« いいとも2004年秋祭・ラスト大本命が来た! | トップページ | 「加藤家へいらっしゃい!~名古屋嬢っ~」だがや! »

2004.10.06

めだか・第1話

めだか。漢字で「目高」、英語で「a killifish」。全長3センチくらいの淡水魚で、体は細長くて目は大きく、背中は黄褐色で腹は白色で、群がって泳ぐのが特徴です。この秋から年末にかけて、めだかの生態が一話ずつ描かれていきます。皆さんと一緒に学習していきましょう・・・って、それじゃ教育番組じゃん!(笑) 正しくは、10/05から始まったばかりの、フジテレビ系ドラマですよ~!

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「めだか」
第1話「女教師始めました」(70分拡大放送)

元OLの定時制高校教師と生徒の交流を描く。めだかこと目黒たか子(ミムラ)は会社をリストラされ、定時制高校教師に。主任・国見(浅野ゆう子)は新任のめだかに、生徒の生活に干渉しないよう話す。年上の種田(小日向文世)や、元同級生・桜木(瑛太)らが生徒で戸惑うめだか。そんな中、嘘つきと評判の生徒・明日香(黒木メイサ)に、相談があると言われる。

本当のあらすじは上記の通り。“めだか”っていうのは、主人公「目黒たか子」の略称から付けられたあだ名だったんですね。それを「めだかの学校」という歌に引っ掛けてか、「学校ドラマの主人公」という設定にしたのかな。「正しくは“めたか”じゃん?」というのはこの際無しでね・・・。

「たまたま取っていた教員免許のおかげで、三葉学園高等学校定時制部の教師の職を得る(公式サイトより)」。この前提がすごい!(笑) とりあえず教壇の前に立つ教師になったけど、生徒にはお約束でナメられっ放し。初回話は明日香という女子生徒に良いように弄ばれて、いきなり傷心。ところが、最後には教室の皆がいる前で、貯まった怒りをぶちまけた! 言い放った後は、我に返ってモジモジしてしまったんだけどね。密かに期待していたのは、めだかが吉本興業の池乃めだかさん風に「今日はこれくらいにしといたるわ」と言って、生徒がその場でコケるという絵だったけどね(笑)。パッと見たところでは、老若男女の個性あふれる生徒や先生たちと過ごして、毎話一人くらいずつ関わっていって、最後にめだかが全員と涙の別れをする(?)、って感じのお決まりコースになりそうかな。どうしましょう、こういうベタなストーリー、結構好きなんだなあ、これが~。

「めだか」初回話時点での状況を歌にしてみました。

「めだかの学校・2004秋」

♪めだかのがっこうは ていじせい
 そーっとのぞいてみてごらん
 そーっとのぞいてみてごらん
 みんながじゆうにしているよ

しかしフジテレビは、主演のミムラさんのプッシュが相変わらずすごいね。「うちが目を付けて育てました」と言わんばかりの勢いだね。「ビギナー」、「ファイアーボーイズ」、「離婚弁護士」ときて、今度は「めだか」。司法修習生、消防署の救急隊員、法律事務所の受付嬢ときて、今度は定時制高校教師。ドラマとして、「ビギナー」以降何回転職してるんだろう?(笑) でもその「ビギナー」が放送されたのが昨年秋だからもう1年、ほぼ毎クールのドラマに出ていたんですね。あれから演技の方も自信が付いたせいか、安心して見られるまでになったし。ミムラさん、なんだかんだで頑張ってるなあ。そう言えば「妥当」ってセリフも出てたっけ・・・(「ビギナー」でおなじみの言葉)。

それから、今後いろいろ問題を起こすであろう生徒たちの面々が良い! ただでさえ危険な(でも実孫には弱い)泉谷しげるさんを筆頭に、小日向文世さん、須藤理彩さん、山崎樹範さん等々。私的にはめだかの同級生として、瑛太くんが起用されたのがうれしかったなあ。いきなりキスシーンもあったりしてね。あと、映画「スウィングガールズ」に出た平岡祐太くんが内気な生徒役で出ていたり、つかこうへい氏の秘蔵っ子の黒木メイサさんが嘘つきっ子で出ていたり。先生たちの面々も、浅野ゆう子さん、原田泰造さん、山本太郎さんと、珍しい顔合わせ。また、めだかの母親に市毛良枝さん、小学校時代の恩師に林隆三さん、親友に木内晶子さんと、なかなかのもの。こうやってキャスト陣を眺めてみると、このドラマって割と安定系かも?

このドラマの主題歌は、スピッツの「正夢」。“スピッツ&学校ドラマ(しかも定時制)”というと、過去のフジテレビ系ドラマ「白線流し」を思い出しますね。大河内渉(わたる)役だった長瀬智也はどこだどこだと、教室のシーンで無駄に探しましたよ(笑)。川で白線流しの儀式をした頃から、めだかがくっついていたのかなあ・・・なんて。とりあえずレビュー候補作です!(今クールのレビューは少な目の予定) 今回の「めだか」のレビューは、“今日はこれくらいにしといたるわ”っていうオチを付けて終わります(笑)。

<^ ))))><<

|

« いいとも2004年秋祭・ラスト大本命が来た! | トップページ | 「加藤家へいらっしゃい!~名古屋嬢っ~」だがや! »

コメント

 番宣CMで流れる曲を聴いて「こりゃ見なきゃ!」って思いました(笑)スピッツにしては、いつもの声のトーンを抑え目の感じで、最初は「スピッツに似てる曲風だなぁ」って思ってましたが、2回目の番宣CMで「間違いない!!」って確信。一応ファンなのになぁ...(苦笑)
 ミムラさんは本当によくドラマ出ていますよね。大プッシュってな所でしょうが、確かに演技はどんどん良くなってきているように感じます。今回の役どころのちょっとモソっとした語り口の先生もなかなかいい味出ていまして結構良いかも!瑛太くんにも期待ですね!私も見続けるドラマ候補の1つになってます。

投稿: LX | 2004.10.07 08時37分

スピッツの曲が良かったので見続けることにしました(笑)
ミムラさん演ずる主人公のキャラはちょと面白いですね。
重くなりがちなテーマで彼女の負う役割は重要ですね。
生徒たちが個性的で楽しみです~

投稿: ちゅん | 2004.10.07 11時12分

>LXさん

番宣CMを見ないままドラマを見始めました。スピッツだとは分かっていたんですね。なかなか良い曲でした。ミムラさんはフジテレビ系ドラマに出っ放しですよね~。そうそう、今回の役も結構ハマってるかも。瑛太くんの活躍にも期待したいところです!

>ちゅんさん

スピッツの歌に惹かれましたか~。めだかはある意味で面白いキャラクターですよね。「定時制部の花」になるどころか、良くある「ナメられキャラ」でスタートしたけど、今後どうなっていくのかな? 生徒たちの振る舞いも楽しみですよね!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.10.08 01時19分

“今日はこれくらいにしといたるわ”っていうオチを付けて終わります(笑)。
↑ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!
次回からこのドラマ見るたびにめだか師匠思い出しちゃいそう。

そう言えば定時制高校+スピッツと言えば「白線流し」ですね。
気付きませんでした。
さすがあずさん!

投稿: TAMA | 2004.10.08 17時45分

ははは、一度知ったら逃れられない、めだか師匠のイメージ(笑)。でも割と気楽に見られそうですよね。火曜21時枠は、こういうタイプの作品で続けてほしいなあ。ついでに言うと、22時枠の方はちょっと考えさせられるタイプの作品を希望・・・。

「白線流し」、懐かしいでしょう? 私は数年前に再放送で初めて見たんだけど、それですぐに思い出したのかなあ。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.10.09 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/1613534

この記事へのトラックバック一覧です: めだか・第1話:

» 「めだか」第1回 [Chun::Loop]
冒頭の、主人公の超ロングなモノローグでふっと意識が遠のいたものの、スピッツの主題 [続きを読む]

受信: 2004.10.07 11時12分

» めだか 第1回 [TAMA'S DIARY]
「女教師始めました」 今クールもとうとう動き出しました。 最初はこの「めだか」か [続きを読む]

受信: 2004.10.08 17時42分

« いいとも2004年秋祭・ラスト大本命が来た! | トップページ | 「加藤家へいらっしゃい!~名古屋嬢っ~」だがや! »