« 女王の教室・第1~3話 | トップページ | スローダンス・第1~3話 »

2005.07.17

いま、会いにゆきます・第1~3話

2004年秋に映画化されて話題を呼んだ小説が、このたびTBS系「日曜劇場」にてドラマ化されました。ネームバリューは充分にあるので、後は映画に負けない勢いの作品作りが見ものになりそうです。「いま、見にゆきます」。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「いま、会いにゆきます」
第1話「6週間の奇跡」

6週間という期限付きで生き返った亡き妻と、父子2人の、家族の絆を描く。1年前に妻・澪(みお・ミムラ)を亡くした巧(たくみ・成宮寛貴)は息子・佑司(武井証)と暮らしていた。澪は生前、「雨の季節にお母さんが帰って来る」という内容の絵本を描き、佑司に送っていた。そして、季節は梅雨に。巧と佑司は、森で奇跡的に澪と出会う。

第2話「授業参観」

巧(たくみ・成宮寛貴)の家に、死んだはずの澪(みお・ミムラ)が記憶喪失で戻ってきた。佑司(武井証)は、澪にも授業参観に来てほしいと願うが、巧は自分が行くので澪が戻ってきたことは内証にしているよう言い聞かせる。が、巧は急な仕事で授業参観に行けないことに。そんな中、買い物に出かけた澪は、店の人から佑司の小学校で授業参観があることを聞く。

第3話「約束」

巧(たくみ・成宮寛貴)と佑司(武井証)は、澪(みお・ミムラ)が元気で暮らせるように心配をかけないと誓った。ある日、佑司のクラスに博史(吉田理恩)が転入してくる。佑司は友達ができたと喜ぶが、博史に教室の水槽を割った犯人だと周囲にうそをつかれ、ショックを受ける。巧は仕事のミスに追われる中、佑司が博史を突き飛ばしたと学校に呼び出される。

※最初に言っておきますが、原作小説や映画は今日現在「未見状態」です。

私の歪んだ試聴前の印象としては、セカチュー(世界の中心で、愛をさけぶ)の類似作品?」という扱いでした(苦笑)。だって、セカチューが話題になった後だったし、「○○、△△」ってタイトルが似過ぎているし、同じようにTBS系ドラマになったし、理由はたくさん。でも内容が全く違うっていうことは、ちゃんと分かっていましたって(威張ることではない?)。心を入れ替えて、初回話から第3話まで見てきたつもりです。

しかし! 何だろう、この脱力感は・・・。「雨降りシーンが多用される、静かで独特な世界」は、見ている私も何だか湿っぽい気分になってしまいました。観賞における感動よりは、感傷に浸る方が強いかな。期待していた作品だけに、次回を楽しみにする気持ちもどうも薄れがち。「いま会い」って、こんなものだったの? いや違う、この作品は映画と同じで数時間内にストーリーを押し込んだ方が良いと、映画を未見だとしても思うんだよね・・・。

なにはともあれ、ストーリーの感想。亡くなった妻が、生前に描き残した絵本での言葉通り、1年後・雨の季節に帰ってくる。しかし、かつての記憶は無かった・・・。こんな切ない再会の下で展開される6週間の出来事は、うれしくもあり、悲しくもあり。しかし、現時点ではやっぱり感動するものが少なかった・・・。こんな切ない出会いの下で展開させる3ヶ月のドラマレビューは、難しくもあり、リタイア心もあり。以上により、ストーリーの本質的な感想はほとんど語れず。ああ、この先大丈夫かな、自分・・・。

気になる所としては、秋穂巧(あいおたくみ)が成人後(成宮寛貴)と少年期(福本有希)で利き腕が違うこと。秋穂澪(あいおみお)も成人後(ミムラ)と少女期(黒川智花)で利き腕が違うこと。プラスしてホクロの位置が違うこと。この辺はキャスティング依存だけど(笑)。秋穂佑司(あいおゆうじ)こと武井証くんの起用は映画版と同じですね。作品慣れしているのもあってか、セリフの発言がハキハキしていてよろしい! 後は何だろう? 原作や映画には出てこない澪の母親・榎田涼子(三田佳子)の存在が気になるかな。それから「かなりうまいケーキ屋」の菊池夫妻について。頭髪とヒゲがもっさりしている菊地俊輔(生瀬勝久)と不妊治療で悩む菊地あすか(中井美穂)。「菊地俊輔」っていったら、「ドラえもん」とか「仮面ライダー」のテーマ曲を手掛ける名作曲家・菊地俊輔さんと同姓同名ですよ? あすかこと中井美穂さんは久々のドラマ出演になるけど、この夏は「世界陸上」のキャスター姿の方がきっと目立ちますよ? うーん、大丈夫かな、総括するとちょっと不安・・・。

それで主題歌! ORANGE RANGE(オレンジレンジ)の「キズナ」なんだけど、「沖縄の楽器を使った、情景の浮かぶような歌」にしては、音程がいっぱいいっぱいで聴き応えが無いなんて。映画版では同じORANGE RANGEの「花」が主題歌になったけど、メインキーを同じ(Cメジャー)にした曲「キズナ」をもって、ドラマ版でも安易に主題歌を担当させるなんて。「アンチ・オレンジレンジ」を克服したつもりなのに、その度合いさえ微妙になってきました。せっかく嫌いでは無くなったのに・・・。

というわけで、期待作であっただけに期待を裏切られた感もあって、現時点では「悪評価」という結果です。読んでくれた「いま会い」ファンの皆さん、悪い気にさせてごめんなさい。なるべく良い方向で書きたいものなんだけど、やはり無理してそう書くことができず、率直に本音をぶつけてしまいました。まあ梅雨明け前後ということだし、今後は現実の暑さと相殺して心地良く見られるようになるのかな? そんなことを期待しつつ、もう少し様子を見ていくことにします。「いま、“熱心に”見にゆきます」という気にさせてくれたら・・・。

先に「映画版」を見てしまおうと思います。やっぱ歪んでる自分。 (^_^;)

●「あずスタ」実話系短編記事・3部作「いま当て~ジョージア懸賞~」
○前編・ジョージア懸賞「いま、当てにゆきます」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2004/12/post_10.html
○中編・ジョージア懸賞「いま、当たりました」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/02/post_10.html
○後編・ジョージア懸賞「いま、届きました」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/03/post_27.html
○主題歌?・ミスターチルドレンジレンジ「花」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/02/post_14.html

●ドラマ

・主題歌「キズナ」(ORANGE RANGE)
・「いま、会いにゆきます」オリジナル・サウンドトラック

●原作小説&映画
小説「いま、会いにゆきます」 映画「いま、会いにゆきます」 主題歌「花」
・原作小説「いま、会いにゆきます」(市川拓司)
・映画「いま、会いにゆきます」(竹内結子、中村獅童、他出演)
・主題歌「花」(ORANGE RANGE)
「いま、会いにゆきます」オリジナル・サウンドトラック

|

« 女王の教室・第1~3話 | トップページ | スローダンス・第1~3話 »

コメント

私は映画を劇場でみて,感動した一人なのですが,ドラマ版はどうもあまり見る気になれないでいます。
直前に結婚発表があったせいか,映画版のキャストの印象が強くて,ドラマ版の主役の二人にどうしても違和感があるんですよね(笑)。
原作も読みましたが,映画は原作の世界観を十分にまとめていたと思います。
2時間でまとまっていたものを,1クールのドラマにするっていうのは,ひたすら「ひっぱる」ストーリーになってるのかな?っていう気もするし・・・。

っていうことで,一応HDに録画はしてあるものの,まだ全然みていません。
とりあえず,1回目だけは見てから判断しようかな,と思いますが,このまま見ない可能性が大かも(笑)


投稿: うさこ | 2005.07.24 11時35分

たぶん映画版を見た人は、ドラマ版の進行具合にじれったさを感じている頃かと思います。でも、そこで視聴者に飽きさせないようにするのがポイントになってくるんですよね。「セカチュー」でも同じことが言えるんだけど、私は映画には無いドラマ版のストーリーで思いっきり感動したことがあって、どうしてもこのドラマと重ねてしまう部分があるんですよ。そういう意味で「現時点では悪評価」としました。今後本題に入ってきたら(実は少々結末を知っています)、作り込み次第で評価は変わるかも。期待感はまだありますよ!

それで、録画版はどうします?(笑) 惜しくも見逃した人もいる中、せっかくだから比較しつつ流し見をしても良いと思いますよ。私は、先に映画版を見ることにしました(苦笑)。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.07.24 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/5117767

この記事へのトラックバック一覧です: いま、会いにゆきます・第1~3話:

» いま、会いにゆきます [. niseyTV]
7/24 21:00 >> 21:54いま、会いにゆきます「母の愛」巧(成宮寛貴)たちとの生活を焦らずに続けようと決めた澪(ミムラ)。だが、巧たちの癖や好き嫌いに気付かない。巧は澪に気を使い、朝食に出された嫌いなピーマンを食べる一方、ピーマンを食べられずにいる佑司(武井証)は、以前のよ... [続きを読む]

受信: 2005.07.24 16時58分

« 女王の教室・第1~3話 | トップページ | スローダンス・第1~3話 »