« ダイハツ・ミラジーノ(Mira GINO)のCM | トップページ | ジョージア懸賞「いま、当てにゆきます」 »

2004.12.08

ジョン・レノン フォーエバー

毎年12/08になると、あるアーティストの歌を必ず聴き、数年書き続けている日記でも必ず書く話があります。そのアーティストとは、元ザ・ビートルズのジョン・レノン(John Lennon)。書く話とは、1980年のこの日、凶弾に倒れた彼を偲ぶ、想い出話です。実は私、ザ・ビートルズの大ファンなんですね。だから今年は、あまり語ったことのない「ビートルズ話」を中心に、多く語ってみたいと思います。

学生時代、通称「赤盤・青盤」と呼ばれる2つのベスト盤CD(「1962~1966(赤盤)」・「1967~1970(青盤)」)に出会い、「これで有名なビートルズを知ってみよう」と思って2枚とも買って、自宅で聴いてみたら大ハマリ! 特に「青盤」の「Disk1」は良く聴いたものです。

「1962~1966」「1962~1966」 「1967~1970」「1967~1970」

ザ・ビートルズへのハマリ方は並大抵のものではありませんでした。まずはオリジナルアルバム十数枚を全て買い揃え、「アンソロジー」と呼ばれる、オリジナル盤の未収録曲を集めた貴重盤を全て買い揃え、近年ではかつてヒットチャートを賑わせたシングル27曲を全曲リマスタリングしてリリースされた「THE BEATLES 1」を買って、ビートルズの世界を楽しんだものです。

CDボックス(16枚組)CDボックス(16枚組) 「アンソロジー」「アンソロジー」

「THE BEATLES 1」「THE BEATLES 1」

そうそう、忘れてはならないことで、学生時代の卒業旅行で彼らの出身のイギリス・リバプールへも行きました。ビートルズ博物館(Beatles Story)へ行ってビートルズの歴史を知ったり貴重な展示品を見たりして楽しみました。最も印象に残っているのが、ジョン・レノンのサングラスが乗った白いピアノ。人気も高く、じっくり眺める人や写真を撮る人でいっぱいでした。全世界からビートルズファンの老若男女が駆けつけて、同じ思いのまま見て回るのが想い出深かったなあ。また、メンバー4人が横断歩道を歩くジャケットで有名な「アビィ・ロード」へも行って、同じポーズで写真を撮ろうとしたけど、車の通りが激し過ぎて実現不可能だったっけ(笑)。あと、路上ライブをする人たちがあちこちにいたけど、歌うのは皆当然のようにビートルズの歌。その中でも、地下道である青年が歌っていた「Nowhere Man」の響きが良かったなあ。

「アビイ・ロード」
「アビイ・ロード」[注:現地でのポーズの真似は本当に危険です(笑)]

ここまでは「ザ・ビートルズ」の話(長かったけど)。ここからは「ジョン・レノン」の話(ようやくメイン)。ファンの方もそうでない方も、よろしければもう少し読んでくださいね。

ジョンの歌を本格的に聴いたのは、中学生時代に友人から借りた、ジョンのヒストリーフィルム「イマジン~ジョン・レノン(1988年)」のサントラ盤の録音テープにて。ザ・ビートルズとしての名曲と共に、「Real Love」、「Woman」、そして最も有名な「Imagine」といったジョンの名曲が、それに集結していたのでした。「赤盤・青盤」を買う数年前に、一度大きな出会いがあったというわけですね。

イマジン オリジナル・サントラ
イマジン オリジナル・サントラ

後々ザ・ビートルズにハマっていったんだけど、実はポップ曲の多いポール・マッカートニーの曲よりも、メッセージ性が高い曲の多いジョンの曲を多く聴いたものです。それは、先に書いた「大きな出会い」があったからとも言えます。数年前には、日本の埼玉県の「さいたまスーパーアリーナ」内にある「ジョン・レノン・ミュージアム」へも行きました。そこではジョンに限定した展示品が多く飾られ、館内では有名曲「Imagine」の映写やBGMも流れ、私的にはこの上無い幸せを感じました。今年のこの時期も、「ジョン・レノン メモリアル・ウィーク」と題して、没後24年追悼イベントを開催しているそうですね。毎年行けないんだけど、一度は行ってみたい!

そして12/08。私は今年も、ジョンの「Imagine」を静かに聴いています。私の中では彼の存在が偉大過ぎて、彼について多く語ることさえできないのです・・・。

レノン・レジェンド ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ジョン・レノン
レノン・レジェンド ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ジョン・レノン

「アンソロジー」
「アンソロジー」(ジョン・レノンの4枚組ボックスセット)

|

« ダイハツ・ミラジーノ(Mira GINO)のCM | トップページ | ジョージア懸賞「いま、当てにゆきます」 »

コメント

あずさんビートルズも好きだったんですね!

私も赤盤、青盤、「1」は持ってますよ。
「レディ マドンナ」「ヘイ・ジュード」「レット・イット・ビー」が好きな曲ベスト3かな。(青盤ばっかりですね)

ジョン・レノンの曲ではやっぱり「ハッピー・クリスマス(戦争は終った)」を一番良く聞きますね。
「平和を我等に」は「いちご白書」と言う映画の中で使われてすごく衝撃的でした。
「イマジン」も勿論好きです。
あと「ウーマン」いいですよね~!

1980年12月8日、ジョン・レノンが凶弾に倒れた事件では生まれて初めて駅売りのスポーツ新聞を買ってしまいました。
それ位衝撃的でした。

今でも毎年12月8日が来ると思い出します。
この日は「開戦記念日」でも有りますね・・。

それにしてもアルバム全部買ってリバプールに行かれたなんてすごい!
あずさんとビートルズ、深い繋がりが有るんですね。

私の大好きなKANちゃんもビートルズからすごく影響受けてるし、
ビートルズから影響受けてるアーティストって数え切れませんね。
ミスチルも好きなのでは?ほんとに偉大なグループ。
もう半分の人数になってしまいましたね。

投稿: TAMA | 2004.12.10 23時56分

TAMAさんも好きなんですね。「青盤」で挙げてくれた曲は全てポールの曲ですけど(これはこれで好きです)、私はジョンの曲を聴く機会が多かったです。「Imagine」と「Happy Xmas」は、毎年末に続けて聴くことが多いですよね。その他にも名曲がいっぱい! 彼は政治や宗教といったものに対する思いも熱く、その生き様を知ると共感できない部分も実際あります。それは彼の作る音楽にも現れているんだけど、意識はかなり強いですね。内容はどうあれ、そういったメッセンジャー的なところに惹かれました。

ジョンを含むビートルズは、本当に大好きです。リバプール行きは今でも良い想い出ですね。無理してでもあの時行って良かったなあ・・・。ビートルズの影響を受けたアーティストは多いですね。サザンやミスチルも、何らかの形でカバー曲を披露しているし、やっぱり偉大なグループです。残念ながら現時点では、再結成ができない状態になりましたね・・・。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.12.12 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/2201876

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・レノン フォーエバー:

« ダイハツ・ミラジーノ(Mira GINO)のCM | トップページ | ジョージア懸賞「いま、当てにゆきます」 »