当は真矢はいい先生じゃないの?実は全部真矢の計算だっ...... [続きを読む]

受信: 2005.09.14 13時00分

» 「女王の教室」 第10話 [どらまにあ]
オープニング、真矢(天海祐希)がふっと消える。 [続きを読む]

受信: 2005.09.14 15時06分

» 女王の教室 第10話:真矢、最後の授業 [あるがまま・・・]
アロハ〜ヾ(*^▽^*)ゞ 由介ってば可愛いのぉ〜{/3hearts/} 最初はお調子モンで不真面目で、なんだこいつって思ってたのに{/face_nika/} テストによる当番選出を拒否して、自分達でそうじも雑用も分担すると 宣言した子供たち。 お〜、自主性が出てきたなと喜んだのに真矢ってば 「あなたたちは勉強したくないんでしょうから、今後テストは2度とやりません。」 ですってよ奥様!な んとまぁ極端な�... [続きを読む]

受信: 2005.09.14 16時12分

» 今日の女王の教室 [カンカラ缶]
予想通りに悪者を演じていた阿久津先生ですが、 今夜は非常に良かった…と思います。 「何故勉強しなければならないのか?」 「何故人を殺してはいけないのか?」 子供に質問されても、言葉で上手く説明できない。 大人が答えてくれない、もしくは答えにくい質問に 明確な答えを言葉で伝えていました。 そしてこれらの質問の答えは、他人にただの言葉で言われても、 心に伝わらないのですよね。 「何故、勉強�... [続きを読む]

受信: 2005.09.14 21時48分

» 女王の教室 第10話 [あいりぶろぐ]
 「女王の教室」もいよいよ次週最終回というところまできました。  さて今日も「女王の教室」見るぞーと、テレビのチャンネルを合わせると… 阪神が広島に対し21点もとるというありえない光景が! そりゃ、星野さん今日阪神残留を表明してほっとしたのかしらんけ....... [続きを読む]

受信: 2005.09.14 22時43分

» アロハ(女王の教室#10) [でまっせ。ドラマ鑑賞記]
「なぜ人を殺しちゃいけないんですか?」 大人はこの質問にきちんと答えられないことを知っていたんですね... たしかに、人間の歴史は戦争の繰り返し。 さんざん人を殺してきた先人達を知り、今の時代の自分達だけなぜダメだって言われなきゃならないのか… 難しい問題です。{/hiyo_shock1/} はっきり言って、俺も答えられないというか、答えはないと思う。 マヤの言った、「他人の幸せを奪う権利がない」という... [続きを読む]

受信: 2005.09.14 23時22分

» 女王の教室 第10話 [どらま・のーと]
『真矢、最後の授業』 この物語は 悪魔のような鬼教師に 小学6年の子供たちが戦いを挑んだ 一年間の記録 今日のオープニングは、誰でしょう!?ちょっとわからなかったです。 冒頭。教壇の真矢が消えるシーンが。 これは前回同様、ラストのシーンをここに持ってきたのかな..... [続きを読む]

受信: 2005.09.15 00時57分

» 今週 「女王の教室」 最終回スペシャル [apple of the nariyuk's eye]
密かに楽しみにしている「女王の教室」だが、今週が最終回なんだね。 この枠は、「ご [続きを読む]

受信: 2005.09.15 22時24分

» ”女王の教室”の阿久津先生と”伝説の教師”の難波次郎こと木下次郎先生の共通点 [ぶっちゃけしんどい]
 日テレ系の毎週9時から放映中の”女王の教室”。小学6年3組のクラス担任で生徒に [続きを読む]

受信: 2005.09.16 21時44分

» 女王の教室第10話感想。。 [ヒジキのこべや]
野球の延長が 本気でウザイと感じる、今日この頃。 打ち切れよ!どうせ視聴率悪いんだから。 今回色んな要素があったので簡単にまとめてみます。 ・テスト打ち切り。 ・モグラのタタッキーがマヤに拉致される(でも放置)。 ・和美の母が離婚覚悟で働く事を希望する。 ・生徒たちが大きく成長する。 ・由介の和美に告白(未遂)。 ・教育委員襲来。 ・マヤの過去判明。 ・マヤ学校をクビになる。 ・マヤ倒れる。 ス�... [続きを読む]

受信: 2005.09.17 12時18分

» 女王の教室で読み取れる教育論 [ぶっちゃけしんどい]
”女王の教室”が今日で最終回を迎えました。生徒には毎回冷酷な対応をして体罰を与え [続きを読む]

受信: 2005.09.17 23時56分

» 女王の教室 最終回 [オレンジ軍団!~交流日記~]
いや~、最終回は金八っぽい内容のクソドラマになってしまいましたね。すごい急展開じゃないかい?いきなり「先生、大好き」「ありがとうございました」等など子どもたちが、目覚めてしまいました。唐突な「仰げば尊し」も笑わしてくれましたよ。 酒井若菜が勇介の母親ってい..... [続きを読む]

受信: 2005.09.21 22時03分

« ドラゴン桜・第10話 | トップページ | はるか17・第7~9話 »