« ごくせん・第9話 | トップページ | DOMカスタマイズの分かりやすい説明 »

2005.03.15

救命病棟24時・第10話

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「救命病棟24時」
第10話「命の終わりを看取るとき」

バイクで転倒事故に遭ったディスカウントショップの社長・城丸克男(綿引勝彦)が運び込まれる。レントゲンで肺に影を見つけた進藤(江口洋介)は術後、再検査。末期がんと告知する。克男はひるまず、息子の克英(伊崎充則)に仕事に戻れと檄(げき)を飛ばす。一方、子供に死を見せたくない寺泉(仲村トオル)は楓(松嶋菜々子)に省吾(広田亮平)の病室を移せと要求する。

地震発生後42日目。研修医の兄・純介(川岡大次郎)と医大生の弟・和也(小栗旬)は、自宅の河野医院にたどり着きました。しかしその診療室は、地震発生直後に院長の父親(平田満)や進藤先生たちが徹夜で患者を治療した後のままでボロボロでした。東都中央病院高度救命救急センターには、バイクで転倒した城丸克男という中年男性と足をケガした息子・克英が運ばれ、進藤先生や楓たちが治療にあたりました。進藤先生が診た克男は肺機能に異常があるようで、いくら適切な治療を施しても状態が良くならないため、レントゲンを撮って確認することに。楓が診た克英は大きな血管に損傷が無かったため、とりあえず問題無しということに。ただ彼らは、何やら大金が入ったカバンを所持していたけど? 克男のレントゲン写真を見た進藤先生は、何かに気付くと同時に気管支の断裂を疑い、気管支鏡を使って措置したところ、サチュレーション(酸素飽和度)がようやく回復。医局長・黒木(香川照之)の指示で、克男をそのまま手術室へ。実は進藤先生、肺辺りに怪しい影を発見していたのでした。そして医局長に、「手術(オペ)が終わったら、胸腹部CTを取りましょう」と告げました。それはもしや?

その頃看護師たちは、「どこかで城丸克男の顔を見たことがある?」等と会話をしていたけど、実は彼が有名なディスカウントショップ「城丸屋」の社長であることが判明! その克男のベッドに克英がやって来ると、克男は現金の行方や店の売上のことを優先して、克英に強く指示しました。そんな克男に、医局長はガンであることを告知。リンパ節に腫れが見られ、肺や肝臓にも転移していて、余命は一ヶ月持たないかもしれない状態でした。再び城丸親子が会話した時は、克男が克英へ「城丸屋の次期トップ」になることを自覚させました。また、「城丸屋はどこよりも安く売るから城丸屋」という経営方針で今日までやってきた克男は、仕入れ業者を集めることも急がせました。いつ何時もお店やお客さんのことを考える、彼独特の商売気質?

河野医院にて、学生ボランティアが自分たちの都合で帰り始めていることを知った和也が、純介に「病院へ戻る」と伝えました。純介が「そう・・・」と元気の無い返事をすると、和也は勢い良く物を床に叩きつけて「兄貴がそんなんじゃ俺帰れねぇだろっ!」と激怒。「昔から兄の出来の良さを妬んでいた」と告白すると同時に、「この大震災での活躍ぶりを見て尊敬した」と言う和也。だからこそいつもの姿に戻って欲しいと願っていたけど、その純介は気が抜けたままでした。和也はたまらず「俺行くから。待ってるからな。」と行って病院へ向かいました。純介の気の抜け方、ハンパじゃなかったよね?

病院のボランティア準備室に着いた和也は、残りのボランティアが二人と聞いて愕然。ホワイトボードを使った「ボランティア用伝言版」には、「2月23日(水)」という日付の横に「今まで有難うございました」というボランティアたちの書き込みがたくさんあり、和也は思わず「マジかよ・・・」と呟きました。一方、進藤先生たちによるバイパス手術のおかげで、口から物を食べられるようになった克男は、克英がまだ帰らないのを聞いて「やっぱり、商売人には向いてないのか、あいつは。」と呟きました。死を恐れていない様子で、「息子に仕事を任せられれば、すぐにでもあの世へ行きたい」とも言う克男は、今回の地震で妻を亡くしたことを告白しました。その妻は生前、「地震が怖いから家具を金具で止めてくれ」と克男に頼んでいたけど、その克男は高級家具にねじを打つのを嫌がって一切取り合わなかった。しかし突然発生した今回の地震で、妻は倒れてきた食器棚の下敷きになって亡くなってしまった。克男はそれを今更ながら悔やんでいるようでした。

以前震災報告での身勝手な発言のせいで役職から外された寺泉議員は、木村省吾や娘・千尋(福田麻由子)の二人の子供の面倒を見ながらその話を聞いていました。末期ガンの患者のそばに子供のベッドを置くのを嫌がった彼は、医局にいた医師たちへ場所を変えてもらうように訴えたけど、それを聞こうとしない医師たちの態度たちに呆れ、「進藤先生、君は人の死に慣れ過ぎてる」と言い放ちました。その時、佐倉看護師が慌てた様子で医局へ。搬入口にものすごい量の荷物が積まれたトラックが来たそうで、それを調達したのはなんと克英でした! 克英はベッドで休んでいた克男の前に現れると、「親父、やったぞ! 水300ケース、トイレットペーパー200箱、仕入れてきた!」と喜びながら伝えました。車椅子に乗せられて搬入口まで運ばれた克男に、克英は生活用品や食料品を大阪から毎日直送してもらう契約を取ったことも伝えました。札束を見せて勝負をかける“城丸屋流・父親譲りの戦略”を実践した息子に対し、克男は「克英、いいぞっ、いいぞっ!」と泣きながら褒めてあげたのでした。

その頃河野医院にあるおじいさんが尋ねてきたため、純介はそのおじいさんの治療にあたりました。するとそのおじいさんは、昔からここで純介の父親に診てもらってきたけど、彼はかつて助教授の椅子を蹴って、患者を診る町医者になった、と話しました。そんなエピソードを初めて聞いた純介は、父親がそんなにすごい人だったことを改めて知った上で、「自分は研修医だからまだ未熟者なんだ」と己に言い聞かせていました。病院では克男が医局長に「先生、人間ってのは、欲が深いもんだな」と言い、死を覚悟していた彼も息子を見て一緒に仕事がしたくなったことを伝えました。片足をケガしながらも次々に契約を取り、経営のためにひたすら動いていた克英に対し、克男は「もう行け! 明日も、明後日も、報告に来い! 俺は、起きて待ってるから・・・」と言ったのでした。去る間際に克英は、進藤先生に父親の余命について聞いたけど、「いつ何が起こっても、おかしくない状態です」と伝えられたため、「もしもの時はすぐに呼んでください」と言い残して行きました。病院に来ていた寺泉は、子供たちの気を紛らすため「走れメロス」の本を朗読。その後、一人病院内を歩き、椅子に腰掛けました。彼もまた、自分の身のことで複雑な心境にあったんですね。そんな中、省吾と千尋は「死」について語り始めました。「『死』とは、天国へ行って戻って来られないこと」と認識していたこの二人。子供だって、「死」そのものが「怖い存在」であることは、充分承知しているわけで・・・。

その朝、克男の容態が悪化! 進藤先生が治療にあたり、息子へ連絡するよう指示。寺泉は楓に「いざという時は、子供たちをここから出します」と言い、楓は「はい」と承諾。そして寺泉は、再び「走れメロス」を朗読し始めました。克英が駆けつけた頃は意識が無い状態だったけど、「あなたが呼び掛けてください」と進藤先生に言われた克英が「親父、親父、俺だよ!」と熱心に呼び掛けたことで、克男は薄っすらと意識を取り戻しました。すかさず克英は「お客さんに『ありがとう』って言われたよ」と伝えると、克男は「そうか」と言ってできる限りの笑顔を見せた後、「俺は、母さんと・・・。お前は、城丸屋の社長だ。のんびり暮らそう・・・。」と言い、最後に「負けるな!」と克英を励ましました。克英が力強く頷きながら「母さんによろしくな、親父。」と伝えたその時、克男はついに息を引き取りました。医局長が「午前9時54分。死亡を確認しました。」と言って一礼すると、克英は「息子」として「尊敬する父親」に向かって「ありがとう、親父」と言い、さらに「城丸屋の次期トップ」として「尊敬する元社長」に向かって、お客さんへ挨拶するように深々と頭を下げて「ありがとうございました」と言いました。見逃しがちだけど、克英の言葉にはそんな「2つの意味合い」があったんだろうなあ。この間の出来事は、寺泉が朗読し続けていた「走れメロス」の話と、絶妙にリンクさせていましたね!

○「走れメロス」とは?(ドラマ内紹介+αより)

作家・太宰治(1909~1948)の傑作。
主人公のメロスは王に不満を訴えたことで捕われたが、
妹の結婚式を挙げさせるために三日間の猶予を要求。
親友のセリヌンティウスを人質に置いて向かい、
約束の時間までに戻るためひたすら走り続ける友情物語。
今回のストーリーでは、友人同士の話を親子同士の話としてリンクさせていました。

こちらで「走れメロス」の全文が読めます。
○青空文庫「走れメロス」(リンク無効)
【 http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/1567_14913.html 】

また、以前フジテレビ系バラエティ番組「トリビアの泉」で、
『「走れメロス」は作者の太宰治が借金を返すために走り回ったことから生まれた』
というトリビア(雑学)が紹介されました。このトリビア、マジです(笑)。

ちなみに私、小学生時代に学芸会でこの「走れメロス」の演目に出演しました。
役は・・・これすごいんだけど、「メロスを待つ民衆役」でした(苦笑)。

この「走れメロス」を朗読し続けた寺泉は、内閣での会議を欠席してまで病院に居続けたけど、秘書から留守電経由で責められても表情を変えませんでした。彼もまだ自分がどうすべきか迷いがあるのでしょうね。病院のベッドで省吾は「最後おじちゃん、笑ってたね」と言い、千尋は「寂しくなっちゃったね」と言い、楓は「うん、そうだね」と優しく答えました。難しいことは分からない子供たちでも、「死」そのものの怖さは分かる。実は病院の部外者の中で、次々と起こる出来事を最も多くしっかり見てきたのは、この二人の子供たちだったんですね。連日のように間近で“社会見学”をして学んできた二人。もしかして将来、実体験を活かして医療関係の道を選ぶかも? 医局ではボランティアがたくさんのおにぎりを調達。以前中身が「いくらとたらこマヨネーズ」と聞いて食べるのを拒否した日比谷(小市慢太郎)も、今回「梅干しと焼肉」と聞けば「いただきます」と言う。そんなお茶目さが彼の魅力の一つ?(笑) 私もひびやんファンです!

その後、寺泉と進藤先生が会話。進藤先生は「向こうに戻らないんですか?」と問い、寺泉が「官邸か? あそこに俺の仕事は無い」と答えると、進藤先生は「官邸に戻った方が良いと思います。子供たちの未来を考えるのは、あなたの仕事でしょう?」と伝えました。二人の視線の先には、省吾の「あきらめないで」という絵や、千尋の「負けるな」という絵を貼る、笑顔の楓がいました。あの絵は、実際にあの子たちが描いているそうですよ。その絵やじゃれ合う子供たちの笑顔を見た寺泉は、迷いの心がかき消されたかのような自信有り気な表情を見せて、病院を後にしました。ボランティア準備室にて、ホワイトボードに「3/15(火)」と書かれた今日(なんと、放送当日まで追い付きました!)、ゴミの仕分けをしていた和也は、先ほど医局他で配られたおにぎりの空袋を見てびっくり! 消費期限が「05.3.8 午前2時」と書かれていたんですね。一週間前に期限切れ、嫌な予感・・・。その時、河野医院にいた純介に一本の電話が。東都中央病院からで、電話したのは日比谷でした。なんと、例のおにぎりによる集団食中毒で、多くのスタッフが倒れてしまったらしい! 純介はカギも掛けずに病院へ急ぎ、無事でいた進藤先生や楓や医局長たちも急いで治療にあたりました。これまたとんでもないことが起こってしまったよ!

今回出たディスカウントショップ「城丸屋」とその社長の城丸克男は、かつて世間を賑わせた「城南電機」の故・宮路社長がモデルですね。常に大金を所持して、取引先の目の前で札束を見せて勝負をかける“独特の戦略”も全く同じ。ただ城南電機自体は、息子が継いだけど事実上倒産へ。でも城丸屋は、息子の克英の力でそうなることが無いと信じています・・・。また、今回出たガンと、ガン患者の手を熱く握って最期まで見守る姿は、フジテレビ系の名作ドラマ「白い巨塔」を思い出しました。そのドラマの終盤で印象的に描かれたのが、悪性のガンに冒され死を迎える寸前の財前五郎教授(唐沢寿明)と、無二の親友としてそれを熱く見守る里見脩二助教授(江口洋介)のシーンでした。両ドラマに出演した江口洋介さんは、もしかしたら今回のこのシーンの撮影時に、過去演じた時のことを思い出したかもしれませんね。

いや~、今までで最高の長文になりました。長文になり過ぎて、読む気も失せちゃったかな・・・(苦笑)。いったいどれだけの方が最後まで読んでくれているのかちょっと不安だけど、まあ「走れメロス」のところだけでも・・・(ストーリーの本質とは関係無い?)。いよいよ次回は最終話。今日まで力を入れてレビューを書いてきたこのドラマも、ついに終わってしまうなんて、寂しくなるなあ・・・。
※ここでもドラマレビューがたくさん探せます。blogランキング!

「救命病棟24時」DVD-BOX 「救命病棟24時スペシャル2002」
「救命病棟24時」・DVD-BOX(第2シリーズ)/スペシャル2002

「何度でも」 「いつのまに」
「救命病棟24時」主題歌
第3シリーズ「何度でも」(Dreams Come True)
第2シリーズ「いつのまに」(Dreams Come True)

「救命病棟24時」オリジナル・サウンドトラックIII
「救命病棟24時」オリジナル・サウンドトラックIII

|

« ごくせん・第9話 | トップページ | DOMカスタマイズの分かりやすい説明 »

コメント

あずさんこんにちは
「走れメロス」流れて(読まれて)ましたよね。
息子の克英が現れたのと同時にメロスの方も現れたりして、うまいリンクだなぁと思いました。
ひびやんは、おにぎりの食中毒大丈夫だったんでしょうか??
ひびやんも食べてたように思ったんですけどね・・。

投稿: まりこ@「どらまにあ」 | 2005.03.16 17時30分

あずさん、こんばんは。
『走れメロス』、うまくリンクされてましたよね。克英が父親の最期に駆けつけた時なんかもう(泣)トリビアありがとうございました。借金の工面に奔走した時だったんですね・・・。実体験はアレですが、作品はスゴイですよね!
ひびやんが食べたおにぎりは梅干しかなと思ってます。梅干し→殺菌作用アリ。単純なんですが(汗)
もう最終回なんですね・・・寂しいです。来週はしっかり、ひびやんの勇姿(あれ?)を目に焼き付けておきます!!(笑)

投稿: 多紀 | 2005.03.16 21時25分

こんばんは。
昨日の夜中いろんなサイトを見ながら時々あずスタに寄り道してたのですが、寄り道するたびにレビューがどんどん増えていって驚きました!このドラマに対する気持ちがとても伝わりました。
私もこのドラマは今まで観てきたいろんなドラマ以上の思い入れで観ていたので、来週で終わってしまうのがとても悲しいです・・・

投稿: まぴこ | 2005.03.16 22時46分

>まりこさん

「走れメロス」は想い出の作品(学芸会)なので、今回の意外な起用には喜びました。しかも上手くストーリーとリンクさせていましたね。メロスが着いた時は、丸裸なんだけど・・・(それはいいか)。ひびやんのおにぎりが気になりますね(笑)。見てすぐ異常に気付いたとか?

>多紀さん

「走れメロス」のリンク付けは良かったです。実は記事で書いたようなトリビアがあって、「太宰・・・」って嘆いたこともあったけど(笑)、西洋の話を日本人が書いたという事実はやはりすごいです。そしてひびやん。彼は梅干しを選んだかな? 意外に付け合わせのたくあんも食べて、殺菌作用が向上したという説もあり? そんなお茶目なひびやんが見られなくなるのが辛いですね。しっかり目に焼き付けて!

>まぴこさん

おおっ、私の貴重な記事追記中の様子を見ていたとは! いつものように見ながらタイピングしていったんだけど、まとめる過程でいろいろ校正しつつ、「走れメロス」や「城南電機社長」や「白い巨塔」の話も書きたくなって、超長文を少しずつ公開していったんですね。このドラマに対する思い入れ、伝わりましたか? いよいよ最終回を迎えるけど、本当に残念でなりませんね。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.03.17 01時40分

長文レビューお疲れ様でしたm(__)m
でも、そんなに長いとも感じず一気に最後まで読み進んでしまいましたよ~!
『走れメロス』←かなり有名なこの作品。恥ずかしながら読んだ事なくて「友を裏切らない為に走り続けた人」程度しか知りませんでした(汗っ)。
簡単なあらすじ拝見させて頂いただけですが、私にとっては「へぇ~」ボタン連打でした!事前にメロスを知って見てたらもっと楽しめたろうに・・・残念!
で、その民衆役。一応台詞はあったんでしょうか?(笑)
「城南電機」の故・宮路社長←これも顔は浮かべど名前が思い出せず、モンモンと・・・
おかげさまで、あ~すっきりです♪

投稿: まこ | 2005.03.17 12時09分

TBありがとうございました。
来週の最終回、楽しみですね!

投稿: よもりん | 2005.03.17 14時25分

あずさん、はじめまして。
「日々あろくろくじ。」のなちと申します。
詳しいレビューですね!!一気に拝見させていただきましたv
宮路社長、懐かしいですね(笑)あの人なら、問屋に行って本当に札束でほっぺを叩いていそうですし(^^; 思わず納得~
ワタシもひびやんファンなので、最後の勇姿&お腹の調子に大注目してしまいそうです。・・・も、もちろん本編もしっかと見ますケド(笑)

投稿: なち | 2005.03.17 16時53分

あずさん、こんにちは。
力作レビュー、お疲れ様でした!
先にTB飛ばせていただき、今じっくり読ませて
いただきました。

城南電機にお買物に行ったことがあります。
あの名物社長さんを私も思い出しました。
現金持ち歩いて、安く仕入れる。
よくニュースの1コーナーなどで特集されていましたね。

次回最終話。寂しくなっちゃいますね~。
あ、あずさんもひびやんファンだったんだ。^^

投稿: ちーず | 2005.03.17 16時58分

あずさん
はじめまして。「悠雅的生活」の悠雅です。
TB,ありがとうございました。
本筋から離れてばっかりのわたしの感想とは比較にならない分量と内容のレビュー、
感服です。

「走れメロス」な小学校の国語で習った(何10年前だろう?)のと、
ひたすら会場を走り回る演劇を観たことがありましたが、ここで登場するとは思いませんでした。

我らが不死身・日比谷先生、毎週観れなくなるのがほんとに寂しいです。

投稿: 悠雅 | 2005.03.17 22時40分

こんばんは。TB&コメントありがとうございました~。
「走れメロス」のトリビアには驚きました!そんな裏話があったとは。(笑)そう思ってまた読み返してみるのもいいかも?

楽しく見ていたこのドラマももう最終回と思うと残念です。納得いくラスト(つじつま合わせで終わるのではなく)を期待したいですね。

投稿: takapon | 2005.03.17 23時53分

>まこさん

おお~、超長文を一気読みしてくれてありがとう! 今回は「走れメロス」のアクセントが良い効果を出していましたね。原文は文語体や難しい言葉があって読みにくいかもだけど、やはり名作です。トリビアも面白かったでしょう? 民衆役は、「戻ってくるメロスへの声援」という形でセリフはありました(笑)。故・宮路社長については、検索サイトで画像検索するとたくさん出てきますね。

>よもりんさん

こちらこそどうもです! そちらのレビューを読んだ上でトラックバックを送りました。最終話、期待しましょうね!

>なちさん

初めまして! なちさんがレビュー内でやっている「フォントいじり」は私も好きで(笑)、またの機会にちゃんと読もうと思って通知しました。こちらのレビューを読んでくれてありがとう! 宮路社長が元気でいた頃が懐かしいですね。ほんと、大金でほっぺ叩かれたいくらい(笑)。そして只今人気急上昇中のひびやん! 「おにぎり問題・疑惑」も予想以上に盛り上がっていますね。彼の最後の雄姿、最後まで見届けましょう!

>ちーずさん

先行トラックバック、ありがとうございました! うれしいレビュー通知だと思って、翌日真っ先に読みに行きましたよ。そちらでのコメントを読んだけど、ちーずさんもタイピングは早くて、専門用語で詰まるんですね?(苦笑) 右サイドバーの上に「Googleサジェスト」というのがあるんだけど、これがかなり使えます。例えば今回出た「サチュレーション」も、入力欄に「サチュ」まで打ち込むだけで最後まで補完してくれるんです。たぶん「トリアージ」や「腹部大動脈瘤」等も楽に見つかると思います。今後活用してみてくださいね。おっと、城南電機に行ったことがあるんですか! テレビ番組にも出まくって有名になりましたよね。はぁ、いよいよ最終回か、私も密かにひびやんファンだったけど(笑)、寂しくなりますね~。

>悠雅さん

初めまして! 私のレビューでも本筋から離れた内容が随所に見られるけど、そちらでは現在話題になっている「ひびやんおにぎり」の話がじっくり書かれていますよね。私も「梅干選択説」に賛成! しかも「たくあん付き」で殺菌作用向上! さらに他所のコメントでも書いたけど、「ゴッド胃袋」の持ち主ということで納得!(笑) ほんと、「我らがひびやん」を見られなくなるのが辛いですね・・・。「走れメロス」については、あの起用は意外でしたね。「こんな風にリンクさせますか!」と、ある意味で感心してしまいました。

>takaponさん

トリビアにはやっぱり驚きました? 私も本放送を見た時は、一応想い出の作品だったのに、「太宰・・・」って思いましたね(苦笑)。でもそんな実話から、今日まで語り継がれるほどの有名作品が生まれた事実は、やっぱりすごいですよね。なんか妙な形で感心してる?(笑) これまでじっくり見てきたけど、最後はやはり納得行くラストを望みたいですね。それ次第で、このドラマの最終的な評価も激しく変わると思います。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.03.18 02時10分

あずさん、こんにちは。
遅くなりましたがTBさせていただきます。

今回の「走れメロス」に思い出があったんですね~。
あの本を必死に読んであげる寺泉さん
親の顔でよかったですよね。
そしてひびやん。。彼はなんでこんなに
次から次へと魅力的な行動をしてくれるんでしょうw
おにぎり、大丈夫だったんでしょうか?
佐倉ちゃん共々心配ですね。。

投稿: りえこ | 2005.03.19 01時43分

本編(大震災)とは関係無いこと(走れメロス)が過去の想い出等とつながって、こうして皆さんと楽しく話しているのが、何と言うか面白いですね。大震災以前の寺泉は常に自分優先で、ああやって娘にゆっくり本を読んでやることがあったかどうかは疑問だけど、彼も随分変わりましたね。それから、ひびやんの印象も大きく変わった(笑)。おにぎり騒動で始まる最終話に、期待してしまいますね!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.03.19 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/3314962

この記事へのトラックバック一覧です: 救命病棟24時・第10話:

» 救命病棟24時 第10話 『命の終わりを看取るとき』 [どらま・のーと]
地震発生後42日目。 兄・河野純介(川岡大次郎)と自宅に戻った和也(小栗旬)。 家が無事だったことに笑顔を見せる和也。 純介は和也から、震災が起きたとき、ここ... [続きを読む]

受信: 2005.03.16 02時43分

» 【ドラマ雑感】救命病棟24時(第10話/全11回)地震発生後42日 [気ままなNotes...]
「残ってた...」河野兄弟が実家に戻り、第3回以来?の河野医院。あの頃のドタバタが思い出されます。 河野先生や河原崎さんはどうしているんでしょうね。  そして... [続きを読む]

受信: 2005.03.16 06時06分

» 救命病棟24時 〜第10回〜 [いわぴいのドラマ日記]
城丸さんの死が今日のすべてだったような気がします。はじめは息子を商売の仕入れに行かせようとしているのを見て、商機を逃さない金の亡者だと思いましたけど、実際にはそ... [続きを読む]

受信: 2005.03.16 06時56分

» 救命病棟24時第3シリーズ#10 [D.D.のたわごと]
救命病棟24時第3シリーズ#10 「あなたが涙をぬぐうとき」 地震後42日目  河野医院にたどり着いた純介・和也兄弟。 「ここで,進藤先生とおやじと河原崎さ... [続きを読む]

受信: 2005.03.16 07時03分

» 「救命病棟24時」第10回 [どらまにあ]
地震から42日目。 河野病院は、倒壊せずに残っていた。 純介は、和也のここでオヤジや、進藤先生が 処置していた話しを聞き、地震直後の様子を 思い出していた。 ... [続きを読む]

受信: 2005.03.16 17時25分

» 救命病棟24時 第10話 [honey*can]
第10話 命の終わりを看取るとき(あらすじ)今回はタイトルそのままのテーマでしたね。楓が立ち直った時のとダブっているような気がしないでもなかったのですが・・・。... [続きを読む]

受信: 2005.03.16 21時26分

» 救命病棟24時 第10話 [あるがまま・・・]
今回の患者さんはディスカウントショップ城丸屋の社長親子。 綿引勝彦さんは、一見強面で業突く張りかと思いきや、妻や息子やお客様思いの心優しき商売人でした。 伊崎充... [続きを読む]

受信: 2005.03.17 11時59分

» 今日も見ました!救命病棟24時♪ [よもりんの日記]
はぁ〜、今日も1時間あっという間でしたよ・・・・ 城丸さんの息子さんが仕入れの契約が取れて戻ってきたとき、 城丸さんが亡くなるとき、号泣しすぎてティッシュが空に... [続きを読む]

受信: 2005.03.17 14時24分

» 救命病棟24時3/15 [Happy Life 〜主婦向けお得情報〜]
今回はスランプの河野くんの復活までの道のりと人の死と子供たちのことも描かれていました。まず、子供たちに人の死を見せるかどうか、という問題。これはとても難しいです... [続きを読む]

受信: 2005.03.17 15時08分

» 本日の日比谷先生 [日々あろくろくじ。]
今回の救命病棟は日比谷先生の好き嫌いネタに尽きる。きっぱり。(言いすぎ)食べ物の好き嫌いは多いですけどねぇ〜。・・・無視ですか(汗)いきなり佐倉さんにつっこまれ... [続きを読む]

受信: 2005.03.17 16時22分

» 救命病棟24時ラス前。 [strの気になるコト TVと歴史と音楽と。。-str-ブログ- ]
伊崎充則くん、久しぶりに見ましたね。子役時代と、全然変わってないなぁ。。『救命病棟24時』第10話のゲスト出演者城丸克男 ・・・ 綿引勝彦城丸克英 ・・・ 伊崎... [続きを読む]

受信: 2005.03.17 19時26分

» 日比谷、梅干か? [悠雅的生活]
物語もクライマックス。 どんな劇的な内容が繰り広げられようと、 本日も、小市&小須田中心の、 「救命病棟24時」悠雅的感想でございます。   ... [続きを読む]

受信: 2005.03.17 22時41分

» 「救命病棟24時」 10話 [のんびりいきましょ。]
今日は父と息子の親子愛。末期ガンで余命わずかの父が、自分の会社を息子に託すお話。この間の京野ことみとお父さんとの回でもそうだったけど、親子の話にはかなりジーン... [続きを読む]

受信: 2005.03.17 23時47分

» 救命病棟24時〜第10話 [テレビ雑記]
ひさびさに伊崎充則クン見たけど、子役の頃から知ってるだけにいろいろ思い出しちゃいましたね。 ドラマの方は、その伊崎クン演じる城丸克英、城丸克男(綿引勝彦)親子... [続きを読む]

受信: 2005.03.18 08時37分

» 救命病棟24時 第10話 [R diary]
「命の終わりを看取るとき」 今回は親子の絆に感動でした。 震災を通して、親の病気を通して、 子供が成長していく姿でしたね。 あの子供のほうの役の彼、懐かしい。... [続きを読む]

受信: 2005.03.19 01時30分

« ごくせん・第9話 | トップページ | DOMカスタマイズの分かりやすい説明 »