« 本日のナナちゃん(2005/05/20) | トップページ | 恋におちたら~僕の成功の秘密~・第6話 »

2005.05.21

携帯電話のシェア争いと番号ポータビリティ

休出した土曜日、愛用機のvodafone(ボーダフォン)・V601SH(シャープ製)で何気無くケータイメールを打っていた時のこと。「早く帰られれば」と打とうとして「かえられれば」と入力して漢字変換をしたところ、なんと「カエラれれば」になりました。おお~っ! vodafoneのCMキャラクターの木村カエラちゃんを意識したかのような変換だ~!(笑)

「リルラ リルハ」
木村カエラ「リルラ リルハ」(vodafone CMタイアップ曲)

さてさて、ここでついでに携帯電話のお話。「3G(第3世代携帯電話)」のシェア争いが勢い付いている現在ですが、vodafoneはその参入に大きく出遅れたため、「NTT DoCoMo(ドコモ)」や「au(エーユー)」の2大キャリアに大負けしている状態です。この4月の携帯電話契約数のシェア推移によると、「FOMA」の売れ行きが好調なNTT DoCoMoが純増で首位をキープし、「着うた」や「音楽ダウンロード」のサービスが充実したauが後を追う形に。そしてvodafoneは、最近契約者離れが激しいそうです。既に10万人以上も差があるんですよ? 悲しいねえ。ちなみに「ツーカー」は、それより下で地道に頑張っているようだけど・・・。

そういう私も、「vodafone」になる前の「J-PHONE(Jフォン)」ブランドがすごく好きだったんだけど、vodafoneになってからはどうも魅力に欠けてしまい、家族や身内同士の通話料金が抑えられる利点だけをそのままに、何となく「vodafoneユーザ」のままでいるわけで・・・。そんな中、携帯電話界では「番号ポータビリティ」なる動きが出始めています。これは「携帯電話のキャリアを変更しても同じ電話番号で継続利用できる」というもので、「MNP(Mobile Number Portability:移動体番号移植性)」とも呼ばれます。総務省によれば、導入時期の目標を「2006年度の第2四半期末」に定めたそうです。なおPHSは、今回は対象外になるみたいです。これから料金面やサービス面等でクリアしなければならない問題がいろいろ出てくると思われるけど、導入されれば国内4キャリアのシェア獲得合戦がより一層激しくなりそう? そしてユーザ側も、自分に合ったより良いキャリアを求めて動くことになりそう? 携帯電話界は、登場してから話題が絶えることはありませんね!

○関連記事・総務省『「携帯電話の番号ポータビリティの導入に関するガイドライン」の公表』
http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/040528_1.html

|

« 本日のナナちゃん(2005/05/20) | トップページ | 恋におちたら~僕の成功の秘密~・第6話 »

コメント

きのう、携帯するはずだったの。
そしてここでドコモの負けへサービスしたかったの♪

投稿: BlogPetの「あずスター」 | 2005.05.24 10時18分

BlogPetの「あずスター」ちゃん、久々の書き込みだと思えば、きっついこと言うね~(笑)。

携帯するはずだった? ごめん・・・。それで、番号ポータビリティでドコモへの乗換えもいいなあと思っていた矢先に、「ドコモ負け」宣言? そうなんだ・・・。それにしても、すごいサービス書き込みだったね♪(おいおい)

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.05.25 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/4256958

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話のシェア争いと番号ポータビリティ:

« 本日のナナちゃん(2005/05/20) | トップページ | 恋におちたら~僕の成功の秘密~・第6話 »