« ミスターチルドレンジレンジ「花」 | トップページ | Bank Band・「沿志奏逢」ライブDVD発売決定 »

2005.02.16

救命病棟24時・第6話

前回の予告映像、今回のサブタイトル、新聞他でのあらすじ等により、「楓の婚約者・裕樹が亡くなるのではないか?」という話題で持ちきりとなりました。そんな中、私は最悪の結末を自ら退ける思いで、「あのように見せかけておいて別の話になるだろう」と予想していました。さて、実際は・・・。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「救命病棟24時」
第6話「愛する人を失うという事」

東都中央病院に入院中の裕樹(石黒賢)の容態が急変。楓(松嶋菜々子)は動揺し、仕事が手につかない。楓を心配する進藤(江口洋介)だが、声をかけられずにいた。そんな中、ボランティアを仕切る和也(小栗旬)はいいかげんな姿勢のメンバーと衝突。救援活動を行なう寺泉(仲村トオル)は、被災者から売名行為だと非難され、自分も被災者だと不満を爆発させる。

前回終盤で裕樹の容態が悪化したところから再開し、今回序盤から緊迫した空気が立ち込めました。緊急処置が行われたけど、電気ショックを与えても心拍は戻らず、モニターには心停止を意味する「0」の表示が。進藤先生は45分も心臓マッサージを続けたけど、楓は「裕樹、死なないで!」と泣き叫ぶことしかできない状態。しかしその楓もようやく心臓マッサージを始め、周りの人たちは何も言えず黙ってその状況を見守るばかりでしたが・・・。

地震発生後7日目。翌朝、裕樹のベッドはもぬけの殻になっていました。河野院長の長男・純介(川岡大次郎)が言うには、霊安室がいっぱいで、楓は五階会議室にいるらしい。ということは・・・、最悪なことに、裕樹は亡くなってしまったんですね・・・。楓はしばらくそこにいたけど、次々に運ばれてくる患者のためにそこを後にして、再び治療に当たりました。そして、息子の安否を気にしていた裕樹の父親には「お亡くなりになりました」と電話で報告。楓のセリフに従えば、死因は「心臓の弁を支える筋が切れて、不整脈から心肺停止に。心臓マッサージを一時間続けたけど、戻らなかった。」とのことでした。進藤先生は楓に、彼を東京から出して実家の岡山へ運ぶ提案をしました。また医局長は進藤先生に、「僕が、加賀さん(裕樹)を死なせてしまったようなものです」と言い、「もっと早くPCPSがあれば・・・」と悔やんだのでした。そうそう、病院の全機器が使えるようになる見込みがついた時に、裕樹の容態が悪化したんですよね。もう少し、後少しだけ、安静な状態が続いていたら、PCPSを利用して助かったかもしれないのに・・・。

○「PCPS」とは?(ドラマ内紹介+αより)

PCPS: 経皮的心肺補助装置(Percutaneal cardiopulmonary support)

遠心ポンプと膜型人工肺を用いた、人工心肺装置のこと。
循環補助や呼吸補助を行い、緊急時の患者をサポートできる。

楓は裕樹の遺体を岡山まで運ぶ救急車を電話で用命。その電話の向こうから流れてくる保留音の「パッヘルベルのカノン」を聴きながら、楓は涙が止まらなくなってしまい・・・。残念ながら、患者の搬送が優先になるため、個人的利用の用命は無理でした。

一方その頃、河野院長の次男・和也は、各地から来たボランティアと一緒にトイレ掃除をしていた時に、男性のボランティアが嫌がって別の仕事をすると和也を責め、「ボランティアで来てやってる」とも発言。この「来てやってる」という言葉に和也は腹を立て、そのことで男性との暴力騒動が! 落ち着いて和也が落胆していたところ、医師の日比谷(小市慢太郎)がやって来て、自分の情けなさを責める和也に「こんなのが医者になったっていいじゃねえか」とか「上が出来がいいからって、卑屈になるな、弟」とか言って、いつもの強気口調ではあるけど慰めてあげたんですね。妙に姿勢を良くして話す日比谷の姿に笑えたけど、最近は所々良いセリフを言い放つんだよね。前回も温かい食事が皆へ配られた時に、「人間はこういうものを食べないとダメだ」みたいなことを言ってたもんね。和也が医師になったら、“一風変わった医師”という共通点も生まれそう?

またその頃、寺泉議員は震災者をサポートする姿がテレビに映って秘書と共に笑顔を見せていました。表では“頼もしいお方”だけど、裏では“相当嫌なヤツ”か(苦笑)。寺泉は支援物資の手配もしていたけど、マスコミの前で売名行為のインタビューにも応じました。そこで被災者が急に怒りを爆発し、逆に責められる寺泉。思わずカメラを止めさせたけど、そこはマスコミ、カメラだけは回し続けるプロ根性。寺泉はついに本性を表して、「黙れお前らっ!」と一喝! 寺泉の行動の支持派もいたけど、その寺泉はいつか来ると分かっていた地震の備えをしなかったことで反論し、しかも「自分も被災者だ!」と言って重い雰囲気に。この状況でカメラが回っていたことに気付いてしまい、また一騒動が! しかしテレビニュースでは、本性を表したシーンだけカットして報道され、まずは秘書がホッと一息。寺泉にもその報告をした時、例のテレビ局・関西中央放送のレポーターから秘書の携帯電話に連絡が入りました。あのシーンを流さなかった理由を問うと、レポーターは「全員が批判していたわけではないし、援助活動をしている国会議員は寺泉だけ」ということで、支持派に回ったようでした。騒動の直後は反省の色が見られなかった寺泉も、自分のしていたことがバカげていたことを悟ったんですね。また医局長には、以前医療器具の修理業者がすぐ来られるようパトカーの手配を頼まれたのに断ったことを誤りました。早く手配していれば、裕樹の治療が間に合ったかもしれないし、楓が辛い思いのまま患者の治療を続けることも無かったと察したんですね。寺泉も、今度こそは改心したか?

患者がまた運ばれてきて、楓が中心となって対応したけど、なんとその楓が痛恨のミス! やはり裕樹のことで気が動転していたんですね。自信を無くしてそこを後にした楓は、再び五階会議室へ行き、息の無い裕樹に向かって自分のミスについて語っていました。そこに進藤先生が現れて、広島から来た救急車に頼んで岡山への搬送を手配したことを伝え、また楓も付き添うように言ったんですね。楓は進藤先生の言葉通りにして、救命救急センターを後にしました。楓は救急車の中で、かつて裕樹と交わした結婚についての会話を思い出していました。裕樹にかけられたシーツをめくり、顔に手を当てて涙を流す楓。「あの時こうしていれば」と考えても、今はもう遅く・・・。

今回は序盤から重苦しい雰囲気が続きました。また、第4話の時は医師たちの間のぶつかり合いが描かれたけど、今回は被災者や民間人の間の醜いぶつかり合いが描かれました。いずれにしても、こんな状況下では実際にも良くありがちなことで・・・。
※ここでもドラマレビューがたくさん探せます。blogランキング!

「救命病棟24時」DVD-BOX 「救命病棟24時スペシャル2002」
「救命病棟24時」・DVD-BOX(第2シリーズ)/スペシャル2002

「何度でも」 「いつのまに」
「救命病棟24時」主題歌
第3シリーズ「何度でも」(Dreams Come True)
第2シリーズ「いつのまに」(Dreams Come True)

「救命病棟24時」オリジナル・サウンドトラックIII
「救命病棟24時」オリジナル・サウンドトラックIII

|

« ミスターチルドレンジレンジ「花」 | トップページ | Bank Band・「沿志奏逢」ライブDVD発売決定 »

コメント

今回は今までの気丈な楓が
とうとう崩れてしまって重かったです。。
みんな慰める言葉をかけることもできず、
同じく最愛の人をなくした経験をもつ
進藤先生だけが進言できるという感じでした。。
病院を後にした楓、なんとか復活してほしいです。

>妙に姿勢を良くして話す日比谷の姿に笑えたけど
はい、このシーンよかったですよね。
ほんとすごく姿勢が正しくてw
日比谷医師もなにか「できのいい人」に
コンプレックスがあるんですかねぇ。
進藤先生にも食って掛かってたし。

投稿: りえこ | 2005.02.16 15時27分

こんにちは!

先週からどうなるかと思ってましたが、加賀亡くなってしまいましたね…。先週に続き、今週も涙がこぼれました。楓。来週立ち直って欲しいです。
また先週に引き続き、日比谷が良い味出してましたよね。
寺泉と共にこれから変わっていくのでしょうか?
そこも気になる所です(笑)

投稿: 多紀 | 2005.02.16 17時13分

adsさん、こんばんわ。

今回は加賀の死が描かれ、気丈な楓が徐々に崩れていく姿に涙しました・・・。
加賀の遺体と共に岡山に行った楓・・・この大きな悲しみをどうか乗り越えて、戻ってきてくれる事を願っています。

投稿: ミウミウ | 2005.02.17 00時55分

>りえこさん

楓はついに崩れてしまいましたね。婚約者だし、それも仕方の無いことか・・・。進藤先生があれだけ楓を気遣ったのは、以前自分も同じ体験をしているからなんでしょうね。楓は病院を後にしたけど、しばらく出演休止というわけではなくて、次回も岡山で出るみたいですね。そして日比谷! ものすごく姿勢が良かったでしょう?(笑) ああ、この人の知られざるエピソードが明かされると、また興味ある展開になりますね。

>多紀さん

考えたくはない結末も予想したけど、その通りになってしまいました。楓の号泣する姿を見て、泣けてきましたよ。毎回違う形で涙を誘われますね・・・。寺泉は今度こそ変われたと思う私ですけど、日比谷も少しずつ変化が見られてきましたよね。もしかしたら、最終的にかなり好印象な人物になるかも?

>ミウミウさん

名医となった楓も、さすがに身近な人物の悲劇には耐えられない様子でした。岡山へ向かう救急車でのシーンは、私も涙と共に震えがきましたよ。悲しみを乗り越えての帰還を願うのは、私も同意見です。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.02.17 01時17分

くぼっち@今日のヒメゴトです。
TBどうもありがとうございました!
日比谷先生がいい味出してきましたね。今回も小栗旬とのやり取りが良かったですよね。ドラマの行方とともに、見守って行きたいと思います。

投稿: KUBOTCHI | 2005.02.17 02時18分

あずさんこんばんは
加賀亡くなってしまいましたね・・。
私もサブタイトルを見て愕然としていた一人です。
楓の今後が心配ですが、元気に戻ってきてくれることを祈りたいです。
日比谷先生も寺泉も少しずつ変わってきているように思います。
それだけ、この地震が与える影響は、大きいってことなのかな・・。

投稿: まりこ@「どらまにあ」 | 2005.02.17 02時30分

TBありがとうございます。
今週もなかなか見ごたえのある回でした。
中でも、寺泉代議士が人間らしくなってきたことが、嬉しいですね。伝わるものがありました。。

来週も楽しみです。

投稿: maac | 2005.02.17 05時34分

あずさん、おはようございます!
TBありがとうございました。

民間人のぶつかり合い・・・。
多分、不安な気持ちを誰かにぶつけたくて
今回は寺泉がターゲットになってしまったようですね。
実際にあの状況に自分がいたら、やっぱり
同じように誰かを責めていたかも。
でもそれではいけないんですね。
やはり、今から自分で出来ることはなるべく
多くしておこうと思いました。

投稿: ちーず | 2005.02.17 08時36分

サブタイも雑誌も何も見てなかったんで
ほんとに予告はひっかけだと思ってたん
ですよ~びっくりしました。
小島先生も、それから進藤先生の方も
心情を丁寧に描いていって欲しいです。

投稿: ちゅん | 2005.02.17 19時30分

>KUBOTCHIさん

日比谷が注目され始めていますね。和也はあの口調でも励まされた感じ? 病院といっても会社と同じでいろんなタイプの人がいるわけだし、仕事に対して従事するのであればあんな医師がいても良いかもしれませんね。ワンマンだと困るけど・・・。


>まりこさん

うーん、まさかと思いましたけどね。裕樹役の石黒賢さんって、病に冒されて死に至る場合もある役が結構多いのもあって、「今度は大丈夫だよね?」と願ったけど・・・。そうそう、日比谷にしても寺泉にしても、少しずつ変わってきていますね。経緯はどうあれ、「変われること」は良いと思いますね。

>maacさん

こんにちは。今回「も」、ですよね~。毎回違った形で、見応えあるストーリーを展開してくれますね。寺泉は数度に渡る体験で、今度こそ人間らしさを身に付けられたかな? もちろん次回も見ますよ!

>ちーずさん

寺泉はこれまでずっと「国会議員だから何とかしろ」と皆から言われ続けてきました。だからあの場で、その蓄積された怒りが爆発してしまったんでしょうね。元々の荒い性格もあるけど、とにかく冷静さを失って叫びまくっていたし。ちーずさんも「自分だったら?」と思いました? 私も自分に置き換えて「自分も叫んでいたかも?」なんて考えてしまいましたよ。

>ちゅんさん

前回終了後、「あの予告はフェイク」ということで同意したけど(苦笑)、現実になってしまいましたね。非常に残念で・・・。予想じゃなくてその現実が、ですけどね。楓のその後が気になるあまり、次回も当然見逃せません!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.02.18 01時40分

やっぱり予想はしていたけど,裕樹は死んでしまいましたね・・・。
電話のカノンをききながら泣く姿や,最後の救急車の中で楓の泣く姿をみて,自分の身内を失ったときのことを思い出してしまって私も泣いてしまいました。

今回,日比谷先生と寺泉の変化が感じられました。
二人のこれからにも注目したいです。
和也のことも応援したいし。

いろいろありすぎて自分のブログにも感想をまとめることができません。

とにかく,来週も見逃せませんね!

投稿: うさこ | 2005.02.18 01時47分

TBありがとございましたっ。<(_@_)>
裕樹(石黒賢)は「特別出演」だから、
死んじゃうんじゃないか・・・っておかめも
思っておりました。
そしたら・・・ホントになっちゃいましたっ(´Д`;)
あ”ぁぁぁっ。。。死なないでぇぇぇーーーっ。。。
と、画面に向かって叫んでおりましたが、その声も
届かず。。。(;´Д`)ノ

そこで、もぬけの空となってしまった楓、徐々に
変わりつつある寺島、和也、日比谷などなど・・・
今回もおもしろかったですね。

投稿: おかめ | 2005.02.18 13時35分

特に今回の松嶋さん、上手くなったなぁって感動しましたよ(/_;)

和也と寺泉。震災を経験した事で、本来の自分を取り戻す事が出来る気がしました。
”弟”の立場で医師を志した和也には、いつも出来の良い兄がいた。
寺泉だって当初は「国民のために…」と議員になったはず。奥さんが「議員の娘じゃなくても結婚していた」って言葉は嘘ではなかったと思うんです。
寺泉が怒り叫ぶシーンは本音の叫びでした。オンエアされなかった事を知っても嬉しそうではなく、医局長に謝る姿も本心でした。
水を運んだりトイレ掃除する和也もイイ子だぁ♪
こんな子に是非医者になって貰いたいもんです!
この兄弟を理解してる日比谷先生…やっぱり憎めません(^_^;)

投稿: マナ | 2005.02.18 17時57分

遅くなりました!
すごいトラックバックの数ですね~!さすが。
今回は日比谷先生がちょっと好印象になってて良かったです。
最後まで嫌なお医者さんだったらどうしようと思いました。
ちょっと芝居がかった演出が気になって、監督が変わったのかと思ったけど、
若松さんでした。何でだろ?
寺泉が改心?する過程であの位思い切った演出も必要だったのかな。

裕樹が死ぬのは視聴者は薄々勘付いてたかも知れないけど、
やっぱり楓がかわいそうすぎる。
立ち直るの、大変でしょうね。

投稿: TAMA | 2005.02.19 00時11分

>うさこさん

「パッヘルベルのカノン」の音色がもの悲しさをぐっと強調していましたよね。そこに目を付けてくれたのはうれしかったなあ。今回見ものだったのは、やはり楓。この上無い悲劇でたまらず崩れてしまったけど、今後のことを応援したくなりました。また、日比谷や寺泉たちの変化にも注目しました。うーん、やはりなかなか簡潔にはまとめにくいですね。

>おかめさん

こんにちは! そうですね、「特別出演」という位置付けで、不安さを誘われていたけど・・・。最新医療機器が使えない中、裕樹の生存を第一に考える医師たちが苦労していたけど、「もうどうにもならない」という空気が漂い始めた辺りで愕然としました。でもストーリーとしては、今回の悲劇の側面で様々な変化も見られたりで、良かったですよね。

>マナさん

「弟・妹」視点の「兄・姉」コンプレックスって、他のドラマでもたまに描かれますよね。和也もその一人だったけど、日比谷の彼らしい掛け言葉や前回の進藤先生のアドバイスのおかげで、少しずつでも「彼は変わった」と思えましたね。 寺泉に至っては、地震発生以来ほとんどずっと被災者と共に過ごしていて、自分のことと他人のことを混同するくらいにあれこれ考えてきましたね。今回怒り叫んだシーンはまさしく本音。そして従来通りならそのシーンがテレビで報道されなかったことを笑って喜ぶところだけど、それも無く自分のこれまでの失態ぶりを嘆いていたことで、視聴者も「彼は変わった」と思えましたね。正直、この二人にここまでスポットが当てられるとは思ってもみませんでした。そして日比谷・・・今度は彼が大きく注目されそう?

>TAMAさん

日比谷は当初から嫌われそうな医師として出続けたけど、徐々に本来持つ良い面がチラつくようになりましたね! 彼の信念はライバル視する進藤先生と全く違うだろうし、また今後その二人が意見を交わすこともあるだろうし、私も注目しています。スタッフロールで監督が若松節朗さんだったことを知ったけど、「何か普段の演出と違う?」私も少しだけ思いました。彼も重い内容の脚本を読んで「変わった」ということでしょうか?

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.02.19 02時00分

私もやっと感想をアップしました~!
それにしてもすごいTBの数ですね~。
きっとそれだけ多くの人が色々考えさせられるドラマなんだということですね。
私もTBさせていただきます♪

投稿: うさこ | 2005.02.19 21時48分

「視聴者の満足度が最も高いドラマは、『救命病棟24時』!」

現在放映中の連続テレビドラマの中で、視聴者の満足度が最も高いのは、『救命病棟24時』という結果が出た。
 これは、オリコンの自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】が、1月スタートの連続テレビドラマの放送直後である1月27日~1月31日まで、男女各250人ずつ、計500人にインターネット調査したもの。
 それによると、放送開始前から期待度の高かった2番組『救命病棟24時』が1位、『ごくせん』が2位と、満足度でも上位を堅持、回答率も高く、好発進となった。「今までのシリーズは一度も見たことがなかったが、すごく面白い。放送が終わると同時に次の週が待ち遠しい」(関西圏 20代社会人男性/救命病棟24時)、「以前のシリーズを見たことはなく、今回も見る前はあまり興味はなかったけれど、一旦見始めると引き込まれてしまった」(関西圏 40代女性/ごくせん)と新規視聴者の開拓も目覚しい。
 放送直前調査に比べてランクアップが目立ったのが、『優しい時間』『特命係長 只野仁』の2作品。特に『優しい時間』は、『ごくせん』に迫る高評価となった。「映像と音楽がきれいでゆっくりとした時間が流れているのが好き」(関東圏 専・大学生女性)。せわしない時代に待望の"癒し作"が登場した。
(オリコン) - 2月18日18時41分更新
--------

先日、こんなニュース記事がありました。視聴率的には「ごくせん」がダントツだけど、あれは有り得ない話も含めた面白おかしさで大人気。でも「救命病棟24時」は、有り得ない話で収まらない現実味があって大人気。大災害発生時についての勉強にもなる点で、満足度が最も高い結果になったんでしょうね。

だから、このドラマのレビューを書く人はすごく多いし、放送後の反響もすごいわけです。うさこさんも、同じくいろいろ考えて書いているんですよね。ようやく折り返し点の第6話まで来ました。残り半分も見続けていろいろ考えていきましょう!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.02.21 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/2947791

この記事へのトラックバック一覧です: 救命病棟24時・第6話:

» 救命病棟24時 第6話 [R diary]
まさかの裕樹の死。。 楓の憔悴しきった姿に胸を打たれました。。 涙、涙でした。。 しかし次々と運ばれてくる患者。 楓は再び現場に戻っていきます。 でも、やっぱ... [続きを読む]

受信: 2005.02.16 15時23分

» 救命病棟24時 第6話 [::ハチミツ缶::]
第6話 愛する人を失うということ(あらすじ)今回も初っ端から涙が・・・。始まって5分ですよ!治療が始まったところからはかったら5分も無かったかと思います。先週か... [続きを読む]

受信: 2005.02.16 17時14分

» 「救命病棟24時」第6回 [喫茶ミウミウ]
加賀の容態が急変し、その知らせを聞いて、楓・黒木・進藤・日比谷らが加賀の元へ駆け [続きを読む]

受信: 2005.02.17 00時55分

» 『救命病棟24時』 第6話 [今日のヒメゴト ~KUBOログ!~]
そういえば今朝未明、また関東で地震あったらしいね。怖いです。 先週ED間際に石黒賢容態急変!そして、今週OPテーマ前にあっさり死んでしまいました。 「死... [続きを読む]

受信: 2005.02.17 02時14分

» 「救命病棟24時」第6回 [どらまにあ]
加賀(石黒賢)の容態は、急変。 最新機器のPCPSを使えばなんとかなりそうなものの その機器の修理は、午後になっていた。 心停止。心臓マッサージを続ける進藤。 ... [続きを読む]

受信: 2005.02.17 02時26分

» 救命病棟24時(第6話・2/15) [maacTV]
今日の救命病棟24時は・・・ 石黒さんの死からの始まりでした。。 ・・・2度目の奇跡は起きませんでした。残念です。。 楓さんのショックが映像から伝... [続きを読む]

受信: 2005.02.17 05時37分

» 救命病棟24時 第6回『愛する人を失うということ』 [どらま・のーと]
裕樹(石黒賢)の容態急変に楓(松嶋菜々子)、スタッフらが駆けつけ 緊迫した空気の中、弘樹の治療に専念。 急な手術が必要なのだが、手術に使用する高度医療器具の修理... [続きを読む]

受信: 2005.02.17 08時50分

» 救命病棟24時〜これを完全なフィクションと言い切れるだろうか〜 [cozyの果てしないたわごと3]
<お嬢さん 一つだけ聞かせてくれ 一番大切なものは何?> いや〜濃いね。 いきなり小島楓の婚約者の様態が急変したりして、ひきこまれました。 いや、ほん... [続きを読む]

受信: 2005.02.17 08時56分

» 救命病棟24時⑥ [痩せたいんや!ネバサレ2005]
今回は松島さんの泣きが存分に見れました。泣きの演技はうまいというのが妻の評価です。彼女が泣いているのを見るとついついつられて泣きそうになるのだそうです。私には分... [続きを読む]

受信: 2005.02.17 11時24分

» 救命病棟24時第3シリーズ#06 [D.D.のたわごと]
「愛する人を亡くすということ」 小康状態を保っていた裕樹が突如苦しみだす。 心梗塞状態。平穏な雰囲気だった病棟は一転, 一刻を争う状況に。 除細動のため電気... [続きを読む]

受信: 2005.02.17 12時04分

» 「救命病棟24時」第6回 [Chun::Loop]
予告はブラフなのかと思っていたけど、ワタシの見込みは甘かった。なので、小島先生( [続きを読む]

受信: 2005.02.17 19時27分

» 救命病棟24時の第6回を見た! [『日々見聞きしたもの…。』]
あっという間の1時間だった第6回です。裕樹の様態が急変です。不整脈を起こし、VPC(心室性期外収縮の略。心室で余分な電気刺激が起きていることだそうです)が連発、... [続きを読む]

受信: 2005.02.17 19時33分

» 救命病棟24時 [a Perfect world]
先週からきっとそうなるだろうなとは思っていたのだけど… やっぱり石川先生は亡くなってしまうのね(それは番組が違う) 仲村トオル演ずる寺泉代議士は、さすが... [続きを読む]

受信: 2005.02.17 23時00分

» 『救命病棟24時』 第6話 [映画とJ-POPの日々]
遊びのボランティア。被災者のエゴ。 『救命病棟24時』 今週は「やっぱり…」な展開でした。 小島先生(松嶋菜々子)の婚約者加賀(石黒賢)の容態が急変。 ... [続きを読む]

受信: 2005.02.17 23時55分

» 救命病棟24時 第6話 [okameの目]
今朝、震度4の地震がありましたっ 昨日の「救命病棟24時」を見てただけに、怖くなって、どーしていいか わかんなくなっちゃいました。。。もう頭ん中パニック状態... [続きを読む]

受信: 2005.02.18 13時00分

» 「救命病棟24時」江口洋介 松嶋菜々子 [都竹宏樹の「声」]
この間、ギター侍「波多陽区」も言っていましたが、「救命病棟24時」の江口洋介と「 [続きを読む]

受信: 2005.02.18 20時57分

» 救命病棟24時 第6回 [TAMA'S DIARY]
「愛する人を失うという事」 あ~とうとう裕樹は亡くなってしまいました。 あと数時間有れば、PCPSが治って、裕樹も助かったかも知れないのに・・。 折角容態が持... [続きを読む]

受信: 2005.02.19 00時08分

» 救命病棟24時・第6話 [うさこのつぶやき]
うーん。今回もいろいろありました。 色々ありすぎて感想を書き始めてもなかなかまとまらず,もう土曜日になってしまいました。 まとまってないけど,アップしちゃいます... [続きを読む]

受信: 2005.02.19 21時43分

« ミスターチルドレンジレンジ「花」 | トップページ | Bank Band・「沿志奏逢」ライブDVD発売決定 »