« 世界の中心で、愛をさけぶ・第5話 | トップページ | ウォーターボーイズ2・第5話 »

2004.08.03

逃亡者・第3話

日曜夜の放送だけあって、放送直後はレビューを求めるアクセスが平日よりも多い「逃亡者」。どうも検索サイトで「逃亡者 犯人 ネタバレ」といったキーワード検索によるアクセスが多いんだけど?(笑) 主人公の逃亡生活が始まったばかりだし、まずはその様子を見ようよと願うところだけど、気持ちは分かるんだよなあ・・・。そう思いながら「Yahoo! JAPAN」で検索してみたら、ここがトップにリストアップされました。なるほど~っ!

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「逃亡者 RUNAWAY」
第3話「謎の男」

峰島(阿部寛)の発砲で負傷し、瀕死の永井(江口洋介)は、老女・富(菅井きん)に助けられ、一命を取り留める。永井は、素性も聞かず献身的に世話する富のおかげで回復。やがて、殺害された東(尾美としのり)が、永井を逆恨みしそうな人物の調査を興信所に依頼していたことを思い出す。永井は苦心のすえ、東の弁護士事務所に届いていた調査結果のファックスを入手。真犯人の手がかりを得たと来栖(原田芳雄) に連絡する。だが、電話口の来栖に、永井の首に病院が懸賞金をかけたことを知らされる。

いよいよ「逃亡編」がスタート。このドラマ、あっという間に1時間が終わってしまう気がして、レビューで何を書こうか毎回迷ってしまうね。とりあえず、橋から落ちた永井は生きていて、船に乗り込んで千葉まで流されていたんですね。横浜から千葉っていうと、東京湾を船で横断したことに? そこで富というおばあさんに助けられるんだけど、ここでは演じた菅井きんさんの名前そのままで、“きんさん”と呼ばせてもらおう(笑)。だってどの作品に出ても、やっぱり“きんさん”だからさ~。しかしきんさんって、多くの作品に出ていろんな役で良い人柄を演じるよね。今回はお金に目がくらむおばあさん役だったけど、負傷して倒れていた永井を何も疑わず手当てして、優しく看護してあげたし。まあその後「実は助けた人間は懸賞金が掛けられた犯人」というのをニュースで知って、大金目当てに通報してしまうんだけど。でもそこに現れた「謎の男(今回のサブタイトルにもなった)」が永井を突然襲い、殺される寸前に後ろから物で殴って男を退散させ、男が持ってきた札束の一部を永井に持たせて逃がした。そんなきんさん、実は家を出て行った息子と永井を重ねて見ていたんですね。しかも自分が行う行為で息子が帰ってきてくれると信じて・・・。きんさん、息子思いの良いおばあさんだったんですね。

さて、永井と来栖院長の電話を盗聴して、永井の居場所まで警察より早くバイクで駆けつけた「謎の男」。「フルフェイスのヘルメットをかぶって、鉄の棒を軽々しく振り回す男」だったけど、いったい誰だったんでしょうね? それに持参していた1000万円は、上面だけ本物で下はただの紙切れ。警察関係者じゃないとしたらどこからお金を捻出したか? 警察関係者だったらますます問題だけど? 今回は警視庁管理官・国枝(加藤浩次)が怪しいと思わせたか?

ところで尾崎カオル(水野美紀)、いきなりだけど、ごめんっ! 前回のレビューで「失敗が多いし交通課への転属を求む?」みたいなことを書いたけど、今話で本当に交通課に転属させられてしまった(苦笑)。「転属命令 平成16年7月23日 尾崎カオル 交通課執行係に転属を命ず」と書かれた勤務命令簿を上司から渡されてたもんね。直接関係はしていないけど、この事態にはテレビの前で冷や汗が出てしまったよ。まいったまいった。あと、一般道で峰島刑事が永井に向けて撃った銃弾一発が、記者会見でやっぱり問題視されていましたね。だから日本での一発はいろいろうるさいんだって。逆に今後永井を捕まえられない状況が続くことで、警察の頼り無さをフィクションながらあらわになることに。なかなか難しいところですなあ。

それから、大胆な空撮とサックス一本のBGMで「ブラックジャックによろしく」を、永井の流れ着いた先で映った道路看板の「国道127号線 東京・木更津」で「木更津キャッツアイ」を、それぞれ思い出してしまった(笑)。「木更津」に関しては、これも前回のレビューで「木更津リンク探しに苦労する」みたいなことを書いたけど、探さずとも向こうから“出頭(提示)”してくれたような感じ? 総合して、「過去のTBS・金10ドラマ」を思い出させてくれてる感じ? いつか同じく「金10」つながりで「愛なんていらねえよ、夏」とか言って誰かが散っていったり? 考え過ぎですね・・・。

|

« 世界の中心で、愛をさけぶ・第5話 | トップページ | ウォーターボーイズ2・第5話 »

コメント

私も「木更津」の文字が気になりました~!
富浦ってのどかな感じの町ですね。
ロケ隊が行ったら大騒ぎだったかも?

確かにこのドラマ、金10っぽいですよね。
「愛なんていらねえよ、夏」好きでした。
また見たいかも・・。

カオルはあずさんの「予言」で交通課に飛ばされたのね・・。

投稿: TAMA | 2004.08.05 23時22分

「木更津」の文字、何か狙いっぽかったですね。地名は富浦っていうの? “富浦の富さん(菅井きん)”なんだ、粋だね~。空撮の件もあって、どうも「金10」意識が見え隠れするような? 「愛なんて~」は悪評もあったけど、私は結構好きでしたよ。また見てみたいですね。

カオル・・・ほんとごめん(苦笑)。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.08.06 01時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/1115424

この記事へのトラックバック一覧です: 逃亡者・第3話:

» 逃亡者 第3回 [TAMA'S DIARY]
「謎の男」 今回かなり面白かったです。 1時間あっと言う間。この感じで続いてくれ [続きを読む]

受信: 2004.08.05 23時19分

« 世界の中心で、愛をさけぶ・第5話 | トップページ | ウォーターボーイズ2・第5話 »