« こどもの日には音楽的に「ありがとう」 | トップページ | 素晴らしきかな漢方 »

2005.05.07

恋におちたら~僕の成功の秘密~・第4話

ついにようやく、たぶんおそらく、ドラマレビューの安定執筆&公開の波に乗っていけそうです。先月は仕事やプライベートの件でとにかく忙しく、最大で1週間遅れにもなったりで大変でした。何とか数作品についてレビューを書き続けてこられたけど、その裏で他のドラマの視聴やレビューを犠牲にしてきたのも事実です(悲しい~)。今話でもそんな「犠牲」について少し触れていましたね。これがIT業界だったら、一瞬出遅れても「負け組」になる可能性も高いわけで・・・。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「恋におちたら~僕の成功の秘密~」
第4話「ヒルズは歌う」

高柳(堤真一)は音楽をネット配信する企業を買収。島男(草なぎ剛)はその会社の設立イベントの担当になり、クラシックの音楽家・ミケーレ(ニノ・ジオバンニ)から専属契約を取るよう命じられる。手を尽くして接待するが、ミケーレは終始不機嫌なまま。さらに、契約当日、妹・まり子(木村佳乃)が転落事故に遭ったと連絡を受けた島男は、契約の席を抜けてしまう。

高柳はかつての同志・森村(入江雅人)のレコード会社を買収し、それを基に音楽のネット配信会社「FRONTIER PHONIC(フロンティア・フォニック)」を設立。その設立イベントコンサートに招く、世界的なオペラ歌手のミケーレ・アンドリーニ(ニノ・ジオバンニ)と専属契約を結ぶよう突然言われた鈴木島男。確かに島男はこれまでに高い成果を上げてきたけど、それにしても今回の任務は大き過ぎ?(苦笑) ところで、来日したミケーレは、高柳や島男と会っても、契約目的の接待の場でさえも、何かを思い詰めたまま不機嫌な様子でいるばかりでした。ああ、島男さん、接待カラオケで「マツケンサンバ」を今歌うっていうのはヤバいかも? つい先日ハリウッド映画「Shall we dance?」の宣伝で同じように来日した主演のリチャード・ギア様が、ある女性タレントに「シャル・ウィ・ダンス?」と言われてそのダンスを踊らされそうになったことでブチギレて、予定されていたその後の取材が皆キャンセルされたとか言うじゃない? 文化が違うんだってば・・・って、「サンバを踊る着物姿の日本人」っていうのも本来変か・・・。

そして契約のプレゼン当日、担当の島男は龍太(山本耕史)から「まり子(木村佳乃)が転落事故に遭った」と電話で聞き、高柳や神谷(谷原章介)が呼び止めるのも振り切って抜け出してしまいました。そのまり子は大したケガではなくて良かったけど、フロンティアの方はコンサート中止による30億円の損害と、新会社のイメージダウンによる金額に換算できないほどの損害で、非常に困った大損害! 高柳はミケーレの日本マネージャー・武本(田口浩正)へ謝罪しに行くと、その武本は「香織(松下奈緒)を一晩貸してほしい」と提案。あくまで「食事の接待」ということだけど、“事情”によっては“情事”に? 高柳にその役を頼まれた香織は強く拒否したものの、会社のため、島男のため(?)を思って引き受けることにしたんですね。でも香織がミケーレの部屋に向かってみれば、ミケーレは“そんな気”ではなかったようです。元貴族出身の彼にはアポローニャという恋人がいたんだけど、「違う身分同士の恋」による両親の結婚反対でずっと悩んでいたんですね。そのせいで来日しても「心ここにあらず」だったという・・・。その頃、バー「リオハ」で裕美(滝沢沙織)から香織の“夜の出張”の件を聞いた島男は、「心ここにありき」という勢いでミケーレの部屋へ向かい、事情を知らずにミケーレの顔面を殴ってしまった! これで島男は完全に終わりだ・・・と思っていたけど、その島男も香織とは「違う身分同士の恋」で進行中? ミケーレは島男に殴られたにもかかわらず、彼のそんなひたむきさ(?)に影響を受けたようで、その場でアポローニャに電話をかけてプロポーズ! そして同時に、コンサートの件も快諾! 有り得な・・・じゃなくて、すごい!(笑) しかしコンサートは中止でチケットの払い戻しも行われた後だし、今更どうする?

そこでミケーレがある提案をしました。それは、島男がいつか連れて行ってくれた「六本木ヒルズの中庭」での野外コンサートでした。ミケーレの力強いオペラが響き、小さな観客席では島男と香織が鑑賞し、地上にいた人々も足を止めて鑑賞しました。まさにサブタイトル通り「歌うヒルズ」って感じでしたね。この一件でフロンティアへも相当数の問合せが殺到したことだし、コンサートも日を改めて行われることでしょう。島男は会社の「大損害」を知らずのうちに「大利益」へ転換させてしまいました。恐るべし、アイランド・・・(笑)。でも、大利益を見込めることになったというのに笑えないのが高柳。自分のやり方に反した成功がどうも気に入らなかったようです。いつもは何があってものほほ~んとしている彼も、今回ばかりは怒りの表情を露にしていましたね。自分の下で働く島男は、ただの「アイランド野郎」ではないらしい? いったい何者?

う~ん、う~~~ん、そう来ましたか~(苦笑)。「ミケーレ・イーヤツ・グラッツィエ!(By アズッソ)」なんて思っていれば良いのかな~。今のところ偶数回はやや不満な印象になっているんだけど、今後もこうして良悪が交差していくのかな~? 視聴者を逃がさないようにする脚本作りは大変だな~も(なぜか名古屋弁ときたもんだ)。あ~! 今気付いたんだけど、ミケーレの母国のイタリア共和国って、美しい「島」を持つ国だよね? だから「アイランド(島)に男」の島男に少しずつ興味を持っていったのかな? そうだとしても島男さん、いつものように「アイランド(island)の・・・」って言って自己紹介していたけど、アンタ間違っていますぜ? イタリアじゃあ「島」は「イゾラ(isola)」ですぜ? 「イゾラ(isola)の『島』にウォーモ(uomo)の『男』」が正しい例ですぜ? まあそれでもちゃんと通じないかもしれないけど(笑)。

ふぅ~。え~とですね~、私が不満に思った理由は、ストーリーのことだけではないんですよ。“♪よーく考えようー セリフは大事だよー うぅ~(悲痛)”って感じで、あちこちで出た「セリフ」が気になってしまったんです。まず、新会社発足の記者会見で神谷が言った「CDの発売は無し・レコード店での販売も無し」。これは「ネット販売のみ」という戦略下での話だけど、「売上や音楽チャートにも影響するし、メディアでの販売をしたいしさせたいのさっ!」等と、レコード業界の関係者が不満を訴えそう・・・。また、バー「リオハ」で裕美が言った「女が使う武器は一つ」。これは「オンナとしての色仕掛け」みたいなことを意味しているんだけど、「女はそれだけじゃないのよっ!」等と、田嶋陽子センセを中心に女性たちが不満を訴えそう・・・。あと、他にもあったんだけど、とりあえず自粛・・・。既にIT業界の関係者も口々に文句を言っているというのに、こんなセリフを用意しちゃって、ほんとこの先大丈夫かなあ? 「犠牲」の話があったけど、このドラマも何かを犠牲にして評価(この場合「視聴率」を意味します)を上げていくつもりなのかなあ? う~ん、う~~~ん、“♪よぉ~~~く考えようぉ~~~!(響き)”って、本当に歌ってあげましょうか? ミケーレに負けないオペラでさ・・・(笑)。

○「恋におちたら」第4話・“不満を誘うセリフ除去”プログラム

main()
{
  //入力「第4話(ドラマ・各回のストーリー)」
  ドラマ = 「恋におちたら」・第4話;

  //完全に不満を除去させるための無限ループ
  while(TRUE) {
    switch(ドラマ.セリフ) {
      case 'IT業界人として不満':
        //IT業界人の不満部分を除去
        ドラマ = ドラマ - IT業界人の不満を誘うセリフ;
        break;

      case 'レコード業界人として不満':
        //レコード店関係者の不満部分を除去
        ドラマ = ドラマ - レコード店業界人の不満を誘うセリフ;
        break;

      case '差別される女性として不満':
        //差別される女性の不満部分を除去
        ドラマ = ドラマ - 差別される女性の不満を誘うセリフ;
        break;

      case '私的な不満':
        //私的な不満部分を除去
        ドラマ = ドラマ - 島男の「アイランド」うんぬんのセリフ; //(笑)
        break;

      //その他の不満要素があれば、この後に処理を随時加えるとしましょう!
      //case 'その他の不満':
      //  break;

      default:
        //お~、不満を誘うセリフが皆無! 一発でここに来るドラマはすごい!
        printf("♪よぉ~~~く考えたぁ~~~!");
        //正常終了
        exit(0);
        break;
    }
  }
}

ループさせて重なってでも「根こそぎ除去処理」をすれば、確実に除去できるかなあと・・・。まあちょっと妙なアルゴリズムになっていますが(分からない方、ごめんなさい!)、私もステップアップとして「switch文」を新たに導入してみたかっただけです。このプログラムに入力して処理させた結果、セリフがほとんど無くなるようなドラマは、「最悪」ってことですね・・・(苦笑)。

・主題歌「恋におちたら」(Crystal Kay)

・「恋におちたら~僕の成功の秘密~」オリジナル・サウンドトラック(佐橋俊彦)

●草なぎ剛@鈴木島男・「僕」シリーズを振り返る
「僕の生きる道」DVD-BOX 「僕と彼女と彼女の生きる道」DVD-BOX 「いいひと。」DVD-BOX
「僕の生きる道」DVD-BOX/「僕と彼女と彼女の生きる道」DVD-BOX
「いいひと。」DVD-BOX(2005/06/24発売!)

●堤真一@高柳徹・「エリート」シリーズを振り返る
「やまとなでしこ」DVD-BOX 「恋ノチカラ」DVD-BOX 「GOOD LUCK!!」DVD-BOX
「やまとなでしこ」DVD-BOX/「恋ノチカラ」DVD-BOX/「GOOD LUCK!!」DVD-BOX

|

« こどもの日には音楽的に「ありがとう」 | トップページ | 素晴らしきかな漢方 »

コメント

わわ~、あずさんは自粛されているのに(プログラムに昇華されていますね)、
ワタシの感想では思いっきり列挙してしまいました、すみません^^。
しかも途中で息を切らせて終わっています(笑)。

投稿: ちゅん | 2005.05.08 10時02分

なるほど~。
こうしてみてみると確かに気になるセリフがいっぱいありましたね。

社会人として,今回の島男の行動はありえない~!って思ってしまいましたよ。
契約のときは携帯を切っておけよ~,って思ったし,仕事をほっぽりだして出ていったらだめでしょーってつい思ってしまったので。
っていうか,そもそもそんな島男に今回の仕事をまかせた会社の責任かもしれませんけどね。。。
まあ,結果オーライなのですが。

私はミケーレのホテルに行った香織が,なんで不機嫌だったのか理由を知って,ミケーレに向かっていうセリフがイタリア語じゃなかったのが,不自然に感じました(笑)。
だってそれまでは香織はイタリア語で話しかけてたから^^;

投稿: うさこ | 2005.05.08 18時02分

>ちゅんさん

今回も不満をたくさんぶっ放しちゃいました。これでも控えめなんだけどね(笑)。自粛分を含めたら、もっと長文になってしまうかなあと・・・。ちゅんさんもレビューで毒吐いてましたね。いや、仕方無いでしょう・・・。

>うさこさん

セリフ、気になりませんでした? 私はもう、のっけから神谷の一言で「♪うぅ~(悲痛)」でした(苦笑)。自粛して書かなかったけどセリフ以外にも不満はあって、その島男のケータイには呆れました。普通の会社なら2悪で何らかの処分が下されるでしょうね。でもIT業界だから許される? んなこた~ない!(タモさん風) また、イタリア語が話せる香織がミケーレに対して日本語で説得するのも妙に感じたけど、そばで武本こと田口浩正さんが咄嗟に翻訳していたのが笑えたので、そこは良しとしました(笑)。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.05.08 23時15分

こんばんは(^_^)コメントありがとうございます!!
今回の島男は、社会人としてのマナーがちょっとなってなかったなぁ(>_<)しかし、そのことにもあんまり意識しないで、イタリアにのぼせてしまっていた私が恥ずかしくなってきました(^_^;)(笑)
龍太とまり子の恋が進展しそうなのは、とっても嬉しいです!!

投稿: yuko | 2005.05.08 23時58分

「気ままなNotes...」へのTB&コメントありがとうございます。
なんか一昔前のドラマに成り下がりましたよね。
ありがち&ありがち....でも"古い"ってな展開で。
結局、無理やり島男を成り上がりにさせてしまうんだなぁ、と感じました。
まぁ、このドラマには初回以降期待はしていないんですけどね。

投稿: pixy_japan | 2005.05.09 02時00分

テレビウオッチャーでございます

このドラマは初回・2回と見れなくて(録画をするのを忘れていました)
3回は松下奈緒さんの演技が下手で全体をダメにしていると感想を書きましたが、それを除けば本はもう少し工夫が欲しいが演出は良かったと思いました

今回も本はくだらない部類ですが、それを演出が補ってあまりない作りだと感じました

このドラマは3人の演出家がくだらない本をどう見せるかがポイントじゃないですかねぇ
3人の意地が見え隠れしててそっちに興味が行っています
この点を主眼に置くとなかなか面白いですよ

投稿: tvwatcher | 2005.05.09 02時52分

そうだっ!
マツケン・サンバとぅ〜(2)歌ってた!ギャハハ。
一応、細かい演出とかが、あったんですね〜

投稿: ルーシー | 2005.05.09 03時11分

あずさん、こんにちわ。

私は今回は、島男の行動とうまくいきすぎな展開に疑問
だったんですが、他のセリフでも色々突っ込み所あったんですね。
あずさんの自粛してる本音も、ちょっと聞いてみたい気もします(笑)
次回はもち直してくれるといいですけどね。

投稿: みんと | 2005.05.09 13時44分

あずさん、こんばんは!

島男はミケーレに、イタリア語で挨拶していたんですね。
私はてっきり英語に置き換えてました。(汗)
でも香織のイタリア語を聞き取っていたので、
語学も堪能なのね~と感心。(笑)

どのドラマもですが、セリフがあまり現実とかけ離れているのは嫌ですね。
それを知ったとたん、ちょっと冷めてしまいます。

でも単純な私はこのドラマも楽しんじゃっています。(笑)

投稿: ちーず | 2005.05.09 20時53分

森村ってやっぱ入江さんだったんだ!!!似てるなーと思いつつ、メガネ姿でわかりづらかったんです、あ~すっきり(笑)。
雰囲気でお気楽に見てる私は、細かい台詞もノープロブレム。てゆーか覚えてない。あっ、いや覚えられないが正しいです_| ̄|○ ガクッ

投稿: まこ | 2005.05.09 21時11分

あずさん、こんばんは☆
コメント&TBありがとうございます!
ちょっと、やりすぎ?みたいなところもありますよね。
ただ島男の成功は見てみたいので、見つづけると思います。

投稿: るな | 2005.05.09 22時54分

>yukoさん

島男のマナー知らずは、長いことネジ工場にいたせいもあるかも? マナーを意識してマナーモードにしろ! マナー無くしてはマネーも得られないぞ! 高柳のマネをしてマネーを手に入れろ! そんな風に思いました(笑)。そちらのイタリアのウンチクは良かったなあ~。

>pixy_japanさん

「実は時代に追い付いていない」という脚本が気になり始めました。うん、一昔前のドラマみたいですよね。ありがち路線で行くのは良いけど、このドラマは無理矢理路線がまた強いのかな? タイトルにある「僕の成功の理由」の答えは、「成り上がりにさせる強引な脚本」に直結するのかも・・・。

>tvwatcherさん

第3話からの視聴というと、島男のプログラミング技術が見られなくなった回からですね。脚本が予想外に「なっちょらん!」って感じもします。それを複数の演出家が各々の表現力で見られるものにしているという意見は、納得できるかも! 毎回どういう工夫を凝らしているかは、注目すべきところですね。自分の固定観念を取り除く意味でも、他人様の意見は求めてみるものですね。意見を交わせて良かったです!

>ルーシーさん

そうです! 島男は「マツケンサンバ2」を歌っておりました! 結果、ミケーレは心の中で「フンッ!」。噂のリチャード・ギア様のようでした・・・。

>みんとさん

そちらでも「今回は有り得ない」と言い切っていましたね。殴り合って友情を深めるドラマは見たことがあるけど、今回は一方的に一撃食らっておいて、「ああ、恋人よ」でしたもんね。まあある意味で、上手くつなげたなあとは思いますけどね。「僕の自粛の秘密」は、出したら相当長文になりますよ~。「変に害したら」になりそうで、出せない~!(苦笑)

>ちーずさん

それでも島男は「アイランド」ってしっかり言うてましたん(笑)。香織のイタリア語も見事だったけど、本心を言う時はミケーレに対して日本語で説得するものなんですね~。自分を利用された日本マネージャーの武本に、「長文を翻訳せい、オラ!」なんていう仕返しの意味があったのかも? セリフについては、多くの女性が「そんな・・・」って思ったのではないでしょうか?

>まこさん

最初に出てきた人物は入江さんで間違い無いです! 近年も他のドラマで出ていた記憶があるけど、久々に彼を見たのもあって驚きました。ウッチャンナンチャンや出川哲朗さんとやっていた「劇団SHA・LA・LA」の頃から知っているので、彼に対する思い入れも深いんですよ。セリフはこだわらずに見ていました? その方が良いかも。私みたいなヤツが入江・・・じゃなくて異例(笑)。

>るなさん

こんにちは! 私がトラックバックを送らせていただくblogは、レビュー内容が私好みであるところばかりなんですよ。同じ意見があった時には特に、かな? このドラマはやり過ぎ感もあるけど、島男の成功の過程は見ていきたいとは思っていますよ。そして、こうして思ったことをいろいろ言ったりもします。そういう意味では面白いドラマだと言えるのかな?

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.05.10 02時52分

今回も、色んな部分でありえない話が多かったですねぇ(^-^;
あまり酷いと、視聴率がぁ・・・・。
adsさんの、“不満を誘うセリフ除去”プログラム を
本当に組み込んで欲しくなてきました!!
この先が、ちょっと心配です・・・・。

投稿: ミウミウ | 2005.05.10 21時39分

TB、コメントありがとうございます。

ありえない脚本、展開を笑って突っ込めるかどうかが、
このドラマを楽しめるかどうかの分岐点かもしれませんね。
自分は今の所楽しんでますけど。

でも島男にあんまり非常識な行動をさせるのはよくないだろうし、
「女が使う武器~」の部分も言われてみれば確かに・・・

投稿: そら | 2005.05.10 22時27分

>ミウミウさん

「有り得ないストーリー」による不満は慣れてきた感があるけど、今回のような新たな不満でまた惑わされるかも・・・。賛否両論が激しいけど、でも注目度だけは高いようです。タイトルじゃないけど、「ドラマの成功の秘密」ってものなのかな~。今回の話は私自作のプログラムにかけてみたかったです。それですっきりするものならね~。

>そらさん

こんにちは! このドラマは確かに常識外れな脚本だけど、私はビジネスストーリーとして、夢物語として、そしてツッコミ系ドラマとして、結構楽しんで見ていますよ。ドラマというのは、個人が楽しいと思うのならそれで良いと思っています。逆に言えば、楽しいと思わないのなら触れなければ良いってことですね。今後もそちらでのレビューを楽しみにしています!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.05.12 01時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/4032890

この記事へのトラックバック一覧です: 恋におちたら~僕の成功の秘密~・第4話:

» 「恋におちたら」第4回 [Chun::Loop]
4話は好みじゃなかったなぁ。つぅか、徐々によくなってきてる気がしたのは気のせいだ [続きを読む]

受信: 2005.05.08 10時00分

» 恋に落ちたら〜僕の成功の秘密 「ヒルズは歌う」 第4話 [こころ日和]
今日もすっごくおもしろかった〜(*^_^*)!!大好きなイタリアともつながっていたしね♪ 島男の次なる仕事は、フロンティアが買収した会社の設立コンサートと、オペラ歌手のミケーレを専属契約させること。でも、その買収した会社っていうのは、高柳が昔一緒に経済を変えよ... [続きを読む]

受信: 2005.05.08 23時51分

» 恋に落ちたら第4話 [テレビウオッチャー]
今回は外国人オペラ歌手接待のお話し ネット音楽配信会社買収しイベントの一環で来日を要請したオペラ歌手を巡って様々な問題が・・・ 果たしてイベントは成功するのか・・・ 今週も流れは良かったですねぇ 緊張感もあって山場もいくつかちりばめられていて、しかも笑える小ネタも含まれている秀作でした 先週と今週を2回見ただけながら毎回演出家が変わる今回の方法は成功だと思う 3人の演出家は負けられない気持ちも�... [続きを読む]

受信: 2005.05.09 02時36分

» ●恋おち&夢逢い [ルーのビバ★ライフ(漫画イラスト発信中)]
『ごきげんよう』見てたら………『中尾明慶』くんが、パネルにイラストを描いて、「こういう彼女が、今年欲しい」って言うたんですよ。そしたら、ま、小堺ったら、「あびる優ちゃんに、似てるよね。」だって。(似ても、似つかないんだけど)中尾くん「あびる優ちゃんは、ちょっと………」煥発入れずに、、、巨泉「嫌だよなぁ?」しぃ〜〜〜〜〜〜ん。。。。なんで、あびる優なのぉ〜?みそぎ済んで、復帰したとはいえ、禁名辞典に載って�... [続きを読む]

受信: 2005.05.09 03時08分

» 恋におちたら 第四話 [てれび日和]
『ヒルズは歌う』 島男(草なぎ剛)の今回の仕事は、新しく買収したレコード会社を 新会社として発足させるための設立イベントコンサートに、世界的 なオペラ歌手、ミケーレ・アンドリーニ(ニノ ジオバンニ)を招き、彼 と専属契約を結べというのだ。しかしミケー...... [続きを読む]

受信: 2005.05.09 12時07分

» 恋におちたら 第4話 『ヒルズは歌う』 [どらま・のーと]
「高柳社長に会わせてくれ!」「早く社長を出せ!」 フロンティアの受付に男達が殺到する。 「森村さんが、役員を引き連れて受付にきてる。」 桐野七海(和久井映見)は社長・高柳徹(堤真一)に受付の様子を 報告する。 「森村君だけ通してくれ。2分だけ話そう。」と高柳..... [続きを読む]

受信: 2005.05.09 20時44分

» 恋に落ちたら〜僕の成功の秘密〜 第4話:ヒルズは歌う [あるがまま・・・]
うっそぉ〜〜〜!(* ̄m ̄)ププッ でもいいです、こんな夢物語そうそうないでしょ?(笑) こうなりゃとことん島男には、ラッキー路線で突き進んでほしいっす!!! ゴーゴー島男!行け行け島男!{/hiyob_en/} 高柳との対比がますますおもろくなってきましたよっ! 七海!鋭い!高柳の心境をズバリ言い当てたんじゃないでしょうか。 ご機嫌斜めなオペラ歌手、ミケーレ・アンドリーニを演じたニノ �... [続きを読む]

受信: 2005.05.09 21時02分

» 恋に落ちたら 4話 [ミーハー☆ブログ]
今日は・・・高柳社長いきなり、同士の会社を買収してました〜!&#63895; ビジネスだからしかたないかもだけど、、今まで会社のために 苦労した人がかわいそーーー&#63909; 今日の島男の仕事は、イタリアから来たオペラ歌手の契約でした。 ... [続きを読む]

受信: 2005.05.09 23時03分

» 「恋に落ちたら〜僕の成功の秘密〜」第4回 [喫茶ミウミウ ]
フロンティアの受付に男達が殺到する。「高柳社長に会わせてくれ!」「早く社長を出 [続きを読む]

受信: 2005.05.10 21時32分

» 『恋におちたら』〜4話〜 [空を見上げると…]
高柳(堤真一)の言葉を借りれば、島男(草ナギ剛)がいくらピンチになろうとも、最後は『結果オーライ』な展開になることはわかりきってるだけに、その結果にたどりつくまでの過程は丁寧に描いて欲しいもの。 多少強引な展開になったとしてもそういうドラマなんだからい... [続きを読む]

受信: 2005.05.10 22時29分

» 恋におちたら 〜僕の成功の秘密〜 第四話 [前田慶次郎店長のブログ]
さすが第四話です。ホリエ社長のカリカチュアであった高柳社長も、今回は関係ないような感じでした。むしろ、高柳信長とアイランドボーイ秀吉!? さて、今回の島男君のお仕事は、オペラ歌手のミケーレ氏と専属契約を結ぶことです。そのために色々と接待をするのですが、ミケ... [続きを読む]

受信: 2005.05.13 19時12分

« こどもの日には音楽的に「ありがとう」 | トップページ | 素晴らしきかな漢方 »