« 世界の中心で、愛をさけぶ・特別編 | トップページ | 逃亡者・第10話 »

2004.09.19

僕と彼女と彼女の生きる道・スペシャル

2004年冬に放送された、フジテレビ系ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」。そのドラマが、9/18の「プレミアムステージ 特別企画」で「僕と彼女と彼女の生きる道スペシャル」として放送されました。本編の放送当時は平均視聴率が20%を超えるほどの大人気で、私も全話見ました。最後は主人公が妻や娘から離れて、別々の生活を送るという結末だったけど、その後のことが描かれるのではないかと期待しながら見ました。

小柳徹朗(草なぎ剛)の娘の凛(美山加恋)が、新幹線で神戸から東京へ一人で向かい、父親と再会するまでを描いたストーリー。凛は3列シートの真ん中の席だったが、両隣には若者(佐藤隆太)やビジネスマン(相島一之)がいた。凛は若者と話している間に過去の出来事(本編の内容)を語り出し、ビジネスマンも聞き耳を立てていた。そして父・徹朗と再会する。

事前に見た予告映像で、凛ちゃんと徹朗がホームで再会するシーンが出ていて、「おいおい、こんな大事なシーンを先に見せちゃって良いの?」とは思っていたけど・・・。

ドテッ! (#/__)/ 石があったらつまずきたい・・・。

「スペシャル」っていうか「総集編」じゃんっ! 20:30~23:00と2時間半も時間を取っていたから、前半で本編のダイジェストが流れて、後半から新たなストーリーが始まると思っていたけど、まさか大部分が本編だとは(苦笑)。まあその本編は本編で、数々の名シーンが再び流れて良かったりしたけど、「このドラマはある意味で2回以上見るタイプではない(本編に限る)」という認識でいた私は、中盤あたりから見るのをやめました(裏番組を見てました)。それで終盤になった頃に再び見たら、まだ本編の途中で(まだかよ)。そしたら東京へ着いて、凛ちゃんは父・徹朗とホームで再会して、「お父さんのオムライスが食べたいです」。若者とは良い別れができたし、話をしなかったビジネスマンにも最後に励まされて、凛ちゃん良かったね。そんな感じの感想でした。

凛ちゃんの「はい!」という名セリフが久々に炸裂していましたね。それから凛ちゃん、っていうか美山加恋ちゃんは、背が少し高くなって、歯も以前より伸びてて、成長しましたね。今回のスペシャルは新幹線内での話がメインだったし、「私と彼と彼の乗る新幹線」がふさわしいタイトルだと思いました。

「僕と彼女と彼女の生きる道」
「僕と彼女と彼女の生きる道」DVD-BOX

|

« 世界の中心で、愛をさけぶ・特別編 | トップページ | 逃亡者・第10話 »

コメント

こんばんは。
「私と彼と彼の乗る新幹線」うまいですね~!
私も新しい話があるのかと期待していたので、本編がとても良かっただけにちょっとがっかりでした。
セカチューの特別版ももう少しなにかあるんじゃないかと期待大だったので、こちらもやや残念・・・
確か去年、Drコトーでも同じようなことがあって、本編の視聴率が良いとみんな観るからなんだろうな~と思ったことがありました。
それにしても凛ちゃんはホントカワイイですよね!ほんの数ヶ月でどんどん成長してるし、凛ちゃんの成長記録を見ているようでした。

投稿: まぴこ | 2004.09.19 23時28分

まさにそんなタイトルらしきストーリーでした(笑)。本編は良いように編集されていたけど、やはり視聴者は新展開に期待していたはずなんですよね。そこは非常に残念。そうそう、「Dr.コトー先生」でも同じようなことがありましたね。あれもほとんど見なかったなあ。

今回のスペシャルの見どころは、やっぱり“私”と表現した凛ちゃんの成長振りですね!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.09.20 07時29分

総集編だと最初から覚悟して見てたので結構楽しめました!
凛ちゃんは本編を撮影してた時は差し歯?を入れてて時々取れて
大変だった・・って聞いたんですが、
今回は自前の歯で大丈夫だったみたいですね。

最後に剛君が登場してちょっとほっとしました。
彼まで出て来なかったらちょっと白けたかも?

投稿: TAMA | 2004.09.23 01時44分

総集編と早く気付けば良かったけど、新たな展開に期待するあまり気付けませんでした。この放送の視聴率だけど、関東で20.6%を記録したんですね。局はウハウハ。この先もこういう総集編をやめるわけがないと・・・。

本編での凛ちゃんの歯に関して一番象徴的だったのが、動物園にて親子で初めて心から大笑いしたシーン。永久歯がまだ生えきっていないまま笑う凛ちゃんの顔を思い出します。偽の歯を付けたシーン、あったんですね? それもかな?

草なぎくんは、予告で見せた姿のまま登場しましたね。どことなく疲れてやつれていた感じ。演技なのかどうか?

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.09.23 14時17分

総集編と知ってたら、それなりの覚悟で見たんだけど(^_^;)
私も「うそー(まだかよ)!」ってながら見(笑)
でも前半の剛君のワンマンな怖い表情と、後半の優しい眼差しへの変化、その表情はどれも、ゆらとの会話で改めて印象強く感じました。
聞き耳を立ててたビジネスマンの相島さん、最後に何かやってくれるんだろうと期待した割りには…もうちょっとガーンッてくる言葉が欲しかったかなぁ(^_^;)\('_') ォィォィ...
「その後」じゃなかったし、小雪ちゃん出て来ないのは仕方なと諦めても…残念!

投稿: マナ | 2004.09.24 11時29分

確実に視聴率が取れる作品だから、こうして「スペシャル」という名の総集編を放送したんでしょうね。最初と最後では、父娘の絆の深さは驚くほど違いますよね。動物園に行った回は、ペンキ塗りたてのシーンとか風船が飛んでいくシーンとか一緒に暮らすことを決めたシーンがあって、一番印象に残っています。

ビジネスマン、ちょっと遠慮が入ったのが惜しい? うーん、やっぱり「すごく良かった!」とは言えないんだよなあ・・・。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.09.24 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/1474337

この記事へのトラックバック一覧です: 僕と彼女と彼女の生きる道・スペシャル:

« 世界の中心で、愛をさけぶ・特別編 | トップページ | 逃亡者・第10話 »