« 南野陽子・「思い出のメロディー」で生歌披露 | トップページ | がんばっていきまっしょい・第5&6話 »

2005.08.17

海猿・第6&7話

海上保安官の任務というのは、海難救助だけではないんですね。海上での保安に携わるから「海上保安官」なんですけどね。このたび、兼ねてから予告映像で何度か出ていた「海上での銃撃戦」が展開され、見ている私もハラハラドキドキさせられました。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「海猿」
第6話「不審船発射」

池澤(仲村トオル)は、大輔(伊藤英明)のバディとして「ながれ」に残ることになった。喜ぶ大輔は吉岡(佐藤隆太)に潜水士になるよう勧める。一方、普通の恋愛を望む環菜(かんな・加藤あい)は、命懸けの大輔の仕事に不安を感じ始めていた。大輔は環菜の気持ちを察しつつ、「潜水士は辞めない」と断言する。そんな中、「ながれ」に不審船を追尾する命令が下る。

第7話「人を殺した」

「ながれ」は、領海侵犯した不審船を追跡し、威嚇(いかく)射撃を。だが、不審船は停止せず、発砲してきて銃撃戦に。結局、不審船は正体の分からぬまま沈没し、大輔(伊藤英明)はショックを受ける。翌日、下船した大輔らは、環菜(かんな・加藤あい)から、尚子(芳本美代子)が病院に運ばれたことを聞く。環菜は、なぜそばにいなかったのかと池澤(仲村トオル)を責める。

私的な「2話分まとめレビュー」としては追いやすいことに、第6話と第7話は「前編・後編」のようになっていて、ストーリーが文字通り「ながれ」に乗っていました。吉岡が大輔に勧められて潜水士になろうとしていた頃、海上では領海侵犯した不審船が発見され、潜水士一同はながれに乗り込んで出動。しかしそこで銃撃戦になり、不審船は沈没。テレビの中のテレビでも、そのニュースが大きく報道されていましたね。

その銃撃戦の前、まーくん、あ、ごめん、池澤(笑)の妻・尚子が切迫早産の疑いで病院に運ばれて、連絡を受けた環菜が病院内のテレビで「ながれ出動」のニュースを偶然見たわけですが。やっぱり身近な人物に関係することがニュースで出ると、誰だってびっくりするものですよね。そしてなんと、銃撃を続ける不審船に対して、「ながれ」は正当防衛策として威嚇射撃で応戦することに。池澤が射手となり、大輔が補助となって銃撃戦を展開。その結果、被弾した不審船は沈没してしまった・・・。状況はどうであれ、また間接的であれ、「人を殺した」ということには変わりがありません。これは第7話のサブタイトルにもなったけど、非常にインパクトが強いですね。それが逆に、彼らの罪悪感からの辛さが強く伝わってくるかのようで・・・。

その後大輔は、環菜に対して「人を助けたくて海上保安官になったのに・・・」等と自虐の言葉を伝え、環菜の前から去る決意をしました。しかしそれを聞いた環菜は大輔を追いかけて、「行かないで! 一緒にいよう。私が支えになるから・・・」と伝え、雨の降る中抱き締め合ったのでした。一方池澤は、妊娠中の尚子から「まーくん、どうして、お腹触ってくれないの?」と言われても、「俺には触れない、この手で、お前のお腹には、触れない・・・」と、船上で銃を手にした己の左手を見ながら言いました。しかし尚子はその左手を掴んで、「何があっても、あなたはあなたよ、この子のパパなんだから・・・」と言いながら自分のお腹に導きかせ、池澤は尚子をそっと抱き締めたのでした。これらのシーンの映像美が良かった! 思わず涙が出た! 「男と男の“信頼し合うバディ関係”」が存在するのなら、「男と女の“支え合うパートナー関係”」も存在するということですね。ただでさえ危険を伴うことの多い、海上保安官・潜水士としての任務。今回の不審船に関する一件で、この先任務上どんなことがあっても支え合っていける「男女の絆」というものを再認識できたんだと思いました。

ところで・・・。第7話ラストの「男女の絆」のシーンでも印象的に流れたB'zによる主題歌「OCEAN」ですが、次回発表されるオリコンチャートで初登場首位が確定したそうです! しかも、「シングル連続首位獲得数記録」と「シングル首位獲得数記録」をそれぞれ更新したそうです!

○ORICON STYLE「B’z、歴代No.1記録更新!シングル35作連続首位!!」
http://www.oricon.co.jp/music/topics/chart_t050816_02.html

○「B’z、歴代No.1記録更新!シングル35作連続首位!!」の記事本文を抜粋

B’zの39thシングル「OCEAN」が初登場首位を獲得した。

これでB’zのシングル首位獲得は、1990年6月発売の5thシングル「太陽のKomachi Angel」から35作連続。自身の持つ歴代1位記録であるシングル連続首位獲得数記録とシングル首位獲得数記録【下表参照】をそれぞれ更新した。また、TOP10入りは、これで1990年5月発売の4thシングル「BE THERE」から36作連続となった。

今回の初動売上は、今年3月発売の前作「愛のバクダン」の20.0万枚を上回る26.5万枚を記録。2003年3月発売の34thシングル「IT'S SHOWTIME!!」(初動売上30.8万枚)以来となる高水準でのスタートとなった。

おめでとう! 今回の新曲はこのドラマのための書き下ろし曲で、ドラマの内容とも実に良く合っているし、久々に「聴かせる曲」になっているし、単にアーティスト人気だけが「初登場首位」の理由でないとは思いますね。私的には、全盛期時代(今もかな?)の名曲「ALONE」を彷彿させる何かを感じますね。この曲のPVもまたすごくて、史上初となる大型巡視船上での演奏の撮影シーンがあるんですよ。このドラマと同じで「海上保安庁の協力あり」なんですよ。機会があれば、一度観賞してみてくださいね!

○関連記事「海猿・第1~3話」
○関連記事「海猿・第4&5話」

●ドラマ
「OCEAN」
・主題歌「OCEAN」(B’z)
・「海猿」オリジナル・サウンドトラック

●原作コミックス&映画
「海猿 (1)」 映画「海猿」
・原作コミックス「海猿」(原作・佐藤秀峰/原案&取材・小森陽一)
・映画「海猿」(伊藤英明、加藤あい、他出演)
・「海猿」オリジナル・サウンドトラック

○原作・佐藤秀峰の代表作「ブラックジャックによろしく」(私のオススメ!)
「ブラックジャックによろしく (1)」 「ブラックジャックによろしく」DVD-BOX ブラックジャックによろしく 涙のがん病棟編
・原作コミックス「ブラックジャックによろしく」(原作・佐藤秀峰)
・ドラマ「ブラックジャックによろしく」DVD-BOX
・ドラマ「ブラックジャックによろしく 涙のがん病棟編」

|

« 南野陽子・「思い出のメロディー」で生歌披露 | トップページ | がんばっていきまっしょい・第5&6話 »

コメント

あずさんこんにちは
ドラマの主題歌、合ってますね^^
最初は、映画版の曲と違い違和感があったんですが
クライマックスで流れるとおお~という迫力があります。
さすがB’zですね!

投稿: まりこ@どらまにあ | 2005.08.17 15時50分

TBありがとうございます!
B’zの曲いいですね!!それと私は挿入歌も結構好きです。
映画ですごく海猿にはまってしまってサントラを買ってしまいました^_^;

投稿: The Sea Monkey | 2005.08.18 09時44分

TBありがとうございました。
俺もTBさせて貰いますね。

>「男と男の“信頼し合うバディ関係”」が存在するのなら、「男と女の“支え合うパートナー関係”」も存在するということですね。
確かにその通りですよね!
今回は俺も仙崎&環菜、池澤&尚子等の゛絆゛の強さには思わず涙してしまいました!
次回はなんだか池澤が撃たれてしまうようですが、彼はこのドラマに絶対必要な人物だと思いますので、なんとか助かってくれると良いんですけどね!

あと、ads(あず)さんさえ良ければ、リンクを貼らせて頂きたいのですが、良いですか?

投稿: フェイク・ヒーロー | 2005.08.18 10時40分

あずさん、こんにちは!
今回とくに歌とドラマの融合を感じさせた内容でした。
あずさんの言うように、バディ同士の信頼関係、そして支えあう夫婦、カップルの
信頼関係。両方が丁寧に描かれていました。
展開に感動していたのもつかの間、次週予告に叫んでしまいました。
その展開だけはヤメテ~って感じです。

投稿: ちーず | 2005.08.18 13時22分

TBありがとうございます。
今回もいい話でした。辛かった気持ちを抱えていた大輔と池澤が、最後自分の大切な人から救ってもらったような感じになり良かったです!
主題歌はこのドラマにとても合ってますね!
ドラマのここ、というところで盛り上げてくれるいい主題歌です!

投稿: lavish | 2005.08.18 13時31分

TBありがとうございます。
ドラマも緊張感が出てきました。この先が楽しみ。そしてあの二人もですね。

投稿: naomi-0604 | 2005.08.18 16時59分

あずさん、こんばんは。
TB&コメントありがとうございました。
B'z1位のおめでとう記事、それから皆さんのお褒めのお言葉、
なんか私事のように嬉しいです。(←ファンとは単純なもの)
今週のラストにうまーくマッチしてましたね。

池澤さんちの夫婦愛に感涙したのもつかの間、
あの予告は何なんでしょう。。。。。
来週はショックな展開が待っているのかと思うと凹んでしまいます。

投稿: takapon | 2005.08.18 20時25分

リンクの件、了解です!
早速貼らせて頂きますね!!

投稿: フェイク・ヒーロー | 2005.08.19 01時46分

>まりこさん

こんにちは! 「さすがは書き下ろし曲!」といった感じですね。そうそう、クライマックスで流れて迫力ありますよ。途中ではそのBGMも流れるし、ほんと上手くやっていますよね!


>The Sea Monkeyさん

なんと、サントラをお持ちで! 相当ハマったようですね~。ドラマの主題歌「OCEAN」も良いですね。BGMとして流れるインスト版も良いんだなあ。今頃B'zは、「おっしゃー!(オーシャン)」なんて言って喜んでいるかも?(ないない)

>フェイク・ヒーローさん

「二つの絆」を再確認できた回になりましたね。特に池澤は銃を放った張本人で、どちらかというと大輔より気重でいたかも。そのせいで、やがて生まれ来る子が宿る尚子のお腹を「触りたくても触れない」という、その状況が切なかった! 次回その彼が、非常に危険な状態になるみたいですね。助かってほしい・・・。そうそう、リンクの件はOKですよ!

>ちーずさん

なるほど、「歌とドラマの融合」ね、それは良い表現! 今回のラストについては、「支え」というキーワードに集約できると思います。実に丁寧に描かれていましたね。それがあって、あの予告映像。血を見た瞬間ゾッとしてしまいました。ほんと、それだけはヤメテ~!

>lavishさん

そう、今回「も」良い話でしたよね。大輔と池澤は、「支えてくれる人」がいなかったら本当に立ち直れなかったかも。それだけに、「支えてくれる人」の言葉が「救いの言葉」のように思えたんでしょうね。そのラストシーンを印象的なものにしたのが主題歌で、ドラマと合ってるし良い曲ですよね!

>naomi-0604さん

こんにちは。私もこのドラマは高く評価しています。今回の前半は、本当に緊迫感でいっぱいだった! この先もしっかり見ていくつもりです。

>takaponさん

このドラマは、ドラマサイトや各blogでも、評価は高いみたいですね。だから皆絶賛するんです。いろんな意味で、私もうれしい! そしてあの予告。見せ過ぎじゃないかとも思ったけど、見せられたからには次回まで待てない! でも不安で見るのが辛い! そんな複雑な気分です・・・。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.08.19 03時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/5504434

この記事へのトラックバック一覧です: 海猿・第6&7話:

» 海猿 第7話 [どらまにあ]
不審船を追跡する『ながれ』。 環菜(加藤あい)も病院にあるテレビで様子をうかがっていた。 下川(時任三郎)の娘・唯(一木有海)も帰り道に目にしたテレビの画面を見ていた。 [続きを読む]

受信: 2005.08.17 15時46分

» 【ドラマ】海猿 第7話 「人を殺した」 [右から2番目の星]
不審船追跡・・・ 大輔は環菜からもらった時計を再びみつめ、環菜がいった言葉を思い出す。 とうとう、ロック解除され威嚇射撃が始まる。 訓練では何度もやっているだろうけれどこれは訓練ではない。 打ち返してくるなとの大輔の願いもむなしく不審船はながれに向かって....... [続きを読む]

受信: 2005.08.18 08時47分

» 海猿〓 [*The Sea Monkey*]
海上保安官は命を助ける仕事がメインだと思っていましたが、実際は海を治安を守る仕事なので、不審船への射撃なので逆に人の命を奪ってしまう事もあるんですねぇ今回は防衛のために撃ってしまって仕方のない事であったにしても、どういう理由であれやっぱり人が人の命を奪... [続きを読む]

受信: 2005.08.18 09時00分

» 海猿 第7回『人を殺した』 感想 [ぐ〜たらにっき]
今回もすばらしかったです。大輔はいいやつですね。不本意ながら指示した威嚇射撃のときも、撃つのを止めさせようと池澤に言ったり、威嚇射撃の後、打ち返すなってずっと言ってましたね。打ち返してきたときも、嫌だけど池澤に指示出してましたね。不審船が爆破したときは、人を助けた... [続きを読む]

受信: 2005.08.18 09時33分

» 海猿 第7話 『人を殺した』 [フェイク・ヒーローのエンタメBlog!]
いやぁー、もう今回はあまりにもスケールの大きな展開だったので、思わず「これ、本当に連続ドラマかよっ!」っていう錯覚に陥りそうになりましたよね(笑) 銃撃戦の時の緊迫感や、゛命の尊さ゛をテーマとした重いストーリー展開等、もう本当に今回の『海猿』は見所満載....... [続きを読む]

受信: 2005.08.18 10時42分

» 海猿 EVOLUTION7 『人を殺した』 [どらま・のーと]
『ながれ』に威嚇射撃の命令が下り、船内に緊張が充満した。 射手の池澤真樹(仲村トオル)と助手の仙崎大輔(伊藤英明)は言わずもがなである。 そのころ、池澤の妻、尚子(芳本美代子)は緊急治療を受け、付き添いの伊沢環菜 (加藤あい)はロビーのニュースを見つめていた..... [続きを読む]

受信: 2005.08.18 13時23分

» 海猿 7 [思い立ったが吉日]
今回は「支え」の話。 不審船に対して問いかけをしても止まる気配はなく、威嚇射撃の命令が出された。 すると、威嚇射撃をしたながれに対して撃ち返してきて砲撃戦となり、不審船は爆破して沈没してしまう。 不審船の捜索が行われたが、生存者は0、手がかりもほとんど無かった。 砲撃戦の翌日、陸に戻った大輔は環菜の留守番メッセージを聞き、池澤と2人で病院に向かう。 今回は守るということの重さを感じる話だった。 攻撃をしな�... [続きを読む]

受信: 2005.08.18 13時31分

» ただいま~♪他、TV感想 [Simple*Life]
お盆明けに休みをいただきまして。 実家のほうに行って参りました。 いやぁ。やっぱり実家は天国ですな。ホント! 最近お値段が高くてうちの食卓にあがってこない 「うなぎ」を おかあさまに 「食べたいなぁ~。ってね?子供たちが言っててぇ~」 と申しま...... [続きを読む]

受信: 2005.08.18 14時28分

» 海猿 第7話 [kae-ruのBlog]
今日も「海猿」感動〜!!涙しましたですぅ〜! ちと重いスト−リ−になって来ましたね…。   実際に射撃をし、攻撃戦となり、不審船とはいえ、沈没する…。 何人不審船に乗っていたかは定かではないが、仙崎や池澤は生存者ゼロで、心の中で仕方ないと割り切れてい....... [続きを読む]

受信: 2005.08.18 15時50分

» 海猿 Evolution 7 [TVウォッチャーの日々]
今回の海猿は最初から最後まで画面に目が釘付け、呼吸も忘れてしまうほど見入ってしまいました。 今回は「不審船沈没」と「海猿とその妻(恋人)」が二つの大きなテーマ。この二つのテーマが二重螺旋構造となってストーリーが展開されました。実によく練られた、そして感動....... [続きを読む]

受信: 2005.08.18 16時16分

» 「海猿」第七話 [私でもいいですか?]
不審船を追尾、だ捕するために急行する「なだれ」。 そして事態は最悪の結果に・・・・ 威嚇射撃、それに伴う反撃、そして正当防衛射撃。 まだ記... [続きを読む]

受信: 2005.08.18 16時56分

» 「海猿」 第7話 [のんびりいきましょ。]
先週に引き続き、不審船騒動の重苦しいムードから始まります。 が、 昨日 観た「あぶ刑事」のトオルくんとのギャップの大きさに 時折笑ってしまう私。いかんいかん、集中集中!{/face_nika/} 池澤&仙崎バディが威嚇射撃をしたところ、不審船も反撃に。 そこで上は「正当防衛」ということで銃撃続行命令を。 弾が当たったのか、自爆したのか、不審船は沈没。 その頃、切迫早産危機の池澤みっちょんはうわごとで「�... [続きを読む]

受信: 2005.08.18 20時16分

» ■TVレビュー-海猿 第七話『人を殺した』 [■デジタル出版サイト-『コスモディアドットコム』(ブログページ)]
・側にいてあげられなくて、ごめん… [続きを読む]

受信: 2005.08.19 00時04分

« 南野陽子・「思い出のメロディー」で生歌披露 | トップページ | がんばっていきまっしょい・第5&6話 »