« 「白い巨塔」の2つの名言 | トップページ | 本日のナナちゃん(2004/03/30) »

2004.03.28

てるてる家族・感動のグランドフィナーレ

2003/09/29(月)から今年2004/03/27(土)まで半年間に渡って放送されてきた、NHK・朝の連続ドラマ小説「てるてる家族」が、ついに幕を閉じました。

○NHK・連続テレビ小説・公式サイト
http://www3.nhk.or.jp/asadora/

昨年は初回話と子供たち成長後の初話だけ見たけど、今年の1月下旬からは毎週土曜日分だけ見るスタイルで今日まで来ました。従来朝ドラを見なかった私が、特に後半からこうまで意識するようになった理由は、これまでにない「歌って踊る朝ドラ」だったこと。温かみのあるストーリーに加え、昭和の曲や主題歌に昇格した挿入歌等、歌に力が注がれためずらしいドラマだったことに大変興味を持ったんです。「最後はどんな終わり方をするんだろう?」と、公式サイトで確認もせず期待だけしていました。そして最終話、当日最後の放送となる地上波の昼の再放送分を録画しておき、後でゆっくり見てみました。

04032801.jpg 04032802.jpg

「主題歌が流れながら終わるんだろうか?」という予想は、良いように外れました。なんと、これまでの出演者約60名によるミュージカルシーンという、「てるてる家族」流のグランドフィナーレが! スタジオセットの大階段の上から出演者たちが、昭和の名曲「若いってすばらしい」を歌い踊りながら次々と降りてきて、歌の終わり際にかつて出演した子役たちも現れて全員集合。最後に全員で「(未来もきっと)天気になあれっ!」と言って完結。そして岩田家の幸せそうな家族写真での締めくくり。これにはもう感動!

04032803.jpg 04032804.jpg

「若いってすばらしい」自体は聴いたことはあったけど、今回このラストのために作られたミュージカルバージョンのアレンジは秀逸! 楽しく歌い踊っているのに、見ていると涙が出そうになるんですね。この歌が今回ほど良い歌に思えたのは初めてでした。

実はこのミュージカルシーンは副音声で、「大階段の最上段いっぱいに『てるてる家族』の看板」、「看板の前で踊り階段を降りながら歌う照子」、「踊りながら階段を降りる春男」等と、ご丁寧にナレーションが入っていたんです。飛び飛びでドラマを見ていた私にとっては、画面に映っている人の役名を常に説明してくれているようでとても助かりました(笑)。その後改めて公式サイトで関連記事を読んだら、またいろんなことが分かりました。クランクアップ(2/13)の前日に撮影されたこと、様々なアングルから出演者の表情をとらえるため3回も撮影されたこと、撮影レポートは先行公開したけど歌だけはずっと非公開だったこと、その他撮影の裏話・・・。読み応えがありました。

録画した「てるてる家族」の最終話は永久保存版にするかも。本当に素晴らしいグランドフィナーレでした!

P.S.
「てるてる家族」を心から愛し、半年間熱く応援し続けてこられた、
人気ドラマサイトの管理者TAMAさんのblogサイト内記事にトラックバックをお送りします。
今日に至るまでお疲れさまでした!

|

« 「白い巨塔」の2つの名言 | トップページ | 本日のナナちゃん(2004/03/30) »

コメント

あずさん、トラックバックありがとうございます!
記念すべき初トラックバックです。

「てるてる家族」とうとう終わってしまいました。
私としては「ちゅらさん」以来久々にはまった朝ドラですごく寂しいです。
「ちゅらさん」が終わった時もしばらく放心状態で、次の朝ドラ「ほんまもん」に中々集中出来ませんでした。
毎回笑わせて泣かせて大好きな歌が沢山出てきて・・。
こんな楽しいドラマ、ずっと見ていたかった・・。
感想はほんと飛び飛びにしか書けなくて、お恥ずかしい限りですけど。

また次クールもはまれるドラマに出会えるといいですね!(^_^)/

投稿: TAMA | 2004.03.29 00時34分

実は初めてトラックバックを使いました。これはいろんな場面で使えそうです!

「てるてる家族」は「全150話×15分(全2,250分!)」で約40時間。同じく半年間放送された「白い巨塔」は「全21話+特別版」で簡易計算するとその約半分なんですね。しかも放送は毎週ではなく毎日! どれだけ長編だったか、どれだけ見続けるのが大変だったかがわかります。レビューが追いつけなくて当然です。内容が深いのだから・・・。

私にとっての「朝ドラ」は、出勤後に放送するため従来は見る気さえないものでした。しかし「てるてる家族」はその気に変化を与えてくれました。最終週に限っては数話見ましたよ。関西弁での面白可笑しいセリフ回しが楽しかった! そしてグランドフィナーレは上記の通り感動ものでした。録画しました? あれ、よく見ると、さまざまな所で「ドラマ」があったんですよ! その一つを挙げると、前列から順番に出演者が両手を挙げていくフレーズのところで、初期の冬子が1フレーズ分タイミングを早まって両手を挙げてしまったんですよ。その後正しいフレーズの前まで振り返っていて、真後ろにいた中期の冬子が笑顔で見守っていたんですね。それで歌が終わったら、後期の冬子が前に出てきて最後の締め言葉。つまり「冬子三代大活躍」だったんです。面白いでしょう?

もう春はすぐそこまで来ています。また多くのドラマが続々スタートします。楽しみですね!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2004.03.29 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/364508

この記事へのトラックバック一覧です: てるてる家族・感動のグランドフィナーレ:

« 「白い巨塔」の2つの名言 | トップページ | 本日のナナちゃん(2004/03/30) »