« 僕と彼女と彼女の生きる道・スペシャル | トップページ | スウィングガールズがテレビ生演奏すっぞー! »

2004.09.20

逃亡者・第10話

今話の終了直後から日付が変わるまでの22:00~0:00の2時間に、1000以上のページビューがあったようです。そのほとんどがこのドラマの真犯人予想を求めるものでした。私用で今話のレビューをすぐに書くことができなかったけど、ここへたどり着いてくれたの方々の“捜査(閲覧)”には感謝します。まあ残念ながら、真犯人はここへは逃亡していませんが(笑)。それから、今話は非常口や非常階段が多く映ったけど、現在ここの上部バナーを「非常口のパロディ画像(逃亡者 style)」にしていた私は、喜びと笑いがこみ上げてしょうがなかったです。TBS、何となくサンクス! それで私、真犯人は完璧に断定できていませんが(笑)。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「逃亡者 RUNAWAY」
第10話「犯人の顔」

永井(江口洋介)らは、田所(田中要次)を操る黒幕の正体を、寸前で知り損ねた。田所の携帯電話の発信履歴をたどり、永井と尾崎(水野美紀)は、田所が宿泊していたというホテルへ。尾崎が田所の泊まっていた部屋に行くと、荒らされた形跡があった。部屋に入る前に同じフロアで見かけた、黒いスーツの男に思い至った尾崎は、永井とともに男を捜しはじめる。

真犯人がわからない! いや、予想はいろいろしてるのだ! しかし、終盤だけあって登場人物の誰もが怪し過ぎるのだ! “シロ”と“クロ”が混在して、予想そのものが“グレー”なのだ! とりあえず、新米刑事・ads(あず)の“捜査メモ”という名の予想を書いて、最後の整理をしておきましょう。

○捜査メモ・1「登場人物の整理」

・永井一家
永井徹生(江口洋介): 無実の罪が晴らされるべき主人公。
永井淳子(戸田菜穂): 被害者で既に死亡。だが、もしかして生きている?
永井陸(鈴木宗太郎): 現場にいた被害者の一人。りっくんこわいよ?

・警察チーム
峰島隆司(阿部寛): 一度は疑いが晴れたが、いまだに裏で動いている?
尾崎カオル(水野美紀): 警察の中では最も可能性が薄いと思うが?
国枝真澄(加藤浩次): 永井を罠に陥れて、自分は“極楽”気分か?
八木(近藤芳正): 下の名前が不明で困っているのだが?
伊川貴子(原田美枝子):身内が怪しいかも等と言っていたが?
警視総監(未登場): ここにきて、ラオウ登場か?(笑)

・病院チーム
郡司直巳(別所哲也):今最も注目されている人物?
小野寺千秋(片平なぎさ):病院と警察のパイプ役?
来栖慶介(原田芳雄):黒幕にふさわしい風格ではあるが?

・関連チーム
鬼塚咲(長澤まさみ): 永井を強力に協力している。たすけてくださいっ?
藤堂ナツミ(黒川智花): 持ってるひまわりは、ボタン押すと何か出る?
峰島の妻(役者不明): ここにきて、ユリア登場か?(なぜか北斗の拳ネタ)
永井の保護観察を受けた少年: 爆弾作りは遊びだったが、殺しの行動に出る?
東弁護士(尾美としのり): 怪しまれたが、何者かに刺されて死亡。

・真犯人ではないが、共犯者であることが確定した人物
田所豊(田中要次): 永井の妻を殺害した実行犯。銃撃により死亡。
都留正(遠藤憲一): 永井の妻殺害のダミー要員。銃撃により死亡。

・その他
松たか子(本人): 主題歌「時の舟」を歌っているだけだし関係無い(おい)。

○捜査メモ・2「事件の背景」

・ナツミが堕胎手術を受けていた。担当医の郡司は悪事を働いた?
・ある子供の患者の腎臓がナツミへ不正移植された?
・永井淳子は、病院でのトラブルに巻き込まれて殺された?
・来栖と小野寺の2ショット写真あり。ここに怪しい関係が?
・国枝が指紋照合システムのデータを不正に差し替えた?
・登場人物間のどこかで、衝撃の血縁関係が存在すると見たが?

○捜査メモ・3「妄想捜査」

・来栖慶介が真犯人だとすると、演じる原田芳雄さんは、
 「砂の器」に続き日曜劇場で今年二度目の悪人役。なんて辛い!
・永井徹生を演じる江口洋介さんが、「白い巨塔」の里見助教授に変装(笑)。
 病院内のシステムは熟知。ポケットにはストレート型ケータイを準備。
 ま、まさか、自作自演ではあるまいな・・・(やれやれドラマ妄想)。
・「ぼくの魔法使い」というドラマで、井川遥さんが本人役で出ていたけど、
 あるストーリーの中で見せた一発ギャグが、「意外とイガワです」。
 イガワ・伊川・伊川貴子! 真犯人は「意外と伊川」かも・・・(またもやドラマ妄想)。
・ナツミが電話で「みんな」を呼び集める。登場人物が全員揃うのか?
 うーん、もうどいつもこいつも、怪しいヤツら全員が真犯人だ!(異動決定)

以上、捜査メモでした(笑)。こんな内容のメモの中にも、核心を突いたものがあったり? しかしまあなんですね、次回最終話を前にして、真犯人予想をここまでかく乱させられる展開はなかなかのもんですね。初回話から何度となく書いてきたけど、アメリカのオリジナル版でも本当に意外な人物が真犯人だったから、このドラマでもそうなるような展開を変に願っているのです。我思う、真犯人は、お前だ!(次週、最終話レビューへ)

|

« 僕と彼女と彼女の生きる道・スペシャル | トップページ | スウィングガールズがテレビ生演奏すっぞー! »

コメント

いやーいつも、入念に整理された記事でありがたい!(笑)

一緒に見てるうちの相方はもっともあやしくない人が
犯人だ・・・それは、りく君!とかわけわからないことを
ほざいていますが(笑)、やっぱり「黒幕の風格」のあの方が
このままやられキャラってことはないのでは・・・?という
気がしています。

投稿: ちゅん | 2004.09.20 09時18分

いえいえ、理解度が足らない自分用ですので(笑)。これほどまでに怪しい人物が集結するとは、思いもしませんでしたよね~。陸くんを疑ったちゅんさんの相方様は、私に近いかも。いまだに淳子自体を疑ってるし(笑)。確かに意外性を重視すれば、「最後はこの大物か」ではないような気がしますね。一人だけ怪しいヤツがいるんですよ、裏の行動が描かれないヤツが。公言できないけど、ヤツだと思っています。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.09.21 00時24分

 日曜夜9時は比較的見やすい時間帯(オレンジデイズがそうだったように...)なので、「逃亡者」見てますよぉ!!峰島演じる阿部寛さんがなかなかいい味出していると思います。前クールの「アットホームダッド」(数回しか見ませんでしたけど)とはすんごいギャップですが、私にはモデル時代の駆け出しの頃あたりから「笑っていいとも」でのタモリにいじられてナヨナヨキャラ扱いされていたような記憶があり(違っていたらごめんなさい!)、そう考えると成長著しいなと嬉しくなってしまいます。江口洋介さんも結構好きなんですが食っているぐらいの勢いがありますね。
 私はこの手の推理ドラマを見ると必ずといって優柔不断な考え方の傾向になり、予想を立てると自分の都合のいいようにグニャグニャすぐに変えてしまいます(笑)。しかし今回は「大物」級の人物を3,4回目あたりに決め付け、その信念(?)のまま見続けています。さてはてどんな結末なのやら...実は「ハムスター」が犯人..人じゃないか...残念!!
 突如思い立ったようにビデオを見返したら、原田美枝子さん演じる伊川は第1回放送テロップによると警視庁生活安全課の刑事(?)さんなので、警察チームかなぁとも思うのですがどうでしょう?

投稿: LX | 2004.09.21 01時29分

私も推理ドラマには毎回悩まされ、そのせいで変で大胆な予想ばかりしてしまいます(笑)。伊川が真犯人説、なるほどね、でも他の人物も同じくらい怪しいし・・・。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.09.22 01時43分

 院長も怪しいんですよね(謎)。
永井の事、あんまり良く思っていなかった(事件が起こる前から...)ように見えましたし、途中から「誤解していた」と言って協力的になったのも何か裏があるのでは...なんて思いながら見続けているんですけど、うーん、結構ハマってますよ(笑)!

 あ、あずさんのレビューで伊川が病院チームに入っているのは何かあずさん的な深い理由があるのでしょうか(興味深々)?まぁ、ともかく最終話でのレビューが楽しみです!!

投稿: LX | 2004.09.22 18時17分

さすがあずさん!きちんと人間関係が整理されてて分かり易い!
(それぞれのコメントがナイス!)

犯人、中々確定できないですね。
最終回を待つしか無いか・・。

そうそう、警視総監、登場するのかしら?だったら誰が扮してる?

投稿: TAMA | 2004.09.23 01時49分

トラバ有難うございました。
ふぐ屋のHamaです。

原田さん、
 2回連続殺人犯となるのか、
 興味津々ですね。

 わくわく・・。

 

投稿: Hama | 2004.09.23 07時54分

>LXさん

来栖院長は第2話から急に永井へ協力的になったから、怪しいんですよね。でもそれだと真犯人の謎がストレート過ぎなんですよね(苦笑)。実際の事件だったら、「それじゃあ面白くないんだよなあ」とか言ってる場合じゃないんですけど・・・。

おっと、伊川さん、配置ミス! ちょいと直して、追記もしておきます。ご指摘どうもです! いや、その、あれが、ねー?(笑) 最終話レビューは盛り上がりそうですよ~!

>TAMAさん

いつもながら、それぞれのコメントに力を入れていました(笑)。真犯人確定、難しいものですね。警視総監って、実際登場するんでしょうか? そういうのもあって、ラオウとユリアに意味を込めているんですが(分かりにくいけど)。

※第8話のトラックバック、誤信しました。削除してください!

>Hamaさん

トラックバック元の記事を確認したという意味で、こちらからも送りました。ありがとう! 原田芳雄さんは、今年の日曜劇場枠では前科一犯です。そこに目が行きましたか(笑)。とにかく最終話が楽しみ!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.09.23 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/1477152

この記事へのトラックバック一覧です: 逃亡者・第10話:

» 「逃亡者」【評】最終回「掟破り」の「真犯人」登場? [テレビ番組を斬る!]
「逃亡者」9月19日「第10話」で「事件の鍵」を握る 「黒川智花」扮する「藤堂ナツミ」の「父親」が!… 案の定「警察関係」しかも「警視総監」?であるとの 「情報 [続きを読む]

受信: 2004.09.20 08時51分

» 「逃亡者」第10回 [Chun::Loop]
今回は、かなり進展したので面白かった。来週が最終回だからあたりまえか・・・^^。 [続きを読む]

受信: 2004.09.20 09時14分

» 逃亡者、ふぐ屋喜ぶ [〜ふぐ屋、風と共に去らぬ〜]
                   [参考ブログ、大変参考になります] ○捜査 [続きを読む]

受信: 2004.09.20 20時06分

» 逃亡者 第10回 [TAMA'S DIARY]
「犯人の顔」 前回少し展開がまったりしてたんですが、今回はさすがに物語が 動き出 [続きを読む]

受信: 2004.09.23 01時45分

« 僕と彼女と彼女の生きる道・スペシャル | トップページ | スウィングガールズがテレビ生演奏すっぞー! »