« 年末ジャンボ宝くじで運試し | トップページ | 「オレンジデイズ」の年末祭り »

2004.12.18

「白い巨塔」の名場面が蘇る

昨年秋から今年春前まで放送された感動の巨編、フジテレビ系ドラマ「白い巨塔」が特別企画で復活! 「金曜エンタテイメント」の「アンコール特別企画」で、全21話の数々の名場面を再編集した“特別編集版”が、3夜に渡って放送されます。12/17はその第一弾として「序章」が展開されました。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「白い巨塔」

○フジテレビ「金曜エンタテイメント」
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/kinyoue/
12/17(金)21:00~22:52 『アンコール特別企画・白い巨塔~序章「野望」』
12/24(金)21:00~22:52 『アンコール特別企画・白い巨塔~第二章「裁き」』
12/30(木)21:30~23:54 『アンコール特別企画・白い巨塔~最終章「無念」』

○サンスポ.com「名場面甦る…フジ系「白い巨塔」3夜にわたって放送」
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200412/gt2004120401.html

既に本編放送が終了したドラマで、長編を短めに編集したものなので(それでも約6時間分!)、ストーリーのあらすじは省略します。私も大好きなドラマで、かつて半年間に渡って全話見たこともあります。今回の「序章」は途中から見たんだけど、本当にストーリーの名場面や大事な場面だけを使って編集した内容でした。病院を舞台に、外科医・財前五郎(唐沢寿明)と内科医・里見脩二(江口洋介)の両助教授が、違った考え方をもってぶつかり合っていた時期の話で、後々裁判問題の発端となる患者・佐々木庸平の手術が完了した辺りで終わりました。この先、「第二章」では教授選と患者の死が、「最終章」では裁判と財前の最期が、それぞれ展開されることでしょう。

ドラマ「白い巨塔」DVD-BOX・第一部 ドラマ「白い巨塔」DVD-BOX・第二部
ドラマ「白い巨塔」DVD-BOX・第一部/第二部

ドラマ「白い巨塔」を大いに盛り上げたのは、加古隆さんによるBGM。タイトルバックでそびえ立つ怪しげな「白い巨塔」を思わせる、荘厳な雰囲気の曲たちが視聴者を魅了します。サントラ盤は何度か聴いたけど、どうやら“特別編集版”では、連続ドラマでの音楽を今回の放送のためにアレンジしたものが使われたようです。また今月12/08には、アルバム「白い巨塔-コンプリート」がリリースされたようです。ドラマの主題歌だったのは、ヘイリーの「アメイジング・グレイス」。ドラマのエンディングで流れることによって、毎話のように見た後の重苦しい気分を癒してくれるかのようでした。

「白い巨塔」オリジナル・サウンドトラック 「白い巨塔」コンプリート 主題歌「アメイジング・グレイス」(ヘイリー)
ドラマ「白い巨塔」サントラ盤/コンプリート(ピアノ音楽)/主題歌

ドラマ「白い巨塔」の原作となったのは、山崎豊子さんによる同名小説。今日有名な「現代版・白い巨塔」は、その小説内で昔を感じさせる部分を今風に調整した内容になっています。しかし、あえて「昔の医療世界」を背景に書き綴られたストーリーを読むと、また印象が変わるかもしれません。ちなみに山崎さんは医療世界に精通する人物ではなく、作品を執筆するためその世界に自ら足を踏み入れて当時の現実を調査し、膨大な時間を費やして完成させたという話を聞いたことがあります。私も一度読んでみたい小説です。

「白い巨塔」全5巻セット 「白い巨塔」(第1巻)「白い巨塔」(第2巻)「白い巨塔」(第3巻)「白い巨塔」(第4巻)「白い巨塔」(第5巻)
原作小説「白い巨塔」全5巻セット/第1~5巻(山崎 豊子)

「白い巨塔」について「現代版」と表現したことからも分かるように、「過去版」となるものも存在します。言わずと知れた“田宮版”のことで、故・田宮次郎さんが財前五郎を演じた映画とドラマです。実は「現代版」が終了した後日、地元テレビ局で深夜に映画版「白い巨塔」が放送されました。もちろん興味があって全て見たけど、モノクロ映像で展開されるそのストーリーは、原作が同じで既に内容を知っていながらも、かなり異なる印象を受けました。昔の有名な役者たちによる「白い巨塔」は、どこか生々しいんですね。「医学の進歩」はありながらも、「医療世界の陰」は今も昔も変わらないようで、「コネやウソもあって構成される医療世界」といった印象も変わりません。映画版は原作小説との兼ね合いで結末が異なっていますが、登場するキャラクターが関西弁を駆使していたり、顔や性格が「現代版」と大きく違ったりして楽しめます。またその後放送されたテレビドラマシリーズは、カラー映像になって再び人気が上がったのですが、財前役だった田宮二郎さんが撮影終了直後に猟銃自殺を遂げたこともあって、高視聴率をマークしたそうです。

映画「白い巨塔」DVD テレビドラマシリーズ「白い巨塔」DVD
映画「白い巨塔」/テレビドラマシリーズ「白い巨塔」DVD(全8巻)

最後になりますが、かつてここで「白い巨塔」に関する記事を書いているので、ご紹介します。
●関連する過去記事
○「白い巨塔」の2つの名言(完璧なまでに再現されています)
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2004/03/post_6.html
○名古屋の巨塔・モブログ投稿編(完璧なまでにアレンジされています)
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2004/04/post_10.html

小説・映画・テレビドラマ等と、各種メディアを通じて多くの人々に長く愛され続ける「白い巨塔」は、まさにその姿通りの名作です!

|

« 年末ジャンボ宝くじで運試し | トップページ | 「オレンジデイズ」の年末祭り »

コメント

TBさせて頂きました。
総集編の第1夜を観た感想ですが、展開がはやすぎるというものでした(^_^;)
普通に連続もので放送しているときに見たかったです。

投稿: ろけけ | 2004.12.24 14時28分

ろけけさんこんにちは。展開は早いですね。確かにあの放送だけ見ると、追うのが大変かも。でも最終章のラスト辺りだけは、名シーンをそのままで放送してほしい・・・。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.12.27 00時07分

こんばんは。先日はTBさせて頂き、ありがとうございました。
先日の「裁き」、そして本日の「無念」とても面白かったです。
「無念」では財前に同情心が沸いてしまいました。原作では、財前はもっとギラギラした役柄らしく、演出?が良かったのかな?機会があれば、原作読んでみますヽ(´ー`)ノ

投稿: ろけけ | 2004.12.31 01時50分

最終章は見ました。最後は本編のままで放送されて良かった! そうそう、裁判辺りから、財前を支持したい気持ちになってしまうんですよね。それだけに、ラストが生かされるわけですけどね。

機会があれば原作も読んでみてくださいね(私もだけど)。あと、モノクロの映画版も見応えありますよ!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.12.31 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/2299393

この記事へのトラックバック一覧です: 「白い巨塔」の名場面が蘇る:

» (TV)白い巨塔、第2夜「裁き」 [寝耳に水]
今日は、「白い巨塔」の総集編の第2夜ですねヽ(´ー`)ノ 知らない人はまず、い [続きを読む]

受信: 2004.12.24 14時24分

» 白い巨塔 [ゲーム・DVD・マンガ 本舗]
白い巨塔 DVD-BOX 第一部唐沢寿明おすすめ平均 ドラマ史上最強!史上最強... [続きを読む]

受信: 2005.02.17 18時20分

« 年末ジャンボ宝くじで運試し | トップページ | 「オレンジデイズ」の年末祭り »