« 携帯電話のシェア争いと番号ポータビリティ | トップページ | タイガー&ドラゴン・第6話 »

2005.05.22

恋におちたら~僕の成功の秘密~・第6話

このドラマもようやく折り返し地点に到達。これまで書いてきたレビューを読んで分かる通り、「奇数回は好印象・偶数回は悪印象」という状態が続いています。ドラマとしての評価も、上昇したと思えば下降し、下降したかと思えば上昇。そうしてここまで来ました。こうした推移って、まるで「株価の変動」みたいですね。今回は、ドラマ内で登場するIT企業「フロンティア」の株価も、ある一件で大きく変動したようですよ。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「恋におちたら~僕の成功の秘密~」
第6話「ヒルズの秘密」

東條貿易の社長・東條(山本圭)は、高柳(堤真一)に会社を買収してほしいと頼む。東條は、高柳の父が事業に失敗した際に助けてくれた恩人だった。フロンティアに得はないが、高柳は買収を決断。担当を任された島男(草なぎ剛)は、高柳の優しさを見て、彼を見直す。その後、買収計画が明るみに出たため、フロンティアの株価が急落する。

未上場で利益も見込めない「東條貿易」という会社について、高柳から直々に買収を担当するよう突然言われた鈴木島男。おいおい、島男の任務デカ過ぎ!(笑) まあ会議で同じように頼まれた他の社員たちが皆反対したからなんだけどね。ガンのため死も間近という社長の東條から「会社を救ってほしい」と頼まれた高柳。彼は何故そうまでして“こんな会社”を買収しようとしたか? 実は昔、東條と親友関係にあった自分の父が経営していた輸入会社「高柳商事」が経営的危機になり、東條が手助けしたことがあっため、その恩返しをしたかったらしいんですね。それは後になって社員たちにも説明されたんですが・・・。

利益は見込めないというものの、島男はサポート担当の七海(和久井映見)から渡されたM&Aの関連本で独学に励み、買収を反対する東條貿易の従業員たちへ高柳と共に説明し説得しました。そしてある日、高柳と東條は契約書を交わして買収成立。しかしその後、東條は亡くなってしまいました。ここで驚くことに、高柳は東條貿易を半導体会社「ユナイテッド・インストルメンツ」へ売却する計画を裏で進めていたのでした! 東條貿易はアジア・ラオスの採掘権を持っていたけど、事業の縮小後は放置状態にあった。一方、最近ラオスで半導体に必要な「レアメタル」が発見されたため、その会社は採掘権を欲しがっていた。情報通の高柳はこの2つの話を上手く結び付けて事を進め、自分の会社への多大な利益を早くから見込んでいたのでした。一時は下がり続きだった株価も、あれよあれよで急上昇。この展開には驚きました! 黙っていられないのは、「東條貿易と東條と従業員たちのための買収」だと思い込んでいた島男。直談判された高柳は、持論を交えて軽く返し、また「自分の父親を認めていない」とまで言いました。後に「あいつは人間じゃない」とまで言い切る島男。そして高柳は、子供の頃に父親と楽しくキャッチボールをした時の映像が収められた8ミリビデオを、部屋にて一人でずっと眺めていた・・・。

なるほど、「ヒルズの秘密」とはそういうことか! てっきり高柳が情に流される珍しい話になるかと思いきや、東條の死後はいつも通りの姿を見せていました。ただ、最後の高柳の表情を見ていると、東條や自分の父親について複雑な思いがあったようにも感じました。余命を宣告された東條の「東條の生きる道(僕の生きる道)」に対して、「高柳と会社と社員たちの生きる道(僕と彼女と彼女の生きる道)」を貫いた高柳。彼は「いいひと?(いいひと。)」。“草なぎ剛くん主演のドラマ3作品”を思わせる展開でした!(ナイスな結び付け?)。ということで、今回はごく自然に見られたし、好印象・悪印象の判断も付かなかったため、株価のように荒れまくったドラマとしての評価は一旦リセット。後半戦に期待しましょう!

ところで、今回の話を見終わった後、ストーリーとは別で何かこうスッキリした気分になれたんです。何かなあ、何でかなあ、と考えたところ・・・。初回話以来続いた「アイランドの『島』に『男』」という島男のセリフが無かった! あるいは控えめ過ぎて気付かなかった! どっちにしたって、私を含む視聴者も半ば飽きている恒例のセリフは、もう充分浸透したし必要無いでしょう・・・。ついでに! 龍太(山本耕史)がまり子(木村佳乃)の浮気相手を責めようと、まり子の会社へ出向いて受付で言った龍太のセリフ「安藤龍太。ドラゴンの『龍』に『ぶっとい(太)』です。」に感動(笑)。島男に対抗したみたいで大笑いしました。おそらく今回限りだと思うけど、「その場限りのインパクトあるセリフ」っていうのも良いものですよ? そんなわけで、ここでの「恒例のプログラム」は、一旦リセットの件もあるし簡単なものにしておきます。

○「恋におちたら」第6話・“インパクト系自己紹介”プログラム

main()
{
  //出力のみ
  
  //鈴木島男の自己紹介
  printf("アイランドの『島』に『男』の鈴木島男です!");
  
  //安藤龍太の自己紹介
  printf("ドラゴンの『龍』に『ぶっとい(太)』の安藤龍太だ!");
  
  //高柳徹の自己紹介
  printf("高山ラーメンの『高』に・・・』って、俺もやるのか?");
}

「恒例のセリフ」をさんざん批判してきたけど、この「恒例のプログラム」が半ば飽きられていたらどうしよう?(苦笑)

・主題歌「恋におちたら」(Crystal Kay)

・「恋におちたら~僕の成功の秘密~」オリジナル・サウンドトラック(佐橋俊彦)

●草なぎ剛@鈴木島男・「僕」シリーズを振り返る
「僕の生きる道」DVD-BOX 「僕と彼女と彼女の生きる道」DVD-BOX 「いいひと。」DVD-BOX
「僕の生きる道」DVD-BOX/「僕と彼女と彼女の生きる道」DVD-BOX
「いいひと。」DVD-BOX(2005/06/24発売!)

●堤真一@高柳徹・「エリート」シリーズを振り返る
「やまとなでしこ」DVD-BOX 「恋ノチカラ」DVD-BOX 「GOOD LUCK!!」DVD-BOX
「やまとなでしこ」DVD-BOX/「恋ノチカラ」DVD-BOX/「GOOD LUCK!!」DVD-BOX

|

« 携帯電話のシェア争いと番号ポータビリティ | トップページ | タイガー&ドラゴン・第6話 »

コメント

おはようございます(*^_^*)TBさせていただきました♪
草ナギ君の代表作三つに結び付けてるとこ笑っちゃいました(^^)
島男のアイランドの代わりに、ぶっといドラゴンの龍太のセリフがほんまにかわいかったです!!
今度はまり子あたりで、アイランド・龍に続くセリフがないかなぁと秘かに思ってる私です(^_^)

投稿: yuko | 2005.05.26 10時05分

yukoさん、コメントありがとうございました! ストーリーがやや単調だったので、この際私が良く知る草なぎくん主演のドラマ3作品をリンクさせちゃえって感じで、やってしまいました(笑)。いろんな人の肩書き付きセリフも聞いてみたいですよね。でもまり子は、意外に難しいぞ~?

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.05.29 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/4275346

この記事へのトラックバック一覧です: 恋におちたら~僕の成功の秘密~・第6話:

» 恋に落ちたら〜僕の成功の秘密〜「ヒルズの秘密」第6話 [こころ日和]
え??(^_^+)?高柳社長まで島男のシンパに?? っと前半島男と一緒になって私もびっくりしてたけど、やっぱり高柳は高柳でした(^_^)ちょっと、ほっとしたわ〜(‘_‘*)   今回の島男の仕事は、東條貿易という会社の企業買収。でも、東條貿易は、800億... [続きを読む]

受信: 2005.05.25 22時07分

« 携帯電話のシェア争いと番号ポータビリティ | トップページ | タイガー&ドラゴン・第6話 »