« ハチミツとクローバーとドラマチックとワルツ | トップページ | がんばっていきまっしょい・第4話&特別艇 »

2005.08.04

海猿・第4&5話

第4話の放送前に映画の「海猿」を見ました。うん、なかなか面白かった! あんなことやこんなことがあって、今の大輔がいるんだなあ・・・。「このドラマが好きだけど映画の方はまだ見ていない」という人は、ドラマを良く知るためにも是非一度見てみてくださいね!

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「海猿」
第4話「海に消えた想いを探せ!」

「ながれ」は転覆した漁船の船長・徳永(本田晋)の捜索を。2日で捜索は打ち切られ、解放された大輔(伊藤英明)は、環菜(かんな・加藤あい)と久々のデートを楽しむ。が、その場を徳永の息子・雅也(波岡一喜)に見られ気まずい思いを。数日後、徳永の遺体が海岸に打ち上げられる。ホッとする大輔だが、海で何かを探す雅也の姿を目撃。雅也の家を訪れ事情を聞く。

第5話「突然の別れ」

池澤(仲村トオル)は、医者から中心性網膜症と診断され、長く仕事を続けるのは厳しいと宣告された。事情を知らない大輔(伊藤英明)は池澤が仕事を辞めると聞きがくぜん。落ち込む大輔は、環菜(かんな・加藤あい)を「ながれ」のファミリーデーに招待する。当日、乗組員の家族でながれがにぎわう中、貨物船が座礁したと連絡が入り、大輔らは緊急出航する。

第4話では、亡くなった転覆漁船の船長・徳永の時計が海に消えたことで、大輔たちが訓練の一環として「ながれ」を出動させつつ大捜索。下川(時任三郎)や勝田艦長(夏八木勲)たちの粋な計らいでこのような訓練計画に変更されて、徳永の息子・雅也の力になることができましたね。実際は厳しくてそんなことは有り得ない? 結局見つからなかったけど、いや、見つかること自体が奇跡ではあるけど、最後は雅也の希望で大輔が自分の時計を渡して理解し合いました。その後大輔は環菜から偶然にも時計をプレゼントされたから、良かったんじゃない? あんなにウホウホ(まさに海「猿」?)言って喜んでいたし?(笑)

第5話では、「突然の別れ」という悲しいサブタイトルから、「バディとの信頼関係」を再認識する展開になりました。別所(三宅弘城)は潜水士を辞めてインストラクターになることを決意し、バディの永島(坂本真)を捨てる形に。しかしある日の救助活動中に、別所が担架で運ばれるトラブルが発生。見舞いに行った永島は、別所から「仕事で興奮を抑えきれず、バディを巻き添えにできない」と、潜水士を辞める本当の理由を聞かされ、冷め気味だった信頼関係も一気に回復したんですね。一方、池澤も目の病気と今後の活動の不安から潜水士を辞めることを決意し、大輔はそのことで落胆。しかしある日、海猿たちの盛り場「オーシャンズ」の外で、ひょんなことからその二人が懸垂で勝負。「懸垂禁止!」ってスプレーで書いてあるだろ!(笑) それにしても、二人ともすごい筋肉だった! 勝負は互角のまま進んだけど、大輔は池澤の踏ん張りに付いていけず脱落。しかし池澤はその勝負の後、「あと半年間だけ潜水士を続けたい」という気持ちを下川に伝えたんですね。大輔を「成り行きのバディ」ではなく「信頼できるバディ」として認め始めた瞬間でした!

うん、このドラマの「男臭さ」ってやつが良い! プンプンしてくらぁ~! 何かと裸になるのが「海猿精神」っぽいけど、注目度は上がっても視聴率は下がるという・・・(苦笑)。潜水士は、状況に応じた的確な海難救助と共に、バディとの連携プレーも大事というもの。初回話以降、大輔と池澤の関係はギクシャクしていたけど、数々の出来事を通してようやく分かり合える関係になってきました。そうなる理由として、別所と永島の一件も大きかったですね。ますます注目の展開になってきましたよ!

ところで・・・。本日8/04の夕方、東京の撮影所「東宝スタジオ」でこのドラマの撮影中に、プールの水の上に設置した照明器具の近くにいた男性スタッフ2人が感電した、という文字通り衝撃的なニュースが発表されました。「一時腕にしびれを感じた程度で外傷は無かった」ということで、とりあえず安心としてもよろしいでしょうか? まさにドラマと同じで「いつ何が起こるか分からない」といったところだけど、今後も気を付けて撮影を続けていただきたいと思っています!

○関連記事「海猿・第1~3話」

●ドラマ
「OCEAN」
・主題歌「OCEAN」(B’z)
・「海猿」オリジナル・サウンドトラック

●原作コミックス&映画
「海猿 (1)」 映画「海猿」
・原作コミックス「海猿」(原作・佐藤秀峰/原案&取材・小森陽一)
・映画「海猿」(伊藤英明、加藤あい、他出演)
・「海猿」オリジナル・サウンドトラック

○原作・佐藤秀峰の代表作「ブラックジャックによろしく」(私のオススメ!)
「ブラックジャックによろしく (1)」 「ブラックジャックによろしく」DVD-BOX ブラックジャックによろしく 涙のがん病棟編
・原作コミックス「ブラックジャックによろしく」(原作・佐藤秀峰)
・ドラマ「ブラックジャックによろしく」DVD-BOX
・ドラマ「ブラックジャックによろしく 涙のがん病棟編」

|

« ハチミツとクローバーとドラマチックとワルツ | トップページ | がんばっていきまっしょい・第4話&特別艇 »

コメント

今クールのドラマでは一番楽しみなドラマになっています。
前回のラスト,雅也に時計をあげるシーンは泣いてしまいました。
今回も池澤と大輔がバディらしくなってきて,よかったですね!
仲村さんがあんなに筋肉あるなんて,正直ビックリしました(笑)

投稿: うさこ | 2005.08.05 20時54分

こんばんわ。
TBありがとうございます、こちらからもTBさせて頂きました。
今回は、池澤と大輔のやり取りが最高でした。いかにも、海の男系のストーリー『海猿』の、2作目。(来春公開の映画『海猿』の、3作目へとストーリーが続いていく…。)
それだけに、キャストも映画同様…贅沢ですよねー。

投稿: まさかず | 2005.08.05 21時42分

映画版の続きというのが、今までなかったパターンでユニークですよね。
「最前線に楽しいことはない!」という教官のセリフが、ドラマ版のストーリーに効いていると思います。

「男臭さ」、確かにプンプン臭います・・・
(その方面の嗜好はありませんけど、)あんな「バディ」みたいな関係っていいなと思いました。

投稿: そら | 2005.08.05 23時41分

TBありがとうございました(笑)
いやー、来週以降もドラマ楽しみです。早く日が過ぎないかな~です(笑)

投稿: たまちゃん | 2005.08.06 00時17分

TBありがとうございました。
俺もTBさせて貰いますね。

確かに仙崎と池澤の筋肉は本当に凄いですよね!
俺もあんな身体になりたいものです・・・(笑)
先日も事故があったりとかして色々と大変だとは思いますが、
今後も映画の撮影等頑張って欲しいですよね!!

投稿: フェイク・ヒーロー | 2005.08.06 02時30分

>うさこさん

面白いですよね。私も映画の方を見てさらに好きになりました。時計の話も、バディの話も、ほんと良かった! そうそう、仲村トオルさんは筋肉がすごいですよね。結構ビックリ~!

>まさかずさん

大輔と池澤が、良い関係になってきましたね。既に次の映画も決まっているし、そこへつなげるかのような作り込みがまた良かったり。何だか今回のドラマ化がプロモーションのようにも思えますよね!

>そらさん

「リメイクではなく続編」というのは、私も良かったと思いました! あれから大輔も試行錯誤しながら頑張っていますね。「男臭さ」が売りの一つになっているけど、同志としてのあんな熱い関係って、やっぱり良いですよね。

>たまちゃん

こんにちは! 私も今クールのドラマの中では好評価という位置付けですよ。このままラストまで駆け抜けてほしい!

>フェイク・ヒーローさん

うん、筋肉はすごい!(笑) 鍛え上げられた筋肉ですよね。だからリアリティもあるなあ~。先日の事故のニュースにはびっくりしたけど、何とか問題無しということで一安心しました。頑張ってほしいですね。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.08.06 10時39分

あずさんこんにちは
TBありがとうございます。
こんなにいいドラマなのに、どうして視聴率が
下がっていくんでしょうね(^_^;)
私も彼らの『男臭さ』かっこいいと思います。
仲村さんの体は、ほんと絞ってますよね。
目が釘づけです(笑)

投稿: まりこ@どらまにあ | 2005.08.06 11時55分

TBありがとうございます!
ホント海猿はいつも脱いでますね~(笑)でも、このドラマには
ちょっと必要だったりしますけど(笑)
毎回思うのですが、男の友情は熱くていいですね!!
来週も楽しみです!!

投稿: The Sea Monkey | 2005.08.06 12時22分

あずさん、お久しぶりです。TBありがとうございました。
「救命~」のクールではお世話になりました。
トオルくんご出演ということでブログネタにしています。
またお邪魔させていただきますね。

投稿: takapon | 2005.08.06 21時19分

>まりこさん

私も内容は素晴らしいと思います。でも、視聴率はあまり良くないようで・・・。「男たちの友情物語」としては、クオリティが高いですよね。うん、男臭さもカッコ良い! ほんと、仲村トオルさんがあんなにたくましいとは知りませんでした。

>The Sea Monkeyさん

「海猿はいつも脱いでますね~」には思わず笑ってしまいました。海難救助が主な潜水士なら、体があれほど鍛えられていて当然ですよね。本人たちも、「(ドラマのために)鍛え上げたこのボディを見よ!」って感じなのかな? 「バディ同士のボディ対決」っていうのも面白い?(笑) はい、次回も楽しみです!

>takaponさん

お久しぶりでした! 「救命病棟24時」の頃は、こちらこそお世話になりました。そして、そのイメージに似ている「海猿」で、今後またお世話になります。おおっ! 新カテゴリ「トオルくんのこと。」で記事シリーズを始めるんですね? ドラマじゃないけど“波に乗って”きたら、そちらでもコメントさせていただきますよ!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.08.07 01時24分

TBありがとうございました。
正直、映画の続きという企画を聞いたときは、狙っている感じがして期待していなかったのですが、映画とドラマを観てなかなかよくできていると思いました。
テーマを一つ掲げて、それを軸にその人物の気持ちをしっかりと描けているところが、このドラマの魅力ですよね。
アクションシーンもすごいのですが、それ以外のところも魅せてくれるので楽しみです。
今後どうなっていくのか、毎週見逃せません。

投稿: lavish | 2005.08.08 11時43分

lavishさん、ありがとうございます! まあ確かに「狙っている」とは思いますよ。でも上手くできているんですよね。「テーマを一つ掲げて」という構成は、「救命病棟24時」に通ずるところはあるけど、このドラマも独自の展開で面白い! ほんと、見逃せませんね~。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.08.09 03時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/5314751

この記事へのトラックバック一覧です: 海猿・第4&5話:

» 海猿 [お気楽生活]
「海猿」について、初めてまともなコメントを書きます。 〜キミがいたから、勇気を知った。 アイツがいたから、命をかけた。 〜不器用で熱い男たちの夏が再び始まる。 かっこいいでよね!!。おまけに、海上保安庁がバックアップした、ドラマ&映画のコラボ! 『海猿』の、2..... [続きを読む]

受信: 2005.08.05 21時35分

» 【ドラマ】海猿 第5話 「突然の別れ」 [右から2番目の星]
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/28f762e9254e67a64c770747c63ff169/0d [続きを読む]

受信: 2005.08.05 21時37分

» 海猿 Evolution 5 [TVウォッチャーの日々]
無題ドキュメント 思いがけずに、別所さん、ながれを去って行きました。。。最後の最後まで残るもんだと思ってたんですが。。。 ってことは石鹸君(グループ魂[←音楽流れます。要注意]での彼の名前です:三宅弘城さん)はもう出ないってこと?! ... [続きを読む]

受信: 2005.08.05 21時55分

» 海猿:第5話 [Nの鼓動]
海保ってああいうこともやるんだぁと知った話でした。ファミリーデーでしたっけ?けど、やっぱ出動命令が出れば途中で終わって出動するんだね。まあ、あれで出動してなかったらあとでバッシング受けるか。「海保出動要請無視してイベント」って。なんかどっかの鉄道会社みたい。と、... [続きを読む]

受信: 2005.08.05 23時28分

» 海猿 第5話 『突然の別れ』 [フェイク・ヒーローのエンタメBlog!]
うーん、今回はなんだか本当にフラストレーションが溜まる展開でしたよね・・・。 [続きを読む]

受信: 2005.08.06 02時31分

» ●海猿〜#5 [ルーのTVビバ★ライフ(漫画イラスト発信中)]
海猿~#5『突然の別れ』の感想・駄文です。 @@『フジ・公式HP』では、ストリーが載ってます。もう、第5話がアップされているようです。 わーわーわー。 筋肉祭りぃ! どうも、視聴後はそれが印象に残り過ぎてしまい、え~~っと何だったっけ?(;´▽`A``汗!... [続きを読む]

受信: 2005.08.06 05時25分

» 電車男 第5回『ストーカー撃退大作戦』 感想 [ぐ〜たらにっき]
今回もまた電車君はいろんなことに勇気を出して頑張りましたねぇ。とりあえず、ストーカー撃退?っていうか、共感して励まして励まされてでストーカーさんは、ストーカーをやめて田舎に帰ったわけですが。。。正直、ストーカーさんやりすぎでしょ。あそこまでされたのに、警察に渡... [続きを読む]

受信: 2005.08.06 08時49分

» 海猿 第5話 [どらまにあ]
海上保安庁のプールで遭難者を助ける訓練をする。 池澤は、すばやく救助する。 大輔の番になった。 [続きを読む]

受信: 2005.08.06 11時52分

» 海猿〓 [The Sea Monkey]
池澤さんはストレスからくる目の病気でしたね〜!海上保安官の仕事は自分が例え好きで選んだ仕事でもやっぱりストレスはたまりますよね〜!池澤さんと仙崎は最近いいバディーになれてきた所だったから、池澤さんが潜水士を辞めると決めた時はショックでしたでも、池澤さん... [続きを読む]

受信: 2005.08.06 12時19分

» 「海猿」 第5話 [のんびりいきましょ。]
{/pen/} 更新をちょっとサボってました。暑いのはどうも苦手です・・・・・。{/face_z/} 今回も切ないお話でしたね。 「突然の別れ」というサブタイトルに、ああ、池澤さんがとうとう・・・!{/face_naki/} と思ったら。 今までノーマークだった別所さんがそれこそ突然辞めてしまいました。 一方、病名を告げて辞める決意をしたけれど思いとどまった池澤さん。 船長の「スポーツマ�... [続きを読む]

受信: 2005.08.06 21時16分

» 海猿 5 [思い立ったが吉日]
今回は「選択」の話。 溺れている人を助けるという訓練をしている「ながれ」のメンバー。池澤は自分の高い実力を発揮し、大輔はオリジナルの方法で助け、それを池澤に認めてもらえて喜ぶ。 池澤にバディとして認めてもらいたい、と常々思っている大輔だが、その池澤と先輩の別所が潜水士を辞めると言い出す。 バディである永島は別所に理由を聞くがきちんと答えてくれず納得がいかない。 そんな中、乗組員が家族を巡視船に招く「ファミリーデー」が開... [続きを読む]

受信: 2005.08.08 11時44分

« ハチミツとクローバーとドラマチックとワルツ | トップページ | がんばっていきまっしょい・第4話&特別艇 »