« めだか・第8話 | トップページ | 第55回「NHK紅白歌合戦」の出場者決定 »

2004.11.25

3曲選評[08]・浜崎あゆみ

3曲選んでレビューする企画「3曲選評」・第08回。
今回は「浜崎あゆみ」編です。
歌手デビューにおける芸能活動のビフォーアフターは劇的でした(他にも?)。
愛称は“あゆ”だけど、魚の“あゆ(鮎)”はもっと好きです・・・。

○3曲選評・記事インデックス
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2004/10/3music.html
「blog・音楽ランキング」に参加中です!


○「3曲選評」・浜崎あゆみ

1. 「poker face」 (アルバム「A Song for XX」収録)
2. 「Voyage」 (アルバム「A BALLADS」収録)
3. 「SEASONS」 (アルバム「Duty」収録)

1. 「poker face」(1998年)
“あゆ伝説”の始まりとも言える、記念すべきデビュー曲。今聴くと初々しいですね~! 以前の会社の知人があゆの大ファンで、新譜が出るたびにMP3ファイルにして聴かせてくれたっけ。おっと、これはちょっと問題発言?(苦笑) 当時はMP3自体が有名になり出した頃で、「CD音源がこんな音質で実現できるのか!」と実験的な気分のまま聴いていましたね。その後「デジタルコピー」が大きく問題視されるようになって、発売元のAvex(エイベックス)があの忌まわしき(?)コピー防止技術の「CCCD(コピーコントロールCD)」を採用したんですね。“あゆと言えばCCCD”みたいなイメージもできちゃったりして、CDの歴史というものをいつも考えてしまいます。デジタルコピーって、ダビング方法の一つだし別に悪くないと思っているんだけど、MP3技術が優れているせいでCDの売上自体が激しく下がるものなら、制作側も黙ってはいられないか。でも、iPod等のメモリプレーヤーが大人気で、「デジタル音楽」の認知度が高まって、ビジネスとして成り立つようになった現在は、かつてのコピー防止技術の問題も大幅に緩和の方向へ向かいましたね。消費者としては、良かった良かった・・・。いつの間にか、曲自体の評価じゃなくなってしまいましたね(笑)。

2. 「Voyage」(2002年)
TBS系ドラマ「マイリトルシェフ」の主題歌で有名。ファンである矢田亜希子さんの連続ドラマ初主演作で、毎週良く見てたなあ。上戸彩さんもこの辺りから人気が出たんだっけ。お客さんに合わせた料理を提供する、ビストロスマップ(「SMAP×SMAP」より)みたいなドラマだったけど、ドラマ自体はすごく地味で静かで、視聴率もあまり良くなかったんですよね。でもシェフの鴨沢瀬理(矢田ちゃん)が料理を決める時の「うん、そっちの方が素敵♪」の名セリフと、辺りが真っ暗にした中での“目キラキラ”の演出は、今でも頭の中で鮮明に残っています(笑)。ところで、ドラマと主題歌の関連性を重視する私は、「なんで主題歌が“あゆ”なんだろう?」と常々思っていたんですよ。結局それは最終話が終わっても結論に至らなかったけど、ドラマ内でインスト曲として聴くと、まあそれなりに良く聴こえてしまうのでした。ちなみに、私があゆと矢田ちゃんを比べたら、「うん、矢田ちゃんの方が素敵♪」になることでしょう(料理されてみてぇもんだ)。

3. 「SEASONS」(2000年)
あゆの歌の中では一番好きな歌かな。フジテレビ系ドラマ「天気予報の恋人」の主題歌だったそうだけど、そんなの知らねえ~(苦笑)。イントロ・Aメロ・Bメロと、何か切なさを感じる曲調なんだけど、サビはコード進行が良くて素晴らしいですね。詞の方は、序盤の「今年もひとつ季節が巡って 想い出はまた遠くなった」っていうのがいきなり良い表現。それにサビで「今日がとても楽しいと 明日もきっと楽しくて」等と過去を振り返りながら、ラストサビで「幾度巡り巡りゆく限りある季節の中に 僕らは今生きていてそして何を見つけるだろう」と結ぶのも絶妙。全体的に高い評価です。私的には、曲のタイトルが複数形なのが密かに好きなんですよ。

○ちょっと一言
あゆについていろいろと書いてきましたが、ここで驚くべき重大発言をしておかなければなりません。実は私、ご存知の方もいるかもしれませんが、なんと相当な“アンチあゆ”でございました・・・。ビジュアルも声質も悪くないんだけど、「音楽趣味の相違」と「CDの大量生産」というのが理由だったのかもしれません(苦笑)。“Avexの一押し”なのは分かるけど、楽曲をリサイクルしてリミックス盤を量産したり(CDタイトルだけが増えていく)、ある時期からトランスを意識した曲ばかりリリースしたり(これが最も嫌というか合わなかった)、マキシシングルにフルアルバム並みの曲数が収録されていたり(喜ぶべきだけど型破り)、数々の常識を覆していたんですね。デビュー当時のままのスタイルだったら良かったんだけど・・・。だがしかし~っ!(ここからは良い話なので読んでくださいね) 詞はほとんど彼女自身が書いていて(全て?)、「日本レコード大賞」は第43~45回と3年連続で受賞していて(受賞曲は「Dearest」・「Voyage」・「No way to say」で3連覇は史上初!)、“大物・歌姫”とまで言われても歌番組には今なお積極的に出演するし(この辺りの好感度は高い)、テレビ番組でトーク等を聞いていても悪い印象は無いし(元から特に無いけど)、なおかつ歌以外でも「ファッションリーダー」として活躍(もはやカリスマ)。かつて曖昧な理由でなぜか激しく“アンチあゆ”だった私も、「どうして嫌っていたんだろう?」と自問するようになって、「理由なんて無いね!(無問題)」と改めるようになって、“アンチあゆ”を無事卒業しました! そんな過去があって、あゆの曲をほとんど聴かずに過ごしてきたもんだから、楽曲と曲名もほとんど結び付かず。でも、そこは“アンチ卒業生”の私(笑)。あゆをこの「3曲選評」に早い段階で挙げたし、選曲するためにリリース済みのシングル曲30曲以上を全て聴きましたよ。これで誠意とやらは伝わった? ちなみに、あゆを初めて知ったのは、TBS系ドラマ「未成年」でした。このドラマは大好きだった! この頃はまだアイドル時代で、可愛らしい姿を毎回見せていたけど、脇役で頑張っていた少女(文字通り「未成年」)がまさか日本を代表する音楽アーティストにまで成長するとはね。やっぱりこの人はすごいです。近日約2年ぶりとなるフルアルバム「MY STORY」をリリースするけど、CM等のタイアップ曲も多く収録されているし、“アンチ卒業記念&ファン入学記念”として、真っ先に聴いてみようかな? でもまずはベスト盤での“総復習”が先か・・・。

「A BEST」
「A BEST」(3曲目も収録)


|

« めだか・第8話 | トップページ | 第55回「NHK紅白歌合戦」の出場者決定 »

コメント

あずさん、アンチあゆ卒業おめでとうございます!
シングル30曲以上も聞いたんですねー。お疲れ様でした。

私もあゆちゃんには一目置いております。
いつも一生懸命でファンもすごく大切にする感じがするし。
嫌々仕事してる感じが無くて(当たり前だけど)いいですよね。
お人形の様にかわいくて見てて楽しいし。
スタイルを保つためにかなり努力してるのでは?

「未成年」のあゆちゃん、かわいかったですよね!

あゆちゃんの曲では1曲だけ聞くだけで涙が出そうになる曲が有ります。
2枚目のアルバム「LOVEppears」に入ってる「Who…」って言う曲なんですけど。
(A BESTにも入ってますが)
この曲は何度聞いてもいいです!

あと「TO BE」が結構好きです。

「SEASONS」って「天気予報の恋人」の主題歌だったんですね~。
忘れてました。
ナイナイの矢部さんのサラリーマンスタイルがかっこ良かったのと、
米倉さんの色気ゼロのOL?が今思うと新鮮だったかな。

(料理されてみてぇもんだ)←おぉ~!
そう言えば「あいつは変わった自惚れ屋さん斬り」がかなり気に入ってる私。
あずさん飛ばしてますね~!

投稿: TAMA | 2004.11.28 00時02分

長かった“アンチあゆ時代”も無事卒業。各所でアンチぶりを訴えていたけど(今思うと、その勢いぶりは何?)、やっぱり彼女は変わらぬ活動ぶりが良いですね。有名になっても印象が悪くなることは無くて、テレビ番組には積極的に出てトークも軽快だし、他にはTAMAさんが書いてくれた理由と同じで、「好感度」が高いんですよね。過去のシングル曲はほとんど聴きました。トランス曲(ディスコ曲みたいなもの)以外のポップな曲やしっとりとした曲は好きですね。ドラマ「未成年」の時のあゆは可愛かったけど、劇中では誰かさんとすごいことになっていましたね(笑)。

ほうほう、「Who…」ですね? 近々「A BEST」を聴くので確認しますね。まずはシングル曲とタイトルが結び付けられるようにならないと・・・。あっ、「SEASONS」が主題歌だった「天気予報の恋人」を見てました? どうやらビデオ止まりで、DVD化はされていないみたいなんですよ。再放送も見かけないし、ちょっと気になってます。「矢部っちが出てる」というので少し思い出せたかも? 米倉も出てた?(呼び捨てですが) 色気ゼロって、笑えます(失礼ですが)。

ミスチルファンなら気付くかもだけど、最近は記事等に「ミスチル関連ワード」をこっそり入れています(笑)。さすが、しっかりチェックしてますね~。私的には、最近「ドラクエ関連記事」で書いた「Mirror」のパロディが気に入ってます。そう思う今日この頃です。それもまた一つのパロディ。これは「LOVE」の詞のパロディですが(笑)。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.11.28 01時53分

こんばんは。
ここにも来ちゃいました^^。

実は、私、あゆ殿がこんなに人気があるにもかかわらず、
ただ、一曲を除いては、なぜだか全くあゆの曲に興味を持つことができません。
その一曲とは、「SEASONS」です。
「SEASONS」だけは以前からとても好きで、よくカラオケでも歌っています。

あずさんもこの曲お好きなんですね。

では私も、あゆ殿の他の曲も聴いてみようかなあ~ってちょっと思っています。

投稿: とら | 2004.11.29 00時41分

とらさんありがとう! 他の記事でもどんどんコメントしてくださいね。私と同じく、なぜかあゆ曲が好きになれないんですね(私は克服しましたが)。でも「SEASONS」だけは特別? とらさんもカラオケで歌うほど好きなんですね。あれは良い歌ですよね。デビュー当時や最近の曲を中心に、一度聴き返してみてください。もしかしたら私みたいにあゆ曲の印象が変わるかもしれませんよ!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.11.30 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/2068795

この記事へのトラックバック一覧です: 3曲選評[08]・浜崎あゆみ:

« めだか・第8話 | トップページ | 第55回「NHK紅白歌合戦」の出場者決定 »