« 海猿・第6&7話 | トップページ | 幸せになりたい!・第5&6話 »

2005.08.18

がんばっていきまっしょい・第5&6話

諸事情により急遽「特別艇(訳あり特番)」が放送され、私も「ここで“リセット”しまっしょい!」という暗黙のメッセージを受け取ったため、その後第5話からはまた新たな気分で楽しめています。まあ一時は「ボート転覆(ドラマとしての失敗)」の事態へ陥りそうになったけど、視聴率も上向きで良い傾向になっているのが現状です。やっぱり、本来このドラマは面白いと思うんだよね・・・。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「がんばっていきまっしょい」
第5話「好きなんよ」

海で遭難騒ぎを起こした悦子(鈴木杏)たちは、ボート用具を使うなと部室を追い出された。悦子は、男子部と話し合おうとするが、関野(錦戸亮)と口論になり、さらに険悪な状態に。そんな中、男子部と女子部がボートで張り合い、女子部のボートがライバル校・新海高校のボートに衝突。悦子たちは一人5万円の修理代を請求される。

第6話「せつない海」

女子ボート部は連敗を続けていた。意気消沈する部員に、利絵(相武紗季)は朝の練習を提案する。一方、悦子(鈴木杏)は利絵に関野(錦戸亮)へ告白するよう勧める。だが、その話をほかの女子部員に聞かれ、二人は気まずい雰囲気に。そんな中、新海高校との対抗戦が決定。体育の授業中に貧血で倒れた悦子に代わり、利絵がキャプテン代理に選ばれる。

第5話では、悦ネェ(悦子)たち女子ボート部員が男子ボート部員と張り合い、お互いボートで併走して熱戦を繰り広げました。しかし女子部のボートが方向を誤って、ちえみ(関めぐみ)率いる新海高校のボートに衝突! そのせいで一人5万円の修理代を請求されたけど、顧問の福田(相島一之)が話をつけ「雑用係」としてしばらく働くことで問題解決となりました。やがてOB会のカンパが集まったため、悦ネェはちえみに手渡そうとしたけど、ちえみはそれを拒否。さらに悦ネェが「自分たちも練習したい」と言うと、ちえみはレベルの違いについて言い責めた後「頭下げて」と要求。それを見て黙っていられなかったのが、ブーこと関野くんですよ! 「ふざけんな!」。おっと、出た~! 「自分たちの間だったら、いろいろあるけどまあ何とかするわ。でも、他からそんな風にとやかく言われる筋合いはないわ!」。こんな思いがあったのかな? 灯台下暗し。ホントお前は良いヤツ。実はだね、ブーがね、最高の色男さ! こうして秋、冬が過ぎて、悦ネェたちは2年生の新学期を迎え、女子ボート部に二人の新入部員がやってきました。最後は結構駆け足だったんよ・・・。

第6話では、初夏に勝負で連敗続きの女子ボート部の中で、「部内のいざこざ」や「恋愛のトラブル」が発生。特に悦ネェとリーの仲が悪くなっていたんだけど、ある日悦ネェが体育の授業中に貧血で倒れてしまったため、急遽リー(利絵)がキャプテンを務めることに。リーは機転を利かせて、大野コーチ(池内博之)が参加する選抜メンバーの強化練習見学を実現させたりで、大いに張り切っていました。悦ネェがまだ練習に参加できない中、リーは1年生部員を代理に立てて、「岬まで10往復、20km。漕いで漕いで漕ぎまくろう!」と言って練習に専念。しかし、肥満を気にして断食を続けていたイモッチ(真由美・藤本静)の様子がおかしい? 苦痛の表情が収まらず、明らかに一人だけリズムが狂ってる? 漕ぎの位置がボートの最後尾だからか、リーもダッコ(多恵子・岩佐真悠子)もヒメ(敦子・佐津川愛美)も、誰一人それに気付いていない? 唯一それに気付いていたのは、砂浜で練習を見ていた悦ネェでした。突然駆け出して、海の中へ入りながら「オールメーン、戻ってー!」と大声で伝えたのでした。リーたちはようやくそれに気付いてボートを漕ぐのを止めたんだけど、この辺りから涙が出てきたんよ・・・。

悦ネェはイモッチに「大丈夫?」と問い掛けると、イモッチは笑って「平気よ、あたしは」と回答。練習を止められたことで半ば怒っていたリーは、「ローアウト精神」を重んじるあまり「自分たちはもっともっと練習して、変わっていかなダメなんよ!」と悦ネェへ言い責めました。しかし! そこで悦ネェがこんなことを言ったんよ・・・。

○第6話・悦子が利絵たちに向かって語った説得の言葉

(リーの言葉を遮るように)
ダメやない。そんな、ダメやない。
私、難しいことよう分からんけど。
確かに、「ローアウト精神」は必要やと思う。
でも、何も無理して変わっていくことない。
私らは、私らのままでええ。

イモッチは、イモッチのままで。
ダッコは、ダッコのままで。
ヒメは、ヒメのままで。
リーは、リーのままで。

私ら、ええとこたくさんある思うんよ。
私らで漕いで行こう?
自分たちのペースで、楽しく。
楽しいから、頑張れる思うんよ。
私は、楽しく頑張りたい。
どんなに練習辛くても、
「ああ、ボート漕ぐんは楽しい!」って、
ニコニコしてられる、そんなチームがええ。

でも、今のイモッチは辛そうや。見てられん。
イモッチ、ええんよ?
辛かったら「辛い」って、言うてええんよ?
言うてほしい、正直に。
ずっと同じボート漕いできたんよ? 隠したって分かる。
正直に言うてよ、イモッチ。

悦ネェ、切ねぇ~! イモッチは悦ネェの言葉(無理に言わせようとしていた感じもしたけど)を聞いた後、涙を浮かべて「ごめん、あたし、しんどい!」と言ったのでした。キャプテンというのは、リーのように部員を引っ張っていくのも大事だけど、部員を良く見ていくのも大事なわけで。まあこれは、一般社会でも全く同じことが言えるわけで。とにかく悦ネェの説得により、部員たちは「今日は練習やめよ?」等と言ってイモッチを気遣ったのでした。今日は今日。明日からまた頑張ってよ! でもリーは、その翌日から練習に出てこなくなっちゃったんよ・・・。

このところ悦ネェとリーの仲が悪いのは、色男・ブー(言葉の対比が妙~)が大きく関係しています。悦ネェとは幼馴染みなのもあって気軽に話す仲。リーはブーに対して密かに恋心を抱いていたけど、悦ネェと楽しそうに話しているのを見るたびに、辛い気持ちも抱いていたんですね。でもイモッチの一件の後には、ついに本人へ「好きよ。私、関野くんのことが好き。」と告白しました! 私は、そんなリー(いや、相武紗季ちゃん?)が部員たちの中で一番好きだけどね! また悦ネェの方は、ラグビー部を辞めて自宅にまで訪れた中田三郎(田口淳之介)が、成り行きとはいえ良い関係になりつつありますね。ブーとは「ただの幼馴染み」から発展しないのかな? 余談だけど、ようやく“姿の変わった中田くん”に慣れてきました(笑)。それからもっと余談だけど、毎回冒頭で仁美(石田ゆり子)とある女子高生が会話するシーンの中で、毎回出てくる「日清カップヌードル」が気になっています(笑)。まあいいや、がんばっていきまっしょい!(「ゴーアウト精神」?)

○関連記事「がんばっていきまっしょい・第1~3話」
○関連記事「がんばっていきまっしょい・第4話&特別艇」
○関連記事『aiko・Mステで「キラキラ」披露~支持される秘密~』

●ドラマ
「キラキラ」
・主題歌「キラキラ」(aiko)
・「がんばっていきまっしょい」オリジナル・サウンドトラック

●原作小説&映画
小説「がんばっていきまっしょい」 映画「がんばっていきまっしょい」
・原作小説「がんばっていきまっしょい」(敷村良子・「第4回坊ちゃん文学賞」大賞作)
・映画「がんばっていきまっしょい」(田中麗奈、他出演)
・「がんばっていきまっしょい」オリジナル・サウンドトラック

○アルタミラピクチャーズの代表作(私のオススメ!)
映画「ウォーターボーイズ」 ドラマ「ウォーターボーイズ」DVD-BOX ドラマ「ウォーターボーイズ2」DVD-BOX
・映画「ウォーターボーイズ」
・ドラマ「ウォーターボーイズ」DVD-BOX
・ドラマ「ウォーターボーイズ2」DVD-BOX

○関連カテゴリ「ウォーターボーイズ2」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/waterboys2/

|

« 海猿・第6&7話 | トップページ | 幸せになりたい!・第5&6話 »

コメント

最近の悦ネェにイライラしっぱなしのあたしとしましては、
今回リーにかなり同情的!
ads(あず)さんがウルウルきてたであろうその時間、
「楽しいだけじゃ物足りなくなって来てたからこその、ハードな練習じゃんか!
皆の向上心を否定するような事言いやがって~!」と
せっかくのみんなの頑張りを振り出しに戻すかのような
悦ネェの台詞にご立腹してました(笑)。
キャプテン代理として、ちょっといい気になってた気分をへこまされた上に、
思わず告白してしまった際のブーの反応・・・・・・
ダブルパンチをくらったリーの気持ちを考えると、
そっちの方に泣けてくるんよ~((((_ _|||))))

投稿: まこ | 2005.08.18 11時21分

あずさんこんにちは
結局悦ネェがいいところ、全部持っていってしまった
感じですね(笑)
私は、悦子の自由奔放なところも好きなのですが
リーがいないと、ボート部として不安ですね。。

投稿: まりこ@どらまにあ | 2005.08.18 16時50分

>まこさん

悦ネェは、確かにキャプテンとしては適任。ただ、まこさんの言うことも良く分かったりします(笑)。悦ネェとリーの精神を足してキャッチー・ローさせると(この辺が適当)、良いキャプテンが誕生したりして・・・。リーは本当に頑張りましたよね。リー役の相武紗季ちゃんが好きなので、今回いろいろな表情を見られて良かったですよ。あ~あ、早く練習に出てきてくれないかな~。

>まりこさん

うん、悦ネェ、イイトコドリ!(笑) でも、海に向かって入っていくシーンで、本当に泣けてきたんよ・・・。それで例の長文セリフでしょう? あれには前々から弱くてね。出てくるたびに、記事で全セリフを書き起こしたくなるんです。読んでまた泣けるようにね。リー、カムバック!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.08.19 03時37分

あずさん、こんにちは。
悦ネェとリー、二人がいてこそのボート部ですね。
それぞれの役割をちゃんと果たしている。
リーのガッツポーズ、ホントに可愛かった!
悦子のセリフはほんわかしていて温かい。
セリフ起こしでわからない言葉のとき(とくに去年のタイガー&ドラゴンは苦労しました!)
耳で聞いて、一応検索にかけて確認しています。

投稿: ちーず | 2005.08.19 08時33分

TBありがとうございます。

悦ネェとブーとの幼馴染みの関係、リーのブーに対する恋心、リーの抜けた女子ボート部の先行きと、まぁ、次回も心配がいっぱいです。
恋、けんか、挫折など盛りだくさんのこの作品、青春してますねぇ。

ところで、石田ゆり子と高校生の会話のシーンで、ほんと、なぜ、カップヌードルを食べてるんでしょうか?
それに、イケメンの中田を呼ぶときはなぜ、フルネームの「中田三郎」とみんなが言うんでしょうか?

投稿: 飛行少年。 | 2005.08.19 10時17分

>ちーずさん

サッカーに例えると、悦ネェとリーは「ツートップ」だと思います。実はキャプテンの悦ネェを、本来大の仲良しであるリーがやや裏手に回って、一緒にチームを引っ張っている感じ? 私はリーの見方です(笑)。でも、悦ネェは言葉で人(私も?)を納得させる能力も持っているのが強みですね。セリフ起こしの件、そちらでも質問させていただいたけど、参考になりました。ありがとう! ただ書くのは楽だとしても、専門用語とか臨場感を込めていくのが本当に難しいです・・・。

>飛行少年。さん

今回はリー絡みで問題が多発しましたね。そのリーは練習に出てこなくなっちゃったけど、この先どうなるのかな? でもそれも、青春なんですよね。そう、カップヌードル! 何故あんなにこだわるんだろう? 最初は全編通して出すことで、「全てはそれを食べている間の回想」だと思ったけど、現在シーンもどれほどか時が過ぎていますよね? 分かんないなあ~。フルネームで「中田三郎」と呼ぶのも分かんないなあ~。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.08.20 02時10分

TBありがとうございます。

ほんとうに、ブーというあだ名と見かけがあってないですよね。
それにしてもカップヌードル・・・提供会社ってこともないんですよね??謎だ・・・

投稿: ろーそ | 2005.08.20 23時28分

TBやコメントありがとうございます。カップヌードル少女こと、悠城早矢さん(17)は結構はじけた人のようですね。記事にしましたのでお暇なときにみてください。ドラマのほうは、新中田君が意外に?健闘してさらに面白いドラマになりそうな予感です。

投稿: ドラマの視点 | 2005.08.21 11時59分

>ろーそさん

こんにちは! ブーはあだ名こそ悪いけど良いヤツですよね。何だかんだ言って、やっぱり悦ネェが好きなんだろうなあ。うん、カップヌードルの謎は、いまだに解き明かせません。っていうか、熱心に調べていないだけですけど(苦笑)。

>ドラマの視点さん

ほうほう、あの子ね! いつも冒頭だけでしか見ないけど、気になるのでまた記事を読ませていただきますね。新しい中田三郎(表現が変)にも慣れてきました。ここから意外な展開になるはずですよ!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.08.23 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/5521968

この記事へのトラックバック一覧です: がんばっていきまっしょい・第5&6話:

» がんばっていきまっしょい#07女子5人集まれば [D.D.のたわごと]
ここんとこ,悦子がノーブレーキで暴走していて ワンマンドラマになりかけてましたが チームメイトのパーソナリティが立ってきて リアルな話になってきました。 ■第六艇(第7回…ややこしい!)「せつない海」 公式ページあらすじ 悦子(鈴木杏)たちは毎日熱心にトレーニングに励んだが、2年生の夏を迎えても対外試合では連敗続き。かたや男子部は着実に上位入賞を重ねていた。コーチの仁美(石田ゆり子)としてはなんとか一勝させ... [続きを読む]

受信: 2005.08.18 05時35分

» がんばっていきまっしょい 第6艇:せつない海 [あるがまま・・・]
リー頑張ってたのに… 今週も又悦子にイライラ{/kaeru_ang3/} 朝練は遅刻するわ、偶然とは言えリーがブーを好きな事をバラすわ、貧血で倒れるわ… かつてオノケンコーチから、体力不足を指摘されてトレーニングしてた時にサボった事を反省して、ちったぁ体力も向上してるかと思いきや…←体力と貧血は関係あるのかどうかは知らんけど(笑)。 こんなに月日が経ったのに、あんま成長してないよーな・・・・・・ それに比べてリーはよくやっ�... [続きを読む]

受信: 2005.08.18 11時08分

» 2005/08/18 「がんばっていきまっしょい第6話」 [日記。+相武紗季]
「がんばっていきまっしょい」の第6話。 08/18 13:30段階で確認できたレビュー。 「まぁ、お茶でも」様。 「Nの鼓動」様。 「つれづれなる・・・日記?」様。 「テレビウォッチャー」様。 「でまっせ。ドラマ鑑賞記」様。 「なんくるないさぁ情報局」様。 「ドラマ!テレビ!言いたい放題」様。 「あずスタ」様。 相武チャンが主役?の回。 ここのアクセス数が過去最高を記録したのもそのおかげでしょうか。 いまさらなのですが、確認しておき... [続きを読む]

受信: 2005.08.18 14時05分

» がんばっていきまっしょい 第6話 [どらまにあ]
「いなかった」という少女(瓜生みずき) 少女は、悦ネェを探していたという。 「もうおらんていっとるでしょ」 「ここまで聞いたら気になるじゃん」 少女は、続きを楽しみにしていた。 『あいかわらず毎日100%だった 泣いて笑ってボートして しかし負け続きで勝てなか..... [続きを読む]

受信: 2005.08.18 16時47分

» がんばっていきまっしょい第六艇 [私でもいいですか?]
悦ネェとリーがブーとのことで気まずくなる。 幼なじみなだけに、本当の気持ちがわからなくなる。 間に入った悦ネェの気持ちもわからなくはない・・・・ 勝ちたいっていう気持... [続きを読む]

受信: 2005.08.18 17時11分

» がんばっていきまっしょい 第六艇 『せつない海』 [どらま・のーと]
悦子(鈴木杏)たちは毎日熱心にトレーニングに励んだが、2年生の夏を迎えても 対外試合では連敗続き。かたや男子部は着実に上位入賞を重ねていた。 コーチの仁美(石田ゆり子)としてはなんとか一勝させてやりたいが、原因が つかめないから打つ手がない。 「悦ネェは、みん..... [続きを読む]

受信: 2005.08.19 08時55分

» がんばっていきまっしょい 第6話 の視点 [ドラマの視点]
折返しの「第6話」。高校生ニ年になった悦ネエ(篠村悦子/鈴木杏)。勉強もオールもそんなに成長はしないけど、キャプテンとしての自覚が芽生えてきました。 がんばっていきまっしょい「第6話/せつない海」 *がんばっていきまっしょい公式ページ 前話の終わり、悦ネエと関野君(錦戸亮)のほのぼの関係に、リー(相武紗季)が積極的に乗り込んできて、「悦ネエ、関野君、リー」の三角ラブが出来上がり、悦ネエとリーは、敵愾... [続きを読む]

受信: 2005.08.19 10時01分

» がんばっていきまっしょい。第6艇。 [なんくるないさぁ情報局。]
「私らは私らのままでえぇ。 イモッチはイモッチのままで。ダッコはダッコのままで。 ヒメはヒメのままで。リーはリーのままで。 私ら、ええとこ沢山あると思うんよ。私らで漕いで行こう。 自分たちのペースで、楽しく。楽しいからがんばれると思うんよ。 私は楽しくがんばりたい。」 2年生になった女子ボート部員たち。新入生も2人入った。 しかし、悦ネェ(鈴木杏)、リー(相武紗季)、ダッコ(岩佐真悠子)、ヒメ(佐津... [続きを読む]

受信: 2005.08.19 10時06分

» がんばっていきまっしょい(第5話、第6話)見たよ [わにわにしちょし]
毎回毎回、ほのぼのとしてて良いドラマですよね。最近のこの手の高校生青春ドラマにありがちな、ギャグに走りすぎる事も無いし、だけど1人1人の個性は丁寧に描かれているし。その世界観を方言が良い感じにカバーしてます。自分自身は運動部に入ったことは無いし、団体競技とか大嫌いな... [続きを読む]

受信: 2005.08.19 11時34分

« 海猿・第6&7話 | トップページ | 幸せになりたい!・第5&6話 »