« H2~君といた日々・第3話 | トップページ | 「輝く!日本ブログ大賞 2005」にエントリーします »

2005.01.30

ごくせん・第3話

てめえら! 「ごくせん」の第2話視聴率が26.9%もあったんだよ! 通常放送なのに、拡大放送の初回話よりも数字が上がったんだよ! 日本列島が今「ごくせん」ブームなんだよ! てめえら! 一緒に応援していきましょうね・・・(相変わらずこれが本来の口調)。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○日本テレビ系「ごくせん」
第3話「お前らは私の大事な生徒だ!!」

自転車で2人乗りをしていた土屋(速水もこみち)らが、“自転車泥棒”の疑いをかけられ、補導された。隼人(赤西仁)らから連絡を受けたヤンクミ(仲間由紀恵)は警察署へ急行する。「借りたもの」と説明する生徒の言い分を聞かず、“黒銀学院3年D組”というだけで泥棒と決め付ける刑事・鬼島(高杉亘)のうがった物言いにヤンクミの怒りが爆発。が、竜(亀梨和也)らになだめられ、事なきを得る。その晩、“竜と隼人”を名のる2人組が他校の生徒を暴行。翌朝、怒った各校の不良連中が黒銀学院に押し寄せる騒動に。

前回、矢吹隼人を得意のケンカで助けたヤンクミ。竜の一件も合わせて、これでついに3年D組のほとんどの生徒は、ヤンクミに対する思いがしっかり変わってしまったか? ところで今回は、“小田切(竜)”や“矢吹(隼人)”を名乗る謎の覆面グループが夜な夜な暴れ回って、やられた生徒たちがその復讐のため黒銀学院にやって来た! しかしそこはヤンクミ。お手軽簡単に(脅しも入れて)まとめて、見事に退散させてしまったんですね。もう何度と無く見ているけど、さすがだ~。ヤンクミは二人に直接聞いてみたけど、「やっていない」ときっぱり否定。そこでも誰かが言ってたけど、わざわざ名乗って悪事を働くヤツなんていないし、やっぱり変。ヤンクミと3年D組の生徒たちは別行動で、真犯人を探すことに・・・。

そして夜、その犯人グループが竜や隼人たちの前に現れた! 主犯格は工藤(小林且弥)という元黒銀学園の少年で、かつて卒業間際に事件を起こして退学処分になったとか。「仲間に入らないか?」と勧誘を受けた竜や隼人たちは、きっぱり断って「フォーメーションB」で逃げたけど竜が捕まってしまい、隼人も電話で呼び出されて捕まり、犯人グループは宝石店を襲撃して二人に罪を被せてしまったんですね。この一連の事件が工藤の仕業だと知ったヤンクミは、居場所を探し当ててくれた3年D組の生徒たちのサポートを頼りに、たった一人で工藤の元へ乗り込むことに。そしてお得意のヤンクミ流指導(まれに「暴力」という)で、工藤やその仲間たちを制圧! カッコえぇ~っ!

その後、竜と隼人は疑いが晴れて警察署から釈放。ヤンクミや3年D組の生徒たちがその門前で出迎えたけど、土屋と日向の“自転車泥棒”の件と竜と隼人の“宝石泥棒”の件について、「黒銀学園の生徒」というだけで悪い目で見たり謝ろうともしない鬼島刑事がどうにも気に入らないヤンクミ。ここできっちり謝るように強く責めて求めたところ、鬼島刑事は「すまなかった」としぶしぶ頭を下げたんですね。3年D組の生徒たちは「言わせてやったぜ!」という思いで大喜び! 一件落着ということで、ヤンクミは卒業生のクマのラーメン屋で全員にラーメンをおごったんだけど、そこで生徒たちに「ヤンクミ」と言われたことにかなり感動(笑)。その呼ばれ方、嫌いじゃないんだね。良く言われながらも上手くおかわりを求められたけど、チャーシュー麺として軽く試算すると2万円近くの出費になったのかな? おかわり抜きで・・・。

「ヤンクミが体を張って生徒の問題に立ち向かう」というパターンが、やっぱり定着してきましたね。その他にも、土屋と日向の事件のせいで抜け出す羽目に遭った合コンで、桃ヶ丘女学園の九條先生と面白いやりとり(格闘技ネタ)があったり、自宅では極道の父や組員とのおかしなやりとり(小ネタ&大福ネタ)があったりで、クスッと笑えました。あと、途中ヤンクミが竜や隼人を含む生徒5人とラーメンを食べるシーンで、各々の生徒がこれまでの感謝を込めてチャーシューをヤンクミの器に入れるところが、このドラマらしくて良かったですね。ヤンクミは生徒の言葉にちゃんと耳を傾けるし、起こる事件に合わせて生徒に生き方を教えるし、「私に任せて」という言葉に信頼感があるし、本当に頼もしい! おさげとメガネの“封印”を解いて立ち向かう姿も良い! こんな教師、実際に見てみたいよね。

ところで・・・。今回の放送前後も、他校の生徒たちが黒銀学院に押し寄せたような勢いでアクセスが大集中!(瞬間最大で約100端末?) なのにサービス側のシステムが激重で、「てめえら! 表示はまだかよ!」と思ったごくせんファンが多数いらっしゃったかと思います。こちらとしてはどうしようもないことだけど、一応私から謝ることにします。鬼島刑事の言葉を借りて、「すまなかった・・・」(彼とは違って心がこもってますよ!)。

○集英社「ごくせん」サイト(漫画誌「YOU」内)
http://you.shueisha.co.jp/gokusen/

「ごくせん」Vol.1 「ごくせん」Vol.2 「ごくせん」Vol.3 「ごくせん」Vol.4 「ごくせん」スペシャル
「ごくせん」Vol.1~4/「ごくせん」スペシャル

ごくせん (1) ごくせん (2) ごくせん (3) ごくせん (4) ごくせん (5)
ごくせん (6) ごくせん (7) ごくせん (8) ごくせん (9) ごくせん 10 (10)
原作コミックス「ごくせん」1~10巻(森本梢子・集英社「YOU」連載中)

「ごくせん」オリジナル・サウンドトラック 「ごくせん」オリジナル・サウンドトラック
「ごくせん」サントラ盤・今シリーズ/前シリーズ

主題歌「NO MORE CRY」(D-51) 「Feel your breeze/one」
「ごくせん」主題歌
今シリーズ「NO MORE CRY」(D-51・ディーゴーイチ) ←発売前からものすごい話題!
前シリーズ「Feel your breeze/one」(V6)

|

« H2~君といた日々・第3話 | トップページ | 「輝く!日本ブログ大賞 2005」にエントリーします »

コメント

あずさん、こんばんは!
コメントとTBありがとうございました。

ヤンクミのような先生が実際にいたら、
生徒達は本当に幸せですよね。
強くて、まっすぐで、可愛くて。
そんな先生が本当にいたら、
私ももう一度高校生になっちゃいたい位です。(笑)

投稿: ちーず | 2005.01.31 01時11分

gttですミャ〜。
こんにちわぁ〜ミャ★
コメントとTBありがとうございましたミャ!
来週はごくせんもいよいよ共学になるということでgttも楽しみにいたしておりますミャ!

投稿: gtt | 2005.01.31 12時24分

>ちーずさん

ヤンクミみたいな女性教師は、あまりいないですよね~。生徒を信じて、何かあっても「任せろ」という姿勢が好きですよ。あんな風に信頼できる先生って、少なくなったのかなあ・・・。

>gttさん

そちらでも書いたけど、黒銀学院が男子高ということをすっかり忘れていて・・・(苦笑)。次回の共学の話は、驚愕の展開になるのかな? 楽しみですね~!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2005.02.01 01時49分

ヤンクミへ
私の弟が、ごくせんでおせわになりました。


--------
●管理人よりコメント
どうもです。何か思い入れでもあったのかな?

投稿: みかりん | 2005.08.25 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/2745443

この記事へのトラックバック一覧です: ごくせん・第3話:

» ごくせん 第三話『お前らは私の大事な生徒だ!!』 [どらま・のーと]
ヤンクミは白鳥先生(乙葉)に合コンに誘われ一度は断るが、 相手が桃ヶ丘女学園の九条先生(谷原章介)と分かり即、参加。 その合コンで、桃ヶ丘女学園の先生が一人来... [続きを読む]

受信: 2005.01.31 01時07分

» 1月24~30テレビ視聴率 [o(^^o)俺流ブログ(2007年問題解決編)(o^^)o]
ごくせん27% 義経23% 行列21% 救命病棟20% 渡鬼18% サッカー15% 予想通り不機嫌なジーン撃沈。今週は大きな動きはありません。 来週はなぜか... [続きを読む]

受信: 2005.01.31 23時16分

« H2~君といた日々・第3話 | トップページ | 「輝く!日本ブログ大賞 2005」にエントリーします »