« ココログ+はてな=ブログる場合ですよ!! | トップページ | 「キリ番アクセス達成」を目指す挑戦 »

2004.12.16

めだか・第11話(最終話)

“気軽に見られる学校ドラマ”こと「めだか」がついに完結しました。「めだかの学校」のストーリーを“そーっとのぞいてみてごらん”と言わんばかりに見てきたけど、本当に何から何まで気軽な気分で見られたなあ・・・。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「めだか」
第11話(最終話)「卒業写真に秘めた想い」

卒業式を控えめだか(ミムラ)の生徒らはそれぞれ進路を決定。めだかは、学校を辞める椎名(原田泰造)に好意を伝えるべきか思い悩む。そんな中、ようやく就職先の決まった小山田(山崎樹範)の内定が取り消される。

数ヶ月後にいよいよ卒業式を迎える時期になって、めだか学級の生徒たちは進学や就職で進路が固まり始めました。しかし、小山田くんはいまだに就職活動中で、桜木くんは超難関大学である東明大学の受験を控えていました。小山田くんは、ほぼ決まっていた大手食品会社「カモノハシフード」の内定が直前で取り消されたけど、めだかが直談判しに行って再面接決定。そこで彼が会社のお菓子そのものの質を本音で語ったところ、なんと内定が確定しました! 消費者の視点で良い商品作りができるといいなあ。一方桜木くんは、入試日に全日制部の生徒・橋本くんに会うと、自分と同じく手掛ける建築物を後世に伝えたいという気持ちでいることが分かり、同意に達したところで受験。合格発表の日、大学へ結果をこっそり見に行っためだかから、三葉学園のクラスメイトが集まった教室で由布子さんの携帯電話に送られたメールは、「サクラギ、サク」。“サクラ、サク”、つまり合格しました! 大学では同じく合格した橋本くんと、合格を祝って固く握手。これからも良い同志のままでいてくれるといいなあ。なお椎名先生は、誘われていた明青高校へ春から戻ることに決めました。

皆の進路が決まった中、残ったのはめだか。前回のレビューで、「タイトルバックの映像が彼女の今後を物語る?」と予想したけど、それは当たりました。でも「学校を背にして歩くめだかが振り返ってふと笑う表情」は、「さようなら」ではなくて「今後も頑張ろう」という「意志」につながり、「校舎をバックにした定時制部の生徒と教師陣の集合写真の静止画」は、止むを得ず退学した明日香も駆けつけて想い出の記念写真を撮影できたことにつながったんですね。卒業式が終わった教室では、生徒がめだかに感謝し、めだかは生徒に感謝し、良い関係のまま終わりました。これまでの話でメインになった人たちの言葉も良かったけど、メインにはならなかった人たちの言葉が意外にも良かったなあ。最後は桜木くんがいつもの「めだか」という呼び方をせず、「どうもありがとう、目黒先生」と言ったのも良かったなあ。めだかも号泣していたけど、この辺りでやはり泣けました・・・。

誰もいなくなった教室で、めだかは最後となる独り言をつぶやきました。

○めだかの最後の独り言

今でもふと考えることがある
もしあの日 あの門をくぐっていなかったら 私はどうしていただろう?
胸の奥でくすぶっていた 小さな小さな炎を
今もまだ 気付かないふりをしていたのだろうか?

そして新学期、新たな新米先生を迎える中、めだかは半年前とは違ってたくましい教師になっていました。ラストカットは、新しいめだか学級で挨拶するめだかの満面の笑顔。うんうん、良かった良かった!

さて、ドラマ「めだか」。視聴率的にはあまり良くなかったけど、“ドラマ不作”とも言われる今クールで“1クールもの”として唯一全話見続けたドラマでした。最終話も、主題歌は普段通り冒頭で流れ、視聴率を意識した拡大放送も無く、本当に何から何まで気軽な気分で見られたのも私的には好きでした。今話の中で、教室に集まったクラスメイトたちが「めだかが来てから一つになった」と言っていたけど、未熟な「めだか」とその生徒たちが最後に見せたイメージは、地にしっかりと設置された鉄柱に掴まって、皆一つになって泳いでいる「鯉のぼり」だったように思えました。


|<^ ))))><<=<^ ))))><<=<^ ))))><<=<^ ))))><<=<^ ))))><<
|<^ ))))><<=<^ ))))><<=<^ ))))><<=<^ ))))><<=<^ ))))><<
|<^ ))))))))))))))))))))))))))))><<


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「めだか」DVD-BOX
「めだか」DVD-BOX

「めだか」オリジナル・サウンドトラック
「めだか」オリジナル・サウンドトラック(住友紀人)

正夢
「めだか」主題歌・「正夢」(スピッツ)

|

« ココログ+はてな=ブログる場合ですよ!! | トップページ | 「キリ番アクセス達成」を目指す挑戦 »

コメント

今日やっと最終回を見ました!
私も気楽に見ていたのですが,卒業式が終わった教室で,生徒ひとりひとりがめだかにお礼の言葉をいってるあたりから号泣してしまいました~!!
ラストの新任教師に説明してる矢部先生と国見先生,それをきいてるめだかの表情も面白かった!
なにげなく見始めたドラマでしたが,見終わったあとになんかすっきりと前向きな気分になれるドラマでした。
「私は絶対あきらめないからね!」とか「大切なのは舞台にあがること」とかいくつか心に響く言葉もありました。
次クールの「救命病棟24時」は最初のシリーズからのファンで,松嶋さんが第1作の研修医役から成長した役で出演されるのでそれも楽しみです!!

投稿: うさこ | 2004.12.18 12時59分

何だか自然でスッキリ感のあるドラマでしたね! 「私は絶対あきらめないからね!」や「大切なのは舞台にあがること」等の名言も忘れられません。今クールは話題作が他にも少しあったけど、私の中ではこの「めだか」がかなり好評価でしたよ!

次クールの「救命病棟24時」は、松嶋菜々子さんの復帰作となるわけで話題になっていますね。私はいわゆる「II」を見て楽しんだけど、「I」は権利問題があって事実上封印されてしまったんですね。だから再放送もDVDも無く・・・。だから今度始まる「III」で見た気分になりますよ!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.12.20 01時08分

Ⅰは権利問題があって封印!?
だからDVDが出てないんですね。Ⅰがもう一度みたいと思ってずっと探してたんです。
このドラマは人間ドラマとして大好きで,毎回号泣してました。
進藤先生ファンの私としてはⅢも絶対見逃せません!
Ⅰでは研修医だった松嶋さん演じる小島楓の成長ぶりも楽しみです。

投稿: うさこ | 2004.12.20 01時47分

「めだか」の最終回も期待通りで楽しめました。
就職問題云々はちょっと強引だったけど(笑)、生徒達
から贈る言葉…ってめだからしかったですね。

うさこさん、はじめまして~(^-^)
「救命病棟24時」は1/4に総集編のスペシャルと
して放送されるみたいですよ。
松嶋さんの名前もあったから、たぶん「Ⅰ」だと思い
ます。(^_-)-☆

投稿: りんりん | 2004.12.20 18時21分

>うさこさん

詳しくは言わないけど(ネット検索ですぐ分かります)、版権問題が封印の原因です。私もその二人の掛け合いを見たくてしょうがなかったんだけど、どうしても見られなくて・・・。でもとにかく楽しみ! あっ、めだか、ごめん(笑)。

>りんりんさん

爽やかなラストで楽しめましたね! まあ強引なつなぎもあったけど、それも「めだか」らしいという感じかな。工夫すればもっと面白くなる作品だとも思いましたね。めだかと桜木くんの関係も、もっとヒートアップしてくれたら・・・。

おお! 「救命病棟24時」の総集編スペシャルが? きっとまずい部分がカットされているんでしょうね。私も見ますよ!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.12.21 01時49分

りんりんさん情報ありがとうございます!
スペシャル楽しみです☆

あずさん,めだかのスレなのにごめんなさい。
検索してみたんですけどその二人というのが誰のことなのかわかりませんでした。。
4話の出演者なんですかね・・・?

投稿: うさこ | 2004.12.21 03時34分

ちょっと言葉足らずだったかな? 「二人の掛け合い」というのは、単純に江口洋介さんと松嶋菜々子さんのことでした(苦笑)。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.12.22 01時41分

ああ,そういうことでしたか(笑)
勘違いでした。
進藤先生は2のときよりももっと口が悪くて「おいそこのでかい女!」とか松嶋さんのことを呼んだりしてましたよ~。
看護婦の桜井(須藤りさ)も2ではとってもしっかりしてましたがまだ新人看護婦だったんじゃなかったかな。
1も人間ドラマが面白かったです。
最終回ではずっと植物状態だった進藤先生の奥様の意識がもどったのが感動的でした。

投稿: うさこ | 2004.12.22 03時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/2280992

この記事へのトラックバック一覧です: めだか・第11話(最終話):

« ココログ+はてな=ブログる場合ですよ!! | トップページ | 「キリ番アクセス達成」を目指す挑戦 »