« スローダンス・第6&7話 | トップページ | 海猿・第6&7話 »

2005.08.16

南野陽子・「思い出のメロディー」で生歌披露

“ナンノ”こと南野陽子さんが、8/16放送のNHK総合他「第37回思い出のメロディー」に生出演! 今年デビュー20周年を迎えた彼女ですが、7/27にセルフカバーとしてリリースした名曲「はいからさんが通る」が聴けました! これがなんと、歌手活動として生放送で歌うのが約14年ぶりになるということで、「生歌披露」のニュースは各種メディアで大きく紹介されていました。私もつい先日「ナンノ・デビュー20周年」にまつわる記事を偶然にも書いたばかりなので、それに関連付ける形で続編記事を書こうと思います!

○関連記事「南野陽子・デビュー20周年“ナンノこれしきっ!”」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/08/post_fe35.html

○NHK「第37回思い出のメロディー」
http://www.nhk.or.jp/omoide/
○関連記事・デイリースポーツ「南野陽子“歌手”に緊張」
http://www.daily.co.jp/gossip/2005/08/16/183712.shtml

デイリースポーツの記事によると、リハーサル時に「(生放送だけあって)緊張してます」と正直に語ったそうです。また、年下の出演者は氷川きよしさんしかいないということで、「上しかいないっていうのはデビュー当時以来です」とも語ったそうです。確かに「第37回思い出のメロディー」の公式サイトで出演者を見ると、大御所のベテラン歌手ばかりですね!

そして21:06頃、ついにナンノが司会席に登場し、総合司会の船越英一郎さんとNHKの黒崎めぐみアナウンサーに紹介された後、いよいよ「はいからさんが通る」が披露されました!

○「はいからさんが通る」(昭和62年)

詞:小倉めぐみ/曲:国安わたる
振付:前田健/ダンス:ベリーズ(4名)

(1番サビ)
♪凛々しく恋してゆきたいんです私
 傷つくことに弱虫なんて乙女がすたるもの
 ややこしいかけひきは苦手です私
 晴れた 空が 好きです

かつてのアイドル時代を思わせる衣装を着て熱唱! 鼻にかかるあの声が、当時ファンの心をくすぐったのかな? かなり緊張していたようで、歌い終わりの頃はホッとしたように「あ~、ありがとうございました~!」と笑顔で一言。これは貴重な映像資料となりました。ナンノ、ご苦労さま&ありがとう!

「はいからさんが通る」 「GOLDEN☆BEST」南野陽子 ナンノ・シングルス3+マイ・フェイバリット 「ナンノ・ボックス」
・映画「はいからさんが通る」(元々この映画の主題歌でした)
・南野陽子『「GOLDEN☆BEST」南野陽子 ナンノ・シングルス3+マイ・フェイバリット』
・南野陽子「ナンノ・ボックス」

ところで、その直後に登場したC-C-Bも見ものでした。こちらは生演奏が約17年ぶりだそうで、司会席には元メンバーの渡辺英樹さんと笠浩二さんが登場。笠さんは当時のように髪をピンクに染めたりで、思いっきり若作りしていましたよ。そして披露したのは、やっぱりあの名曲「Romanticが止まらない」でした!

○「Romanticが止まらない」(昭和60年)

詞:松本隆/曲:筒美京平

(1番サビ)
♪誰か Romantic 止めて Romantic
 胸が胸が苦しくなる
 惑う瞳に 甘く溺れて
 Hold Me Tight せつなさは止まらない

「ひょ~、懐かしい~!」と言うと共に、「あ~、あれね~!」とも言う私。現在放送中のフジテレビ系ドラマ「電車男」で挿入歌になっていますからね! 私的には、これまた名曲の「スクール・ガール」も大好きでした。“♪悲しきスクールガール 悲しきスクールガール”、ひょ~、懐かしい~! やっぱり名曲っていうのはいつ聴いても色褪せないですね。C-C-Bも久々に聴きたくなりました!

「ゴールデン☆ベスト C-C-Bシングル全曲集」 「C-C-B TREASURE COLLECTION」
・C-C-B「ゴールデン☆ベスト C-C-Bシングル全曲集」
・C-C-B「C-C-B TREASURE COLLECTION」

最後に、今回この特番で、“2時間ドラマの帝王”こと船越英一郎さんが総合司会を務めたのが、本当に意外でした。本人も番組のフィナーレ辺りで「こんなに緊張したのは初めて」みたいなことを言っていました。しかしオープニングからフィナーレまで、見事にその大役を成し遂げられました。ふなこっさん、やっぱりあなたは帝王だ!

●船越英一郎さん(ふなこっさん)・近年出演の連続ドラマ
「マンハッタンラブストーリー」DVD-BOX 「アタックNo.1」DVD-BOX
・「マンハッタンラブストーリー」DVD-BOX(“ふなこっさん”の呼称が初登場)
・「アタックNo.1」DVD-BOX(付けヒゲをして鬼コーチを熱演)

全くもって、日本の曲も捨てたもんじゃないですね。今回この機会に「思い出のメロディー」をたくさん聴けました。出演者の皆さん、お疲れさまでした~!

|

« スローダンス・第6&7話 | トップページ | 海猿・第6&7話 »

コメント

 はじめまして!

 トラバさせて頂きました。なんか盛り沢山なページですね。
 ドラマは全然見ない音楽系のつまらないブログですが、よかったら見てください。

投稿: K-Marine | 2005.08.17 19時47分

K-Marineさん、初めまして! テレビと音楽について、日々いろいろ語っています。一つでも趣味の共通点があれば、またお話ししていきましょう!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.08.18 02時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/5502078

この記事へのトラックバック一覧です: 南野陽子・「思い出のメロディー」で生歌披露:

» 思い出のメロディー・後編 [Japanese Music〜現在・過去・未来?〜]
・田原俊彦「ヒットメドレー」  「哀愁でいと」「ハッとして!Good」「恋=Do!」「チャールストンにはまだ早い」「ジャングルJungle」「抱きしめてTONIGHT」という豪華メドレー。  昨年の年末ベストテンSPでも感じたが、歌唱力もダンスも衰え全くなく格好いいステージ...... [続きを読む]

受信: 2005.08.17 19時44分

« スローダンス・第6&7話 | トップページ | 海猿・第6&7話 »