« 各地の気になるローカル番組 | トップページ | ノブナガ・ワッキーおかえりなさいSP・2 »

2004.10.31

3曲選評[04]・Dreams Come True

3曲選んでレビューする企画「3曲選評」・第04回。
今回は「Dreams Come True」編です(ドリームス・カム・トゥルー)。
“男2女1”という構成での人気ぶりから「ドリカム現象」と呼ばれた時期あり。
その男女逆パターンで「逆ドリカム(現象)」もあり。現在となっては「死語」ですが。

○3曲選評・記事インデックス
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2004/10/3music.html
「blog・音楽ランキング」に参加中です!


○「3曲選評」・Dreams Come True

1. 「LAT.43°N」 (アルバム「LOVE GOES ON・・・」収録)
2. 「Eyes to me」 (アルバム「MILLION KISSES」収録)
3. 「LOVE LOVE LOVE」 (アルバム「LOVE UNLIMITED」収録)

1. 「LAT.43°N~forty-three degrees north latitude~」(1989年)
読みは「フォーティ・スリー・ディグリーズ・ノース・ラティチュード」。意味は「北緯43°」で、日本では北海道の札幌辺り? ある女性が、その北緯43°の地(少なくとも雪が降る街)にいる恋人の男性に対して、その男性と深い仲にあるらしい女性の存在を知りながら、遠い地(首都・東京と仮定)で不安な気持ちでいる、みたいな様子が見事に描写された詞になっています。いわゆる「遠距離恋愛ソング」で、「不釣り合いな“逆ドリカム”状態」ってやつ? 女性の中には、経験があって共感する部分があるかも。詞についてはここまでにして、曲の方はその不安さが伝わってくるようなメロディとアレンジが良いです。イントロで曲の速さの切り替わり部分から始まるベース音と、ラストサビ前のBメロで微妙に変化させているベースメロディは、絶妙! 「完璧」と賞賛しても良いほどの曲で、かなり私好みの作りですね。収録アルバムの「LOVE GOES ON・・・」は名曲揃い!

2. 「Eyes to me」(1991年)
フジカラー「SUPER HG 400」のキャンペーンCM曲で有名になり、オリコンチャートでシングルとして初めて首位を獲得した代表曲。CMの商品が「カメラのフィルム」なのに対して、「こっち向いて笑って 照れないで Smile, Smile, Smile」という、「カメラでの写真撮影」にも通ずる印象的なフレーズだったのが、大成功した理由の一つですね。そのフレーズは、ボーカルの吉田美和さんによる高低2つの歌声が重なるんだけど、カラオケ等で歌う時なんかにどっちをメインで歌えば良いのか、迷ったりしたことって無い? 私は高音部の方が好きだからそっちを歌ってほしいと思うんだけど、歌番組では吉田さんは確か低音部を歌ってたっけ。そうそう、「替え唄メドレー」で有名な嘉門達夫さんが、この曲の替え唄を作って披露したこともあったなあ! 記憶が正しければ「こっち姉と妹 兄弟で姉妹姉妹姉妹」だったと思うけど、上手い(笑)。今思い出しても笑えるなあ・・・。あっ、その時の嘉門さん、高音部を歌ってたわ。そんなわけで、カラオケで歌う際は「高音部熱唱」を推奨しま~す。

3. 「LOVE LOVE LOVE」(1991年)
北川悦史子さんの脚本作で大人気だったTBS系ドラマ「愛していると言ってくれ」の主題歌。これが、ドラマが当たりなら主題歌のシングルも当たりで、もう売れまくり! 1995年に半月足らずで200万枚以上を売り上げて、その年のシングル年間売上ランキングのトップになりました。1995年はミリオンセラーを達成したシングルが30タイトル弱あって、今思い返してみるとその事実に震えが止まらない・・・。当時は「ドラマよりも主題歌重視」の視聴スタイルだったため、その名作ドラマの内容は断片的にしか見てなくて(もったいない?)、私はただこの曲だけに集中。確か某歌番組で、作曲した中村正人さんが「短時間で作った曲」と言っていた覚えがあります。冷静に聴くと、単純なフレーズの繰り返しだし納得する点あり。しかし逆に言えば、単純ながら聴く人たちをあそこまで感動させたということだから、すごいよね! 実は私も周りでの高い評判を聴いて、ドラマの最終話だけ熱心に見て感動して、主題歌のこの曲にも当然感動して、シングルをしっかり買っています。ねぇどうして~涙が出ちゃうんだろう?

○ちょっと一言
ドリカムを本格的に知ったのは「笑顔の行方」でした。確か「歌上手いな、おい!」っていう興味からすぐにファンになりました。そこから新旧の曲を聴き返して、ドリカム曲を脳内で補完させていきました。ドリカムたちがレギュラー出演していた、フジテレビ系のバラエティ番組「うれしたのし大好き」も毎週見ました(OP曲「決戦は金曜日」が懐かしい!)。TOKYO FMの2時間ラジオ番組「中村正人の『のるそる』」も毎週聴きました(明るいトークが面白かった!)。ダチョウ倶楽部の肥後さんによる「ドリカムのベースで~す」っていう中村さんのものまねも飽きるほど見ました(笑)。そんな「3人としてのドリカム」も、メンバーの西川隆宏さんの逮捕、そして脱退によって、「不動のトライアングル」が崩れてしまったんですね。「Dreams Come True」本来の意味「夢は叶う」の通り、アーティストが目指すべき夢が次々に叶えられていく最中に起こった、悲しい出来事でした。しかし現在も、吉田さんと中村さんの2人組ユニットとして、視野を世界にまで向けて活動中です。夢はまだまだ叶えられてく? 「3人としてのドリカム」の頃が一番好きだった私から、「3人の笑顔が見られるジャケット」のベスト盤「GREATEST HITS“THE SOUL”」を、既にご存知でしょうが最後にご紹介。笑顔の行方は、現在も夢と共に・・・。

「GREATEST HITS“THE SOUL”」
「GREATEST HITS“THE SOUL”」(1・3曲目も収録)


|

« 各地の気になるローカル番組 | トップページ | ノブナガ・ワッキーおかえりなさいSP・2 »

コメント

「LAT.43°N~forty-three degrees north latitude~」
↑これが1位ってのがいいですねー!
私もこの曲大好き。
ドリカムの曲の中でもちょっと異色かも?
何だかドラマチックでわくわくします。

「Eyes to me」もいいですね~!
聞いてるとすっごく気持良くなります。

私はやっぱり「うれしい!たのしい!大好き!」が一番好きです。
もう心の底からハッピーになれる曲。
それに「決戦は金曜日」。
「うれしたのし大好き」のオープニングがものすごくカッコ良くて、
CDが発売されるのをクビを長ーくして待ってっけ。
それと「うれしはずかし朝帰り」は「うれしたのし~」のKANちゃんが
ゲストの回に、何とドリカムとKANちゃんが一緒に踊ったと言う、
思い出の曲。
陣内さんも楽しかったし、大好きな番組でした!

投稿: TAMA | 2004.11.02 21時38分

コメントの回答の前に、やっぱり「1・2・3」って書くと、順位みたいに見えてしまいます? ここでは「同率3位」という意味合いにしているんだけど、表現を工夫した方が良いかな?

さて、「LAT.43°N」は良い出来ですよね! 確かにドリカム曲の中では異色の存在かも。でも、とにかく良いんです! 「Eyes to me」は、「smile×3」の耳に残るフレーズが良いですね。振付も腕を前に出してバイバイバイって手を振るものでしたよね。

「うれしい!たのしい!大好き!」は、ドリカムを本格的に知る前にCMソングで知った曲でした。曲についてはまさにタイトル通り。「決戦は金曜日」はイントロが印象的ですね。「うれしたのし大好き」はオープニングからしっかり見てました。今振り返ると、ドリカムファミリーのレギュラー番組があったこと自体、信じられない! 「うれしはずかし朝帰り」は、TAMAさんなりの思い出があったんですね。KANさんが絡んでいたとは、そりゃあ忘れられないでしょうね。その曲も、何であんなに楽しく聴けるんだろう・・・。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.11.03 01時15分

すみませーん!順位じゃ無かったですよね。
(おっちょこちょいです・・・)
確かに順位付けられませんもんねー。
3曲選ぶのも至難の技ですね。(^。^)

「うれしたのし大好き」、ほんとに大好きな番組でした。
竹下宏太郎さんの振り付けもかっこ良くて。
もうあんな番組できないかな。
ドリカムがレギュラーだったってのが信じられないですよね。
西川君がいつも恥かしそうにダンスしたり、コントしたりしてたの
思い出します・・。

投稿: TAMA | 2004.11.03 09時07分

「同率3曲」としても、やはり選曲は難しいです(苦笑)。それにしても、「うれしたのし大好き」は伝説の番組だ。西川さんも照れながらいろいろやってましたよね。スタジオライブも毎回楽しかった。何だか思い出してきました。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.11.04 01時10分

噂をすれば何とやらで今夜の「マシューTV」はドリカムがゲストでした。
バラエティに2人が登場なんてすごく珍しいし、
思いっきり弾けてたので、「うれしたのし~」、思い出しました!

投稿: TAMA | 2004.11.04 01時32分

そうそう、新聞でチェックしていたんですよ! 何てタイムリーだったんだろうってね。それでチェックしたのは、番組終了間際でした(苦笑)。まあその代わり、その後始まる「加藤家へいらっしゃい!(東海地区ローカル)」を見て楽しみました(笑)。

そうそう、11/05はドリカムがMステに登場するよ! やっぱり良い時期に記事を書けたし、実にタイムリーだったね~!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.11.05 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/1823009

この記事へのトラックバック一覧です: 3曲選評[04]・Dreams Come True:

« 各地の気になるローカル番組 | トップページ | ノブナガ・ワッキーおかえりなさいSP・2 »